Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. テニス
  4. >
  5. キックサーブの打ち方とは...
キックサーブの打ち方とは?誰でもできるようにゼロから解説します!

キックサーブの打ち方とは?誰でもできるようにゼロから解説します!

キックサーブは多くのプロがセカンドサーブに多用するサーブです。キックサーブはプロや上級者向けと思われていますが、体全体を自然な動きのサーキュラーモーションで打てば、非力な方でも打つことができます。キックサーブの打ち方のコツを習得すれば、サーブの威力と確率を大幅に上げられます。

2021.12.16 テニス

テニスのキックサーブとは?

Login 窶「 Instagram (157450)

テニスのキックサーブは、多くのプロがセカンドサーブに多用するサーブとなっていて、ボールが大きくキックするため、キックサーブと呼ばれています。

キックサーブは、ボールがバウンド後にサーバーの利き手方向にキックするサーブでレシーバーが返しにくく、山なりの弾道でサーブミスが少ないため、セカンドサーブとしてよく用いられます。セカンドサーブによく用いられるサーブはキックサーブ以外に2種類です。

①ツイストサーブ
②スピンサーブ

ツイストサーブとの違い

Login 窶「 Instagram (157104)

ツイストサーブとキックサーブの違いはほとんどなく、ツイストサーブは体をツイストする動作から名づけられ、その後テニス道具の進歩や技術の向上でツイストしなくても打てるキックサーブとなったと言われています。ツイストサーブとキックサーブのスピンと弾道はほぼ同じです。ボールがキックする方向はツイストサーブがより利き腕方向へキックします。ツイストサーブとキックサーブの打点、トスなど打ち方も同じです。

スピンサーブとの違い

Login 窶「 Instagram (157456)

テニスのスピンサーブとキックサーブの大きな違いは4点です。
項目 スピンサーブ キックサーブ
ボールが飛ぶ方向 真っ直ぐ 利き腕方向
ボールがキックする方向 真っ直ぐ 利き腕方向
ボールの打点 額のやや後方 額の上やや左
体の使い方 体全体と背筋 体全体
スピンサーブの打ち方は、背筋と腹筋を活用して後傾姿勢から足のけりでラケットを斜め上に振り上げて、ボールにたて回転をかけます。キックサーブはスピンサーブと異なり、体全体のサーキュラーモーションで打ちます。

キックサーブの打ち方

Login 窶「 Instagram (157073)

キックサーブの打ち方は、自然な体全体を使ったサーキュラーモーションです。サーキュラーモーションとは円運動のことを示し、テニスのサーキュラーモーションは、無理なく体全体を使って弧を描くようにラケットをスイングする動作です。キックサーブの打ち方は、5つのポイントを確認する必要があります。
①グリップの握り方
②ラケットの持ち方
③前腕・手首の使い方
④トスの位置・打点・弾道
⑤体の使い方

グリップの握り方

グリップの握り方は薄いコンチネンタルグリップか、さらに薄いバックハンドイースタングリップが適しています。キックサーブは、プロネーションと言われる前腕が回旋する動きを用いるため、薄いグリップが必須となります。薄いグリップでボールをこすっただけではボールにスピンはかかりません。

プロネーションの前腕の動きが、ラケット面を地面に垂直な薄い面から水平な厚い面に回転させて、ボールにスピンをかけます。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

ラケットの持ち方

Login 窶「 Instagram (157547)

テニスのラケットの持ち方は、右利きのプレーヤーは右手でグリップを、左手はボールをホールドしたままフェイス下のシャフトを持ちます。プレーヤーは、サーブの動作に移るまでラケットを両手でホールドします。ラケットの持ち方はサーブの種類によって大きく変わることはありません。

サーブされたボールは、ラケットを両手で自然に持った姿勢でラケットヘッドが向いている方向に、打ち出されます。

前腕・手首の使い方

Login 窶「 Instagram (161515)

前腕の使い方は自然にプロネーションをイメージしてスイングし、手首の使い方は固定です。サーバーは、体全体を使ったサーキュラーモーションのなかで、前腕の自然なプロネーションでキックサーブを打ちます。

プロネーションを手首の返しや前腕のねじりだけですると、手首・肘・肩などを痛めるリスクがあります。前腕と手首を自然な動作でラケットをスイングして、体に負担をかけずにキックサーブを打つことが大事です。

トスの位置・打点・弾道

Login 窶「 Instagram (157112)

キックサーブのトスの位置は右利きの場合額の上かやや左側、打点はボールのやや左側で、弾道は山なりです。キックサーブのトスの位置は、スピンサーブのように額の後方ではなく額の上やや左にします。

キックサーブの打点の高さは、トップからやや下がった高いポイントとなり、キックサーブの弾道はネットの高い位置を通過し、コートに落下後サーバーの利き手方向へボールがキックします。

背筋の使い方

Login 窶「 Instagram (161514)

背筋の使い方は、自然な体の動きとして活用し、頭や体のバランス維持のために用いられます。キックサーブの打ち方は、サーキュラーモーションという無理なく体全体を使って弧を描くようにラケットをスイングするため、スピンサーブのように腹筋と背筋などのパワーを強く用いることはありません。無理な打ち方をすることは、手首や体を痛めるリスクを高めてしまいます。背筋、腹筋など体全体の自然な動きが大事です。

身体の使い方

身体の使い方は、サーキュラーモーションと言われる、無理なく体全体を使って弧を描くようにラケットをスイングする動作です。サーバーは、サーキュラーモーションをすることで、体に大きな負担をかけず、威力あるボールが打てます。フェデラーの柔らかでしなやかな身体の使い方を参考にして、無理をせず体全体を使った自然なサーキュラーモーションを目指すことで、キックサーブの身体の使い方がマスターできます。

キックサーブのコツ

Login 窶「 Instagram (157556)

テニスのキックサーブのコツは2つあります。

①ボールの高さ
②ボールのスピン量



キックサーブは、ボールが高い弾道から急激にコートに落ちて、サーバーの利き手方向に高くキックします。キックサーブのボールの高さを出すコツと、ボールのスピン量を増やすコツをつかめば、ボールは高くキックします。ボールの高さを出すコツとボールのスピン量を増やすコツは、体全体の自然なサーキュラーモーションのなかでするプロネーションです。

ボールの高さ

Login 窶「 Instagram (157453)

ボールの最適な高さは、ネット上を通過するときネットの2~3倍の高さ1.9~2.7mです。

ボールの高さが、ボールがキックする原動力となりますので、ボールがより高いところから落下することでキック力がアップします。

ボールのスピン量

Login 窶「 Instagram (157455)

ボールのスピン量とは、高い弾道からボールが急激にコートに落下するパワーことです。

スピン量が多ければ多いほどボールは急降下し、コートにバウンドしたボールはスピンがパワーとなり高くキックします。キックサーブでは、スピン量を多くすることが大切です。

キックサーブの練習方法

Login 窶「 Instagram (157457)

キックサーブの練習方法で大事なことは2つあります。

①膝のばねを利用
②プロネーション


膝のばねを柔らかく利用してプロネーションのコツを習得すれば、女性や子供のような非力なプレーヤーもキックサーブを打つことが出来ます。膝のばねを利用して、体全体のサーキュラーモーションのなかで自然にプロネーションをする練習が上達のポイントです。手首の返しや腕のねじりなど、無理な動きを体に加えると怪我のリスクが高まります。

膝のばねを利用

膝のばねを利用するポイントは2つあります。

①トスしたときに膝が曲がっている
②膝の伸び上がりパワーでラケットをスイング


膝のばねを利用する練習方法は、膝を曲げたままトスをして、膝の伸び上がるパワーでラケットをスイングすることです。ナダルはボールの高さとスピン量を増やすために、膝のばねのパワーをボールに伝えています。膝のばねを使えば、ラケットのスイングスピードは上がり、キックサーブを打つことができます。

プロネーション

プロネーションは、肘から前の前腕が回旋する動きで、肘を動かさずにラケットが垂直から水平に回転する動きのことです。プロネーション上達のポイントは2点です。
①利き腕の肘を高い位置にセット
②ラケットヘッドを下げたときにラケット面を内向き

ラケットを短く持って練習するとプロネーションの感覚がつかめます。プロネーションは体全体を使った自然な打ち方で、手首などの無理なプロネーションは体を痛めるリスクを高めます。

キックサーブのコースの打ち分け方

Login 窶「 Instagram (157466)

キックサーブのコースの打ち分け方は、ジュースサイドとアドバンテージサイドで変わります。レシーバーの利き腕によってもコースの打ち分けが必要です。サーバーの利き腕方向へキックするキックサーブの特性を良く理解して、コースの打ち分けを変える必要があります。キックサーブは、打ち分け方を理解してセカンドサーブで打てばレシーバーに責められるリスクが低く、サーバーにとって大きなアドバンテージになります。

ジュースサイドからのコース

 (159434)

キックサーブのジュースサイドからのコースは、サーバーが右利きでレシーバーが右利きなら、センターが狙い目となります。センターでキックしたボールはよりセンター側に高く弾みレシーバーのバックハンドの高い位置となり、レシーバーは強くヒットすることが困難です。レシーバーが左利きの場合は、ワイドが狙い目となります。サーバーが左利きの場合は、キックする方向が反対になることを考慮する必要があります。

アドバンテージサイドからのコース

 (159435)

キックサーブのアドバンテージサイドからのコースは、サーバーが右利きでレシーバーが右利きなら、ワイドが狙い目となります。ワイドでキックしたボールはよりコートの外側へ高く弾み、レシーバーがリターンする位置はバックハンドの高い位置となり、強くヒットすることが困難です。レシーバーが左利きの場合はセンターが狙い目で、サーバーが左利きの場合はキックする方向が逆となることを考慮する必要があります。

キックサーブのおすすめ動画

キックサーブのおすすめ動画はフェデラーのサーブ練習です。フェデラーは自然で体に無理のないサーキュラーモーションで、ラケットを大きくスイングし最も力の入る打点でヒットしています。ボールはネットの高いところを通り、バウンド後に大きくキックして右方向へ変化しています。フェデラーのキックサーブは、膝のばねを使い自然なプロネーションでボールにパワーを上手く伝えて、弾道の高さがありスピン量が多いボールです。

キックサーブをフラットサーブと使い分ける

Login 窶「 Instagram (157501)

キックサーブをフラットサーブと使い分けることは、テニス上達の近道です。キックサーブの確率は、ネットの高いところを通過するため、フラットサーブより高くなります。サーバーは、試合の状況次第でサーブを使い分ければレシーバーはレシーブポジションが難しく、レシーバーに強いプレッシャーをかけられます。キックサーブのメリットは、フラットサーブと使い分ければ、サーブキープ率が高くなり試合の勝率も高くなることです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。