2020年2月20日 更新

卓球フォアハンドの打ち方とは?正しいフォームとコツを解説

卓球のフォアハンドの打ち方は、肩幅以上にスタンスを広げ、コンパクトなスイングで打球します。卓球のフォアハンドを打つときのコツは、細かく足を動かす・体重移動を意識する・ボールと相手を見ながら打つことにです。卓球初心者の方は、まずフォアハンドの打ち方から覚えていきましょう。

1,824 view お気に入り 0

卓球のフォアハンドとは?

KAZZ on Instagram: “日本生命・#平野美宇 「自分のペースでできた」 木原に会心の勝利で全日本の雪辱” (111019)

卓球のフォアハンドとは、右利きであれば体の右側、左利きであれば体の左側で打つことになります。

卓球にはフォアハンドとバックハンドの2種類の打ち方が存在しますが、バックハンドと比較してフォアハンドの方が大きくスイングしやすいのが特徴です。フォアハンドは体の回転運動を利用して打ちやすいので、バックスイングを十分にとることができます。

卓球のフォアハンドの打ち方

Kaoru Mo on Instagram: “㊗️ #卓球 #東京オリンピック #団体戦メンバー  選出男女とも 大きな期待がかかるが、#平野美宇  選手は 四年前の悔しさがあるから、思いを全てぶつけて 活躍して欲しい。” (111021)

卓球のフォアハンドの打ち方を、スタンス、バックスイング、スイングの方向、打球点、体の軸、フリーハンド、打球後の動作に分けて解説していきます。

フォアハンドの打ち方は卓球の基本ですが、注目するべきポイントは数多く存在しています。難易度が高い技術ではありませんが、正しい打ち方を覚えることによって、フォアドライブやフォアスマッシュの上達のスピードを早めることができます。

スタンスの広さ

卓球のフォアハンドを打つ時は、肩幅の広さ程度にスタンスを広げましょう。

スタンスを広くとることで、下半身を安定させることができます。フォアハンドを打つ場合は、肩幅かそれ以上にスタンスを広げて、ひざを軽く曲げた体勢を基本にしましょう。

バックスイングの取り方

横山達也TatsuyaYokoyama on Instagram: “【🇯🇵JAPAN T.LEAGUE】 #日本生命レッドエルフ #平野美宇(@miu_hirano) @ Tリーグ2019-2020シーズン 1/25(土)日本生命レッドエルフ vs 木下アビエル神奈川【池田市五月山体育館】 ・ 美宇ちゃんの躍動感溢れるフォアハンド 6連写! ・…” (111018)

卓球のフォアハンドを打つ時は、腕ではなく腰の回転運動を利用してバックスイングを引くイメージを持ちましょう。

腰の回転運動でバックスイングすることで、腕の力だけでなく回転運動の勢いを利用してボールを飛ばすことができます。また、バックスイングをコンパクトにすることにもつながります。

フォアハンドが安定しない時は、一度フォアハンドの素振りをしてみて、バックスイングの大きさをチェックしてみましょう。ヒジが伸びている状態では、バックスイングが大きいと言えます。
バックスイングが大きくなると、打球点が遅れやすくなってしまいます。フォアハンドを安定して打つためには、打球前のバックスイングのやり方が重要です。一定の打球点で連続して打てるように、バックスイングの大きさには注意しましょう。

スイングの方向

Wang on Instagram: “today’s Kentaさん is smile and cute Kentaさん😊🤣 Thanks for your ありがとうございます😊頑張って!💪🏻💪🏻💪🏻 #松平健太 #松平健太選手 #tt彩たま #T League” (111010)

卓球のフォアハンドを打つ時のスイングは、平行よりも少しだけ斜め上方向にスイングしましょう。

斜め上方向にスイングする理由は、ボールに少しだけ前進回転を加えるためで、フォアハンドを安定して卓球台におさめるためのポイントになります。全身回転を加えることで、ボールが弧線を描いて飛ぶので安定してくれます。

スイングの終わりが目の位置付近になるように、スイングの方向を意識してみましょう。

フォアハンドの打球点

Federatia Romana Tenis de Masa on Instagram: “👀🔛Szocs Bernadette Cynthia joacă azi pentru locul in sferturile probei de simplu feminin la Openul de la Hong Kong!🇭🇰 Optimi: Bernadette…” (111013)

卓球のフォアハンドの打球点は、頂点付近になるように意識します。

打球点はできるだけ高い位置で捉えることで、ネットを越えやすくなり、安定したボールを打てるようになります。打球点がバラバラになってしまうと、打ち方もバラバラになってしまうので安定感が損なわれます。
打球点が遅れてしまった場合は?
フォアハンドを打つ時には、常に頂点付近で打球することは難しく、打球点が頂点よりも下がってしまうことがあります。打球点が下がってしまった場合は、ネットを越えるような弧線を描くイメージでボールを飛ばしましょう。

体の軸

卓球のフォアハンドを打つ時は、体の軸がブレないように注意しましょう。

体の軸がブレないことで、目線がズレずに安定したフォアハンドを打つことができます。体の軸がブレてしまうと、スイングの方向も調整しなければなりません。

体の軸を傾けない意識を持ってフォア打ちするだけで、フォアハンドのミスを大幅に減らすことができます。
体の軸がブレないために意識すること
フォアハンドを打つ時に、体の軸がブレてボールが不安定になってしまう場合は、頭を動かさないことを意識して打ちましょう。

体の軸がブレる原因として、頭が左右に動いてしまうことが考えられます。頭から背筋にかけて1本の棒が通っているイメージを持って、フォアハンドを打ちます。フォアハンドを安定させたい場合は、頭が左右に動いていないかチェックしながら練習してみてください。

バランスのとり方

Federatia Romana Tenis de Masa on Instagram: “🗣️@szocsbernadettecynthia: "Au fost doua zile minunate la Campionatul Mondial de tenis de masa din Budapesta. Am reusit sa castig toate…” (111014)

卓球のフォアハンドを打つ時は、フリーハンド(ラケットを持たない方の手)を使って体のバランスをとるようにしましょう。

フリーハンドは胸の高さ付近に置くことで、体が傾きづらくなり、バランスを保ったままフォアハンドを打つことができます。フリーハンドが下がってしまうと、体が傾いてバランスが崩れてしまいます。
41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フェデラーのフォアハンドの凄さとは?フォームや打ち方を徹底解説!

フェデラーのフォアハンドの凄さとは?フォームや打ち方を徹底解説!

世界最高のフォアハンドを持つフェデラーのフォアハンドストロークの秘密を徹底的に解説していきます。高等技術が盛りだくさんである一方で、基本に忠実なフェデラーのフォアハンドは、一般プレーヤーでも参考にできる部分が多くありますので、ぜひご参考ください。
SKコーチ | 13,336 view
トップスピンがかからない理由とは?フォームと打ち方を改善しよう【テニスコーチ監修】

トップスピンがかからない理由とは?フォームと打ち方を改善しよう【テニスコーチ監修】

現代テニスでは必須ともいえるトップスピンですが、なかなか回転がかからなくて悩んでいる方は多いです。トップスピンがかからない理由を4つパターンに分け、理由と改善方法をお伝えします。テニスで自信をもってトップスピンが打てるように、ご参考ください。
SKコーチ | 4,621 view
スピンサーブの打ち方とは?基本なフォームとコツをしっかり解説!

スピンサーブの打ち方とは?基本なフォームとコツをしっかり解説!

テニスのスピンサーブは、サービスを安定させ且つ相手に攻め込まれないといった特徴があります。テニスの試合で自信をもってセカンドサーブを打てるようになるためのスピンサーブの基本となる打ち方を、5つのコツに分けて解説していきますので、習得を目指しましょう。
SKコーチ | 23,821 view
フォアハンドを上手に打つにはフォームと手首がコツ?【テニスコーチ監修】

フォアハンドを上手に打つにはフォームと手首がコツ?【テニスコーチ監修】

テニスで最も使われる打ち方がフォアハンドです。テニスの試合でフォアハンドを武器にしたいが、実は苦手という方が多く、その理由はフォアハンド時の手首の使用とフォームにあります。3つのポイントに絞ってテニスのフォアハンドを上手に打つためのコツを解説します。
SKコーチ | 23,356 view
バッティングフォームの基本とコツ!野球の理想の打ち方とは?

バッティングフォームの基本とコツ!野球の理想の打ち方とは?

野球の理想的なバッティングフォームについて分かりやすく解説します。バッティングを6つのフレーズに区切り、構え、乗せ、運び、振り出し、インパクト、フォロースルーのそれぞれについてフォームの基本とコツを詳しく述べていきます。また、上達するための具体的な練習方法も紹介します。
nabekei.27 | 428,321 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous