2021年6月21日 更新

サッカーの試合中に死亡や事故となってしまったケースとは?

サッカーの試合中に死亡や事故となってしまったケースには、心臓病・選手同士の交錯・ボールの直撃・壁や用具の激突・パフォーマンスの失敗・落雷事故があります。観客も、サポーターの暴動・運営や施設の問題で事故になってしまったケースがありました。サッカーの試合中の死亡や事故を防ぐ対策は年々強化されています。

4,309 view お気に入り 0

サッカーで起こる死亡したケースや事故とは?

 (244670)

サッカーで起こる死亡したケースや事故には、さまざまな要因があります。サッカーは、心肺機能に負担がかかることと選手同士の激しい接触プレーが原因で、死亡やケガにつながるケースが多く、選手や運営の不注意から起きた事故のケースもあります。

※死亡事故のケース例
・心臓病
・選手同士の交錯
・ボール直撃
・壁や用具に激突
・パフォーマンスの失敗
・暴力事故
・落雷事故
・サポーター暴動
・運営・施設の問題

心臓病

サッカー選手が試合中で死亡した原因のトップは心臓病です。サッカーは、90分間走れる体力が必要で心肺機能に負担がかかり、ヨーロッパでは心臓病になる最もリスクの高いスポーツと言われています。しかし、メディカルチェックで心筋のトラブルが検出されていれば防げたケースも多く、事前の精密検査が重要です。

心臓病ではない選手でも、喘息・熱中症・ドラッグが原因で不整脈による突然死を引き起こすことがあります。

選手同士の交錯

サッカーでは、試合中に選手同士が激しく交錯してしまい死亡や大ケガにつながるケースがあります。特に頭部に激突することは危険で、脳震盪や脳内出血を引き起こしてしまい重篤な状態に陥いる可能性があります。

選手同士の交錯は、相手チームとだけではなく味方同士でも意図なく激突することがあり、ヘディングの競り合いやゴールキーパーとのボールの奪い合いの時の接触は危険なケースが多いです。

ボール直撃

サッカーでは、蹴られたボールが頭や心臓に直撃することで死亡や重傷につながるケースがあります。プロサッカー選手のシュートスピードは、100km/hに達することが多く150km/hを超える選手もいて、至近距離で身体に直撃すると相当な衝撃を受け、脳震盪や心臓震盪を起こすことがあります。

壁や用具に激突

プロサッカーの下位リーグやアマチュアではピッチの環境次第で壁に激突したり、サッカーゴールが転倒して激突したりして死亡や大ケガをするケースがあります。ピッチのタッチラインやゴール裏のエリアが狭いと選手が勢い余って、壁や看板に激突するケースがあります。

サッカーゴールを固定せずに、強風やクロスバーにぶら下がって倒れてしまい選手に直撃するケースがあり、小・中学校での事例も多く注意が必要です。

パフォーマンスの失敗

サッカー選手は、ゴールを決めた後にパフォーマンスすることが多く、パフォーマンスに失敗してしまい死亡や大ケガの事故になることがあります。宙返りパフォーマンスする選手が着地に失敗して、頭や首から落下したり、膝や足首に重傷を負ったりすることがあります。

ゴール後に、観客と喜びを分かち合うため観客席に向かっていく途中で、広告看板に激突してしまい大ケガするケースもあり十分注意が必要です。

暴力事故

サッカーでは、選手同士の乱闘や審判に対しての暴力で死亡や重傷の事故を起こすケースがあります。サッカー選手は、試合中にアドレナリンの分泌でハイテンションになることが多く、口論や乱闘を起こしやすい状態になりやすいです。

相手チームとの乱闘以外に、味方同士の殴り合いや、審判に殴りかかって事故になるケースもあります。

落雷事故

サッカーは、悪天候でも試合がおこなわれやすく落雷事故が多いスポーツです。世界中で落雷事故は起きていて、高所に雷が落ちるケースが多いが平地や低地に落ちるケースもあり、サッカー場のピッチ内に落ちて死亡や重傷事故になるケースがあります。

サッカーの試合中に落雷事故が起こると、複数名が負傷するケースが多くアフリカのマラウイでは、5人死亡100人以上の負傷者がでてしまったケースがあります。

サポーター暴動

88 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーの監督の年収はどのくらい?海外リーグやJリーグ・高校サッカーの給与事情

サッカーの監督の年収はどのくらい?海外リーグやJリーグ・高校サッカーの給与事情

サッカーの監督の年収は所属するリーグやカテゴリーによって開きがあります。海外リーグの監督は12~28億円、J1リーグの監督は2億~数千万円と国内と国外でかなりの差があります。学校関係の監督の年収は教員であることが多いため300~500万円と教員としてのお給料がほとんどであることが多いです。
サッカーのアシストの定義とは?ゴールに関わるパスを詳しく知ろう

サッカーのアシストの定義とは?ゴールに関わるパスを詳しく知ろう

サッカーのアシストは、世界で統一された公式規則がないためリーグや大会で定義が違い、Jリーグでは公式に記録も表彰もしていませんが、プレミアリーグやリーグ・アンでは公式に記録し表彰しています。サッカーのアシストは、プレミアリーグが採用しているOpta社の定義が基準になり参考にされています。
元Jリーガーの現在とは?セカンドキャリアについて考察してみた!

元Jリーガーの現在とは?セカンドキャリアについて考察してみた!

元Jリーガーのセカンドキャリアは、タレントに転身する人やサッカー指導者になる人とさまざまです。特に日本酒を世界に発信する会社を設立した中田英寿氏やバラエティ番組にひっぱりだこの武田修宏氏の活躍が目覚ましいです。会社員に転身した元Jリーガーも多く、あらゆる分野で第2の人生を歩んでいます。
アッレグリ戦術とは?マッシミリアーノ・アッレグリ監督の戦術を解説!

アッレグリ戦術とは?マッシミリアーノ・アッレグリ監督の戦術を解説!

アッレグリ戦術とは、世界的に有名なマッシミリアーノ・アッレグリ監督が考案した、選手の個性を充分に活かすためのサッカー戦術です。アッレグリの名を轟かせるきっかけとなった変則フォーメーションや、クロスボール戦術をはじめとした具体的な方法を、実践例と併せて解説します。
サッカー日本代表の得点ランキング!歴代の通算ゴール数が多い選手とは?

サッカー日本代表の得点ランキング!歴代の通算ゴール数が多い選手とは?

サッカー日本代表の得点ランキングには、メキシコオリンピック日本代表の銅メダル獲得に貢献した釜本邦茂やワールドカップ地区予選で27点を挙げた三浦知良がいます。ランキングには、海外で活躍する選手も多く、得点能力の高い日本代表のゴールシーンは観客にサッカーの楽しさを伝えてくれます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

poporof poporof