2020年1月31日 更新

PKのルールとは?改正もあったルールを含めてわかりやすく解説

PKはボールの置く位置やボールから離れる選手の距離、ゴールキーパーが動くタイミング、キックフェイントの禁止など細かいルールがあります。また、PKにはゴールキーパーにもキッカーにもコツやセオリーがあり、技術的、論理的に成功確率を高めることができます。

102 view お気に入り 0

PK(ペナルティーキック)とは?

武蔵小杉ライフ はつしも on Instagram: “天皇杯・湘南ベルマーレ戦の知念慶選手のペナルティキック。落ち着いてゴール右に決めました。 #川崎フロンターレ #知念慶 #ペナルティキック #天皇杯 #武蔵小杉 #武蔵小杉ライフ #等々力陸上競技場” (107248)

サッカーのPKは、ペナルティーエリア内で犯された特定の反則行為に対し、反則を行った選手の属するチーム側に与えられる罰則です。(PK=ペナルティーキック)

ペナルティキックは、キッカーとゴールキーパーが一対一の状態でゴールまで12ヤード(約10.97メートル)の地点にボールを置いて行われるルールです。

ペナルティキックは統計的に70%の確率で成功するといわれています。
PK戦では先行が有利というデータがあり、後攻の2番目、3番目のキッカーの成功率が低いです。PK戦ではキャプテンはコイントスで勝った時は選考を選ぶのが賢明な判断です。
また、PK戦ではキーパーがセーブしたこぼれ球をシュートすることはできません。

PKになるときの条件

 (107119)

PKになる時のルールは、画像の白で囲ったエリアで、守備側がファウルをとられたときです。

ペナルティーエリア外で直接フリーキックに該当するファウルがペナルティエリア内でとられたときにはPKとなります。間接フリーキックに該当するファウルだったときは、ペナルティーエリア内での間接フリーキックとなるルールです。

PKのルール

シンプルに見えるPKですが、細かいルールが複数存在しますので解説していきます。

ボールを置く位置

 (107226)

PKのとき、ボールはゴールラインまで12ヤード(約10.97メートル)の距離にあるペナルティーマークに設置します。

ペナルティマークには、ボールが少しでも上から見た時にかかっていればルール上問題ありません。そのため、ペナルティマークより多少前にボールを置くことが一般的です。

PKのキックまでの流れとルール

AFCチャンピオンズリーグ サンフレッチェ広島 トリックPK

PKを開始する笛が鳴ったあとの基本ルールは3つあります。

・キッカーは前にボールを蹴らなければならない。

・一度ボールに触れたキッカーは、他のプレーヤーにボールが触れるまで再びボールに触れてはならない。

・ボールが蹴られた瞬間にインプレーとなる。


このルールの抜け目をついたトリックPKも存在します。動画はサンフレッチェ広島のトリックPKでこの3つの条件を満たしているので、ルール上問題なく得点は認められています。

キッカー以外の選手のポジション

PK時にキッカー以外は相手選手、味方選手関係なく、ボールから9.15m離れるルールがあります。

キッカーの視野に入って邪魔をすることを防ぐためにペナルティマークの真横より前方にポジションを取ることも禁止されています。
 (107265)

そのため赤色の場所にはルール上キックのタイミングまで入ることはできません。ペナルティアークと呼ばれる半円はキッカーから他の選手が9.15m離れるために存在します。

キックの瞬間までペナルティーエリアに入ってはいけない

ペナルティキックの瞬間の前にペナルティーエリア内に攻撃側の選手が入った場合は、キックが成功した場合は蹴り直しとなります。
逆に守備側の選手がペナルティーエリア内に先に入った場合にキックが失敗した場合も蹴り直しとなります。

キッカーはフェイント禁止

主審家本謎のPK蹴り直し判定、にもかかわらず冷静に再度決める俊輔!

ペナルティーキックでキッカーはフェイントをすることは禁止されています。意図的なキックフェイントは警告となります。

キックのタイミングを遅らせる程度は、認められますが、完全にキックモーションの動きが止まった場合は、やり直しとなります。
動画は中村俊輔選手がキックモーションが止まったとして蹴り直しとなった珍しい場面です。
実況、解説の人はルール理解していませんが、中村俊輔選手はルールが分かっているので、審判に指をさして、細かいよというアピールをしています。
確かに細かいですが、キックモーションが助走で一瞬止まっていますので、審判のジャッジは正しいです。
50 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ペナルティキックを分かりやすく解説!ルールや距離などの気になること

ペナルティキックを分かりやすく解説!ルールや距離などの気になること

サッカーのルールの一つであるペナルティキックは、多くの得点が望めないサッカーにおいては貴重な得点チャンスとなる攻撃側にとっては嬉しいルールではありますが、守備側にとっては厳しいルールです。ここではペナルティキックをわかりやすく解説していきます。
masamiohdaira9 | 673 view
卓球の歴史とは?ルールやラケットの歴史や発祥国や起源・始まりはいつから?

卓球の歴史とは?ルールやラケットの歴史や発祥国や起源・始まりはいつから?

卓球の歴史は、インドやフランスの娯楽や遊戯が起源となっています。卓球の歴史において発祥の国はイギリスとなっていて第一回世界選手権はロンドンで開催されました。また、世界選手権の開催により卓球のラケットやラバーの開発も進んでいき同時にルールも改正していきました。
KIM | 45 view
ファウルチップとは?ルールは捕球されるとアウトになるの?

ファウルチップとは?ルールは捕球されるとアウトになるの?

ファウルチップとは、打者が打ったボールが鋭く後ろに逸れ、直接キャッチャーが捕球したことを意味します。ファウルチップになった場合は、空振りと同じ扱いとなります。打者がツーストライクと追い込まれた状況であれば、空振り三振となり、アウトになります。
和田拓也 | 18 view
プロ野球のリクエスト制度とは?細かいルールと今後の課題を解説

プロ野球のリクエスト制度とは?細かいルールと今後の課題を解説

プロ野球のリクエスト制度とは、審判の判定に対してビデオ判定を要求できる制度です。プロ野球のリクエスト制度のルールは、ビデオ判定を要求できるプレーはアウト・セーフに関連するものとされています。リクエストの回数は2回とされています。リクエスト制度のルールや条件を理解してプロ野球を楽しみましょう!
kimura | 40 view
ダブルドリブルとは?バスケのルールの意味や基準を解説!

ダブルドリブルとは?バスケのルールの意味や基準を解説!

ダブルドリブルとは、バスケットのドリブル時のヴァイオレーションの1つです。ダブルドリブルは、オフェンス側の反則で、安易なミスではなく、絶対してはいけないミスです。連続的なドリブルをするなかで、ドリブル終了後に再度ドリブルをする反則のダブルドリブルのルールの基準を理解しましょう。
MARUO KAZUHIRO | 87 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hoedama1 hoedama1