2020年4月7日 更新

卓球ダブルスの戦術と必勝法とは?勝つための方法を考えよう

卓球のダブルスの戦術は、自分とパートナーの戦型の特徴や、対戦相手の特徴によって決めることが重要です。また、卓球のダブルスで勝つためには、パートナーのポジションや強みを考えながら、打法を選択していくようにしましょう。ダブルスは強い選手同士が組めば必ずしも勝てるわけではなく、勝つための戦術が明確になっているペアが勝ちやすくなります。

3,445 view お気に入り 0

ダブルスの勝つ方法とは?

@wakana_mimarin on Instagram: “*°<混合ダブルス2回戦>森薗政崇・伊藤美誠  3-0 下山優樹・木村光歩11-8/11-8/11-4・おめでとうございます!!決勝に一歩ずつ近づいてますね☺️✨さすがです!!#全日本選手権 #itomima #伊藤美誠 #森薗政崇” (119272)

ダブルスで勝つためには、常にパートナーのことを考えて打法を選択する必要があります。自分が気持ちよくボールを打っているだけでは、次に打つパートナーが困ってしまうことも珍しくありません。

たとえばパートナーが体勢を崩している状況であれば、スピードの速いボールを打てる状況であっても、あえてスピードの遅いボールで返球して時間的余裕をつくることも有効な手段です。

勝てるペアを目指すのであれば、パートナーや対戦相手のポジションなど、シングルスよりも広い視野を意識しながらボールを打つことが重要になります。

ダブルス戦術はパートナーと話し合おう

なみ on Instagram: “*テレビ東京..石川佳純×平野美宇2人がチームになるまでを密着取材.ライバルでもない「戦友」の絆の物語.#石川佳純 #平野美宇 #チーム #戦友 #絆の物語 #卓球🏓 #テレビ東京” (119268)

ダブルスの戦術を考えるときは、パートナーと十分にコミュニケーションをとって考えることが大切です。卓球のダブルスでは、パートナーと戦術を共有できていないと、お互いに迷いのある中でプレーすることになりかねません。戦術をパートナーと共有しておくことで、それぞれの役割が明確になり、思い切ってプレーすることが可能です。

パートナーとコミュニケーションをとることは、卓球のダブルスで勝利することにつながります。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卓球の戦術を解説!強い人に勝つ方法と必要な考え方とは?

卓球の戦術を解説!強い人に勝つ方法と必要な考え方とは?

卓球の戦術を考えることは、試合に勝つために必要不可欠な要素です。卓球の戦術を考えるために、自分のプレースタイルの特徴や相手の弱点を把握していきましょう。また、卓球の戦型によって適した戦術は異なり、プレースタイルに合った戦術を実行することで勝利に近づくことができます。
卓球ダブルスの動き方のコツとは?ダブルスの基礎力アップ【初心者ガイド】

卓球ダブルスの動き方のコツとは?ダブルスの基礎力アップ【初心者ガイド】

卓球ダブルスの動き方は、打ちながら動く・パートナーにスペースを空ける・パートナーとの距離感などを意識して、次のプレーの準備と打球コースでポジションを変更することです。卓球ダブルスの動き方の基本、ダブルスの動き方を覚える練習方法について解説します。
ブルペンデーとは?プロ野球や大リーグの戦術の意味を解説!

ブルペンデーとは?プロ野球や大リーグの戦術の意味を解説!

ブルペンデーとは、先発投手を温存させ中継ぎのリリーフ陣のみで1試合投げ切る作戦です。メジャーリーグ(MLB)で定着しつつある作戦で、プロ野球でも2019年シーズンにブルペンデーを採用する球団が出てきました。ブルペンデーを活用することで、相手打線を翻弄させる意味・効果があります。
サッカーのオフェンス戦術とは?基本的な攻撃技術から練習方法を解説

サッカーのオフェンス戦術とは?基本的な攻撃技術から練習方法を解説

サッカーのオフェンス戦術とは、得点を奪うための戦い方のことです。オフェンスで多くの得点を奪うためには中央突破やサイドアタックなどのオフェンス戦術を理解する必要があります。オフェンス戦術を正しく理解し、練習を積むことで、チームの攻撃力を高めることができます。
マリノスのフォーメーションと戦術を考察!強さの秘密はどこにある?

マリノスのフォーメーションと戦術を考察!強さの秘密はどこにある?

横浜Fマリノスのフォーメーションは4-3-3を基本として、ポゼッションサッカーで圧倒的な強さを示してきました。横浜Fマリノスが展開する攻撃的で魅力的なサッカーは、緻密に構成されたフォーメーションや戦術から成り立っていて、多くのサッカーファンの注目を集めています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous