2020年7月2日 更新

バレーボールの「タイムアウト」と「テクニカルタイムアウト」の違いとは?

バレーボールのタイムアウトは、監督やチームの考えで自由に取れる休憩時間です。一方、テクニカルタイムアウトは、大会側の運営ルールで決めたタイミングで取る休憩時間のことです。テクニカルタイムアウトもタイムアウトも、短い休憩という点では違いはありません。両チームの選手にとって、水分補給をしたり、身体を休めたり、戦略的な作戦・心理的な作戦を練ったりする重要な時間となります。

346 view お気に入り 0

バレーボールのタイムアウトとは?

 (151708)

バレーボールのタイムアウトは、両チームが各セットごとに2回ずつとれる休憩時間の権利のことです。

バレーボールの試合の中では、タイムアウトの役割はとても重要です。
タイムアウトを取ることで、メンバーの意気が上がることもあれば下がることもあり、試合結果に大きな影響を及ぼす可能性が秘めています。

バレーボールのタイムアウトは、監督の力の見せどころとなり、とても重要な役割を果たし勝負の行方を左右します。

タイムアウトの意味

タイムアウトとは、各チームの監督が審判に要求して取ることができる休憩時間となります。タイムアウトの間に、メンバーが身体を休めたり、作戦を練ったり、水分をとったりするのです。

戦術的なアドバイス心理的なアドバイスをタイムアウトで伝えることで、試合の流れがかわる重要な役割を果たします。
特にチームの雰囲気の悪いときや、点差が追いつかれているときにタイムアウトはとても重要な役割となります。

タイムアウトのタイミング

 (151709)

タイムアウトのタイミングは自由ですが、とても重要です。なぜなら、取るタイミングによって試合の流れが変わってしまうからです。

相手に勢いがあり点数をどんどん取られてしまっているときにタイムアウトを取ることで、試合再開時に流れが変わり点数を獲得することがよくあります。

逆に、チームにとても勢いがあって勝っているときにタイムアウトを取ると、試合の流れが変わってしまって相手チームに有利に働くこともあるのです。

タイムアウトを取れる時間

タイムアウトを取れる時間は1回30秒です。両チームともに、各セットに2回ずつ取ることができます。
作戦を立てるうえで、2回分をまとめて1分間取ることもあります。
1セットに取れる2回の権利を使わない場合でも、次のセットに持ち越して権利を使うことはできません。

タイムアウトのタイミングは、監督やゲームキャプテンなどの力量が発揮される重要な休憩時間となります。

タイムアウトを要求できる回数

タイムアウトを要求できるのは1セットに2回となります。短い休憩をはさむことで選手は気分転換にもなり、体力・気力ともにアップさせることができます。この時間に水分補給を行ったり、作戦会議をしたりするのです。

監督やチームキャプテンは、試合の流れをよくみて考えて、要求するかどうかの判断が行われる。

監督がブザーを鳴らし両手でタイムアウトのTの文字を作って審判に示すことでタイムアウトを取ることができるのです。

バレーボールのテクニカルタイムアウトとは?

バレーボールの試合 - No: 651259|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (148320)

バレーボールのテクニカルタイムアウトとは、国際大会におけるルールです。

1~4セットのときは、勝っているチームが8点もしくは16点になったときに自動的に休憩時間が取られます。
最終セットの5セット目はセット自体が短いのでテクニカルタイムアウトは取られません。

大会側の運営のルールですので拒否権はありません

テクニカルタイムアウトの意味

テクニカルタイムアウトとは大会の運営上決まっている、自動的に取られる休憩時間のことです。
テクニカルタイムアウトは、接戦の演出・連続得点での流れを止めるだけでなく、コマーシャルを入れるためにあります。

国際大会ではほぼ行われるテクニカルタイムアウトですが、2016年のリオデジャネイロで行われたオリンピックではなしになりました。インドアの試合が1日に最大6試合もあり、試合数が多すぎたためです。

テクニカルタイムアウトのタイミング

 (151710)

テクニカルタイムアウトのタイミングは、1~4セットは勝っているチームが8点もしくは16点になると自動的にとられます。最終の5セット目は短いセットになりますのでありません。

監督やチームキャプテンなどの意向とは全く関係がなくて、決まったタイミングに取られるのがテクニカルタイムアウトです。

テクニカルタイムアウトの取れる時間

テクニカルタイムアウトは1分間の休憩時間です。1セットに2回、決まったときに1分間の休憩ができるように運営上のルールで決められています。

3セットまでしかないような試合のときには行いません。国際大会など公式の試合で取られています。

テクニカルタイムアウトの要求できる回数

 (151712)

テクニカルタイムアウトは大会側の運営ルールによって決まっています。監督やゲームキャプテンなどが要求することはできません。
テクニカルタイムアウトは自動的に決まったタイミング2回行われます。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オーバータイムスとは?【バレーボールのルール解説】

オーバータイムスとは?【バレーボールのルール解説】

バレーボールのオーバータイムスとは、同一チームの選手が3回以内に相手コートにボールを返せない場合に発生する反則です。現在のルールではオーバータイムスの正式名称はフォアヒットです。オーバータイムズは相手チームのプレーに関わらない自滅行為なので、極力減らすことを心がけましょう。
まる蔵 | 604 view
ゲームキャプテンとチームキャプテンの違いとは?【バレーボール用語解説】

ゲームキャプテンとチームキャプテンの違いとは?【バレーボール用語解説】

ゲームキャプテンとチームキャプテンの違いとは、バレーボールの試合中のコート内の代表か試合開始前からのチーム全体の代表かの違いです。ゲームキャプテンとチームキャプテンはそれぞれに役割があります。チームの代表になるゲームキャプテンとチームキャプテンの違いについて解説します。
hersheys | 944 view
フットフォルトとは?【バレーボールのルール解説】

フットフォルトとは?【バレーボールのルール解説】

バレーボールのフットフォルトとは、サーブでボールを捉える瞬間に、足がエンドラインにかかったときに取られる反則です。サイドラインの仮想延長線上からはみ出した場合も反則を取られます。サーブボールが手を離れた後は、サービスゾーン外やコート内に着地することは許可されています。
まる蔵 | 888 view
リリーフサーバーとは?【バレーボール用語】

リリーフサーバーとは?【バレーボール用語】

バレーボールのリリーフサーバーとは、試合の途中で交替してサーブを打つ選手です。一般的にはピンチサーバーと呼ばれていますが、正式にはリリーフサーバーといいます。大切な場面で起用されるリリーフサーバーは、確実なサーブスキルとプレッシャーに負けない強いメンタルが要求されます。
まる蔵 | 804 view
タッチネットとは?バレーボールのルールを分かりやすく解説!

タッチネットとは?バレーボールのルールを分かりやすく解説!

バレーボールのタッチネットとは、手や体でネットやアンテナを触ってはいけないことに関するルールです。アタックのときなどボールに関連する動作のみに適用されるもので、同じタッチネットに見える行為でも、得点が決まった後やボールと関係のないところでされた行為であれば反則になりません。
emikobayashi215 | 1,630 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yuppe2020 yuppe2020