2020年6月6日 更新

バスターエンドランとは?具体的なやり方や意味などを解説!

バスターエンドランは、送りバントが想定される場面で有効な戦術です。バスターエンドランをやるときには、打者は最初バントの姿勢を取りますが、相手が前進守備を敷いたのを確認し、相手投手が投げたと同時にヒッティングに切り替えて意表をつきます。バスターエンドランは、攻撃側にとって賭けの攻撃ですが、成功するとチャンスが広がります。

6,622 view お気に入り 0

バスターエンドランとは?

 (139623)

バスターエンドランとは、ランナーがおもに1塁にいる場面でランナーを走らせて、チャンスを拡大させる作戦の1つです。ランナーは、ピッチャーの投球モーションと同時に次の塁へスタートを切ります。

バッターは、送りバントの構えからヒッティングに切り替え、どのようなコースのボールがきても必ずバットに当てなければなりません。

バスターとは?

バスターとは、バッターが送りバントの構えをしながら打席に立ち、ヒッティングに切り替える打法のことを指します。バスターは、bastard buntを略した和製英語です。日本でバスターの名前が広まる前は、プッシュ打法と呼ばれていました。

エンドランとは?

 (139629)

エンドランとは、ヒットエンドランの略で、ピッチャーの投球と同時にランナーが次の塁へスタートし、早い進塁を狙う戦術のことです。エンドランをするときは、バッターは必ずバットに球を当てなければならないといった決まりがあります。

バスターエンドランは戦術の1つ

バスターエンドランは、ランナーを積極的に動かして、チャンスを拡大させる戦術の1つです。バスターエンドランの戦術には、相手にアウトを与えずチャンスを拡大できることランナーをワンヒットでホームまでかえすことができる​といった2つのメリットがあります。
送りバントと違い相手にアウトを与えずにチャンスを拡大することができるバスターエンドランでは、足の速いランナーが塁上にいる場合は、ワンヒットで一気にホームまでかえすことができます。

バスターエンドランのやり方

 (132339)

バスターエンドランをやるときには、バッターは送りバントの構えから、スイングが間にあうギリギリのタイミングでヒッティングに切り替えます。バッターはボールを手元まで引きつけてコンパクトなスイングでボールの上部を叩き、ゴロを転がすようにします。
バスターエンドランの狙いは、相手野手が前進守備を敷いてヒットゾーンが拡がる状況を作り出すことです。

送りバントの構え方

Login 窶「 Instagram (139633)

送りバントをするときは、相手野手に気づかれないように通常の送りバントと同じフォームで構えるようにします。右バッターの場合は、右手はバットの芯より下の部分左手はグリップの中心部を持つようにしましょう。

※Point
構えるときには、バットのヘッドが下がらないようにする!

バットを引くタイミング

バスターエンドランをやるバッターは、相手ピッチャーの足が下がりきってからバットを引くようにしましょう。バットを引くタイミングが早すぎると、相手野手が前進守備の途中で足を止めてしまうため、スイングが間にあうギリギリのタイミングまでボールを引きつけることが重要です。

スイングの動作

バッターは、素早く利き手をグリップに戻してトップの位置までバットを引きます。トップの位置からバットをスイングし、ミートの瞬間に利き手で強くボールを押し込むようにします。スイングが下からの軌道になるとフライになりやすいため、注意してください。

バスターエンドランのコツ

 (139624)

バスターエンドランを成功させるためには、3つのコツを意識しましょう。

・意識の持ち方
・タイミングの取り方
・スイングの仕方


バッターは、ボールの上を強く叩く意識を持ち、バットを引いてから下半身を素早く回転させ、空振りしないよう早めのタイミングでスイングすることが大切です。バッターは速いストレートに差し込まれないように、ミートするポイントを前足に置くようにしましょう。
67 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

パワーカーブとは?握り方・投げ方などのコツを丁寧に解説!

パワーカーブとは?握り方・投げ方などのコツを丁寧に解説!

パワーカーブとは、縦方向に曲がる球速の速い変化球です。キレのよいパワーカーブを投げるコツは、縫い目の使い方や指の使い方、腕の振り方にあります。打者にとって対応が難しく、打ち損じてゴロアウトを取りやすいパワーカーブは、パワーヒッターに有効な変化球です。
Anonymous | 29,469 view
ワインドアップとは?ノーワインドアップ・セットポジション・クイックモーションとの違いを解説

ワインドアップとは?ノーワインドアップ・セットポジション・クイックモーションとの違いを解説

ワインドアップとはピッチャーの投球モーションのことです。一般的にワインドアップは腕を頭の上に振りかぶりながら投げるフォームでバッターに威圧感を与えられます。他にも投球モーションにはセットポジションやクリックモーションなどがあり、特徴や使用する場面が異なります。
Anonymous | 17,288 view
バックスクリーン3連発とは?!伝説の阪神のバース・掛布・岡田の打席

バックスクリーン3連発とは?!伝説の阪神のバース・掛布・岡田の打席

バックスクリーン3連発とは1985年4月17日に阪神のクリーンアップのバース・掛布・岡田が放った3連続ホームランのことです。巨人との伝統の1戦で生まれたわずか6球の逆転劇は伝説のバックスクリーン3連発といわれ、阪神ファンのみならず多くのプロ野球ファンの語り草になっています。
mblue1974 | 139 view
育成選手とは?日本のプロ野球の球団選手契約について解説!

育成選手とは?日本のプロ野球の球団選手契約について解説!

育成選手は、支配下登録を目指す選手のことで一軍でのリーグ公式戦の出場資格がありません。支配下登録選手とは契約金・年俸・契約期間・背番号・ドラフトに違いがあり、育成選手だけの制度もあります。育成ドラフトから入団して一軍で活躍する選手が増えているので、育成ドラフトでの指名選手数も増加しています。
poporof | 145 view
野球用ストッキングを履く理由とは?意味や履き方をわかりやすく解説

野球用ストッキングを履く理由とは?意味や履き方をわかりやすく解説

野球用ストッキングとは、怪我の防止や動きを補佐する役割を持つ靴下です。ハイカット、レギュラーカット、ローカットと野球用ストッキングには3つの種類があり、アンダーソックスやパンツと合わせてさまざまな履き方があるためプレースタイルに合わせた履き方を選択しましょう。
伊吹少尉 | 196 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ssjeter2innyy(イイダ) ssjeter2innyy(イイダ)