Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. ダイエット
  4. >
  5. 8時間ダイエットの効果と...
8時間ダイエットの効果とやり方とは?痩せるために必要な3つのこと!

8時間ダイエットの効果とやり方とは?痩せるために必要な3つのこと!

効果的にダイエットを成功させるために8時間ダイエットのやり方をご紹介します。8時間ダイエットとはアメリカのデイビット氏とピーター氏によって発表されたダイエット方法で、24時間のうち8時間以内なら好きなものを食べられるダイエット方法です。8時間ダイエットの適切なやり方を理解して自身の求める理想の体型を作り上げましょう。

2021.12.16 ダイエット

8時間ダイエットを取り入れて健康的に痩せよう

Hourglass Time Hours - Free photo on Pixabay (86841)

ダイエットというと皆さんはどのようなものを想像しますか?

ランニングや水泳、サイクリングといった有酸素運動を想像する人が多いと思います。もちろん、有酸素運動を取り入れて消費カロリーを増やせば、おのずと脂肪は減少して痩せていきます。

しかし、「8時間ダイエット」と呼ばれるダイエット方法を取り入れることによって、普通の有酸素運動を取り入れるよりも効果的に痩せることができます。理想の体を手に入れるために8時間ダイエットのやり方をきちんとマスターしましょう。

8時間ダイエットとはどんなダイエット方法?

8時間ダイエットとはアメリカのデイビット氏とピーター氏によって発表されたダイエット方法です。簡単に8時間ダイエットを表現すると、1日は24時間ありますが、24時間のうち8時間以内なら好きなものを食べられるダイエット方法となります。

つまり16時間の空腹時間をおけば、残りの8時間の間であれば普段通りの食事を食べてもよいということです。ダイエットといえば食事制限をイメージする人も多いと思いますが、8時間以内であれば制限せずに食べることができるのです。

8時間ダイエットで痩せるメカニズム

Adult Body Close-Up - Free photo on Pixabay (86854)

しかし、8時間の間に好きなものを食べてしまっては、摂取カロリーが増加してしまって痩せない原因につながります。まず、8時間ダイエットは、どのようなメカニズムで、体が痩せていくのでしょうか?


・消費カロリーを自然と抑えられる。
アメリカで行われた研究では、肥満の理由とされる大きな要因は、夜に夜食を食べることだといわれています。夜食を食べることによって、酵素の働きが活発になり、昼間に食べ物を食べる以上に脂質を吸収してしまい、体に脂肪が蓄積してしまい痩せないことが科学的に明らかとなっています。

8時間と食べられる時間を決めることによって、夜食の摂取を避け摂取カロリーを低下させ、脂肪の蓄積を防ぐことができます。


・消化器官を休ませ、体の代謝を向上させることができる。

人の体には、代謝酵素と消化酵素と呼ばれる、2種類の酵素があります。食べ物を食べた時、消化に働く酵素は消化酵素と呼ばれ、老廃物の排出や生命の維持などに使用される酵素を代謝酵素といいます。これらの酵素は一度に1つの酵素しか分泌できないとされています。

そのため、食べ物を食べる時間を8時間に短くすることによって代謝酵素の分泌時間を高め、代謝に使用するカロリーを高めることができ、痩せやすい体をつくることができるとされています。8時間ダイエットは、酵素の働きで痩せやすくなる体をつくることが大切になります。

8時間ダイエットのやり方

それでは、どのようなやり方で8時間ダイエットを行えば効果的に痩せることができるのでしょうか?8時間ダイエットの正しいやり方をマスターできれば、1週間で数キロ痩せることも可能です。

※8時間ダイエットの正しいやり方
8時間ダイエットのやり方にはルールがあります。そのルールに沿って正しい方法で行えば結果がでます。せっかく8時間ダイエットを行ってもやり方が間違っていて痩せないなど、効果ないのは辛いことでので、以下のルールを守って8時間ダイエットを成功させましょう。

☆ルール
①8時間であればいつものように食事を摂取してよい。それ以外の時間は食べ物の施主は禁止(飲み物は可)
②1日に適度に運動を取り入れる
③最後に食事をする時間は、遅くとも20時までに摂取する。
④下記の表から1日あたり2種類を食事に取り入れる。
ナッツ 豆類
ベリー 乳製品
穀物 色の明るい野菜
緑の野菜 卵と肉

8時間ダイエットを成功させるための3つのポイント

Belly Body Clothes - Free photo on Pixabay (86843)

今まで、8時間ダイエットを取り入れた結果、痩せる人・痩せなかった人・むしろ少し体重が増えてしまった人、などさまざま人がいます。その人たちにはどのような違いや理由があったのでしょうか。

8時間ダイエットを成功させるためには、ある3つのことを注意する必要があります。大事なポイントを取り入れずに行うとダイエットの効果ない原因につながり、痩せない理由につながります。

筋肉を落としてのダイエットはいけない

  •        
  •        
  •        
  •       
    
まずは、筋肉を落として体重を落とすことは厳禁です。当然ではありますが、筋肉が減少すれば体重は減少します。しかしながら筋肉が1キロ減少することによって、1日あたりの基礎代謝は20~30キロカロリーほど減少してしまいます。

つまり、筋肉を落とすダイエットは一時的には体重が減りますが、中長期的には痩せない体になってしまうため、8時間ダイエット終了後にリバウンドする可能性を高めてしまうため、効果的ではありません。

1日に30キロカロリーでも1年で考えれば約11000キロカロリーの消費を1キロの筋肉の減少によって失うことになります。

水分補給には要注意

人は、1日の水分摂取量のうち、食べ物からの水分摂取が6割ほど、飲み物からの水分摂取が4割ほどといわれています。学校での授業や会社での仕事をしていると、あっという間に8時間は過ぎていってしまいます。

食べ物からの水分が多く摂取できなかったときは、水やお茶などの飲み物を飲んでしっかりと水分を補給しましょう。脱水症状になると命に危険性を及ぼします。たくさん水分を摂取することによって、1日の16時間の間の空腹も紛らわすことができ代謝も向上することができます。

食事の仕方に気をつける

1日8時間と時間が限られていると、人によっては、8時間の間であれば・・・と考えて暴飲暴食をしてしまうかもしれません。しかし、いくら8時間ダイエットを取り入れても8時間中食べ物を食べ続ければ当然摂取カロリーオーバーとなりダイエットすることができません。

食べる食事の量も普段と変わらず、栄養の取り方にも注意をして食べ物を摂取していくことが大切です。

8時間ダイエットでも筋肉を落とさないように気をつけよう

Sport Push-Up Strength Training - Free photo on Pixabay (86844)

8時間ダイエットを成功させるためには、筋肉を落とさずにダイエットを行うことが大切で、筋肉を落とすことで、痩せない体になってしまうのはNGです。それでは、筋肉を落とさないためにはどのような運動や筋トレを取り入れていけばいのでしょうか?

適度な運動・筋トレを取り入れよう

筋肉を増加させることによって、体の基礎代謝を高めることができます。基礎代謝とは、一日何もせずに寝ているだけでも生命を維持するために必要なカロリーです。筋肉が1キロ増えるだけで何もしなくても1年で11000キロカロリーを消費でき痩せやすくなります。

筋肉を減らさずに逆に増加していくためには、短距離のダッシュなど瞬発系の運動やウエイトトレーニングを行うと効果的に筋肉を増加でき痩せやすい体をつくることができます。ウエイトトレーニングは自身の最大筋力の8割くらいの強度で筋トレを行うと効率よく筋肉を鍛えることができます。

適度な運動がもたらす効果

ダッシュなどの運動は、筋肉の増加に加えて消費カロリーを増加させてくれます。休みながらのダッシュトレーニングでも1時間あたりに換算したら300~400キロカロリーほどのカロリーを消費することができます。

多くのカロリーを消費でき脂肪をたくさん燃焼することができます。ただし、運動のやり過ぎも一時的に免疫機能を低下させ、逆に風邪をひきやすくするため、注意が必要です。例えば、体力低下に伴って、風邪をひいてしまっては、筋トレやダイエットをおこなっても効果が半減してしまいます。ダイエットという観点では、1日あたりの運動量は長くても1時間程度で抑えておくことがポイントです。

筋トレがもたらす効果

Abs Six Pack Chest - Free photo on Pixabay (86851)

筋トレは痩せやすい体をつくるために最適な方法です。まず、筋トレを行うことによって筋肉が増加し、体の基礎代謝を向上でき痩せやすく太りにくい体をつくることができます。その他にも、筋トレ後はアフターバーン効果と呼ばれるものを得ることができます。

アフターバーン効果によって、筋トレは筋トレ最中の消費カロリーは有酸素運動と比べれば、それほど多くないものの、トレーニング後に分解された筋肉の回復のためにカロリーが消費され通常の基礎代謝よりもカロリー消費が増加することが明らかとなっています。

その量は、筋トレ時に消費されたカロリーのおよそ19倍にまで達する可能性があることが分かっています。痩せたい人は筋トレを取り入れましょう。筋トレは筋肉を大きくするのみならず痩せることにもつながりますし、何より健康でいることの前提条件です。

8時間ダイエットでも適切な水分補給を心掛けよう

Aqua Drinking Water Potable - Free photo on Pixabay (86845)

人は、1日あたりの摂取水分量は飲み物よりも食べ物(果物や野菜など)から多くを摂取しています。一日あたり、食べ物が食べられる時間が制限することによって食べ物からの水分補給が減少する恐れがあります。

その分を飲み物からしっかりと水分を摂取していけれるようにしましょう。たくさんの水分摂取は、空腹をまぎらわしてくれます。さらに、体の代謝を高めてくれるため、老廃物の排出をスムーズに行い、痩せやすい体をつくることができます。

人の体の60%は水分でできている

人の体の水分は成人でおよそ60%が水分でできており、お年寄りは50%、赤ちゃんは80%ほどが水分でできています。人体において、水分はかなりの割合で大部分が占められています。

この水分を1%失うだけで運動機能の低下が引き起こされ、5%で強い喉の渇きを感じます。そして、20%の水分を失うと死亡する恐れがあるといわれています。水分は、人の体でかなり重要な役割を果たしています。

1日あたりに必要な水分量は?

Aqua Beverage Clear Close - Free photo on Pixabay (86853)

身体に必要な栄養素は食事摂取基準によって摂取量が決められていますが、水に関して基準値は設定されていません。ヒトが日常的に得る水分というと3つあると考えられます。

①水には口から直接摂取する飲料水
②食事や食べ物の中に含まれる水の摂取される水分
③体内で栄養素がエネルギーになるときに生成される代謝水

これらの摂取される水と代謝される水の総量は1日約2,400mlです。飲料水から約1,000ml、食事から摂取する水は約1,100ml、代謝水は約300ml程となります。

もちろん自身の体型によっても必要な水分量は当然変わってきます。体が大きな人はたくさんの水分が必要になり、体が平均と比べて小さな人は少ない水分量でも大丈夫です。よって、このように、水分摂取は非常に大切であると感がれれます。
必要な水分量/日
男性 2400ml
女性 2000ml

水分はジュースやアルコールでの水分補給はいけない

ただし、ただ水分を摂取すればよいわけではありません。砂糖が含まれるジュースやアルコールが含まれるお酒類での水分補給はやめましょう。例えば、500mlのコーラ1本あたり300キロカロリーほどが含まれています。

当然、カロリーを大量に摂取すれば脂質に代わっていきます。そのため、ジュースで1~2ℓも水分を補給したら摂取カロリーが増えすぎてダイエットも効果なしになってしまいます。また、お酒を飲んでの水分補給は逆効果になります。アルコールには利尿作用があるため、せっかく摂取した水分もアルコールの影響で排出されてしまいます。

そのため1日に必要な2400mlのうち、20%〜30%は食事から摂取して、残りの70%を飲み物(可能であれば水)から摂取することが大切です。(米国の研究データより)

8時間ダイエットの食事のポイントとは?

Asparagus Steak Veal - Free photo on Pixabay (86846)

8時間ダイエットを成功させるためには食事のとり方にも注意をする必要があります。当然ではありますが、脂っこい食べ物を8時間内に大量に摂取すれば摂取カロリーオーバーで脂肪が増えていきます。

食べ物を食べてよい8時間内の食べ方もバランスの良い食事を心掛けて筋肉を落とさないように、たんぱく質を多めに摂取することが大切です。また、脂質はカロリーが多いため摂取控えるようにしましょう。好きなものばかり食べていてはいけません。

栄養のバランスを考えて食事を摂取しよう

栄養素には、たんぱく質・脂質・炭水化物・ビタミン・無機質の5大栄養素と呼ばれるものがあります。油っこい食べ物ばかり食べていては、脂質を大量に摂取してしまいカロリーオーバーになってしまいます。

また、無機質やたんぱく質の摂取をおこたると体の成長の妨げになります。8時間ダイエットを行うときもこの栄養のバランスに気をつけて食事をとるように気をつけましょう!

筋肉の維持にたんぱく質はとても重要

Steak Meat Beef - Free photo on Pixabay (86852)

筋肉の増加を目標とする人は1日あたり体重の2倍のたんぱく質が必要になります。例えば体重が65キロの成人の場合1日の必要なたんぱく質の量は、130gになります。筋肉の維持、増加には多くのたんぱく質が必要になるため、考えながら摂取できるようにしましょう。

痩せたいと思って、食べ物を制限しすぎると、筋肉量が減って逆に太りやすい体になりますよ。

たんぱく質が多く脂質が少ない食品

8時間ダイエットの時間内に摂取する食事も大事になってくることはお分かりいただけたと思います。8時間のうちに摂取する食事もたんぱく質が多く脂質が少ない食事を摂取することが大切となります。脂質が少なく、たんぱく質が豊富な食品として以下のものがあります。
食物 タンパク質の量
鳥のささみ 25g/100g中
鳥の胸肉 25g/100g中
マグロ 23g/100g中
するめ 49g/100g中
大豆 34g/100g中

8時間ダイエットで自分自身が求める身体を手に入れよう!

Belly Body Calories - Free photo on Pixabay (86849)

8時間ダイエットでは、痩せていくためには様々な根拠や理由があり、痩せていく理由やメアニズムをしっかりと理解して、取り入れていくことが大切です。8時間ダイエットは、正しいやり方で行えば間違えなく体重は減少してダイエット効果があらわれます。

8時間ダイエットを取り入れて、ダイエット成功に必要な3つのことをしっかりと守ってダイエットに取り組み、自分が求める理想的な体を手に入れられるように努力をしていきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。