2020年4月10日 更新

ピッチャー(投手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ピッチャーの一番の役割はバッターを抑えることです。ピッチャーの能力がチームの勝敗を大きく左右してしまうほど野球のポジションの中で大切な役割を果たします。同時に9人目の野手でもあり、守備面でもバント処理やベースカバーなど大切な役割があります。ピッチャーに求められる能力には、コントール・肩の強さ・土台となる下半身の強さがあげられます。

3,986 view お気に入り 0

ピッチャーに求められる球種、変化球

 (119716)

ピッチャーがバッターに対する時に大きな武器になるのが、変化球です。変化球は単に打ちにくいだけでなく、ストレートとの投げ分けで緩急をつけてタイミングをずらすなどの役割もあります。

ピッチャーが主に投げる変化球を曲がる方向別に分けると、以下のようになります。

・カーブ・シンカー系
・スライダー・シュート系
・フォーク系

大きく曲がる変化球や小さく曲がってタイミングをずらすなど、ピッチャーは習得した変化球を使いわけて、バッターを打ち取る手段としています。

変化球①カーブ・シンカー

カーブはピッチャーの利き腕と反対方向に曲がる球種になります。球速が遅くて横よりも縦の変化が大きいのが特徴です。同じカーブでも、スローカーブ・ドロップカーブなど曲がり方などで数種類あります。

シンカーはカーブと逆方向、利き腕側の方向へ沈むように変化するのが特徴の変化球です。カーブとシンカーではカーブの方が変化量が大きく、投げ方もカーブは比較的初心者でも投げやすい球種といわれています。

変化球②スライダー・シュート

スライダーは横方向へ曲がる変化球です。利き腕と反対方向に変化します。シュートはその反対側、つまり利き腕方向へ曲がる変化球になります。

左右逆方向へ曲がるスライダーとシュートですが、スライダーは回転のかけ方の違いで縦方向への変化があったり、カーブのように斜めに変化させるピッチャーもいます。シュートは空振りをとる変化球というよりも、速く変化させることでバッターを詰まらせたり、ファールを打たせるのに有効な変化球になります。

変化球③フォーク

フォークボールはバッターの近くで落ちる変化球です。他の変化球と違い、手首を使わずになるべく回転をかけないで投げると大きく落ちるフォークボールになります。

ストレートと同じ軌道から急激に縦に落ちるので、バッターの空振りを誘いやすく三振を取りやすいのが特徴です。しかし、その変化ゆえ暴投やキャッチャーが後ろに逸らしやすいリスクのある変化球ともいえます。

投手の投げ方による球種の違い

 (120730)

投げ方によって変化球の向き不向きがあります。例えば、オーバースローの投手はストレートに力をもつことでできるので、フォークなどの落ちる変化球を活かせることができます。

サイドスローやアンダースローは横への変化球が投げやすく、スライダーやシュート、シンカーなどは大きく変化する変化球となりやすい特徴があります。しかし、フォークのように縦の変化球は投げにくいフォームになります。

左利きの投手が投げる球種

左利きのピッチャーが投げる独特の変化球といえば、浮き上がってから落ちるスクリューボールという変化球があります。左ピッチャーは左バッターを得意とすることが多く、スライダーやカーブなど左バッターからすると逃げていく軌道になる変化球を得意としています。さらに、スクリューなどの逆方向への落ちるボールがあると有効となります。

ピッチャーの練習方法

 (119717)

ピッチャーは孤独なポジションと言われることもあり、他の野手と違って一人で練習をする時間が多くあります。ピッチャーに必要なコントロールや球速、スタミナなどはまさしく一人で自分と向き合って練習に取り組む必要があります。

ピッチャーの基本的な練習で重要なことは3つあります。

・シャドーピッチング
・肩甲骨・股関節周囲のストレッチ
・下半身・体幹の筋力強化


どれも故障を防ぎ、安定したピッチングを行うためには欠かせない練習になります。

シャドーピッチング

ピッチャーが安定してストライクを投げるためには、安定した投球フォームが必要です。シャドーピッチングは、安定した投球フォームを獲得するために欠かせない練習です。

方法としては、タオルを持ってボールを投げる感覚で素振りのようにピッチングを行います。タオルを持つ理由は、肩や肘を傷めずに力の入れ具合やリリースポイントを意識することが出来るからです。

ピッチングフォームを確認しながら行うために鏡の前で行ったり、前方の離れたところに椅子を置き目印にするのも良い練習になります。

ピッチング上達!目指せ140キロ!4種類のシャドーピッチング練習方法を紹介

肩甲骨・股関節周囲のストレッチ

ピッチャーが速い球やキレのある変化球を投げるためには、腕全体や下半身を大きく動かすことが必要になります。そこで肩甲骨と股関節の周りの筋肉のストレッチが重要になります。

肩甲骨周りのストレッチは、腕の運動を伴いながら行うのが基本です。腕を肩の高さよりも上で動かすことで肩甲骨も一緒に動くので、腕を回しながら肩甲骨を意識すると効果的に行うことができます。手を後ろで組むことで、左右の肩甲骨が近づき周りの筋肉のストレッチになります。

股関節では、特に膝が外を向く回旋の要素と、足を後ろに伸ばすことによる股関節の前の筋肉のストレッチを重点的に行います。

下半身・体幹を中心とした筋力強化

ピッチャーが球速を上げて安定したコントロールを得るために大事なのは、土台となる体幹と下半身の筋力強化です。

下半身の筋力強化で代表的なのはランジがあります。片脚を大きく前方に出して身体を沈ませるようにしながら重心を移動します。また、スクワットも下半身強化に大きな効果があります。

体幹の筋力強化で代表的なのはプランクと呼ばれるもので、うつ伏せから両肘とつま先で身体を支え、お腹を身体に引き寄せるようにして、約20秒間保持します。

吉田輝星選手が球速アップしたランジトレーニング解説

ピッチャーのマウンドの知識

ピッチャーマウンドの高さ

ピッチャーマウンド

ピッチャーマウンド

ピッチャーマウンドの高さは規定で25.4cmと決められています。高さの決定は、球場によってピッチャーとバッターの中で有利不利が生まれないためです。

ピッチャープレートの大きさ

ピッチャーマウンドの上にはピッチャーが触れて投げなければならないピッチャープレートがあります。野球組織によって、プレートの大きさは変わります。

少年軟球は縦13cm、横51cmです。それ以外のプロ野球や社会人・高校野球などは縦15.2cm・横60.9cmと定められています。

キャッチャーまでの距離

キャッチャーまでの距離

キャッチャーまでの距離

ピッチャープレートからキャッチャー、即ち本塁までの距離も中学生以上では、18.44mと決められています。小学生などの少年野球では、リトルリーグの14.02mからボーイズリーグ小学生部の15.367mとルールが決まっています。

ピッチャーに関係するルール

 (119720)

野球は各ポジション別で把握しておくべきルールが異なるスポーツです。特にピッチャーに関係するルールを把握することは、不要なランナーを出したり、点を与えることを防ぐことになります。

準備投球

ピッチャ―が登板するときに準備投球といわれる練習球を投げることができます。ルールで認められている準備投球は1分以内で8球ですが、審判の判断によって、球数は変わることもあります。

危険球

危険球とは、ピッチャーがバッターを狙った投球で、ピッチャーと監督を退場させるか両チームの監督に警告を与えるかを審判が選択します。

バッターの頭部付近のボールは危険なので、故意でなくても審判は危険球と判断し、ピッチャーは即退場となるケースがあります。たとえ頭部に当たっても緩い変化球で危険な球ではないと審判が判断したら、警告が発せられます。

牽制

ピッチャーがランナーのリードを抑える牽制球をする場合、セットポジションに入った後は、投球モーション以外ではグローブと肩を動かしてはいけないことになっています。

そのため、ピッチャーは首だけを動かしてランナーの動きを確認することになります。ただし、ピッチャープレートから軸足を離すと、グローブと肩を動かしても良いことになっています。

ボーク

ボークとは、野球でピッチャーが投球や送球における反則行為であり、ピッチャーが不当にバッターやランナーに不利になるような行為を防ぐためのルールです。

ピッチャーに関係するボークは全部で12種類あります。捕手に関するボークは1種類です。ボークはランナーがいる場合のみに適用されます。ボークが適用された場合、全てのランナーが次の塁にいけるようになります。​

振り逃げ

振り逃げとはピッチャーが投げた3つ目のストライクをキャッチャーが捕球できなかった場合に、バッターが一塁まで進めることをいいます。バッターが一塁に到達するまでに一塁にボールが投げられなかった場合は進塁が認められますが、バッターより早く一塁に送球されるとアウトで三振扱いとなります。

投手交代

89picgrm on Instagram: “・・#球児達の栄光を1枚に #高校野球#秋季大会#群馬県大会#一眼#ファインダー越しの私の世界 #健大高崎#投手交代#ピッチャー#3位決定戦” (121451)

野球の作戦面において、ピッチャー交代のタイミングは試合を左右する重要な采配となります。
先発ピッチャーを選ぶのはもちろん大事ですが、次のピッチャーを誰に任せるかは試合の流れや状況を考えて行う必要があるので、試合の勝ち負けに大きく左右することもあります。

交代のルール

試合の行方を左右するピッチャーの交代ですが、交代するためには条件があります。ピッチャーは一度マウンドに立つと、登板時に対するバッターをアウトにする、あるいはヒットやフォアボールなどで1塁に到達させてしまう必要があります。

ピッチャーのグローブ

 (119721)

グローブの規定

ピッチャーが使用するグローブですが、2017年に公認野球規則で規定が改定されました。プロ野球をはじめ、社会人野球、大学野球での投手用グローブのカラーリングの幅が広がりました。

この改定により投手用のグローブは本体カラーと異なるカラーを白色と灰色以外であれば、ヘリ革と革紐などに使用することが可能になりますが、本体カラーは1色のみとなるのでピッチャーのグローブを選ぶときには注意が必要です。

ピッチャー・投手の役割まとめ

ピッチャーは試合を左右する重要な役割を占めています。野球のピッチャーには、投げる場面やピッチングフォーム、投げる変化球などさまざまなタイプがあります。

ピッチャーを目指すには、ピッチングフォームや変化球を習得し、自分のスタイルを確立していくことが必要です。また、ピッチャーに関する特有のルールも多く存在するので、ルールを理解することが必要です。さらに、故障をせずに十分なパフォーマンスを発揮するためにも必要な要素を理解し、基礎的な訓練を継続していくことが欠かせないでしょう。
104 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファーストの役割は、打球の処理や野手からの送球の捕球、そして、牽制球の処理など多岐に渡ります。また、球場ごとのグラウンドルールや守備妨害に関する知識も求められます。ファーストに求められる能力は、打球や送球に対する高い捕球力に加え、野球の知能も必要です。
バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケットは5人の選手が各ポジションに分かれてプレイする、チームスポーツです。5人の選手はそれぞれに役割がありとポジションあることで、スムーズに試合運びができます。バスケットの5つのポジションは1番ポイントガード・2番シューティングガード・3番スモールフォワード・4番パワーフォワード・5番センターとなっています。
バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケットボールのポジションの1つにセンターがあります。センターは長身のプレイヤーが務め、好守におけるインサイトプレイの要という役割を担います。さらにセンターが求められる動きとは、ポストプレイ・リバウンド・リング近くでゴールを守ることがあります。チームの勝利に貢献するためにセンタープレイヤーの理解を深めましょう。
バレーボールのポジションと役割や動きとは?フォーメーションの解説

バレーボールのポジションと役割や動きとは?フォーメーションの解説

6人制バレーボールでは、ポジションごとに役割と動きが違います。ウイングスパイカー・オポジット・ミドルブロッカー・セッター・リベロという5ポジションに分類して、その役割と動きを、ルールとフォーメーションを絡めて詳しく解説します。各ポジションの名称や役割を知って、よりバレーボールを楽しんでください。
サッカーの11番の背番号の意味とは?どんな選手がつけるの?

サッカーの11番の背番号の意味とは?どんな選手がつけるの?

サッカーの背番号には様々な番号があります。背番号11番のポジションは、ウィングやトップ下というイメージがされています。そして、背番号11番に期待される役割や素質は、スピード感溢れるドリブル、得点能力、オフザボールの動きです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mblue1974 mblue1974