Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. バレーボール
  4. >
  5. ジャンプフローターサーブ...
ジャンプフローターサーブの打ち方とは?初心者の方へゼロから丁寧に解説

ジャンプフローターサーブの打ち方とは?初心者の方へゼロから丁寧に解説

バレーボールのジャンプフローターサーブは、ジャンプして打つフローターサーブです。普通のフローターサーブよりもボールに変化がつき、レセプション側にとっては取りにくいサーブになります。確実に武器になるジャンプフローターサーブの打ち方を基礎からわかりやすく解説します。

2021.12.16 バレーボール

ジャンプフローターサーブとは?

Yutaka Yamane on Instagram: “World Cup VollyBall 20192019-9-28日本 vs アルゼンチン丸善インテックアリーナ大阪 (大阪市中央体育館)#芥川愛加 選手” (102989)

ジャンプフローターサーブとは、言葉通りジャンプしてフローターサーブを打つことです。
(別名:ジャンピングフローターサーブ)

フローターサーブは、床に足をつけたまま顔の斜め前方にトスを上げ、スパイクの要領で打ちます。ジャンプフローターサーブは、ジャンプして空中でフローターサーブを打ちます。

ジャンプフローターサーブの進化系には、スパイクの要領で打つジャンプサーブや、助走を横に取るランニングジャンプフローターサーブがあります。

フローターサーブとの違い

ジャンプフローターサーブとフローターサーブとの違いは、ジャンプして打つかどうかという動きだけではなく、他にも大きな特徴があります。
フローターサーブ ジャンプフローターサーブ
打点 直立して上に手を伸ばした位置 ジャンプした分高くなる
ボールの強さ 体重移動と腕の力だけの強さ 助走とジャンプの力が加わる
ボールの軌道 放物線を描く 直線的になる
フローターサーブでも変化球を打つことができますが、ジャンプフローターサーブは速く直線的な軌道になるので、放物線を描くフローターサーブよりも大きくボールが変化します。

ジャンプフローターサーブの打ち方

【バレーボール】ジャンプフローターサーブの練習 打ち方 コツを解説

ジャンプフローターサーブの打ち方は、基本的にはフローターサーブと同じですが、空中でボールを捉えるという動作が加わります。それを含めてジャンプフローターサーブを打つ一連の動作とポイントを説明していきます。

ジャンプフローターサーブの助走の歩数やトスには、細かい決まりはありません。助走を何歩にするか、またトスを片手で上げるか両手で上げるかは、色々試して一番打ちやすい方法を見つけることが大事です。

助走~トス

Yutaka Yamane on Instagram: “2019-10-26YMITアリーナ(くさつシティアリーナ)#埼玉上尾メディックス#冨永こよみ 選手” (102990)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
サーブポジションに入ってから助走までの流れは以下の通りです。

①サーブ前に構えるときには、まず相手コートをよく見る。

②助走は1歩〜3歩まで、打ちやすい歩数を見つける。

③トスは、助走開始と同時に前方に上げる。

④助走中はボールから目を離さない。

トス~ジャンプ

Yutaka Yamane on Instagram: “2020-1-4YMITアリーナ#埼玉上尾メディックス#堀江美志 選手” (103431)

トスからジャンプまでの流れは以下の通りです。

①トスは、片手でも両手の上げやすい方法でする。

②トスを斜め前方にあげ、ボールの後方でジャンプ。

③ジャンプは利き腕と逆の足で踏み切るのが一般的。

④ジャンプするときに両手を振り上げて、最高点でボールを打つ。

ボールヒット~着地

ボールヒットから着地までの流れは以下の通りです。

①両手を振り上げ、バックスイングは小さめにして、打つ瞬間に手首を返さずにミートする。

②腕をフルスイングするとボールが回転してしまうので、振り切らずに叩いた瞬間にスイングを止める。

③サーブのコースは、ネットよりやや上を直線的に通過させるイメージ。

④打った後は、ボールの行方を見ながら素早くコート内の自分のポジションに戻る。

ジャンプフローターサーブの4つのコツ

k_higo on Instagram: “木村沙織選手が引退した日  #japan #vollyball #vleague #vleagueallstargame #vleagueallstargame2017 #saorikimura #kimurasaori #深谷市 #バレーボール #vリーグ…” (103445)

ジャンプフローターサーブを武器にするためには4つのコツがあります。これは、ジャンプフローターサーブの特性を充分に活かすコツでもあります。

ジャンプフローターサーブの特性とは、ボールを無回転にすることで変化球になり、落下地点が予測不可能することです。

①高い打点で打つ

ジャンプフローターサーブは、高い打点でボールを捉えることで、直線的な軌道となることでボールに威力が出ます。タイミングを合わせることが難しいですが、助走とトスの高さを合わせてより高い打点でジャストミートしましょう。

ボールインパクトの瞬間に、腕を伸ばしすぎたり、肘が曲がっているとボールに力が加わりません。打つときは、腕を上げて肘を真っすぐ伸ばし、少し力を抜いて、最高到達点でボールを捉えることが大切です。

②トスを安定させる

ジャンプフローターサーブのトスとタイミングを合わせるには、トスを安定させることが大事です。

ジャンプフローターサーブはミートするときのタイミングがシビアです。ジャンプフローターサーブを成功させるコツは、安定したトスを一番打ちやすい位置に上げることです。

③空中姿勢を安定させる

みさき on Instagram: “·2020/1/12武蔵野の森総合スポーツプラザ #東山 #東山高校 #春高バレー #春の高校バレー #高校バレー #バレーボール #volleyball” (103432)

ジャンプフローターサーブは、ジャンプ後に安定した空中姿勢でボールを打つことが大切です。​空中で体が傾いてしまったりバランスを保つことができないと、ボールに力が加わりません。

サーブを高い打点で打とうとするあまり右腕だけを伸ばしすぎると、左肩が下がってしまうので、ジャンプのときには両手を振り上げて体幹を真っすぐ保ちましょう。

ジャンプ中の空中バランスは、スパイクを打つときにも必要になりますので、積極的に体幹を鍛えていきましょう。

コツ④無回転ボールにする

【バレーボールフローターサーブ無回転】

ジャンプサーブのメリットを充分に発揮するために、ボールを無回転にして変化をつけることが大切です。無回転ボールを打つために、ボールインパクトの瞬間に手首をかえさないこと・腕を振りぬかないことを意識しましょう。

ボールが無回転にならないときは…

・ボールを叩く瞬間にスナップをきかせている
・腕を振りぬいている
・ボールの真ん中を叩いていない

などが考えられますので、もう一度自分の打ち方をチェックしてみてください。

ジャンプフローターサーブの練習のポイント

Yutaka Yamane on Instagram: “遠くからパチリ!2017-02-12#石井優希 選手” (102999)

ジャンプフローターサーブのコツをマスターするために、まずは正しいフローターサーブが打てるようになることが必要です。フローターサーブもジャンプフローターサーブも、トスを安定させることが大切なので、打つ練習を重ねる前に安定したトスを上げる練習をしましょう。

そして、サーブを打つときの正しい手の形を確認して、威力のある無回転ボールが打てるように練習を重ねていってください。
  • <        
  •        
  •        
  •       
    

まずはフローターサーブを体得する

ジャンプフローターサーブを練習する前に、まずフローターサーブの練習をして正しくボールをミートするということをマスターしましょう。ジャンプフローターサーブを打つには、フローターサーブの精度を上げることが必須です

フローターサーブの練習は2つポイントが重要です。

・トスを安定させること
・手のひらの中心で、ボールの芯をたたくこと


フローターサーブの打ち方を応用して、ジャンプフローターサーブの練習に移行するのが正しい順序です。

トスを安定させ、タイミングを合わせる

ジャンプフローターサーブを打つためには、トスを安定させてタイミングを合わせることが大切です。まずは、トスをいつも同じ位置・同じ高さに上げることができるように、トス上げだけの練習をすることをおすすめします。

トスの高さは、高すぎても低すぎてもタイミングを合わせることが難しくなります。自分の好みの高さもありますので、助走してジャンプした後、最高点でボールを捉えることができるトスを見つけましょう。

高さ、そして前後左右にぶれないトス​を上げることで、フォームを崩すことなくボールをミートしやすくなります。

手の形を再確認する

ジャンプフローターサーブで変化をつけるには、正しい手の形と打ち方が重要になります。上手く変化しない・ボールに威力がないなどの場合は、手の形を再確認してみましょう。

正しいボールの叩き方は、指に力を入れすぎずに手を開いて、手のひらの中心でボールを叩くことです。そして、変化球にするポイントは、ボールインパクトの後、振りぬかずに手を止めることです。

打つ瞬間にボールの下や横を叩いてしまったり、手首のスナップを効かせてしまうとボールに回転がかかり変化しなくなります。

ジャンプフローターサーブで緩急をつける

【落ちるサーブの打ち方】バレーボール

ジャンプフローターサーブの利点は強く打って変化をつけるだけではありません。
威力のある変化球と落ちるボールを使い分けて緩急をつけることが、相手のレセプションを乱す大きな武器となります。

レシーブする側のリズムを狂わせるためには、予測のつかない変化をするサーブを打つ必要があります。サーブを相手の手元でストンと落とすには、基本のジャンプフローターサーブのフォームでボールを軽めに少し上方に向けてパシッと叩きます。

・速くて変化するボール
・ふわっと落ちるボール


この​2種類のサーブを使い分けることによって、より相手を混乱させます。

変化するジャンプフローターサーブで相手を翻弄しよう!

【ジャンプフローター】【サービスエース集】

ジャンプフローターサーブは予測がつきにくい魔球です。

ジャンプフローターサーブは、パワー重視のジャンプサーブに比べてミスをする確率も低いことから、ハイレベルの試合でもジャンプフローターサーブを武器にしている選手は多いです。

相手チームを翻弄するジャンプフローターサーブを打つには、まずフローターサーブを習得して、コツを押さえた練習を重ねることが大切です。サーブはバレーボールで唯一の個人技ですので、変幻自在に変化するジャンプフローターサーブでサービスエースを狙ってください!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。