2020年3月5日 更新

バレーボールのトスの種類とは?クイックやオープン攻撃などを解説

バレーボールのトスの種類は、大きく分けてオープン系・クイック系・その他のトスに分類されます。オープントスの種類は、平行トス・セミトスがあり、クイックトスにはABCDクイックがあります。バレーボールではセッター以外があげる二段トスや、セッターが片手で上げるトスもありますので1つ1つ確認してみましょう。

6,360 view お気に入り 0

バレーボールのトスの種類とは?

うさぎさん on Instagram: “#関田誠大 選手#堺ブレイザーズ” (113286)

バレーボールのトスの種類は多くありますが、大きく分けてオープン系の長いトスと、クイック系の短いトスの2種類に分けられます。

バレーボールのトスの種類:オープン系

トスの種類 トスの内容
オープントス 大きく弧を描く基本のトス
平行トス 直線的に速く上げるトス
セミトス オープンとクイックの中間の距離のトス

バレーボールのトスの種類:クイック系

クイック系トス トスの内容
Aクイック セッター前方に小さく上げるトス
Bクイック セッター前方のレフトとセンターの間に早く上げるトス
Cクイック セッター後方に小さく上げるトス
Dクイック セッター後方にライトとセンターの間に早く上げるトス

バレーボールのトスの種類①オープントス系3選

 (112894)

バレーボールのオープントスは、セッターからアンテナに向かってコートの幅いっぱいに上げるトスです。大きく上げる基本のオープントス、早く直線的に上げる平行トス、オープントスとクイックトスの中間にやや高く上げるセミに分けられます。

オープントス

オープントスは、オープンスパイクを打たせるために上げるトスで、スパイカーがボールヒットのタイミングを充分に取ることができる高さと距離が必要です。オープントスの軌道は、図の青い線です。


【オープントスを選択するとき】
・自チーム内の体勢が整っておらずコンビネーションバレーが難しいとき
・オープンスパイカーがレシーブをして充分助走が取れないとき

【オープントスのメリット】
トスの滞空時間が長いので、チーム内のレシーブ体制を落ち着かせる効果がある

【オープントスのデメリット】
オープントスは、相手がトスのゆくえを確認できるのでブロックを集めてしまうこと

平行トス

𝑇𝑜𝑠ℎ𝑖𝑓𝑢𝑚𝑖 𝑀𝑜𝑟𝑖𝑦𝑎𝑠𝑢 on Instagram: “#田代佳奈美 選手#山田二千華 選手#鍋谷友理枝 選手#兵頭由希 選手#デンソーエアリービーズ#Final8” (113297)

平行トスは、アンテナに向かって直線を描く速いトスです。平行トスを打つスパイカーは、パワーよりもスピードとテクニックが要求されます。平行トスの軌道は、図の赤い線です。

【平行トスを選択するとき】
・ウィングスパイカー(オープンスパイカー)に、速い攻撃をさせたいとき
・チャンスボールがセッターに返って、センターに相手ブロックが集まると予測されるとき

【平行トスのメリット】
・オープン攻撃よりも速い攻撃ができるので、ブロックが遅れる
・トスのスピードを利用してスパイクの威力を上げることができる

【平行トスのデメリット】
タイミングが遅れるとネットにかけてしまう

センターセミのトス

センターセミのトスは、オープントスとクイックトスの中間の高さに上げるトスです。クイック攻撃はトスと同時にジャンプしますが、オープントスとセミクイックトスからのスパイク攻撃は、トスが上がってから助走を開始します。センターセミのトスの軌道は、図の緑の線です。

【センターセミのトスを選択するとき】
・セッターに正確なカットが上がり、コンビネーションバレーができるとき
・バックアタックを打たせるトスも、セミクイックトスの高さでアタックラインに向かって上げる

【センターセミのトスのメリット】
ママさんバレーでは、本格的なクイック攻撃が難しいので、クイックのかわりにセンターセミを使う

【センターセミのトスのデメリット】
ハイレベルのバレーボールでは攻撃が読まれやすい

バレーボールのトスの種類②クイックトス系4選

 (113298)

バレーボールのクイックトスは、スパイカーの打点に合わせて上げる低いトスです。

AクイックとCクイックは、セッターから30~50cmの短いトスで、BクイックとDクイックはAやBより少し離れた位置に平行気味に上げるトスです。

クイックトスとオープントスを使い分けることで、速攻や時間差攻撃などを絡めたシンクロ攻撃が有効になります。

Aクイックトス

Riye Cho on Instagram: “久々燃えてるバレー🏐最近19時に合わせて楽しみに見てたのにあと残り2戦…!🇧🇷🇨🇦楽しくてテレビの前で筋トレもし始めた💪#ワールドカップバレー#Aクイック” (113290)

Aクイックトスは、クイックトスの基本の形です。セッターの前方に短く低く上げるトスで、トスを上げるよりもアタッカーの打点に合わせて空中にボールを置くイメージです。Aクイックトスの軌道は、図の赤い線です。

【Aクイックトスを選択するとき】
・数名のスパイカーが打つ体勢ができていて、どこにでもトスがあげられる場合の選択肢の1つ
・相手コート内の体勢が崩れていて、その間に早くスパイクを決めたいとき

【Aクイックのメリット】
速い攻撃で相手ブロックをかわすことができる

【Aクイックのデメリット】
セッターとスパイカーのコンビが合わないと、ボールをミートすることができず、最悪の場合空振りをしてしまう。

Bクイックトス

48 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バレーボールのクイックの種類とは?A・B・C・Dのすべてを解説

バレーボールのクイックの種類とは?A・B・C・Dのすべてを解説

バレーボールのクイックの種類は、大きく分けてA・B・C・Dの4種類あります。クイック攻撃とは、トスを低く速く上げて素早くスパイクを打つ攻撃のことで、トスの位置でA~Dにわけられます。バレーボールのクイック攻撃には共通のコツとそれぞれのコツがあり、種類による特性を知ることが大切です。
まる蔵 | 16,493 view
 バレーボールのトスの上げ方とは?3つのコツと練習方法を解説!

バレーボールのトスの上げ方とは?3つのコツと練習方法を解説!

スパイカーのパフォーマンスを最大に引き出すには、良いトスが不可欠です。バレーボールのトスの上げ方のコツは、オーバーハンドパスをマスターする事と、スパイカーが打ちやすいトスを丁寧に上げることです。今回は、バレーボールのトスの上げ方の3つのコツと、トスが上手くなる練習方法をご紹介していきます。
まる蔵 | 10,136 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵