Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 野球
  4. >
  5. パワーカーブとは?握り方...
パワーカーブとは?握り方・投げ方などのコツを丁寧に解説!

パワーカーブとは?握り方・投げ方などのコツを丁寧に解説!

パワーカーブとは、縦方向に曲がる球速の速い変化球です。キレのよいパワーカーブを投げるコツは、縫い目の使い方や指の使い方、腕の振り方にあります。打者にとって対応が難しく、打ち損じてゴロアウトを取りやすいパワーカーブは、パワーヒッターに有効な変化球です。

2021.12.16 野球

パワーカーブとは?

Login 窶「 Instagram (142267)

パワーカーブとは、カーブの一種です。しかし、縦に曲がりながら落ちていく球速の速い変化球なので、球速の遅い通常のカーブとは全く違います。​パワーカーブを投げるピッチャーは、メジャーリーグには多くいるのですが、日本のプロ野球選手ではまだまだ少なく、貴重な新・変化球的存在です。

パワーカーブの特徴

 (141362)

パワーカーブは、球速が速く、鋭く曲がる球種です。メジャーリーガーの間では、ハードカーブ・スパイクカーブとも呼ばれています。打者が鋭い変化に対応しにくいため、ヒットゾーンに打つことが難しい変化球で、三振の欲しい場面で投げると非常に有効です。

カーブとの違い

パワーカーブとカーブの違いで、最もわかりやすいのは球速です。カーブは球速が遅いうえに変化するので打ちにくく、ストレートと組み立てて球速の落差を使って打者のタイミングをずらすことができます。しかし、うまくタイミングを合うと、遠くまで運ばれることが多い弱点がある球種でもありました。対照的にパワーカーブは球速が速いため、変化とスピードに目が慣れることが難しく、人間の動体視力の限界を感じる球種です。

スライダーとの違い

パワーカーブとスライダーとの違いは、曲がる方向です。パワーカーブは、高速で縦に曲がります。一方、スライダーは横に曲がる変化球なので、曲がる方向が縦と横という点で、全く違う変化球と区別されています。

パワーカーブの握り方

パワーカーブの握り方には、いろいろなパターンがあります。基本は中指を縫い目にかけ、人差し指をそろえる握り方。ほかには、人差し指を立てて握るピッチャーや、人差し指を曲げて爪の部分をボールに当てて握るピッチャーもいます。決まった握り方がないのも、基本型のカーブから試行錯誤された球種だからです。

パワーカーブの握り方①

 (140973)

パワーカーブの握り方を正面から見た画像。中指を縫い目にかけて握り、人差し指と中指を押し込むように投げると、縫い目にかかった中指でボールに強く回転をかけることができます。

パワーカーブの握り方②

 (140975)

ナックルカーブと呼ばれるパワーカーブの握り方を正面から見た画像。人差し指を曲げ、爪の部分をボールに当てるように握ります。人差し指を曲げているので、画像①よりも薬指がボールを支えるような位置に持ってくることが必要です。

パワーカーブの握り方③

 (140976)

ナックルカーブの握り方を斜め後ろから見た画像。人差し指を曲げ、ボールに押し当てて握っている様子がよくわかります。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

縫い目の使い方

パワーカーブを投げる時の縫い目の使い方はさまざまです。ピッチャーの指先の感覚は非常にデリケート。登板する日の調子や天候などで縫い目の使い方は違ってきます。ほかのピッチャーと同じではなく、自分にあった縫い目の使い方をして投げることを重視しています。

指の使い方

パワーカーブの投げ方で大切なことは、ボールの縫い目にかけた中指と人差し指を強く押し込んで、強いスピンをかけ、ボールをリリースすることです。変化球を高速で投げるには、指の使い方は非常に重要で、指の使い方や力の入れ方の違いでスピードや軌道が変わります。

パワーカーブの投げ方

Login 窶「 Instagram (141446)

パワーカーブは、投げるときの腕の振り方・回転のかけ方などで球速や落ち方に違いがでる球種で、ピッチャーは腕の振り方に工夫をこらして独自のパワーカーブを投げています。

正しいフォーム

 (142269)

ピッチングフォームがピッチャーによって違うため、パワーカーブを投げる時の正しいフォームはありません。他の球種を投げるときと違いのないフォームが、正しい投げ方です。

腕の振り方

パワーカーブを投げるとき、腕は上から下に振り下ろします。パワーカーブは、縦の軌道で落ちるように曲がる変化球なので、腕を縦方向に速く、強く振って投げます。速く強く振ることで、ボールの回転にトップスピンをかけることができるため、腕の振り方は大事です。

回転のかけ方

パワーカーブはトップスピンをかけて球速を上げる変化球です。縫い目にかけた指をリリースの時に強く押し込み、腕を強く振ることでボールにトップスピンがかかると、球速が上がり、変化も大きくなります。

パワーカーブを投げるコツ

Login 窶「 Instagram (142286)

パワーカーブを投げるコツは、リリースのときにあります。パワーカーブを投げるには、指の使い方・手首の使い方が重要なポイント。ただ投げるだけでは、効果的なパワーカーブにはなりません。かなりの練習が必要です。

指で切る?

球速の速いパワーカーブは、人差し指と中指でボールを切るように投げると言われています。少しわかりにくい表現ですが、ナイフでステーキを切るときのように、指先に力を入れてボールを押し込んで投げると言うとイメージしやすいかもしれません。速い回転がかかるように投げ込むと、球速が上がります。

手首の使い方

Login 窶「 Instagram (141445)

パワーカーブを投げる瞬間、手首を外から内側へひねるように投げ込みます。スライダーを投げるときは、大きい角度で手首をひねりますが、パワーカーブの場合は、スライダーを投げるときよりも小さい角度で手首をひねって投げるとキレがよくなります。

球種を悟られない方法

 (142271)

パワーカーブを効果的に使うために、最も大切なことは球種を悟られないことです。さまざまな球種を投げるピッチャーにとって、いつも同じフォームで投げることができるようになるのは理想的です。しかし、リリースのときに手首をひねる特殊な動きをするパワーカーブは、特に球種を悟られやすくなります。どんなによい球でも、球種がわかっていれば打たれる可能性がかなり高くなってしまうので、パワーカーブを投げることを打者に悟られないことが大切です。

パワーカーブが有効なバッターとは?

 (142272)

パワーカーブの変化球が有効なバッターは強打者となります。日本の野球界では投げるピッチャーが少ない変化球で、攻略法が無く打ち損じてしまうことが多くなるためです。パワーカーブは、強い打球を遠くに運ぶタイプのバッターを打ち取りやすい球種です。

パワーカーブを投げるメリット

 (142277)

パワーカーブを投げるメリットは、打ち損じるバッターの多いことがあげられます。パワーカーブは、鋭く落ちるように変化するため、バッターがバットの芯に当てづらい球種です。また、トップスピンがかかっているうえに落差が大きいので、打ち損じた場合、引っ掛けることが多く、ゴロになる率が高くなります。

パワーヒッターにはパワーカーブ?

 (142280)

パワーカーブは、パワーヒッターに有効な変化球です。トップスピンがしっかりとかかっているパワーカーブは打ち上げても飛距離が出ず、ポップフライになる確率が高くなります。フライボールを打ちあげることで長打を狙うパワーヒッターには特に有効な球種。パワーヒッターの長打率を下げると得点力が落ち、勝利をあげることができるため、パワーヒッターに積極的に使うべき変化球です。

パワーカーブを投げるピッチャー

パワーカーブを投げるピッチャーは、まだまだ日本球界では少数派です。パワーカーブには、決まった形があるわけではありません。同じ球種ですが、ボールの握り方・投げ方などはさまざまです。

ソフトバンクホークス:石川柊太投手

Login 窶「 Instagram (142281)

石川柊太は、日本のプロ野球のパワーカーブ第一人者で、2013年の育成ドラフトで入団、2016年シーズン途中から支配下登録されました。石川柊太のパワーカーブは、魔球と呼ばれるほどキレがあります。握り方は元・ヤクルトスワローズ伊藤智仁のスライダーを真似していますが、自分で改良を加えて、有効な武器にしました。

横浜DeNAベイスターズ:今永昇太投手

Login 窶「 Instagram (141015)

今永昇太は、パワーカーブを自分のものにしようと熱心に練習しているピッチャーで、2015年ドラフト1位で横浜DeNAベイスターズに入団しました。パワーカーブの習得に熱心な今永昇太は、ピアース・ジョンソン投手、石川柊太投手から投げ方を伝授され、近い将来パワーカーブの使い手となる期待ができる、非常にスキルの高い投手です。

元阪神タイガース:ピアース・ジョンソン投手

Login 窶「 Instagram (140999)

ピアース・ジョンソンは、日本のプロ野球界にパワーカーブの有効性を証明したピッチャーで、前評判はあまりよくなかったのですが、2019年に阪神タイガースでセットアッパーを務め、大活躍しました。高校時代のコーチに教えてもらった握り方で投げていたスライダーが、フォームを変えたことで起動が変わり、ピアース・ジョンソンのパワーカーブになりました。球団や首脳陣は2020年も引き続き契約を望んでいたのですが、日本での活躍が話題になり、ピアース・ジョンソンは、メジャーリーグに復帰してしまいました。

広島東洋カープ:クリス・ジョンソン投手

Login 窶「 Instagram (141002)

クリス・ジョンソンは、日本に来てからパワーカーブを投げるようになった外国人選手で、父方の祖母が日本人のため日本とは縁が深く、複数年契約で広島東洋カープに所属しています。クリス・ジョンソンの握り方は人差し指を曲げてボールに当て、中指と親指でリリースします。抜け防止に人差し指を添える投げ方です。

元千葉ロッテマリーンズ:マイク・ボルシンガー投手

Login 窶「 Instagram (141003)

マイク・ボルシンガーは、ナックルカーブと呼ばれるパワーカーブの使い手で、多彩な変化球を交えて活躍した外国人投手です。ボルシンガーは、2018年から2年間、千葉ロッテマリーンズに所属し、2018年には最高勝率のタイトルを獲得しています。握り方は、人さし指を折って握るスタイルで、爪のつけ根あたりまでをボールの縫い目から外して押し当てて固定して、腕を振り下ろすように投げています。

パワーカーブは野球を変える魔球!

Login 窶「 Instagram (141369)

パワーカーブは、縦方向に曲がる高速変化球です。2019年阪神タイガースに所属していたピアース・ジョンソンの最大の決め球でした。おもしろいようにアウトを重ねていくジョンソンの姿を見て、習得しようと練習する投手が増えています。日本の野球では、まだ攻略されていないパワーカーブは、近い将来、日本の野球を大きく変える魔球になります。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。