Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 卓球
  4. >
  5. 卓球のバックドライブの打...
卓球のバックドライブの打ち方とコツとは?基本をしっかり練習しよう

卓球のバックドライブの打ち方とコツとは?基本をしっかり練習しよう

卓球のバックドライブの打ち方は、ヒジを支点にスイングして、ボールの正面の斜め上側を捉えるようにします。下回転に対してバックドライブを打つ場合は、足を曲げて低い姿勢になり、下半身の力を使ってボールを持ち上げるように打球することが重要です。卓球のバックドライブのコツは、ヒジを体より前に突き出し、力みなくスイングすることです。

2021.12.16 卓球

卓球のバックドライブとは?

AB Oscar Hanson VVS on Instagram: “Vi säger stort grattis till #mattiasfalck #ohvvs #fyragenerationer #vmfinal” (111608)

卓球のバックドライブとは、バック面でドライブを打つことです。主にシェークハンドで使われる技術ですが、ペンホルダーが裏面にラバーを貼って打つ場合もあります。

バックドライブの特徴

卓球のバックドライブの特徴は、早い打球点で打ちやすいことです。

バックドライブは体の正面で打球することができるので、体の横で打つフォアハンドと比較して早い打球点でボールを触りやすいといえます。

現代卓球では、フォアハンド・バックハンド両方でドライブを打って攻めるのが主流で、バックドライブの重要性が高まっています。

卓球のバックドライブの打ち方(対前進回転)

Tabletennis Germany®🏓❤ on Instagram: “Dima 💪👍😍…” (112078)

卓球のバックドライブの打ち方(対前進回転)を解説していきます。前進回転に対しては、相手のボールの力を利用してバックハンドを打ちましょう。

打球前の準備

打球前の準備は、打球前に足を動かして体をボールに近づけるようにしましょう。

バックドライブは体の正面あたりで打球することが大切なので、体の正面にボールがくるように足を動かします。打球前に足を動かして万全の準備を整えることが、安定してバックドライブを打つことにつながります。
バックハンドは体の正面で打つことが重要で、打球点が遅れてしまうと体の近くで窮屈なスイングをしなければなりません。

バックドライブの打球点が落ちてしまわないために、卓球の試合中はバックハンドの構えでボールを待つことをおすすめします。フォアハンドは多少反応が遅れてしまっても、打球点を遅れさせて体の横で打つことができます。

バックスイング

バックスイングは、コンパクトにスイングするようにしましょう。

前進回転が加わることで、バウンド後にボールが伸びるようになります。バックスイングを大きく引いてしまうと、伸びるボールに対して振り遅れやすくなってしまいます。コンパクトなスイングを意識することで、卓球初心者でも振り遅れずに、前進回転のボールをラケットに当てることが可能です。

また、前進回転は前に飛ぶ力が強いので、小さいフォームでも回転を利用することで十分に飛距離を出すことができます

スイングの方向

Tischtennis Neuigkeiten on Instagram: “Timo Boll (36) Spieler des Jahres  @timoboll wurde vom Weltverband ITTF zum Spieler des Jahres gewählt. Dabei setzte er sich gegen seinen…” (111901)

スイング方向は、ヒジを支点にして右斜め前方向(右利き)にスイングするようにしましょう。

右斜め前方向にスイングすることで、ボールを前に飛ばしながらしっかりと回転をかけることができます。前進回転のボールに対して上方向にスイングし過ぎると、オーバーミスが多くなってしまうので注意しましょう。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

ボールの捉える位置

みまおう on Instagram: “張本智和選手  オリンピックシングルス日本男子代表決定おめでとうございます🎉 一年間お疲れ様でした。  今年は良いこともある一方で苦しい試合の末負けるといったことも多かったと思います。 今年の全日本では二連覇することができず、準決勝で敗退などもあったと思います。…” (112090)

ボールの捉える位置は、ボールの正面の斜め上側を捉えるようにします。

前進回転は回転の性質上、打球したときに上に飛びやすいのが特徴です。ボールの上側を捉えてバックハンドを打つことで、ボールを上から抑えてオーバーミスしづらくなります。ボールの回転の強さに応じて、ラケット角度を調節しながらボールの上側を捉えましょう。

打球後の動き

平野美宇選手応援アカウント on Instagram: “全日本選手権お疲れ様でした。この負けをバネにオリンピックに向けて頑張って下さい。#平野美宇 #出澤杏佳 #全日本卓球選手権大会 #全日本選手権” (112123)

打球後の動きは、ニュートラルの構えに素早く戻るようにしましょう。

前進回転のボールをバックドライブで打つと、ボールのスピードが速くなります。ボールのスピードが速いということは、相手の打ち返すボールが速く返ってくる確率が高くなります。バックドライブを打った後は、次のボールに備えて体勢を整えましょう。
打球後の戻りを早くするために、普段の練習から打ちっぱなしにならないように意識しましょう。

バックドライブを打球後に、スイングを完全に止めてしまうと次の体勢にスムーズに移行することが難しくなります。バックドライブのスイングをした流れのまま、ラケットを元の位置に戻し、次のボールに対応できるようにします。

普段の練習時から打球後の戻りを意識することで、自然とニュートラルの構えに戻るクセをつけることができます。

卓球のバックドライブの打ち方(対下回転)

Se liga no lance on Instagram: “#tenisdemesa: #hugocalderano #conquistou o #tricampeonato da #copa #panamericana de Tênis de Mesa ao #derrotar o também #brasileiro…” (112080)

卓球のバックドライブの打ち方(対下回転)を解説していきます。下回転に対しては、回転に負けないようにボールを擦り上げてバックハンドを打ちましょう。

打球前の準備

打球前の準備は、打球前に足を動かして体をボールに近づけ、低い姿勢で準備するようにします​。

バックドライブは体の正面あたりで打球することが大切なので、体の正面にボールがくるように足を動かします。打球前に足を動かして万全の準備を整えることが、安定してバックドライブを打つ方法になります。

また、足を曲げて低い姿勢をつくることで、下半身の力を利用して下回転のボールを持ち上げることが可能です。腕の力だけで下回転のボールを持ち上げるようなやり方だと、必要以上にパワーが必要になり安定感が損なわれます。

バックスイング

Table Tennis on Instagram: “Dimitrij Ovtcharov number 4 in world! Congrutulations :) #dima #dimitrijovtcharov #tabletennis #ittf” (112079)

バックスイングは、ヒジを支点にしてお腹の手前まで引くようにしましょう。

下回転のボールをドライブする場合、ボールにしっかりと回転をかけて持ち上げなければなりません。ヒジを支点にしてお腹の手前までバックスイングを引くことで、ボールを下から上に持ち上げるのに十分なスイングができます。

スイングの方向

T.LEAGUE(Tリーグ) on Instagram: “○木下マイスター東京 4-0 琉球アスティーダ● 水谷隼、田添健汰 2-0 荘智淵、陳建安 張本智和 3-0 有延大夢 水谷隼 3-2 荘智淵 松平健太 3-0 丹羽孝希  #Tリーグ #卓球 #卓球っておもしろい #水谷隼 #田添健汰 #荘智淵 #陳建安 #張本智和…” (111899)

スイングの方向は、ヒジを支点にして右斜め上方向(右利き)にスイングするようにしましょう。

ヒジを支点にして右斜め上方向にスイングすることで、下回転のボールに対してネットミスを減らすことができます。下回転のボールに対しては、ドライブを打つときにネットミスが多くなってしまいます。

バックドライブのとき、スイングを上方向にして大きな弧線を描くようにボールを飛ばすことで、強い下回転に対してもネットを越えるように打つことが可能です。また、強い回転をかけたバックドライブを打つためには、手首を利かせることも意識しましょう。
下回転に対してスピードの速いバックドライブを打ちたい場合には、スイングを上方向に意識し過ぎないようにします。上方向にスイングすることで、大きな弧線を描いてボールを卓球台におさめることができますが、大きな弧線を描くことでボールのスピードは遅くなってしまいます。

下回転に対してスピードを重視したドライブを打ちたい場合には、スイングを平行に近づけつつ、下回転に負けないように強いインパクトで打球する必要があります。

ボールの捉える位置

ボールの捉える位置は、ボールの正面の斜め上側を捉えるようにします。

下回転のボールは、しっかりとドライブに回転をかけて返球しないとネットを越すことができません。バックドライブがネットを越すために、ボールの正面の斜め上側を擦り上げるようにして打球しましょう。

打球後の動き

け🧶🧿💛🌙⚡️💫 on Instagram: “試合中に写真が撮れるって、写真好きな人からしたらめちゃくちゃ最高ですよね…。 とは言え、意外と見ることに専念しちゃって、「撮らなきゃ!」って思わないとカメラに手がいかなかった。(笑)  #張本智和 #tomokazuharimoto #ittf #ittfworldcup…” (112092)

打球後の動きは、打球後にラケットを高い位置で構えるようにします。

バックドライブを打った後は、前進回転のボールが返ってくる可能性が高くなります。バックドライブ打球後にラケットを高い位置で構えることで、次のボールに振り遅れることなく、連続して攻撃を仕掛けることが可能です。

卓球のバックドライブのコツ

Tênis de Mesa Brasil on Instagram: “#Repost @cbtenisdemesa  Hoje foi papo de massacre brasileiro no Aberto do Paraguai: teve @_brunatakahashi finalista no Sub-21, @vitorishiy…” (112081)

卓球のバックドライブのコツを4つ紹介していきます。バックドライブのコツを意識して打つことで、安定して相手コートに入れることができます。

・ヒジの使い方
・フリーハンドの使い方
・打球点
・力まない

ヒジの使い方

け🧶🧿💛🌙⚡️💫 on Instagram: “載せたい写真は沢山あるんだけど、載せるに値しないクオリティ過ぎて😥#張本智和 #tomokazuharimoto #ittf #ittfworldcup #tabletennis” (112091)

卓球のバックドライブの1つめのコツは、ヒジを体より前に突き出し、ヒジを支点にしてスイングすることです。

卓球のバックドライブでは、ヒジを体より前に突き出すことでスイングする空間をつくり出すことができます。また、ヒジを支点にしてスイングすると、スイングがブレることなく安定したドライブを打てるようになります。

腕全体でスイングしてしまうと、スイングが大きくなって安定させることが難しくなるので注意しましょう。

フリーハンドの使い方

Butterfly Table Tennis on Instagram: “WORLD No1 DEFEATED! Butterfly Pro @dimaovtcharov defeats Fan Zhendong 4-3 in the quarter finals of the German Open! 👏👏👏 —— #DIGNICS09C…” (111900)

卓球のバックドライブの2つめのコツは、フリーハンド(ラケットを持たない方の手)を使って体のバランスをとりながらドライブすることです。

卓球のバックドライブでは、フリーハンドは胸の高さ付近に置く​ことで、体の軸がブレづらくなりバランスを保ったまま打球することができます。フリーハンドが下がってしまうと、体が傾いてバランスが崩れてしまい、スイングを安定させることが難しくなります。

打球点

Instagram post by Tommy.feb 窶「 Jan 18, 2019 at 7:18am UTC (112082)

卓球のバックドライブの3つめのコツは、バウンド頂点付近の打球点で打つことです。

卓球のバックドライブはバウンド頂点付近で打つことで、少ない力でスピードのあるボールを打ちやすくなります。打球点が頂点よりも遅くなってしまうと、ネットを越えるために大きな弧線を描く必要があります。

また、打球点が遅れるほど、ボールの回転の影響を受けやすくなるため、思い通りにボールをコントロールするのが困難です。

力まない

卓球のバックドライブの4つめのコツは、スイングするときに力まないことです。

卓球のバックドライブは、スイングするときに腕全体に力みがあると、スイングスピードが遅くなってボールに力を伝えづらくなります。特にスピードの速いボールを打とうとしたとき、スイングに力みが出やすくなりますが、ボールにスピードを乗せるためにはリラックスした状態でスイングすることが重要です。

バックドライブを打つときは、リラックスした状態で腕のしなりを感じながらスイングしていきましょう。

スピード卓球を支えるバックドライブ

🐬Tomo🐬 on Instagram: “2019.12.30No.4T.T彩たま🏓の写真も少し😄 インスタフォローしたらスポンサーの東京ばな奈卓球クラブさんが東京ばな奈くれました🤩 連投にお付き合いいただきありがとうございました🙌 #Tリーグ#TT彩たま#松平健太#岸川聖也#ジオニス #リアムピッチフォード…” (111898)

現代卓球は、年々スピードが求められるようになっており、フォアドライブとバックドライブをバランスよく使って、卓球台から距離をとってしまわないようにすることが重要です。

バックサイドのボールに対してもフォアドライブで打とうとすると、フォアサイドに大きなスペースを空けてしまうことになります。フォアサイドに大きなスペースができると、フォアサイドを突かれたときに打球点が下がりやすくなってしまうので、現代のスピード卓球についていくことが難しいといえます。

現代のスピード卓球に対応できるうように、バックドライブを安定して打てるように練習していきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。