バレーボールのシンクロ攻撃とは?時間差攻撃との違いも解説!

バレーボールのシンクロ攻撃とは?時間差攻撃との違いも解説!

バレーボールのシンクロ攻撃とは、複数のスパイカーが同時に助走動作をして相手ブロックを迷わせる攻撃方法です。時間差攻撃はシンクロ攻撃の1つで、いずれもブロックに的を絞らせない戦術です。シンクロ攻撃は、現代の男子バレーボールの世界標準戦略といえます。
バレーボールのアウトオブポジションとは?初心者に反則ルールをわかりやすく解説

バレーボールのアウトオブポジションとは?初心者に反則ルールをわかりやすく解説

バレーボールのアウトオブポジションとは、ローテーションや選手間の位置が違うことに対する反則ルールです。バレーボールの競技規則ではポジショナルフォールトといい、反則をした場合には相手チームに1点とサーブ権が与えられます。アウトオブポジションは前後左右に接する選手同士のみ該当します。
バレーボールのオープン攻撃とは?初心者にわかりやすく解説します!

バレーボールのオープン攻撃とは?初心者にわかりやすく解説します!

バレーボールのオープン攻撃とは、ネットの両サイドにコートの幅いっぱいの高いトスをあげて打たせるアタックのことです。タイミングをとりやすいオープン攻撃はバレーボールのスパイクの基礎で、初心者は初めに高く大きなオープントスを打つ練習から始めます。
オーバータイムスとは?【バレーボールのルール解説】

オーバータイムスとは?【バレーボールのルール解説】

バレーボールのオーバータイムスとは、同一チームの選手が3回以内に相手コートにボールを返せない場合に発生する反則です。現在のルールではオーバータイムスの正式名称はフォアヒットです。オーバータイムズは相手チームのプレーに関わらない自滅行為なので、極力減らすことを心がけましょう。
ゲームキャプテンとチームキャプテンの違いとは?【バレーボール用語解説】

ゲームキャプテンとチームキャプテンの違いとは?【バレーボール用語解説】

ゲームキャプテンとチームキャプテンの違いとは、バレーボールの試合中のコート内の代表か試合開始前からのチーム全体の代表かの違いです。ゲームキャプテンとチームキャプテンはそれぞれに役割があります。チームの代表になるゲームキャプテンとチームキャプテンの違いについて解説します。
フットフォルトとは?【バレーボールのルール解説】

フットフォルトとは?【バレーボールのルール解説】

バレーボールのフットフォルトとは、サーブでボールを捉える瞬間に、足がエンドラインにかかったときに取られる反則です。サイドラインの仮想延長線上からはみ出した場合も反則を取られます。サーブボールが手を離れた後は、サービスゾーン外やコート内に着地することは許可されています。
リリーフサーバーとは?【バレーボール用語】

リリーフサーバーとは?【バレーボール用語】

バレーボールのリリーフサーバーとは、試合の途中で交替してサーブを打つ選手です。一般的にはピンチサーバーと呼ばれていますが、正式にはリリーフサーバーといいます。大切な場面で起用されるリリーフサーバーは、確実なサーブスキルとプレッシャーに負けない強いメンタルが要求されます。
タッチネットとは?バレーボールのルールを分かりやすく解説!

タッチネットとは?バレーボールのルールを分かりやすく解説!

バレーボールのタッチネットとは、手や体でネットやアンテナを触ってはいけないことに関するルールです。アタックのときなどボールに関連する動作のみに適用されるもので、同じタッチネットに見える行為でも、得点が決まった後やボールと関係のないところでされた行為であれば反則になりません。
パッシングザセンターラインとは?【バレーボールのルール解説】

パッシングザセンターラインとは?【バレーボールのルール解説】

パッシングザセンターラインとは、選手の体の一部がセンターラインを踏み越えたときに取られる反則です。ネット際の着地のときにセンターラインを踏み越えやすくなり、自分や相手が怪我をする可能性が高くなります。パッシングザセンターラインは、フォワードプレーヤーの危険防止のための重要なルールです。
バレーボールのコートネームとは?【用語解説】

バレーボールのコートネームとは?【用語解説】

バレーボールのコートネームとは、コート内で呼びあう公式のニックネームのことです。バレーボールなどの展開の早い試合では、聞き取りやすい名前で呼びあうことで連携ミスを防ぐことができます。短く発音しやすいコートネームは、選手の特徴などさまざまな由来から付けられています。
バレーボールのアタックラインとは?【バレーの用語解説】

バレーボールのアタックラインとは?【バレーの用語解説】

バレーボールのアタックラインとは、センターラインの中央から3mの位置に引かれた線です。アタックラインはフロントとバックのゾーンを分ける線で、後衛の選手はアタックラインを踏み越えてスパイクを打ってはいけない規則があります。アタックラインは6人制バレーボールだけに適用されます。
バレーボールの「タイムアウト」と「テクニカルタイムアウト」の違いとは?

バレーボールの「タイムアウト」と「テクニカルタイムアウト」の違いとは?

バレーボールのタイムアウトは、監督やチームの考えで自由に取れる休憩時間です。一方、テクニカルタイムアウトは、大会側の運営ルールで決めたタイミングで取る休憩時間のことです。テクニカルタイムアウトもタイムアウトも、短い休憩という点では違いはありません。両チームの選手にとって、水分補給をしたり、身体を休めたり、戦略的な作戦・心理的な作戦を練ったりする重要な時間となります。
ラリーポイント制とは?サイドアウト制との違いも紹介【バレーボール用語解説】

ラリーポイント制とは?サイドアウト制との違いも紹介【バレーボール用語解説】

バレーボールのラリーポイント制とは、ラリーが終わった時点でサーブ権の有無にかかわらず点数が入る方式です。ラリーポイント制に変更されて、試合時間が短縮化して運営側や選手の負担が減りました。1つのミスが相手のポイントになるため緊張感も増し、見る側もわかりやすくなったのもメリットです。
アウトサイドヒッターとは?ウイングスパイカー・オポジットとの違い

アウトサイドヒッターとは?ウイングスパイカー・オポジットとの違い

アウトサイドヒッターとは、バレーボールのポジションの1つで、攻撃を専門とする選手のことを言います。以前はレフトやライトと呼ばれていたポジションです。攻撃担当のポジションでは、他にウイングスパイカーやオポジットがありますが、それぞれ少し違いがあります。
バレーボールのチャレンジシステムとは?バレー用語をわかりやすく解説!

バレーボールのチャレンジシステムとは?バレー用語をわかりやすく解説!

バレーボールのチャレンジシステムとは、公平なジャッジのために導入されたビデオ判定システムです。チェレンジシステムはVリーグでは2016年度から導入、2019年から新システム・ホークアイが使われています。試合中のボールのIN・OUTなど1点を左右する重要な局面での判定に役立っています。
18 件