Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. フォワードのサッカー選手...
フォワードのサッカー選手ランキングTOP10!世界最高の選手は?

フォワードのサッカー選手ランキングTOP10!世界最高の選手は?

サッカーには、オフェンスやディフェンスごとにさまざまなポジションと役割がありますが、その中でもフォワードは得点力と攻撃力を求められる、とても重要な花形的ポジションです。ここでは、フォワードのサッカー選手ランキングTOP10と題し、世界最高の選手を紹介します。

2021.12.16 サッカー

フォワードのサッカー選手ランキング第10位!

ハリー・ケイン

ハリーケイン スーパーゴール(2017-2018)

国籍:イングランド
生年月日:1993年7月28日生まれ
身長:188cm
体重:86kg
2010- トッテナム・ホットスパーFC
2011 レイトン(レンタル)
2012 ミルウォール(レンタル)
2012-2013 ノリッジ(レンタル)
2013 レスター(レンタル)

プレミアリーグ2年連続得点王

イングランド史上最強フォワードで高い人気を誇るハリー・ケインは、2015-16シーズン(38試合出場・25得点)、2016-17シーズン(30試合出場・29得点)のプレミアリーグで2年連続得点王に輝くストライカーで、2017-18シーズンは得点王こそ逃しますが、それでも37試合出場で30得点をあげる活躍を見せています。

イングランド代表としては、2018年ロシアワールドカップに出場し、パナマ戦でハットトリックを決めるなど、グループリーグ3試合で5得点をあげる大暴れぶりを発揮しています。
ケインはゴールゲッターとしての役割が求められるフォワードの要素を十分兼ね備えた優れたサッカー選手です。

足元のテクニックにも優れた万能型フォワード

少年時代のハリー・ケインは今とは違い、とても体が小さかったため、フィジカル勝負では勝てないと思い、徹底的に足元の技術を磨いたといいます。その甲斐あり、ケインは優れた足元のテクニックを武器に、ドリブルやクロスで味方の攻撃をサポートする役割もこなせるオフェンス能力に優れた万能型フォワードとよばれるようになります。

未だ25歳という若さのため、まだ未完成とされており、これからまだまだ成長が期待されるハリー・ケインは世界最高フォワードへの道を着実に歩む、期待のフォワードといえます。

フォワードのサッカー選手ランキング第9位!

ジエゴ・コスタ

【ジエゴコスタ】スーパーゴール集

国籍:スペイン ブラジル
生年月日:1988年10月7日生まれ
身長:188cm
体重:78kg
2006 ブラガ
2006 ベナフィエル(レンタル)
2007-2009 アトレティコ・マドリード
2007 ブラガ(レンタル)
2007-2008 セルタ・デ・ビーゴ(レンタル)
2008-2009 アルバセテ(レンタル)
2009-2010 レアル・バリャドリード
2012 ラージョ・バジェカーノ(レンタル)
2014-2018 チェルシー
2018- アトレティコ・マドリード

驚異的なパワー

ジエゴ・コスタは188cmという恵まれた体格で非常にフィジカルが強く、パワーで負けることがないフォワードです。
それほど優れた足元技術があるわけではありませんが、その驚異的なパワーでゴリゴリとドリブルで突進し、多少のショルダーチャージくらいではビクともしません。
ペナルティエリア内では無類の強さを誇り、空中戦ではジャンプする前にポジションどりに競い勝ち、強烈なヘディングをたたきつけるサッカー選手です。

素晴らしい得点力と泥臭い動き

ジエゴ・コスタはフォワードらしい泥臭い動きを怠ることがなく、素晴らしいオフェンス技術で優れた得点力を誇ります。

クラブ通算成績は315試合出場で124得点、スペイン代表としても、22試合出場で10得点をあげるなど、ほぼ2試合に1点は計算できるフォワードです。また、味方がシュートを放つ際にもゴール前につめる動きを怠ることがなく、こぼれ球を狙う泥臭い動きでゴールを奪います。
コスタの強靭なパワーと得点力は、スペイン代表にはなくてはならない存在になりつつあります。

フォワードのサッカー選手ランキング第8位!

アントワーヌ・グリーズマン

国籍:フランス
生年月日:1991年3月21日生まれ
身長:175cm
体重:72kg
2009-2014 レアル・ソシエダ
2014- アトレティコ・マドリード

多彩なシュートパターン

フランス代表として人気を誇るグリーズマンは、多彩なシュートパターンを持っている優れたフォワードです。
ドリブルテクニックも素晴らしいため、ドリブルで攻め上がり、そのままシュートを放ったり、しなやかなファーストタッチから、シュートを打てる場所にボールを置いてシュートを放ったり、キーパーの位置を確認してから重心を視界に入れシュートを放つなど、瞬時にシュートパターンをセレクトする技術を持ったサッカー選手です。

天性のポジショニング

グリーズマンは175cm、72kgと細身でフィジカルは決して強くありませんが、それでも得点を重ねることができるのは、天性のポジショニングにあるといわれています。

映像を見ていても「そこにいたのか!?」というシーンを何度も目にするほどで、特にヘディングにおいてはニアサイドに合わせる技術に長けているとされています。さらにオフザボールの動きにおいても自分の頭の中でさまざまなイメージを膨らませながら動いています。

グリーズマンは、天性のポジショニングと多彩なシュートパターンを駆使して、得点を量産する優れたフォワードです。

フォワードのサッカー選手ランキング第7位!

  •        
  •        
  •        
  •       
    

ガレス・ベイル

【ガレス・ベイル】超人的な存在感!圧巻のスーパーゴール集 TOP20 レアルはベイル放出を許可!?

国籍:ウェールズ
生年月日:1989年7月16日生まれ
身長:185cm
体重:81.8kg
2006-2007 サウサンプトン
2007-2013 トッテナム・ホットスパー
2013- レアル・マドリード

クロスファイア

ウェールズ代表で活躍し、リーガ・エスパニョーラ強豪のレアル・マドリードでベンゼマ・クリスチャーノ・ロナウドとともに3トップとされる伝説のBBCとして人気を誇るベイルのすごさは、利き足である左足から放たれるクロスファイアシュートです。

逆サイドからファーポストへ斜めに横切るクロスファイアの起動のシュートは、わかっていても止められません。これは野球でいうサウスポーが、右打者の内角にストレートを投じるときにバッターから見た軌道と同じで、非常にバットに当てにくいボールとされています。
ベイルのクロスファイアも、ゴールキーパーからすれば止めにくいシュートといえます。

キックの精度が抜群

ベイルのキックは軌道だけではなく、その精度は抜群です。ボールの置き所が上手く、ボディバランスもよいため、流れの中で多少バランスを崩しても蹴り足だけはきちんとボールにミートさせる技術があるため、どのようなバランスでもカーブをかけたりインステップで強いシュートを打つこともできるサッカー選手です。

ベイルが得点を量産できる秘密がこのようなところにあるわけです。

ずば抜けたスピードを兼ね備えるフォワード

ベイルはもともとサイドバックをこなしていたこともあり、スピードはずば抜けており、そのスピードを駆使したドリブルは驚異で、特に裏街道を得意としています。カウンターを仕掛ける場面などで、スペースが空いている場合には裏街道を使ってディフェンスを置き去りにしてしまいます。

優れたオフェンス能力で抜群のスピードとフィジカル、そして強烈なクロスファイアを武器に持つベイルは、世界最強のフォワードの一人であることは間違いありません。

フォワードのサッカー選手ランキング第6位!

エディソン・カバーニ

PSG史上最高のストライカー!エディンソン・カバーニ スーパーゴール集

国籍:ウルグアイ イタリア
生年月日:1987年2月14日生まれ
身長:184cm
体重:71kg
2005-2007 ダヌービオ
2006-2010 パレルモ
2010-2013 ナポリ
2013- パリ・サンジェルマン

エル・マタドール(闘牛士)

ウルグアイ代表不動のセンターフォワードとして、スアレスとコンビを組むカバーニは、ディフェンスラインとのかけ引きが非常に上手いフォワードです。

味方ボールホルダーと自分が、1人のディフェンスから同時に視界に入ることを避け、ディフェンスの視界から消えることで裏へ飛び出すタイミングを掴むのが、非常に上手いサッカー選手です。
ディフェンスラインとのかき引きが非常に上手いことから「エル・マタドール(闘牛士)」という異名がつくほどです。

少ないタッチでシュートまで持ち込む

ディフェンスラインとのかけ引きから、裏へ飛び出すことを得意とするカバーニは、いざボールがくれば、少ないタッチでシュートまで持ち込む優れた技術を持っており、時にはダイレクトボレー、時には抜群のファーストタッチから振り向きざまにシュートを打つことも可能です。
決して南米選手特有の優れたドリブル技術を持つわけではありませんが、体の使い方とファーストタッチ、トラップは世界レベルのものを持っています。

豊富な運動量で守備にも貢献

カバーニはセンターフォワードにもかかわらず、豊富な運動量で守備の役割にも貢献する優れたサッカー選手です。前線からのプレスも早く、中央のスペースを作るためのサイドへの動きや、縦への動きも献身的にこなします。フォワードでここまで献身的なプレーをする選手はカバーニだけではないでしょうか。

世界屈指のラインブレーカーでオフェンスでも、ディフェンスでもチームに献身的なプレーをこなすカバーニは、世界最高クラスのフォワードの一人といえます。

フォワードのサッカー選手ランキング第5位!

セルヒオ・アグエロ

最優秀FW セルヒオ・アグエロ 超プレー集 Sergio Agüero the Best Striker.

国籍:アルゼンチン スペイン
生年月日:1988年6月2日生まれ
身長:173cm
体重:70kg
2003-2006 インデペンディエンテ
2006-2011 アトレティコ・マドリード
2011- マンチェスター・シティ

優れた決定力

アルゼンチン代表として有名なアグエロの凄さは、ずば抜けた決定力です。アグエロはペナルティエリア内とエリア外とを問わず、常にゴールを狙っています。そしてその際、ゴールキーパーの重心がどちらに傾いているかを視界に入れて、フィニッシュを打ち込み、173cmと小柄にもかかわらず強いフィジカルを持っているため、簡単に倒されることがなく、バランスを崩してもシュートまでもっていく技術を持っています。

また、多彩なシュート技術を持っており、相手をかわしてシュートコースを作るのも上手い、天性のストライカーといえます。

マーク外しの天才

アグエロが得点を量産させることができる理由に、オフザボールの動きの良さがあります。センターフォワードのポジションでのプレーが多いアグエロですが、そのプレー範囲は広く、さまざまな場所を走り回ります。

ディフェンスラインの裏などを何度も行き来したり、縦横無尽に走り回るのでディフェンスはアグエロを見失う場面が出てきます。その隙にボールを受け、ダイレクトボレーでゴールを狙うシーンも多く見かけます。
アグエロは世界一のマーク外しの天才ともいえます。

沈着冷静でシュートパターンの豊富さが武器

アグエロは非常に沈着冷静な選手です。
ディフェンスラインの裏を抜け出して、ゴールキーパーと1対1で対峙しても冷静にゴールキーパーの重心を確認してからシュートをうちます。そして左右どちらの足も同じように使うことができ、ヘディング、ループシュートと瞬時に冷静に多彩なシュートを選択することができるフォワードです。
アグエロはまさに、世界屈指のフォワードの一人として名があがるストライカーといえます。

フォワードのサッカー選手ランキング第4位!

ロメロ・メナマ・ルカク

国籍:ベルギー コンゴ民主共和国
生年月日:1993年5月13日生まれ
身長:190cm
体重:93kg
2009-211 アンデルレヒト
2011-2014 チェルシー
2012-2013 WBA(レンタル)
2013-2014 エヴァートン(レンタル)
2014-2017 エヴァートン
2017- マンチェスター・ユナイテッド

赤い悪魔の怪物

ベルギー代表として活躍し、マンチェスター・ユナイテッドに所属するサッカー界で有名なルカクは、その強靭なフィジカルを活かした、パワフルなプレーが持ち味の優れたフォワードです。

主にセンターフォワードでプレーしますが、この大きさでポストプレーをされたら、相手ディフェンスは手も足もでません。しかもルカクは大柄にもかかわらずスピードがあるので、ドリブルはまるで重戦車のような迫力で突進するのでそう簡単には止めることができません。そんなルカクは、赤い悪魔の怪物という伝説の異名を持ちます。

どこからでも得点できるフォワード

ルカクはスピードとフィジカルが世界最高レベルなので、裏のスペースにパスを出され、ルカクが反応すると相手ディフェンスはどうにもできなくなります。さらに190cmという身長でジャンプ力もあるので空中戦になると相手ディフェンスを弾き飛ばし、そのままヘディングシュートに持ち込むことができます。

そしてルカクは両足を使って強烈なシュートを放つことができるので、どこからでもゴールを狙える優れたフォワードということがわかります。

非常に賢いフォワード

ルカクは非常に賢いフォワードです。スピード・フィジカル・テクニックに優れたルカクは、自分がおとりとなるオフザボールの動きをよく見せます。味方選手がボールを保持すれば、ルカクはペナルティエリアの中央からサイドに移動し、ルカクが移動することで、ディフェンダーもつられて移動した後の空いたスペースに、他の味方選手が飛び込んでゴールするシーンはお得意なプレーです。

2018年ワールドカップロシア大会の日本戦アディショナルタイムでの勝ち越しゴールを演出したスルーは、伝説になりつつあるプレーです。

スピード・フィジカル・跳躍力に賢さも併せ持ったルカクは、世界レベルのフォワードであること間違いありません。

フォワードのサッカー選手ランキング第3位!

ルイス・スアレス

【ルイス・スアレス】BestGoals & Skills 2017/18🇺🇾

国籍:ウルグアイ
生年月日:1987年1月24日生まれ
身長:182cm
体重:85kg
2005-2006 ナシオナル・モンテビデオ
2006-2007 フローニンゲン
2007-2011 アヤックス
2011-2014 リヴァプール
2014- バルセロナ

優れたオフザボールの動き

世界的にも有名で人気を誇るフォワードであるスアレスですが、その得点を量産できる秘密は世界一のオフザボールの動きにあります。

スアレスは、オフザボールの動きが非常に上手いフォワードで、意図的にオフサイドポジションにいることがよくあります。そしてディフェンスを油断させ、一気にオンサイドポジションに戻り、そこから再びディフェンスの裏へ抜ける動きを繰り返します。ここでスルーパスが出るとゴールキーパーと、1対1の場面を作り出すことができます。

仮にディフェンスがスアレスに気を取られてラインを下げると、ディフェンスとミッドフィルダーの間にスペースが生まれ、2列目の選手がこのスペースを使うことができます。

フィジカルモンスター

スアレスのすごさは強靭なフィジカルにもあります。ペナルティエリア内は屈強なディフェンスがひしめき合う場所になりますが、そんなディフェンスにも当たり負けしない、フィジカルモンスターがスアレスです。
通常の選手であれば倒れこんでしまうところ、スアレスは多少体制を崩した状態でも、最後までシュートにもっていくフィジカルがあります。その体制を崩したシュートも精度が高いので、相手ディフェンスからしてみれば手のうちようがありません。
スアレスはフィジカルが強く、決定力も高い最強のフォワードといえます。

本物のストライカー

スアレスはエールディヴィジ、プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラの3リーグで得点王を記録しています。これはどのリーグでもコンスタントに結果を残している証明でもあります。
スアレスは華麗なシュートを狙っているわけではなく、常に泥臭くゴールを狙うフォワードです。ゴールへの執着心が半端なく、こぼれ球を常に狙っており、ディフェンスからすれば一瞬たりとも気を緩めることができない相手になります。
オフザボールの動きが上手い、泥臭くゴールを狙う本物のストライカーといえます。

フォワードのサッカー選手ランキング第2位!

ロベルト・レヴァンドフスキ

【レバンドフスキ】圧倒的決定力‼️ スキル&ゴール集

国籍:ポーランド
生年月日:1988年8月21日生まれ
身長:185cm
体重:79kg
2006-2008 ズニチェ・プルシュクフ
2008-2010 レフ・ポズナン
2010-2014 ドルトムント
2014- バイエルン・ミュンヘン

万能型の最強ストライカー

レヴァンドフスキはテクニック、スピード、得点力とフォワードに必要なすべてを世界レベルで兼ね備えている万能型の最強ストライカーです。そしてレヴァンドフスキの真の万能さは、どのようなチームにも順応できる点にあります。

比較的個人技を多く使うスタイルだったドルトムントで、結果を残してきたレヴァンドフスキですが、その後パスでつなぐスタイルであるバイエルン・ミュンヘンに移籍しても与えられた役割をしっかりこなし、変わらないパフォーマンスを披露しています。レヴァンドフスキには、さまざまなスタイルのサッカーに順応できるスキルが備わっているといえます。

圧倒的な得点能力

レヴァンドフスキは右利きですが、左右両方で同じシュートが打てる点が特徴です。そして打点の高いヘディングシュートも得意とするため、どこからでも得点することができます。

ドルトムントでは通算131試合出場で74得点、バイエルン・ミュンヘンに移籍してからは通算96試合に出場して77得点と圧倒的な得点力を見せつけています。

また、ブンデスリーガでは2013-14、2015-16、2017-18と3度の得点王に輝いていることから、世界最高のフォワードと評価されるのも頷けます。

ポーランド代表の歴代最多得点記録保持者

レヴァンドフスキはポーランド代表として通算93試合に出場し、52得点をあげ、それまで48得点をあげていたヴァジミエシュ・ルバンスキを抜いて、ポーランド代表歴代最多得点記録を更新しています。

テクニックやスピード、優れた跳躍力があってこその記録ですが、代表戦で結果を残せるのは、勝負強さと適格な動きやポジションどりなどが優れていることが理由にあげられます。

レヴァンドフスキは、フォワードに求められる全てを備えた優れた万能型フォワードで、ポーランドの伝説的存在になりうるサッカー選手です。

フォワードのサッカー選手ランキング第1位!

クリスチャーノ・ロナウド

【クリスティアーノ・ロナウド】2017-18 スキル&ゴール集 Cristiano Ronaldo 2017-18 Skills & Goals

国籍:ポルトガル
生年月日:1985年2月5日生まれ
身長:187cm
体重:83.5kg
2002-2003 スポルティングCP
2003-2009 マンチェスター・ユナイテッド
2009-2017 レアル・マドリード
2018- ユヴェントス

無回転キック

世界一のサッカー選手に贈られるバロンドールを、最多タイの5度獲得している世界的にも大人気で有名なクリスチャーノ・ロナウド。

クリスチャーノ・ロナウドはフォワードに最も求められる得点能力を持つ、世界一のフォワードです。得意とする強烈なミドルシュートは、時速132km/hという威力抜群のシュートを誇ります。
さらにフリーキックを得意とし、クリスチャーノ・ロナウドの代名詞ともされる無回転フリーキックは高速なうえ、ゴールキーパーの手元でボールが揺れながら不規則に動くので、ボールの正面に入ったとしても、ールキーパーの手をすり抜けてゴールへ吸い込まれます。

驚異のジャンプ力

クリスチャーノ・ロナウドは驚異のジャンプ力の持ち主でも有名です。クリスチャーノ・ロナウドのジャンプの到達点は305cmとされており、これは244cmのゴールマウスの高さをゆうに超える高さです。

大柄なディフェンスでも、なかなかここまでの高さには届かず、コーナーキックなどのセットプレーからクリスチャーノ・ロナウドのヘディングシュートは量産されます。

クリスチャーノ・ロナウドの身長から考えると、100cmは飛んでいることになり、それだけの高さまでジャンプしてもバランスを崩すことがない理由は、優れた体幹があるからです。

驚異の得点力

クリスチャーノ・ロナウドが伝説になりうる世界一のフォワードである証は、その驚異の得点力にあります。レアル・マドリードに所属している9シーズンで通算292試合に出場し、311ゴールという1試合平均1.06点をたたき出し、さらにはリーガ・エスパニョーラ6シーズン連続30得点を史上初めて達成しています。

フォワードは得点を求められるポジションですが、その得点が求められるポジションに、最も相応しい結果を残しているのは、クリスチャーノ・ロナウドです。

フォワードの選手ランキングのまとめ

齋藤 拓夢 on Instagram: “#クリスチャーノロナウド #レアルマドリード” (44965)

サッカーにおけるフォワードというポジションに最も求められるスキルは得点能力です。得点してこそ真のフォワードと言う事ができ、世界から認められることになります。
それを全てこなすクリスチャーノ・ロナウドは、優れた身体能力と打点の高いヘディングを武器に得点を量産する、真のフォワードといえます。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。