Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. バレーボール
  4. >
  5. バレーボールのフライング...
バレーボールのフライングレシーブとは?やり方と練習方法を解説!

バレーボールのフライングレシーブとは?やり方と練習方法を解説!

バレーボールのフライングレシーブとは、遠くに落ちそうなボールに向かってジャンプしてするレシーブです。フライングレシーブは守備範囲は広くなりますが、正しいフォームを知らないと体を強打します。フライングレシーブの入り方は、床に対して斜めに入り、胸・腹・足の順に着床する形です。

2021.12.16 バレーボール

フライングレシーブとは?

Login 窶「 Instagram (157538)

バレーボールのフライングレシーブとは、普通のアンダーレシーブでは届かない・間に合わない場合に、ボールに飛びついてレシーブすることです。フライングレシーブの基本は、床に落ちそうなボールに向かって手を伸ばし、ジャンプをしてレシーブして床に滑り込む形です。

フライングレシーブは全体が1度床から離れるので、飛び込む体制と着地の仕方が重要になります。

フライングレシーブのメリット

フライングレシーブの1番のメリットは、レシーブ範囲が広がることです。スライディングレシーブでは届かないボールでも、飛びついてレシーブすることで飛躍的にレシーブ範囲が広くなります。

床に落ちそうなボールがフライングレシーブで上がると、チームの士気が上がり、攻撃も積極的になります。フライングレシーブの成功でチーム全体のモチベーションが上げることも大きなメリットです。

パンケーキレシーブとの違い

Login 窶「 Instagram (157873)

フライングレシーブとパンケーキレシーブの1番大きな違いは、フライングレシーブは空中で手を握りグーの形でボールを上げるのに対し、パンケーキレシーブはボールと床の間に手を広げて差し込み​ます。パンケーキレシーブは、床に落ちる寸前に、手を床に見立ててボールを上に上げるレシーブです。

フライングレシーブはボールに飛びついて取るレシーブ全般のことを指し、パンケーキレシーブもフライングレシーブの1つです。

フライングレシーブのやり方

Login 窶「 Instagram (157540)

フライングレシーブのやり方は、ボールに向かって飛び込むようにジャンプしてボールを上に上げるのが基本です。

低い姿勢から前へジャンプしてボールを拾い、正しい着地をするまでの一連の動作をマスターしてフライングレシーブを試合で活かしましょう。

フライングレシーブの練習を始めるときは、肘や膝を床に打ち付けることが多いので、サポーターをつけることが怪我防止になります。

フライングレシーブの一連動作

フライングレシーブの一連の動作は、フェイントなど自分から遠いボールが来ると判断したときから始まります。

①タイミングを計り、片足で踏み込む
②踏み込んだ足と逆側の足をけり上げる
③ボールに飛びついてすくい上げる
④アゴを上げて手・肘・胸・腹・足の順で床に着地する

着地のときにドスンと落ちると、アゴやお腹を強打して怪我をします。フライングレシーブの一連動作は着床するときの順番と形を覚えることが大切です。

正しいフォーム

バレーボールレシーブ技術/フライングレシーブ【バレCH#58】

  •        
  •        
  •        
  •       
    
フライングレシーブの正しいフォームは、アゴを上げて背筋を使い体を反らせてボールに飛び込む形です。体を反らせていないとアゴや膝を強打するので、腰を曲げずに胸から着床して床を滑ることを体得しましょう。

フライングレシーブ初心者は、飛ぶ恐怖心から腰を曲げたり膝をつきがちです。初めはボールを使わずに、体を充分伸ばして胸から着地して滑る安全なフォームを覚えるのが正しい順番です。

ボールに触る位置

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (157573)

フライングレシーブをするときにボールに触る位置は、ボールの真下です。差し出した手首がボールの下に入るのがベストポジションで、上がったボールが次の選手にとって処理しやすいボールになります。

手をボールの真下に差し出すには、飛ぶタイミングを計ることが重要です。飛ぶ距離が短かいか飛びすぎるとボールの真下に手首が入りません。ボールをよく見てボールの真下に手首を入れることを意識しましょう。

見るべき場所

ボールの落下地点に向かって突っ込むときは、常にボールの下を見ることが重要です。ボール全体や上を見ると、手を出すタイミングがずれてレシーブがうまく上がりません。視線をボールの下に固定して手を差し出すことが、レシーブを成功させるポイントです。

ボールの下を見ながらボールに向かうのが正しい方法ですが、他の選手にぶつからないことをあらかじめ確認することと、声を出してアピールすることが危険防止になります。

フライングレシーブのコツ

Login 窶「 Instagram (157557)

フライングレシーブのコツは、2つあります。

・飛ぶ恐怖心を克服すること
・正しい飛び方と滑り方を体得すること


正しい形が身につけば、飛ぶことに対する恐怖心もなくなります。飛ぶことに対する抵抗をなくしながら、滑り込みの形を体に覚えさせていけば、必ずフライングレシーブをマスターできます。

飛ぶ恐怖心の克服

フライングレシーブ習得で最初にぶつかるのは、飛んで滑り込むことに対する恐怖心です。恐怖心を克服するためには、座位からフライングの練習をスタートすることをおすすめします。

実戦では立って構えた位置から飛び込みますが、初めは座った状態から手・胸・腹・足の順に床に着く感覚を覚えましょう。足をけり上げて斜めに床へ向かうことも同時に練習して、痛くない着地ができれば恐怖心もなくなります。

滑り込みの形

Login 窶「 Instagram (157558)

正しい滑り込みの形は、体を反らせてアゴを上げる姿勢で、順番は手・胸・腹・足です。正しい滑り込みの形ができないと、体のあちこちを床にぶつけます。初めはボールなしで、アゴを上げて胸からお腹の順で着床して滑る正しい形を覚えましょう。

滑り込みの形は、チームメイトにチェックしてもらうのも効果があります。自分はできていると思っても、周りから見れば間違っているケースが多く、指摘してもらい修正することが上達の早道です。

ボールとの距離感

ボールとの距離感を把握することも、フライングレシーブを成功させるコツです。フライングレシーブの最終目的は、遠いボールをレシーブすることだからです。

フライングの体勢を覚えたら、次に自分の手首にボールが当たることを目標に距離感を覚えましょう。ボールとの距離感を計るには、ボールの下をよく見て飛び込むタイミングを調整することが大切です。

フライングレシーブの練習方法

【バレー初心者向け】フライングレシーブが上手になる練習方法【逆立ちから胸つけ】パート①

フライングレシーブを習得するための練習は、フォームの確立から始めてボールに飛びつく練習へ移行するのが効率的です。遠くのボールに手が届いても、ただ倒れこむだけではフライングレシーブとはいいません。

初めに正しい体勢を覚えてからボールを使った練習をするのが正しい順序です。

フライングフォームの習得

2013年08月17日 プリンズバレー フライングレシーブ練習

フライングレシーブをするためには、初めにフライングフォームを体に覚えさせる練習が必須です。

【正しいフライングフォームの基礎】
①アゴを上げて胸から着地してお腹・太ももの順番で着地
②背筋を使って体を反らせる

ボールを使っての練習の前に、体育館や家の床で、胸から着地することに慣れるまで繰り返し練習しましょう。同時に、足をけり上げることも意識して飛び込む角度を調節することも大切です。

ボールに飛びつく練習

 (157570)

正しいフライングフォームで飛ぶことができたら、ボールを見ながら飛び込む練習に移行します。
ボールに意識がいくと、ボールなしで飛ぶよりも難易度があがるので、初めはボールに触ることを目標にしましょう。

具体的な練習方法は、飛び込んでレシーブすることができる位置にボールを高めに投げてもらいフライングレシーブをします。レシーバーから2m前方に投げることから始めて、3m~4mと徐々に距離を伸ばすのがコツです。

飛び込みタイミングを覚える練習

フライングレシーブを試合で使えるコツと練習方法をスロー映像で徹底解説【バレーボール】

飛び込みタイミングを覚える練習は、ボールに飛び込むことができた後に、ボールの下を見ることを意識しておこないましょう。

タイミングを覚える練習のやり方はボールに飛びつく練習と同一で、レシーバーの前に投げるだけではなく、ネットの反対側からフェイント気味にボールを入れることが有効です。アタックラインの後ろで構えて逆コートからフェイント気味のボールを繰り返し入れてもらいフライングレシーブします。

フライングレシーブの疑問

Login 窶「 Instagram (157571)

フライングレシーブは痛そうで難しく、初心者や女性には無理ではないかなどとさまざまな疑問が浮かびます。でも、順序立てて練習すれば誰でもマスターできます。

フライングレシーブの最終目的は、遠くに落ちそうなボールをレシーブして守備範囲を広げることなので、疑問を解決して積極的にチャレンジしましょう。

初心者はまず何からしたらいいの?

バレーボール初心者は、最初はフライングレシーブをするのではなく、正しいレシーブをマスターしてから挑戦しましょう。

正しいレシーブの基礎は腰を低く構えることで、低い位置からのレシーブはフライングレシーブのコツにつながります。高い位置からのフライングは危険なので、初心者は常に腰を落としてレシーブすることを体得してからフライングレシーブに挑戦することが大切です。

家でできる練習方法はあるの?

家でできるフライングレシーブの練習方法は、フローリングの床を利用した滑り込みです。

フローリングの床で、手をついて胸で着床して腹・太ももの順で滑り込む練習ができます。カーペットや畳は滑らないことと材質を傷めてしまうのでおすすめできません。

フライングレシーブは背筋が強くないとできないので、自宅に適当な場所がない場合は背筋を強くする筋トレが効果的です。

筋トレはどこを中心にしたらいいの?

背筋トレーニング7種目!

フライングレシーブのための筋トレは、背筋力アップを中心にしましょう。背筋力が強くないと体を反って着床することができないので、背筋力アップの筋トレを重ねることがおすすめです。

家でも、うつぶせになりアゴと手と足を上げる動作を30秒間繰り返すだけで背筋の強化ができます。家でスキマ時間やテレビを見ながら毎日数セットおこなえば、必ずフライングレシーブに必要な背筋力がアップします。

フライングレシーブはレシーブ範囲を大きく広げる

 (157872)

フライングレシーブは、遠くへ落ちるボールへ突っ込むことができレシーブ範囲を広げることができる上級テクニックです。初めは飛ぶことに対する恐怖心があり、ドスンと着地して痛い思いをすることもありますが、アゴを上げて体を反らす正しい形を覚えれば、意識しなくても安全なレシーブができます。

女性の選手の場合は、男性以上に体を反らせることを意識して胸を強打しないことに留意しましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。