2020年7月6日 更新

バレーボールのオーバーネットとは?ブロック時にファールにならないように!

バレーボールのオーバーネットとは、相手の空間まで飛び出してボールに触る反則行為です。ブロックは例外で、手や腕が相手コートまで出ている場合でも、スパイクに対するブロックプレーであるときは、オーバーネットが取られません。飛び出たブロックが相手のトスを邪魔した場合に、オーバーネットと判定されます。

5,025 view お気に入り 0

バレーボールのオーバーネットとは?

 (149743)

バレーボールのオーバーネットとは、手や腕を自分のコートから相手のコートへ出してボールに触る反則行為です。相手のコート内でボールを打つなどの攻撃をしたり、相手の攻撃の邪魔をしたりしてはいけないルールで、ネット前のスパイクなどで多く取られます。

オーバーネットはネットの上で判定されるルールで、足がネットの下からオーバーする反則行為(パッシング・ザ・センターライン)とは別です。

オーバーネットの基準

 (150041)

オーバーネットの基準は、相手空間に侵入してアタックなどの攻撃的なプレーをしたか否かです。相手空間とは相手選手が立つコート上、ネットまでの高さに加え、ネットから直線状に伸ばした上部空間も含みます。

6人制バレーボールのルールで、オーバーネットの反則は手や腕の侵入が対象となります。

オーバーネットしがちなプレー

オーバーネットしがちなプレーは、大きく3つです。オーバーネットは自チームに流れを呼ぶような優位なプレーで起こりやすい傾向があります。

①トスが相手チーム側に上がってしまったとき、ネットぎわで無理やりスパイクする場面
②ブロックが攻撃中の相手チームの邪魔となる場面
③相手のレシーブの乱れからネットぎわへボールが上がり、ダイレクトスパイクを打つ場面

審判のジェスチャー

6人制 バレーボール審判 オーバーネット

審判はオーバーネットがあったときに即座にホイッスルを吹き、反則されたチーム側の腕を伸ばしてポイントのジェスチャーをします。その後反則したチーム側の肘を曲げ、手のひらを下​にしてオーバーネットのジェスチャーをします。

オーバーネットしない方法

Login 窶「 Instagram (150586)

オーバーネットしない方法は、自身のフォームや体の位置を練習で確認しておくことです。スパイク時の助走距離や腕の振り方・出し方、ジャンプの高さなどをあらかじめ客観的に知り、ネットと体の空間認知を高めることで相手コートへオーバーネットすることを防ぐことができます。

アタックのとき

アタックでオーバーネットしない方法は、ネットと体の距離を自分のアタックスイングが描く軌道半径以上に保つことです。腕の長さやスイング方法により距離の取り方は異なりますので、練習で距離の確認をする必要があります。

自分のアタックスイングよりもボールがネットに近かった場合には、相手チームの穴を見つけて落すなど作戦を変更し、コンパクトな動きを心がけることが重要です。

ブロックのとき

 (150062)

ブロックでオーバーネットの反則を取られない方法は、相手が自コートへアタックをするまで手を出さないことです。6人制バレーボールでは、スパイクに対するブロック行為は反則でなく、相手のトスやパスを相手空間でブロックするとオーバーネットとみなされます。

相手プレーヤーのフォーム、特に手の向きがアタック体制に入っていないかを見計らい、むやみに相手空間に手を出さないことが大切です。

相手レシーブが乱れたとき

相手レシーブの乱れをダイレクトアタックするときは、ネットからの距離を計算して撃ち抜くことでオーバーネットを防げます。ネットからの距離は、自分の腕の長さや振り抜く軌道を元に、自コート内に収まるギリギリのジャンプ・アタックの位置をあらかじめ練習で知っておくことで計算できるようになります。

乱れたボールを1番高いところでアタックすることに執心すると、相手空間に手を出す可能性が高まります。ボールの軌道を読んで、緩急つけて打ち分けることが大切です。

オーバーネットの疑問

 (149733)

オーバーネットの反則に関して、バレーボール初心者や観客の多くが疑問に感じるポイントは2つです。他の反則との違いやオーバーネットの例外を詳しく知ることで反則からのもったいない1点を避けることができます。

①オーバーネットとタッチネットは似ているが、厳密な違いは何か
②ブロックでは手腕が相手空間に出て見えるがオーバーネットでないのか

タッチネットとの違いとは?

35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フォアヒットとは?バレーボールの反則ルールをわかりやすく解説

フォアヒットとは?バレーボールの反則ルールをわかりやすく解説

バレーボールのフォアヒットは、3打以内に相手コートへ返球できないときに取られる反則で、オーバータイムスと呼ばれることもあります。場外やベンチへボールが飛ぶことで返球が不可能となった場合もフォアヒットに該当し、審判は4本の指を立てるハンドシグナルで反則の合図をするルールです。
バレーボールのアウトオブポジションとは?初心者に反則ルールをわかりやすく解説

バレーボールのアウトオブポジションとは?初心者に反則ルールをわかりやすく解説

バレーボールのアウトオブポジションとは、ローテーションや選手間の位置が違うことに対する反則ルールです。バレーボールの競技規則ではポジショナルフォールトといい、反則をした場合には相手チームに1点とサーブ権が与えられます。アウトオブポジションは前後左右に接する選手同士のみ該当します。
ディレイインサービスとは?バレーボールのルールをわかりやすく解説!

ディレイインサービスとは?バレーボールのルールをわかりやすく解説!

バレーボールのディレイインサービスとは、主審がサービス許可の笛を吹いた後、8秒以内にサーブを打たなかったときに取られる反則です。ディレイインサービスはバレーボールの試合の遅延行為とみなされ、試合進行に影響がでるために設けられました。主審は両手の指で8を表してサービス失敗とします。
バレーボールの副審とは?どんな役割で知っておくべきルールを解説

バレーボールの副審とは?どんな役割で知っておくべきルールを解説

バレーボールの副審の役割は主審のアシストが基本ですが、時間の管理やゲームを正しくスムースに進行させる重要な責務を負っています。小学生・ママさんバレーから国際試合まで、主審とともに副審の仕事が遂行されないと試合は成立しません。審判は常に公正で冷静に試合を運ぶことが求められます。
安全進塁権とは?野球のルールをわかりやすく解説!

安全進塁権とは?野球のルールをわかりやすく解説!

安全進塁権とは、打者や走者がアウトになることなく安全に次の塁に進むことができる野球のルールです。安全進塁権はホームランや四球の野球でよく見るプレーや、故意にボールの進路を邪魔する行為が該当します。ドーム球場では、屋根の隙間にボールが入ると二塁打となる特別ルールも存在しています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

emikobayashi215 emikobayashi215