2020年2月19日 更新

卓球のツッツキの打ち方とコツとは?基本を理解して練習しよう

卓球のツッツキの打ち方は、体より前で打つようにして、ボールの回転量によってラケット角度を調整することが重要になります。卓球のツッツキのコツは、打球点が頂点より早くなるように足を動かし、薄くボールを捉える感覚で下回転を加えることです。また、ツッツキの質を高める練習方法は、ツッツキ対ツッツキ、上回転をツッツキする練習になります。

4,251 view お気に入り 0
ツッツキの質を高める2つめのおすすめ練習方法は、上回転をツッツキする練習です。

練習のやり方は、練習相手に上回転のサーブを出してもらい、そのサーブをツッツキでレシーブします。上回転のサーブに対してしっかりと下回転を加えて、相手コートにおさめることを意識しましょう。

ツッツキは下回転のボールに対して使う技術ですが、上回転のボールをツッツキでおさめることができれば、さまざまな球質に対して角度を調節してツッツキが打てるようになります。

卓球のツッツキの重要性

ロッチ on Instagram: “全日本卓球 早田ひな#早田ひな #全日本卓球” (111415)

卓球のツッツキは地味な技術ですが、プレーの安定感を高めるために重要な役割りを担っています。

鋭いツッツキを打つことができれば、相手の強打を防ぐことになり、ツッツキが直接得点につながることもあります。ツッツキがおろそかになってしまうと、相手にとってチャンスボールになりやすいので注意が必要です。

つなぎ技術として重要な役割りがあるツッツキの質を高めて、試合で安定感のあるプレーをしていきましょう。
54 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卓球のカット打ちのやり方とは?初心者がおさえておく4のコツを解説

卓球のカット打ちのやり方とは?初心者がおさえておく4のコツを解説

卓球のカット打ちは、打球点を落とし過ぎず、ネットを越えることを意識して打球します。卓球のカット打ちのコツは、カットの回転量を正確に判断して、ストップやツッツキを織り交ぜながら攻めることです。さらに、カット打ちが上達するおすすめの練習方法は、カットマンと基本練習やゲーム練習をすることになります。
卓球のフリックの打ち方とコツとは?5つのフリックをマスターしよう!

卓球のフリックの打ち方とコツとは?5つのフリックをマスターしよう!

卓球のフリックの打ち方は、ボールの落下位置に体を近づけて、バウンド頂点付近でボールを捉えてコンパクトにスイングします。卓球のフリックのコツは、足を使ってボールに近づく、打球点を落とさない、手首を使いすぎない、フリーハンドでバランスをとる、ラケット面を工夫することです。
カットマン対策を考えよう!カットの返し方とそのコツを簡単に解説

カットマン対策を考えよう!カットの返し方とそのコツを簡単に解説

卓球のカットマン対策は、強打の割合を少なくしてミスを減らす、ボールの緩急を意識する、バック側にボールを集める、カットマンを前後に動かす、強打はミドルを狙うことの5つです。このカットマン対策に加えて、カット打ちのコツも解説します。
卓球のドライブの打ち方とは?6つのコツを覚えて初心者を卒業しよう

卓球のドライブの打ち方とは?6つのコツを覚えて初心者を卒業しよう

卓球にはドライブという技術があり、ドライブは現代の卓球において欠かせない技となっています。卓球の初心者から中級者にレベルアップするためには、ドライブ打法を習得することが大事になります。ドライブの打ち方やコツを理解し、正しいドライブ打法を身につけましょう。
ホームランの打ち方を徹底解説!大事な6つのコツをおさえよう

ホームランの打ち方を徹底解説!大事な6つのコツをおさえよう

ホームランを打ちたいと考えている人へ伝えたいことは・・・ホームランを打つためにはコツがあるということです。 構えからスイングに続けバットの力の抜き方など6つのコツを解説します。1つ1つ確認して、ホームランを打てるようになりましょう。
Act |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous