2019年1月3日 更新

バドミントン練習メニュー5選!上達するために大事なこと

バドミントンをする上でダブルスやシングルスで初心者が意識して欲しいショット5選を選びました!繰り返し練習することで磨かれる腕と技。練習メニューを具体的にアップしていきます。あとは実践あるのみ!!さっそく始めて行きましょう。

142,892 view お気に入り 0
フェイントショットの練習メニュー方法

フェイントショットの練習メニュー方法

バドミントンコート内真ん中に居る選手は①②③の地点に移動します。相手側のコートにいる選手がシャトルを上げていきます。選手はそれぞれドロップ、ドロップ、クロスヘアピンと打っていく練習メニュー。
20本×3セット
フェイントショットにスマッシュを加えた練習メニュー方法

フェイントショットにスマッシュを加えた練習メニュー方法

真ん中の選手は①②③と移動していき、ドロップ、ドロップ、クロスヘアピンと打っていきます。相手側バドミントンコート内にいてシャトルを上げる人が「スマッシュ!」と声をかけたらスマッシュにショットを変更して打つ練習メニュー。
20本×3セット
スマッシュが飛んでくると思ったのにドロップが来たり、ヘアピンかと思ったらロブを上げられたり思いもしないショットが飛んでくるのがフェイントショットです。
フェイントショットを上手く打つためには、まず基本的なショットが打てるようになりましょう。そしてノック形式でフェイントの練習メニューをすすめていきましょう!
思ったところにショットが打てる、相手がシャトルを打ったあとどこに来るか瞬時に反応する、飛んできたシャトルの下に余裕を持って待っているというそれだけのフットワークが必要になってきます。そこで初めてフェイントをかける、ショットに変化をかける、ラケットの面を変えるなどコントロールを定めて技術面を磨くことができます。
日々の練習で基本的なショットを身に付けフェイントがかけられるように繰り返し練習メニューをすすめていきましょう。

バドミントン練習メニューおすすめ⑤

フットワークを軽くしよう!

バドミントン初心者が上達するために必要な練習メニューにラケットの打ち方(振り方)とフットワークの2点が重要になってきます。今回はフットワークについて説明していきます。
フットワークというのはバドミントンコート内を動き回る足運びのことを言います。前に落ちてきたシャトルを取るとき、サイドでは、バックに飛んできたらどう動けばいいかその時その瞬間にどのような動きをすればいいか。そしてそのパターンを自分の体に教え込むことが大事になってきます。それは何度も繰り返し練習することで足運びがわかってきます。
ではどのような練習をすればいいか具体的に説明していきます。

バドミントンのフットワーク練習メニュー!リアクションステップ

バドミントンのフットワークについてリアクションステップを意識した練習メニューをご紹介いたします。バドミントン初心者はまねをすることから初めて行きましょう。何度も繰り返すことで体に覚えさせていきましょう。

ゼロからでもすぐにリアクションステップができる!バドミントンのフットワーク練習メニュー

バドミントンラケットを構えて待ちすぐさま次のショットを打ちに行くための次に備えて動けるようにする練習メニューです。動画を見て足の動きを習得してください。
リアクションステップは一人でもできる練習メニューです。

次にバドミントンコートを使ってするフットワーク強化練習メニュー

スピードフットワーク 中学・高校の選手に必要なバドミントン練習メニュー Disc1

動画をご覧になっておわかりになったかと思いますが、バドミントンコート内にシャトルが飛んで来たと想定して動かないと意味がないということですね。前後左右、斜め前後にも瞬時に動くための足運びをしていきましょう。
(14~15秒×2周)×5セット
バドミントンゲームではフットワークが軽い方が有利です。あとラケットを握っていろんなショットをどれだけ打てるかが勝利につながってきます。シャトルをコントロールする力は微妙なショットを打つ時にかなり違いが出てきます。コントロールは日々の練習によって鍛えられるところでもあります。練習メニューを工夫して打ったシャトルが思ったところにいくようコントロールしていきましょう。

バドミントン初心者が上達するための大事なこととは?

チャイナステップで効果抜群!バドミントンの基礎練習メニュー

このステップはスタミナをアップするための練習メニューとフットワークを軽くする練習メニューのどちらにも共通しますが、最後にやはり一番大事なことをまとめとして説明していきます。バドミントンは簡単に言ってしまえばラケットの打ち方とフットワークが重要になってきます。そこをしっかりと理解した上で練習メニューを繰り返しすすめていきましょう。
そこで基礎基本に返ってステップのうちの一つである”チャイナステップ”の練習メニューをご紹介いたします。

反応が良くなる!チャイナステップの練習

バドミントン初心者が上達する練習メニューとして、基礎的な練習メニューを取り入れよう!コートサイドで、空き時間になどスキマ時間を使ってチャイナステップ練習メニューをすすめていきましょう。
チャイナステップ×10分
1スキップ
2チャイナステップ(低速)
3チャイナステップ(高速)
4スキップ
この4種類のステップを適度に交互に加えて10分間行います。動画をご覧になった方はおわかりでしょうが、「実際にやってます!」という方もおられるでしょう。しかし何回も言っておきます!
この練習メニューはひとりでもできる練習メニューです。自分の体に覚えさせていくことがフットワークを軽くすることに繋がります。そしてあとはショットをいかに打ち返すかを日々の練習にプラスして考えていきましょう。つねに前向きにラケットの打ち方やフットワークを軽くすることが重要なポイントです。それを忘れないでください。

バドミントン練習メニューのまとめ

 (9196)

バドミントン初心者の方からわかりやすくバドミントンゲームを楽しむために上記に大事なことをまとめてきました。あまりたくさんのことをするとまとまりがなくなりますので、ピックアップしてご説明させていただきました。
中学生、高校生の方たちはしっかりとバドミントンに役に立つ基礎基本であるストレッチ、持久力のためのランニング、瞬発力をつけるための反復横跳びを中心に繰り返し練習メニューをすすめていってください。
バドミントンコート内を使ったフットワーク、基本的なショット(スマッシュ、ドロップ、ヘアピン、クリア、カット、プッシュ、ロブ、ドライブなど)の打ち方、次に備えたレシーブ力の強化などまずは基礎基本練習メニューを習得して、次にアレンジした楽しめる練習メニューに移行しバドミントンを楽しんでいただきたいと思います。

バドミントンに必要なショットは練習メニューを進めていく間にコントロールも定まってきます。コントロールがいいとゲームにおいてかなり有利になります。日々の練習メニューをしっかりと真面目に体得していってください!きっと確実に上手くなりますよ!!
47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

パルクールの練習方法!【瞬発系・反応系】

パルクールの練習方法!【瞬発系・反応系】

パルクール練習方法を、瞬発系、反応系に分けて、瞬発力が必要な理由、反応力が必要な理由、そしてその2つの能力をどの様に向上させればいいのか、などを、初心者から中級者のパルクール実施者に向けて、詳しく紹介していきます!
みかん🍊 | 3,216 view
パルクールの練習方法!パワー系の技のやり方とは?【初心者ガイド】

パルクールの練習方法!パワー系の技のやり方とは?【初心者ガイド】

パルクールのパワー系練習方法を、パルクール超基礎技の練習方法から、パルクールを練習するに当たって必要になってくるFlip系の基礎技、パルクールの超基礎技とFlip系の基礎技を合わせたパルクールの基本的な技の練習方法を幾つか紹介していきます!
みかん🍊 | 17,141 view
トリッキングの練習方法の考え方!悩みや疑問解決【初心者入門ガイド】

トリッキングの練習方法の考え方!悩みや疑問解決【初心者入門ガイド】

トリッキングとは具体的にどの様なスポーツで、トリッキングというスポーツを理解した上でのトリッキングの練習場所や、Kick、Flip、Twistの3つに分けた練習のやり方から、イメージトレーニングのやり方まで詳しく紹介します!
みかん🍊 | 8,613 view
バドミントンのカットの打ち方!コツや練習方法とは?

バドミントンのカットの打ち方!コツや練習方法とは?

バドミントンの試合で最もわかりづらいだまし討ちショットはカットです。その打ち方や練習方法をご紹介します。バドミントン試合中のカットの注意や対策なども動画を交えて解説していきます。カットができればバドミントンはもっと楽しくなります!
yuki | 42,239 view
バドミントンシャトルのおすすめ10選!選び方のポイントは?

バドミントンシャトルのおすすめ10選!選び方のポイントは?

バドミントンを練習していたら絶対に必要なバドミントンシャトル。今回はおすすめのシャトル10選をご紹介します。選び方のコツや初心者にも人気のおすすめシャトルも紹介しますので、これからのシャトルの選び方に役立ててみてくださいね。
yuki | 33,883 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

moriko48 moriko48