2020年7月25日 更新

バレーボールのフライングレシーブとは?やり方と練習方法を解説!

バレーボールのフライングレシーブとは、遠くに落ちそうなボールに向かってジャンプしてするレシーブです。フライングレシーブは守備範囲は広くなりますが、正しいフォームを知らないと体を強打します。フライングレシーブの入り方は、床に対して斜めに入り、胸・腹・足の順に着床する形です。

5,184 view お気に入り 0

フライングレシーブとは?

Login 窶「 Instagram (157538)

バレーボールのフライングレシーブとは、普通のアンダーレシーブでは届かない・間に合わない場合に、ボールに飛びついてレシーブすることです。フライングレシーブの基本は、床に落ちそうなボールに向かって手を伸ばし、ジャンプをしてレシーブして床に滑り込む形です。

フライングレシーブは全体が1度床から離れるので、飛び込む体制と着地の仕方が重要になります。

フライングレシーブのメリット

フライングレシーブの1番のメリットは、レシーブ範囲が広がることです。スライディングレシーブでは届かないボールでも、飛びついてレシーブすることで飛躍的にレシーブ範囲が広くなります。

床に落ちそうなボールがフライングレシーブで上がると、チームの士気が上がり、攻撃も積極的になります。フライングレシーブの成功でチーム全体のモチベーションが上げることも大きなメリットです。

パンケーキレシーブとの違い

Login 窶「 Instagram (157873)

フライングレシーブとパンケーキレシーブの1番大きな違いは、フライングレシーブは空中で手を握りグーの形でボールを上げるのに対し、パンケーキレシーブはボールと床の間に手を広げて差し込み​ます。パンケーキレシーブは、床に落ちる寸前に、手を床に見立ててボールを上に上げるレシーブです。

フライングレシーブはボールに飛びついて取るレシーブ全般のことを指し、パンケーキレシーブもフライングレシーブの1つです。

フライングレシーブのやり方

Login 窶「 Instagram (157540)

フライングレシーブのやり方は、ボールに向かって飛び込むようにジャンプしてボールを上に上げるのが基本です。

低い姿勢から前へジャンプしてボールを拾い、正しい着地をするまでの一連の動作をマスターしてフライングレシーブを試合で活かしましょう。

フライングレシーブの練習を始めるときは、肘や膝を床に打ち付けることが多いので、サポーターをつけることが怪我防止になります。

フライングレシーブの一連動作

フライングレシーブの一連の動作は、フェイントなど自分から遠いボールが来ると判断したときから始まります。

①タイミングを計り、片足で踏み込む
②踏み込んだ足と逆側の足をけり上げる
③ボールに飛びついてすくい上げる
④アゴを上げて手・肘・胸・腹・足の順で床に着地する

着地のときにドスンと落ちると、アゴやお腹を強打して怪我をします。フライングレシーブの一連動作は着床するときの順番と形を覚えることが大切です。

正しいフォーム

バレーボールレシーブ技術/フライングレシーブ【バレCH#58】

フライングレシーブの正しいフォームは、アゴを上げて背筋を使い体を反らせてボールに飛び込む形です。体を反らせていないとアゴや膝を強打するので、腰を曲げずに胸から着床して床を滑ることを体得しましょう。

フライングレシーブ初心者は、飛ぶ恐怖心から腰を曲げたり膝をつきがちです。初めはボールを使わずに、体を充分伸ばして胸から着地して滑る安全なフォームを覚えるのが正しい順番です。

ボールに触る位置

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (157573)

フライングレシーブをするときにボールに触る位置は、ボールの真下です。差し出した手首がボールの下に入るのがベストポジションで、上がったボールが次の選手にとって処理しやすいボールになります。

手をボールの真下に差し出すには、飛ぶタイミングを計ることが重要です。飛ぶ距離が短かいか飛びすぎるとボールの真下に手首が入りません。ボールをよく見てボールの真下に手首を入れることを意識しましょう。

見るべき場所

ボールの落下地点に向かって突っ込むときは、常にボールの下を見ることが重要です。ボール全体や上を見ると、手を出すタイミングがずれてレシーブがうまく上がりません。視線をボールの下に固定して手を差し出すことが、レシーブを成功させるポイントです。

ボールの下を見ながらボールに向かうのが正しい方法ですが、他の選手にぶつからないことをあらかじめ確認することと、声を出してアピールすることが危険防止になります。

フライングレシーブのコツ

Login 窶「 Instagram (157557)

フライングレシーブのコツは、2つあります。

・飛ぶ恐怖心を克服すること
・正しい飛び方と滑り方を体得すること


正しい形が身につけば、飛ぶことに対する恐怖心もなくなります。飛ぶことに対する抵抗をなくしながら、滑り込みの形を体に覚えさせていけば、必ずフライングレシーブをマスターできます。

飛ぶ恐怖心の克服

56 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オープントスのやり方とは?初心者にメリット・デメリットを解説!

オープントスのやり方とは?初心者にメリット・デメリットを解説!

バレーボールのオープントスは、レフトとライトのウイングスパイカーに向けて上げるトスで、高く大きな弧を描くことが特徴です。オープントスはバレーボールの試合中に一番使われるトスで、打ち手の能力を十分活かせることがメリットですが、ブロックが必ずつくデメリットもあります。
アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブは学校の体育で使われる初心者向けの技で、腕を振り子のように下から上へすくい上げる動作で打ちます。アンダーハンドサーブの成功には、正しい基本フォームの習得が必須で、ボールと打つ手を丁寧かつ確実に当てることやおへそを打ちたい方向へ向けることが大切です。
サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

バレーボールのサイドハンドサーブは、腕を伸ばして体の横でボールを打つサーブです。肩や肘の負担が少ないサイドハンドサーブは、筋力に自信がない人やバレーボール初心者も飛距離が出せるのが特徴です。トスを安定させてボールをミートする練習を重ねることがコツとなります。
バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは、アタッカーに対してネットに平行に直線的に上げるトスです。平行トスはブロック完成前に打てることがメリットで、バレーボールのコンビネーションで有効な得点手段の1つとなります。平行トスを打つコツはコンパクトなフォームでミートすることです。
バレーボールのハイセットとは?ハイセットの打ち方と練習方法を解説

バレーボールのハイセットとは?ハイセットの打ち方と練習方法を解説

バレーボールのハイセットとは、レシーブが乱れてセッターの定位置から離れた位置から上げるトスで、通常はに2段トスと呼ばれています。ハイセットはセッター以外の選手がおこなうことも多く、レフトかライト方向に大きく上げるのが基本で、バレーボールの試合の勝敗に関わる重要なプレーです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵