2020年2月18日 更新

卓球のブロックを安定して決める方法とは?【卓球初心者ガイド】

卓球のブロックは、相手の攻撃的なボールを安定して返球する技術になります。卓球のブロックの打ち方は、ボールの回転量によってラケット角度を調節し、小さいスイングで打つようにします。また、ブロックを安定させるポイントは、ラケットヘッドを立てて、バウンドの頂点か頂点より少し早い位置でボールを捉えることです。

1,392 view お気に入り 0

卓球のブロックとは?

T.LEAGUE(Tリーグ) on Instagram: “木下マイスター東京 #丹羽孝希昨晩に続き今日もエースが!鳴門で!華麗に!舞うのか!? #ノジマTリーグ 2019-2020シーズン男子。鳴門・大塚スポーツパーク アミノバリューホール。 このあと17時から!#木下マイスター東京 vs. #TT彩たま 戦 #Tリーグ #卓球” (110747)

卓球のブロックとは、相手のドライブやスマッシュなど、攻撃的なボールを返球するのに使う技術で、守備的な返し方になります。

ブロックは相手のボールの威力を利用して返球するのが特徴で、ボールに力を加えたり、大きな動きが必要ありません。卓球の試合では、攻撃と守備のバランスが勝敗に大きく影響するので、相手の攻撃を安定して返球するブロックは非常に重要な技術だと言えます。

卓球のブロックの打ち方

卓球のブロックの打ち方を、フォアハンドブロック、バックハンドブロック、伸ばすブロックの3つに分けて解説していきます。卓球のブロックの打ち方は、ブロックの種類によって微妙に異なります。

フォアブロックの打ち方

横山達也TatsuyaYokoyama on Instagram: “日本生命レッドエルフ 早田ひな選手@Tリーグ2019-2020シーズン女子開幕戦 日本生命レッドエルフvs木下アビエル神奈川 (2019.8.30 大阪府立体育会館)…” (110744)

フォアハンドでブロックを打つ時は、ラケットを後ろに引かずに、体より前でボールを捉えることが重要です。

【フォアブロックの打ち方】
①ボールのバウンドを予測して、体をボールに近づけるために足を動かす

②ラケットは後ろに引かず、体より前方でボールを捉える

③ボールの回転量によって、ラケット角度を微調整する

④打球後は、ボールを軽く前に送り出すイメージで小さくスイング

バックブロックの打ち方

Table Tennis Deals on Instagram: “Vladimir Samsonov is one of the best ping pong players that exist, thanks to his long career. Do you think he is the best player or do you…” (110730)

バックハンドでブロックを打つ時は、ラケットを後ろに引かずに、体の正面でボールを捉えることが重要です。

【バックブロックの打ち方】
①ボールのバウンドを予測して、ボールを体の正面で捉えられるように足を動かす

②ラケットは後ろに引かず、体の正面で打球

③ボールの回転量によって、ラケット角度を微調整する

④打球後は、ボールを軽く前に送り出すイメージで小さくスイング
バックブロックは安定しやすい?
フォアブロックとバックブロックを比較した場合、バックブロックの方が安定しやすくなります。

バックブロックの方が安定しやすい理由は、バックハンドは体の正面でボールを捉えることが可能で、自然とラケットを体の前方に構えることができるからです。

一方フォアブロックは、体の横でボールを捉えることになり、意識的に体の前方で打球するようにしなければなりません。

伸ばすブロックの打ち方

究める!シリーズ⑭ 伸ばすブロック|松平健太(木下グループ)

伸ばすブロックを打つ時は、通常のブロックよりも少し前進回転を加えてあげるイメージで打球します。

【伸ばすブロックの打ち方】
①ボールのバウンドを予測して、体をボールに近づけるために足を動かす

②ラケットは後ろに引かず、ボールの正面の斜め上あたりを捉える

③ボールの回転量によって、ラケット角度を微調整する

④打球後は、ボールに軽く前進回転を加えるイメージで前方に小さくスイング
伸ばすブロックのメリットは?
伸ばすブロックを使うメリットは、相手の打球点を遅れさせることができます。

伸ばすブロックは少し前進回転を加えて返球するので、相手コートにバウンドした後にボールが伸びるようになります。通常のブロックと組み合わせて使うことで、相手の振り遅れを誘うことが可能です。

卓球のブロックを安定させる7つのコツ

卓球のブロックを安定させる7つのコツを紹介します。ブロックはシンプルに見える技術ですが、ブロックを安定させるためには、コツを把握して繰り返し練習に取り組むことが大切です。

手首の使い方

卓球のブロックを安定させる1つめのコツは、手首をある程度固定してラケット面を出すことです。

ブロックをする時に手首が固定されていないと、ラケット面がぐらついてしまい、ブロックを安定させることが難しくなります。ブロックを安定して入れるために、手首を固定してボールを待ち構えるようにしましょう。

しかし、手首を固定しようとし過ぎると、腕全体に力みが生まれてしまいます。力んだ状態では、相手のボールを吸収することが難しくなるので、打球時だけ手首を固定するイメージで構えましょう。

ヒジの使い方

Ryusuke Sakamoto坂本竜介 on Instagram: “Kenta beat KARAKASEVIC! 4-2! いよいよ準決勝!! 全力でサポートします^ ^ #卓球#worldtour #tabletennis ##panagyurishte#松平健太#kentamatsudaira…” (110736)

卓球のブロックを安定させる2つめのコツは、ヒジを支点にスイングすることです。

卓球のブロックは腕でスイングしてしまうと、大きなスイングになりやすく、相手コートにボールを収めるのが難しくなります。ヒジを支点にして、相手のボールの威力を利用することを意識しましょう。ヒジを支点にしてスイングすることで、コンパクトで安定したスイングができます。

ラケットヘッドを立てる

キノシタアビエル推し🌟 on Instagram: “予選通過おめでとう🎊 明日から本戦。 明日からが勝負。 1回戦は中国の朱雨玲選手🇨🇳 強敵ですが、美柚ちゃんらしくプレーすれば大丈夫。 色々試して、今持ってるもの全て出し切れるといいですね☺️☺️ 頑張ってください🔥 . #長﨑美柚 #卓球 #ジャパンオープン #北海道 #応援…” (110740)

41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卓球のブロックマンが勝つ方法とは?【卓球初心者ガイド】

卓球のブロックマンが勝つ方法とは?【卓球初心者ガイド】

卓球のブロックマンとは、ブロックを主戦技術としてプレーする選手です。ブロックマンが勝つための方法は、さまざまなバリエーションのブロックを使って、チャンスボールを逃さず攻撃することです。また、卓球のブロックマンの戦術は、ブロックのコース取りを工夫し、ロングサーブからの展開を増やすようにします。さらに、レシーブではツッツキを使って試合を組み立てましょう。
Anonymous | 1,491 view
リードブロックとコミットブロックの違いとは?ブロックの種類を理解しよう

リードブロックとコミットブロックの違いとは?ブロックの種類を理解しよう

リードブロックは、見て動くブロック、コミットブロックは上がる前に跳ぶブロックのことです。現代バレーではリードブロックが標準の戦略ですが、コミットブロックも状況に応じて使われることがあります。ブロックのシフトも様々なものがありますので、ブロックの種類と組み合わせて、相手の攻撃に対応できるようにしましょう。
aoii15 | 961 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous