2020年7月2日 更新

ラリーポイント制とは?サイドアウト制との違いも紹介【バレーボール用語解説】

バレーボールのラリーポイント制とは、ラリーが終わった時点でサーブ権の有無にかかわらず点数が入る方式です。ラリーポイント制に変更されて、試合時間が短縮化して運営側や選手の負担が減りました。1つのミスが相手のポイントになるため緊張感も増し、見る側もわかりやすくなったのもメリットです。

2,596 view お気に入り 0

バレーボールのラリーポイント制とは?

 (151646)

バレーボールのラリーポイント制とは、サーブ権があるなしに関わらず得点が入るルールです。自分のチームの攻撃が成功したときと相手チームの反則やミスをしたときに、サーブ権の有無に関わらず点数が入ります。

以前のサイドアウト制はサーブポイント制ともいわれ、サーブ権があるチームだけに得点が入りました。サーブ権が移動するだけで得点が入らないサイドアウト制は、試合時間が読みにくく、観客にわかりにくいものでした。

サーブのルール

Login 窶「 Instagram (151034)

サーブに関するルールはおもに3つです。

・主審の吹笛から8秒以内に打たなければならない
・トスされた後のボールは必ず打たなければならない
・エンドラインを超えてサーブを打ってはならない


試合開始時のサーブ権は、試合前のコイントスで決められ、バックライトに位置する選手がファーストサーブを打って試合が始まります。

ルール改正の3つの理由

ラリーポイント制に改正された主な理由は3つあります。

①試合時間が長くなり、選手の負担が大きい
②試合時間の長短の差が激しすぎて、第2試合以降の試合開始時間が不明瞭になり、テレビの放送の枠が取りずらい
③ルールを知らない人にとって、点数の入り方が理解できなかった


ラリーポイント制に改正されたことで、テレビの放送枠も取りやすくなりテレビで試合を中継する機会が増え、観客も試合を理解しやすくなりました。

ルールの変更はいつから?

ラリーポイント制は、1999年に国際ルールで採用されました。

現在採用されているラリーポイント制は、5セットマッチ・3セット先取で、1~4セットは25点先取、最終の5セットだけ15点先取​です。

完全ラリーポイント制に変更されるまでの試験的段階で、5セットマッチ・第5セットのみラリーポイント制などの試行錯誤の時期がありましたが、いずれもわかりにくく不評で、現在の形に変更されました。

ラリーポイント制とサイドアウト制の違いとは?

 (151040)

ラリーポイント制とサイドアウト制の一番大きな違いは、点数の入り方です。
ラリーポイント制 サーブ権の有無に関わらず点数が入る
サイドアウト制 サーブ権を持つチームに点数が入る
サイドアウト制の場合、サーブ権を持たないチームの攻撃が成功したときは、得点にはならずサーブ権が自チームに移動するだけです。バレーボールではレセプション側のチームに得点が入るケースが多いので、サイドアウト制ではサーブ権だけが移動して得点が動かない現象が多くみられました。

ラリーポイント制のメリット

Login 窶「 Instagram (151049)

バレーボールのラリーポイント制のメリットは3つです。

①試合時間が短くなり、選手の負担が減る
②試合時間のおおよその見当がつくため、試合運営がしやすくなり、テレビの放映枠も取りやすくなる
③試合が間延びしないため、緊迫感のある試合になる


試合展開がスピーディーになりわかりやすくなったことで、選手と運営者の負担が減り、見る側も得点の入り方がわかりやすくなりました。

①選手の負担軽減

ラリーポイント制になり試合時間と内容が凝縮されたことで、選手の健康上の負担が大幅に減りました。

サイドアウト制でフルセットになった場合、5セットを全力で戦うのは選手の疲労が激しくなります。戦力が拮抗しているときはさらに試合時間が長くなり、モチベーションを維持しにくいです。連日ゲームをしなければならない大会もあり、選手の健康管理の問題がありました。

②運営のしやすさ

ラリーポイント制の試合時間は、最長で何時間と予想がつきやすいので、テレビの放送枠が取りやすくなりました。

運営する側は、試合時間の予想がつくラリーポイント制になったことで、1日に何試合もしなければならない場合も対処がしやすいメリットがあります。テレビ放送に関しても、サイドアウト制の場合は試合時間の長短の差がありすぎて、試合途中で放送が終わるケースや、時間が余りすぎるケースもありました。
ストレートの短い試合 1時間以下
フルセットの拮抗した試合 3時間以上

③緊迫感のある試合

Login 窶「 Instagram (151045)

34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オーバータイムスとは?【バレーボールのルール解説】

オーバータイムスとは?【バレーボールのルール解説】

バレーボールのオーバータイムスとは、同一チームの選手が3回以内に相手コートにボールを返せない場合に発生する反則です。現在のルールではオーバータイムスの正式名称はフォアヒットです。オーバータイムズは相手チームのプレーに関わらない自滅行為なので、極力減らすことを心がけましょう。
まる蔵 | 634 view
ゲームキャプテンとチームキャプテンの違いとは?【バレーボール用語解説】

ゲームキャプテンとチームキャプテンの違いとは?【バレーボール用語解説】

ゲームキャプテンとチームキャプテンの違いとは、バレーボールの試合中のコート内の代表か試合開始前からのチーム全体の代表かの違いです。ゲームキャプテンとチームキャプテンはそれぞれに役割があります。チームの代表になるゲームキャプテンとチームキャプテンの違いについて解説します。
hersheys | 983 view
フットフォルトとは?【バレーボールのルール解説】

フットフォルトとは?【バレーボールのルール解説】

バレーボールのフットフォルトとは、サーブでボールを捉える瞬間に、足がエンドラインにかかったときに取られる反則です。サイドラインの仮想延長線上からはみ出した場合も反則を取られます。サーブボールが手を離れた後は、サービスゾーン外やコート内に着地することは許可されています。
まる蔵 | 971 view
リリーフサーバーとは?【バレーボール用語】

リリーフサーバーとは?【バレーボール用語】

バレーボールのリリーフサーバーとは、試合の途中で交替してサーブを打つ選手です。一般的にはピンチサーバーと呼ばれていますが、正式にはリリーフサーバーといいます。大切な場面で起用されるリリーフサーバーは、確実なサーブスキルとプレッシャーに負けない強いメンタルが要求されます。
まる蔵 | 853 view
タッチネットとは?バレーボールのルールを分かりやすく解説!

タッチネットとは?バレーボールのルールを分かりやすく解説!

バレーボールのタッチネットとは、手や体でネットやアンテナを触ってはいけないことに関するルールです。アタックのときなどボールに関連する動作のみに適用されるもので、同じタッチネットに見える行為でも、得点が決まった後やボールと関係のないところでされた行為であれば反則になりません。
emikobayashi215 | 1,739 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵