2019年12月15日 更新

レシーブの基本の構えとは?上手くなる方法と簡単なコツを解説

バレーボールのレシーブの基本の構えは、腰を正しく落とすことです。レシーブが上手くなるためには「ボールの正面に入る」という簡単なコツがあり、今回はレシーブが上手くなる方法などを解説していきます。コツを押さえた練習をして、効果的にレシーブを上達させていきましょう。

1,764 view お気に入り 0

バレーボールのレシーブとは?

yuka on Instagram: “2019.12.07#石川真佑 選手#東レアローズ#金沢市総合体育館 #vリーグ #vリーグはバレーだよ” (96022)

バレーボールのレシーブとは、「相手陣から来るボールを受ける動作」と説明しています。この記事は、レシーブは攻撃の大切な起点であり、プレーヤー全員が技術の向上を目指すべきプレーとして解説していきます。

レシーブの基本の構えとは?

レシーブ上達を目指すには、まず基本の構えを覚えて体に覚えさせることが大切です。これはアンダーハンドレシーブ・オーバーハンドレシーブに共通することで、基本の構えができていないとレシーブ上達が難しくなります。

逆の言い方をすれば、基礎さえ身についていれば上達が早いばかりではなく、難しいボールの処理も無理なくできるようになります。
レシーブが上手くなるコツは2つ!
①正しく腰を落とす
②常にボールに正対する

基本の構え方

 (95062)

レシーブの基本の構えで意識することは2つです。

①まず正しく腰を落とすこと
かかとを少し浮かして前に体重をかけるようにして前傾姿勢をとりますが、その時に猫背にならないように注意しましょう。

②左右の足の位置
足は肩幅よりやや広め、少し前後に開きます。
レフト側でレシーブする時は左足、ライト側でレシーブする時は右足を前に出すようにするとレシーブしたボールが逸れずにコースが安定します。

個人個人利き足が違うので、センター付近でレシーブする時は、自然に構えることができる方の足を前に出すといいでしょう。

基本の構えが大切な理由

バレーボールのレシーブでは、なぜ構えが大切なのでしょうか。

それは、この構えが一番動き出しやすく、ボールの正面に移動しやすくなるからです。​レシーバーは素早くボールの方向に移動し、そのまま腰を落とした体勢でレシーブを行うのがベストです。

バレーボールのレシーブは、ボールの正面に入って正しい手や腕の形を作って処理するのが基本です。特に初心者は、自分の横でボールを処理する癖をつけてはいけません。できる限りボールの正面に入るためには、初動を早くする体勢がベストです。それがこの構えです。

後は正しい手や腕の形を覚えることと、フットワークを軽くすることがレシーブ上達の早道になります。

レシーブが上手くなる4つのコツ

🍊 on Instagram: “.#井手智 選手#東レアローズ2019/12/08 駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場” (96011)

レシーブが上手くなるには基本の構えが重要と解説しました。それには4つの重要なコツがあります。

初心者がまず初めに体得すべきことは、正しい手を腕の形を覚えることです。バレーボール暦が長いのにレシーブが安定しない方は、基本的に手や腕の形ができていないことや何らかの癖がついていることも考えられますので、もう一度自分のフォームを見直してみましょう。

それでは、4つのコツをひとつひとつ紐解いていきましょう!

①正しい手と腕の形を覚える

 (95073)

レシーブの正しい手の作り方は、左手に右の親指以外の指4本を付け根から乗せて、包み込むように握ります。この時、親指の高さを均等にして平らにすることが重要です。

そして腕を伸ばして、指先をやや下向きにします。画像のピンクの部分で二等辺三角形を作り、面を作るイメージです。腕の面が平らになって左右均等に作ることができていれば、自然とボールはまっすぐ前に飛びます。

ボールをレシーブする時は、腕を振ってはいけません。低く構えた姿勢から体を伸ばしながら、ボールを運びます。ボールを腰の屈伸で運ぶのが正解で、決して打ち上げるのではありません。ボールを捉える瞬間に腰が立っていると、腕を振らなければならなくなり、ここで腰を落とすことの重要性が関わってきます。

②正しく腰を落とす

バレー レシーブをする時に腰を低くすると動くことができません

レシーブでは、腰を落とすことが大事といっても、かかとをつけて膝よりも下に落としすぎてはいけません。たとえばお相撲の四股を踏むような形は、腰を落とす目的が違うのでバレーボールではよくありません

バレーボールのレシーブで腰を落とす目的は、重心を低くして相手に投げられないようにすることではなく、初動をスムーズに行うための準備です。形は違いますが、どちらかというと陸上競技のスタートに近い感覚です。

バレーボールでは、いつ・どこからボールが来るか予想がつきません。そのため、どんなボールにも対処できるように構えることが重要になります。

③フットワークを軽く

バレーボールでは、ボールが自分に向かって来ることは少ないです。むしろ、自分の正面や真上に来ることの方が少ないことから、自分でボールの正面に入りに行くことが重要です。

そのためには、ボールの来る場所を一秒でも早く予測するスキルも必要になりますが、これは練習や実戦を重ねて体得していきましょう。ボールが来る位置を予測して、即座にその場所に移動するにはフットワークの軽さが必須です。

面倒がらずに、常にボールの真下に移動しなければいけないという意識を持つこと、これを実践するフットワークの軽さがレシーブ上達のコツです。

④ボールの正面に入る

み on Instagram: “今シーズンの愛ちゃんはサーブレシーブが本当に安定してて努力が本当に伝わる😭#黒後愛#volleyball #東レアローズ” (96014)

ボールの正面に素早く入ることは、レシーブの極意といっても過言ではありません。

早いボールが来て正面に入れなかった場合でも、少しでも早くボールの下に入ろうとする意識を持っていれば、おのずとレシーブしたボールの軌道は安定します。

どうしてもボールの下に入れなかった場合でも、構えた腕の面をしっかりと作って上げたい方向に向けます。レシーブは自分のコート内に上げる、つまり味方の選手にボールをつなぐプレーです。勢いのあるボールは処理しにくいので、次のプレーヤーのことを常に考えて、できるだけ優しいボールにするように心がけていきましょう。
49 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卓球レシーブの種類とコツとは?苦手な人にわかりやすく解説

卓球レシーブの種類とコツとは?苦手な人にわかりやすく解説

卓球のレシーブの種類は、ドライブ・ツッツキ・ストップ・フリック・流しレシーブ・チキータの、計6種類あります。卓球のレシーブのコツは、相手のサーブの回転や長短を瞬時に判断し、早い打球点でボールを捉えることです。また、レシーブを練習するときは、強化したいレシーブに合わせて練習相手にサーブを出してもらいましょう。
Anonymous | 1,100 view
アウトサイドキックの蹴り方の基本と3つのコツ【サッカー上達ガイド】

アウトサイドキックの蹴り方の基本と3つのコツ【サッカー上達ガイド】

アウトサイドキックを得意した選手はモドリッチやロベルト・カルロスなど有名選手がたくさんいます。自在に操るおしゃれなキックとされるアウトサイドキックとは、いったいどのようなキックなのでしょうか。サッカーを上達させたいという方必見のアウトサイドキックの蹴り方と基本、3つのコツを紹介します。
masamiohdaira9 | 6,440 view
ゴールキーパーのコツや基本的な練習方法【サッカーポジション】

ゴールキーパーのコツや基本的な練習方法【サッカーポジション】

サッカーのゴールキーパーになるために必要な、ゴールキーパーの基本的なルールや役割、基本的な動き等を解説しています。また、サッカーのゴールキーパーを務めるにあたって、その基本的な練習方法と実際にゴールキーパーでプレーする際のコツも一緒に紹介しています。
onomine777 | 26,048 view
フットサル初心者のコツ!シュートとドリブルの6つ基本とは?

フットサル初心者のコツ!シュートとドリブルの6つ基本とは?

フットサル初心者が上達するためのコツは、基本を押さえた練習をすることです。 フットサルは、足でボールを扱う競技ですから、とても難しいものですが、初心者だからこそコツを掴むことができれば、上達する速度は速くなります。コツを掴めば、一気にフットサルが上達します。
camarade20042000 | 31,543 view
野球の投げ方の基本とコツ!正しいボールの投げ方をマスターしよう

野球の投げ方の基本とコツ!正しいボールの投げ方をマスターしよう

野球の基本の投げ方について初心者でも分かりやすいように説明します。ボールの握り方、両腕の動かし方、足の使い方、そして、体重移動。これらの野球の基本的な動作を理解し見直すことができます。また、野球の投げ方の具体的な練習方法についても最後にご紹介しています。
nabekei.27 | 180,896 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵