Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. リトリートサッカーとは?...
リトリートサッカーとは? 守備戦術を考察しよう!

リトリートサッカーとは? 守備戦術を考察しよう!

リトリートとはディフェンス時の守備戦術の言葉で、相手にボールを奪われた時に、素早く自陣に戻り、守備陣形を整えることを意味するサッカー戦術となります。リトリートサッカーは柔能く剛を制す戦術です。今回はそんなリトリートサッカーという守備戦術を考察していきましょう。

2021.12.16 サッカー

リトリート戦術の前に・・・?

守備戦術としてのボールを奪われた後の対応とは?

furu14 on Instagram: “2018.03.07 Jリーグ YBCルヴァンカップGS 第1節 横浜F・マリノス  1-0 FC東京  #横浜Fマリノス #横浜 #マリノス #fmarinos  #FC東京 #東京 #tokyo #ルヴァンカップ #levaincup  #下平匠 #jリーグ…” (27389)

様々なサッカー戦術の守り方がある中で、ボールを相手に奪われた場面の対応方法として、フォアチェックサッカーとリトリートサッカーの2パターンがあります。この対応方法はチーム内で共通認識として理解しておくことが重要になります。

それではサッカー戦術の守り方として、このフォアチェックサッカーとリトリートサッカーとは、一体どのような戦術なのでしょうか?

フォアチェックとは?

furu14 on Instagram: “2018.03.07 Jリーグ YBCルヴァンカップGS 第1節 横浜F・マリノス  1-0 FC東京  #横浜Fマリノス #横浜 #マリノス #fmarinos  #FC東京 #東京 #tokyo #ルヴァンカップ #levaincup  #遠藤渓太 #下平匠 #jリーグ…” (27391)

フォアチェックサッカーという守り方とは、すぐに相手に寄るという意味で、ディフェンス戦術として別名ハイプレスサッカーとも呼ばれます。ボールを奪われたらなるべく前線から積極的にプレッシャーをかけ、相手のスペースを無くして、できる限り相手ゴール近くでボールを奪い、ショートカウンターへ繋げる守備戦術を言います。

現代のサッカー戦術としてはトレンドと呼ばれる戦術で、リーガエスパニョーラではバルセロナが、Jリーグでは浦和レッズが採用しているディフェンス戦術として有名です。

リトリートとは?

midori on Instagram: “2015年11月 過去写真鹿島アントラーズ練習見学#茨城#鹿嶋#鹿島アントラーズ#サッカー#soccer#本山雅志” (27394)

リトリートサッカーという守り方とは、ボールを奪われたらなるべく早く自陣に戻り、守備の陣形を整えて相手の攻撃に備えるという意味の守備戦術です。

基本的には対戦相手との実力差を考え、早めに守備ブロックを作り、ボールを奪ったらロングカウンターを仕掛けるという使い方がされています。

ディフェンスにおいてチーム全体の意思疎通が必要で、選手が各ポジションに戻る守備戦術のため、ゾーンディフェンスを採用した際にリトリートサッカーは効果的です。

リトリートサッカーのメリットとデメリット

リトリートサッカーのメリット

  •        
  •        
  •        
  •       
    
ゲキサカ on Instagram: “J3開幕!プロ25年目開幕戦もフル出場、GK川口能活がJ3最年長出場記録を更新#jleague #J3 #Jリーグ #川口能活 #最年長 #出場記録 #soccer #football #サッカー #gekisaka #ゲキサカ #開幕” (27397)

リトリートサッカーという守り方を採用することでどのようなメリットがあるのか、また、リトリートサッカーを採用する意味を考察していきましょう。

ディフェンスにおけるリトリートサッカーの基本的な考え方は、広いピッチに各選手をまんべんなく配置してスペースを埋めるよりも、自陣内のゴール前に守備ブロックを作り、バイタルエリアでプレーさせないほうがはるかに失点のリスクは少ないという意味のものです。

守備においては常に数的有利な状況を作り出し、意図的に相手チームにポゼッションさせることで殆どの選手を自陣内に誘い込み、ボールを奪ったら手薄になった相手守備陣の裏を狙ってロングカウンターを狙います。

リトリートサッカーのデメリット

サッカーキング on Instagram: “. AFCチャンピオンズリーグ グループステージ第2節 セレッソ大阪 0-0 広州恒大 (2018.02.21) . 中国の広州恒大をホームに迎えたセレッソ大阪。 試合はスコアレスドローに終わりました。 2試合を終えて勝ち点を4としています。 . 📸 Photo by…” (27402)

ディフェンスにおけるリトリートサッカーは、ボールを奪われたらとにかく急いで自陣内に戻って守備陣形を整え、相手の攻撃に備えることが目的のため、どうしても相手チームのポゼッション率が上がり、ディフェンスの時間が長くなることを意味します。

そのため、精神的な我慢強さが求められます。仮に先制点を許した場合、相手チームに長くポゼッションされるということは時間稼ぎを許すことを意味します。

リトリートサッカーに適したフォーメーションとは?

サッカーキング on Instagram: “. AFCチャンピオンズリーグ グループステージ第1節 全北現代 3-2 柏レイソル (2018.02.13) . アウェーに乗り込んだ柏は幸先よく2点を先行しましたが、後半に3失点で痛恨の逆転負けを喫しました。 📸 Photo by Han Myung-Gu/Getty…” (27405)

ディフェンス戦術としてリトリートは基本的にボールを奪われたらすかさず自陣内に戻るという意思疎通がなされる組織的なサッカー、つまりゾーンディフェンスに適したサッカー戦術です。

そして一番適したフォーメーションが、自陣内のスペースを広くカバーした布陣である4-4-2です。4-4-2は、最終ラインの4人、中盤の4人がスペースを埋めてしっかり守り、前線の2人が残ってロングカウンターを狙う布陣です。

リトリートサッカーを操るレスター

@footballtribejp on Instagram: “#レスター 対#ハダースフィールド の試合は3-0でホームのレスターが勝利を収めた☺️岡崎はノーゴールもフル出場で勝利に貢献🙌#プレミアリーグ #第22節 #海外サッカー #岡崎慎司” (27408)

このリトリートを戦術とし、4-4-2のフォーメーションを採用しているのが岡崎真司が所属するレスターです。率いるのはクラウディオ・ラニエリ監督です。

レスターのリトリートサッカーは、ピッチを4分割して3本のラインを設定、最終ラインにディフェンダー、中央ラインにミッドフィルダー、前線のラインにフォワードといった配置をし、各選手にスペースを任せるゾーンディフェンスを意味します。

ボールを奪われたら各ラインにリトリートし、前線の2人がパスコースを塞ぎ、苦し紛れに出したパスを2列目がインターセプトを狙い、ボールホルダーが前線へロングパスを出した場合は最終ラインが高さを生かしたヘディングで対応します。

鉄壁を誇るレスターの戦術

レスターの守備戦術は、基本的に最終ラインを高く設定し、高い位置からハイプレスをしかけるフォアチェックとは正反対を意味し、自陣内のスペースを埋めるように選手を4-4-2に配置する戦術で、ゴールキーパー意外の8人が守備に徹し、残る2人にボールを繋ぎます。これだけの選手を守備にあてるわけですからレスターのディフェンスは鉄壁です。

ポゼッション率、パスの成功率が物語る

レスターのディフェンスはとにかく自ら与えられたテリトリーのカバーを念頭におき、攻撃よりも守備を優先することに努めます。

レスターのチームとしてのポセッション率は欧州リーグ全95チーム中62位の46.24%、パス成功率についてはプレミアリーグで最下位の71%です。引いた位置からボールを奪い、パス成功率の高いショートパスではなく、パス成功率の低いロングボールを多用していることを意味しています。

それでも2017-2018の順位は20チーム中8位という好成績を収めていることから、ポゼッション率が低いからといって勝てないわけではないことをリトリートサッカーは証明しているわけです。

リトリートサッカーを推奨するアイルランド

@o.yoryu on Instagram: “STRIKER us Great Ireland Robert David KEANE #STRIKER#KEANE #Ireland #Tottenham #Spurs #ASTONVILLA #Liverpool #INTER#InternazionaleMilano…” (27416)

リトリートサッカーを協会をあげて推奨する国がアイルランドです。アイルランドサッカー協会は「狭いビッチと少ない人数でのゲーム」「後ろからボールを繋ぐアプローチ」「勝利にこだわり過ぎないこと」をテーマに、選手育成に力を注いでいます。

そこでアイルランドサッカー協会が取り入れているのが「リトリート・ライン」です。

リトリート・ラインとは?

リトリート・ラインとは、基本的にピッチを3分割して2本のラインで区切り、このラインが両チームにとってのリトリート・ラインになります。そして、攻撃チームは相手ゴールキーパーのゴールキック時又は、相手ゴールキーパーのスローイングの際には、守備に切り替わるのでリトリート・ラインまで戻らなければならないというものです。

もう一つのルールは、守備側はゴールキーパーからのキック又はスローが一旦攻撃側選手に触れるまでリトリート・ラインを超えることができないという点です。これにより、意図的に初めはノンプレッシャーでゴールキーパーも含めたビルドアップを行うことになり、攻撃の流れを理解することができます。

「狭いピッチと少ない人数でのゲーム」の意味

リトリート・ラインによりピッチが3分割され、選手も3分割されるので、自然と狭いピッチで少ない人数による攻防が繰り広げられます。
ここでの目的は、狭いピッチでも少ない人数でボールを繋げることです。

「後ろからボールを繋ぐアプローチ」の意味

アイルランドサッカー協会は、6歳~8歳までのサッカーのルールとして、キックオフを廃除し、代わりに全てゴールキーパーのマイボールからリスタートするとしています。そしてゴールキーパーからのリスタート時は、必ずゴールキーパーとリトリート・ラインの間でボールを受けなければなりません。
この目的は、数的有利な状況で後ろから攻撃を組み立てるというアプローチにあります。

「勝利にこだわり過ぎないこと」の意味

アイルランドサッカー協会はこのように育成年代からリトリート・ラインというルールを取り入れ、カテゴリーの上昇と共にリスタートはゴールキーパーからというような制限を徐々に解消しながら、未来のフル代表の土台作りを行っています。そこには特に勝利にこだわり過ぎる必要はないわけです。

リトリートサッカーへの対策

サッカーキング on Instagram: “. 第96回全国高校サッカー選手権大会開幕(2017.12.30) #佐賀東 #石橋翼 @pumafootball_jp #PUMAFuture #新たな高みへ #PUMAFootball . 📸 Photo by Naomi Seto/瀬藤尚美 #高校サッカー #高校選手権…” (27424)

各選手が自分の持ち場を任されるゾーンディフェンスにおけるリトリートサッカーは鉄壁の守備を誇りますが、対するチームもその点は対応策を練って挑んできます。

守備のバランスを崩す作戦

対応策として考えられるのが、ゴール前・バイタルエリアを守備ブロックで固めるのであれば、リトリートサッカーを採用するチームに意図的にスペースを与えてボールポゼッションをさせます。

パスも繋がり、プレッシャーもさほど感じないはずなので、敵陣深くまで誘い込み、相手選手の守備陣形が崩れたところでボールを奪いに行き、リトリートする前に一気にカウンターに持ち込む方法が考えられます。

相手選手を釣り出す作戦

つまり、ディフェンス戦術としてリトリートサッカーを採用するチームの攻撃としては、時間をかけずに、最終ラインやセンターハーフ付近の選手は必要以上に攻め上がることはありませんが、ボールポゼッションさせることでそれら全ての選手を自陣内へ釣り出し、手薄になった裏を一気に狙う作戦です。
下がった相手をおびき寄せるという意味と言えます。

リトリートサッカーのまとめ

現代の主流である中盤を固め、フォアチェックからショートカウンターという戦術に反するリトリートサッカー。ポゼッション率の高さが勝敗を左右するわけではないという事を証明したことは紛れもない事実です。時代と共に移りゆくサッカー戦術の中で、いつしかリトリートサッカーがフォアチェックサッカーを超える日がやってくるかもしれません。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。