2020年8月5日 更新

卓球の促進ルールとは?卓球にも試合時間のルールがある!

卓球の促進ルールとは、試合進行を促進するためのルールです。この卓球促進ルールは昔、1ゲームに2時間もかかった試合があった為できたルールですが、促進ルール適応後はレシーバーやカットマン、サーバーの心理戦が加熱し、卓球人気をさらに押し上げる結果に繋がりました。

537 view お気に入り 0

卓球の促進ルールとは?

 (158686)

卓球の促進ルールとは長時間のラリーを禁止する、普段あまり使われない卓球の国際ルールです。卓球の促進ルールがあまり使われない理由は、長時間のラリーが続くことが非常に少なく、途中でスマッシュやカットマンの回転シュートが得点に結びつき、ゲームが終了するからです。

促進ルールはいつから?

卓球の促進ルールは1936年、プラハで開催された世界選手権で、男子団体のポーランドとルーマニアの試合で事件はおこり、新たに設定されたルールです。卓球の1ゲームは通常、5分前後でおわりますが、両チームのキャプテンが一歩も引かず、2時間12分も時間をかけ、選手より先に、首を左右に振っていた審判が倒れてしまい、設定されたのものです。
1936年、プラハで行われた世界選手権のラリー時間には諸説ありますが、1ポイントとるのに2時間以上、試合時間は合計11時間に及ぶ歴史的に非常に長い試合です。

卓球のラリー時間が問題?

卓球のラリー時間には明確なルールが必要です。卓球のラリーが2時間以上続く試合はかなり例外ですが、トーナメント方式が採用される卓球の国際試合では、30分でも後の試合スケジュールに大きな問題が起こります。卓球の促進ルールが1ゲーム10分以上で適応と定められた理由は、選手や審判の体調だけではなく、スケジュール管理の観点からも算出されたのです。

具体的な卓球の促進ルール

 (158738)

卓球の促進ルールとは、1ゲーム10分以上ラリーが続いた場合に適応される特殊なルールです。内容はレシーバーが13回返球に成功することでレシーバーに得点が入ります。レシーバー有利のルールですが、合計点数18点以上だと適応されないと、細かな適応条件があり、あまり適応されることはありません。

促進ルールが適応する条件

卓球の促進ルールが適応される条件は2つあります。

・合計点数が18点未満
・1ゲームの試合時間が10分以上継続している


2つの条件を満たしたときに卓球の促進ルールは、マッチが終わるまで適応され、カットマンのプレーも例外ではなく自動的に適応されます。双方の合意で最初から促進ルールを適応する特別ルールでおこなう試合もあります。

促進ルールの内容

卓球の促進ルールが適応されると、まず返球回数を数えるために審判が1人追加されます。適応後の内容はサーブと同時にカウントが開始され、レシーバーが13回返球に成功することでレシーバーに得点が入ります。サーバーには不利なルールですが、攻撃型の選手が多い現代では5分以内に得点が入る試合が多く、適応されにくいルールです。

卓球の促進ルール適用の動画

福原愛選手が国際大会で卓球促進ルールを適応された試合です。得点が8対7と18点未満でゲーム時間を10分こえ、促進ルールが適応されましたが、福原愛選手のサーブを13回返球することなく得点が決まり試合も終了します。

卓球の促進ルールを適応した結果

Login 窶「 Instagram (158744)

卓球促進ルールを導入した結果、卓球という競技にスピード感と心理戦が加わり、爽快かつ知的なスポーツとして日本でも爆発的人気となります。卓球促進ルールがなければ、競技人口は激減し、オリンピック競技として採用されていません。卓球促進ルールは、普段あまり適応されませんが、今の卓球人気を支える、とても重要なルールです。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オーバータイムスとは?【バレーボールのルール解説】

オーバータイムスとは?【バレーボールのルール解説】

バレーボールのオーバータイムスとは、同一チームの選手が3回以内に相手コートにボールを返せない場合に発生する反則です。現在のルールではオーバータイムスの正式名称はフォアヒットです。オーバータイムズは相手チームのプレーに関わらない自滅行為なので、極力減らすことを心がけましょう。
まる蔵 | 604 view
ゲームキャプテンとチームキャプテンの違いとは?【バレーボール用語解説】

ゲームキャプテンとチームキャプテンの違いとは?【バレーボール用語解説】

ゲームキャプテンとチームキャプテンの違いとは、バレーボールの試合中のコート内の代表か試合開始前からのチーム全体の代表かの違いです。ゲームキャプテンとチームキャプテンはそれぞれに役割があります。チームの代表になるゲームキャプテンとチームキャプテンの違いについて解説します。
hersheys | 944 view
フットフォルトとは?【バレーボールのルール解説】

フットフォルトとは?【バレーボールのルール解説】

バレーボールのフットフォルトとは、サーブでボールを捉える瞬間に、足がエンドラインにかかったときに取られる反則です。サイドラインの仮想延長線上からはみ出した場合も反則を取られます。サーブボールが手を離れた後は、サービスゾーン外やコート内に着地することは許可されています。
まる蔵 | 888 view
リリーフサーバーとは?【バレーボール用語】

リリーフサーバーとは?【バレーボール用語】

バレーボールのリリーフサーバーとは、試合の途中で交替してサーブを打つ選手です。一般的にはピンチサーバーと呼ばれていますが、正式にはリリーフサーバーといいます。大切な場面で起用されるリリーフサーバーは、確実なサーブスキルとプレッシャーに負けない強いメンタルが要求されます。
まる蔵 | 804 view
バレーボール用語を英語で紹介!日本語とどう違うの?

バレーボール用語を英語で紹介!日本語とどう違うの?

バレーボールは、サーブやアタックなど日本語と英語で同じ用語を使うことが多いスポーツです。バレーボール用語で日本語と英語が一致する理由は、バレーボールの発祥がアメリカであることに由来します。トスはset、レシーブはbumpなど、日本語と英語で異なる用語は知っておくと便利です。
emikobayashi215 | 2,961 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

長崎 仁 長崎 仁