Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. バレーボール
  4. >
  5. リリーフサーバーとは?【...
リリーフサーバーとは?【バレーボール用語】

リリーフサーバーとは?【バレーボール用語】

バレーボールのリリーフサーバーとは、試合の途中で交替してサーブを打つ選手です。一般的にはピンチサーバーと呼ばれていますが、正式にはリリーフサーバーといいます。大切な場面で起用されるリリーフサーバーは、確実なサーブスキルとプレッシャーに負けない強いメンタルが要求されます。

2021.12.16 バレーボール

バレーボールのリリーフサーバーとは?

Login 窶「 Instagram (161400)

バレーボールのリリーフサーバーとは、途中交代してサーブを打つ選手のことです。スパイカーやセッターのポジションの呼称の1つではありません。

ベンチにいる登録選手は、誰でもリリーフサーバーで起用することが可能です。リベロだけはサーブを打つことが許可されていないので、リベロ登録の選手はリリーフサーバーになれません。
バレーボールの登録人数
スターティングメンバー6人・交代メンバー6人以内、リベロを含む計12人以内のプレーヤーが認められています。

別名:ピンチサーバー

リリーフサーバーの別名は、ピンチサーバーです。交代で出場してサーブを打つ選手を一般的にピンチサーバーと呼びますが、現在の正式名称はリリーフサーバーです。

リリーフサーバーは、ピンチのときに一発逆転を狙って投入する選手を指すことからピンチサーバーと呼ばれました。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

リリーフサーバーを入れる目的とは?

Login 窶「 Instagram (161404)

リリーフサーバーを入れる目的はおもに2つです。

①サーブが苦手な選手にサーブ順が回ってきた場合
②バックアタックやレシーブが得意な選手を後衛に入れたい場合

リリーフサーバーを入れる第一の目的は、サーブが得意な選手を投入して試合の流れを変えることや、リードを広げることです。バックにレシーブのうまい選手を入れて守備固めをしたい場合も、リリーフサーバーでコートに入れるケースもあります。

リリーフサーバーの気になる疑問

Login 窶「 Instagram (161399)

リリーフサーバーの気になる疑問は、リリーフサーバーを投入が何回許可されているか、リリーフサーバーになる選手の特徴に関係することが多いです。

リリーフサーバーがコートに入るときは、特別な許可は必要ありません。普通の選手交代・メンバーチェンジと同じです。

リリーフサーバーの回数

リリーフサーバーの回数は、普通におこなわれる選手交代と同じです。バレーボールのルールでは、メンバーチェンジは各セット6回と定められています。

スタメンで登録された選手とリリーフサーバーで入った選手が交代した場合は、同一セットで同じ選手同士だけしか交代できません。スタメン選手がコート内に戻ることはできますが、リリーフサーバーがベンチに戻った場合は、同じセットで再度コートに入ることはできません。

リリーフサーバーになる選手

リリーフサーバーになる選手は、よいサーブを打つことができるのが第一条件です。試合の状況で、精度が多少落ちても得点に結びつきやすいサーブが要求される場合と、確実に狙った場所にサーブを打つことが要求される場合があります。

レシーブが乱れてチームが不利な状況になった場合は、レシーブのうまい選手が守備固めのためにリリーフサーバーでコートに入るケースもあり、ムードメーカーの役割も担います。

リリーフサーバーは重要な局面で登場する

Login 窶「 Instagram (161403)

リリーフサーバーは、多くの場合自分のチームが不利な状況を打開する目的でコートに入ります。ベンチの選手がいきなり重要な局面を任されるので、リリーフサーバーは確実なサーブスキルと強いメンタルが必要です。

リリーフサーバーがサービスエースを決めることができれば、チームのムードも盛り上がります。1本のサーブが試合の勝敗を決めることも少なくないので、リリーフサーバーは重要な役割といえます。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。