Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 釣り
  4. >
  5. ランディングネットおすす...
ランディングネットおすすめ15選!選び方のポイントを理解しよう

ランディングネットおすすめ15選!選び方のポイントを理解しよう

ランディングネットは釣りをする上で一つは持っておきたいです。自分の釣りに合っているおすすめのものを選ぶのは難しいですし、持っていなければシーバスなどの大物を取り込めないなんてこともあり得ます。そういった場面を避けるため、ランディングネットのおすすめの選び方を詳しく解説します。

2021.12.16 釣り

ランディングネットに必要なものとは?

ランディングネットとは、釣れた魚をすくって取り込むための網です。

タモや玉網とも呼ばれ、高さのある釣り場や大物がヒットして、竿で抜きあげることが難しい際に使用します。とくにシーバスなどの大型魚をキャッチするためには必須のアイテムです。

ネットの素材

@kazuya208 on Instagram: “昨夜メバリング開始早々にHit❗ 水深2m位のボトムをチョンチョン… 「コンッ!」って言うバイトを 1.5lbラインとロッドで耐えて耐えて 水面まで上がって来たはいいケド どうしよう😱💧 タモ網持ってない(汗) 周りを見る👀… 隣におじさんおるケド  ちょっと距離ある⤵…” (67452)

ネットの素材はナイロンタイプとラバータイプの2種類あります。

ナイロンタイプのネットは、フックがネットに刺さるなど不便な点もありますが、ラバータイプは刺さることが少ないです。
またラバータイプは魚を傷つけにくいというメリットもありますのでおすすめします。

ネットの大きさ

ネットは大きい方が安心です。大きなネットは深さがあるので、枠の口径よりも大きい魚が入ります。ランディングネットを購入したら付属ネットが小さい場合があるので、ネット部分だけ別売りのものに交換するのがおすすめです。

ランディングシャフトの長さ

タックル・ビー on Instagram: “がま磯のタモ網・・・定価7万円って(゚A゚;)魚掬えませんよっ(笑)使いたくないわぁ~(笑)掬いやすいでしょうねっきっと#がまかつ#タモ網#磯釣具#タモ” (67450)

タモの柄の長さは、普段いく釣り場に合わせるのがおすすめです。タモの柄が足場から水面まで余裕を持って届く長さを選びましょう。

ネット部分を含めての全長で水面に届く場合だと、届いたとしても魚をうまくキャッチできない事があるので注意が必要です。

フィールドに合わせたランディングネットの違い

トラウトやシーバスなど狙う魚や、行く釣り場によって必要となるランディングネットの要素は変わってきます。せっかく釣った大物をしっかり取りこむためにも、それぞれ狙う魚や釣り場に応じたランディングネットの選ぶポイントについて解説しましょう。

渓流でのトラウト釣り用ランディングネット

Yoshimasa Onodera on Instagram: “2年越しの完成(笑笑) 2作目にしては上出来だと思ってます👍  既に3作目への反省点もあるのですが 仕事も盛り沢山と言う訳で…  でも、出張前にリフレッシュしに行かねば〜〜 #北海道釣り #トラウトルアーフィッシング #ハンドメイド #ランディングネット…” (67446)

渓流での釣りでは枠のサイズが30cmで、柄の長さが短いランディングネットがおすすめです。

トラウトなど渓流の釣りではウェーディングして釣ることも多いので利便性を重視します。携帯性の高いコンパクトなタイプのランディングネットですとなおよいでしょう。

河川でのバス釣り用ランディングネット

BASSHACK バスハック on Instagram: “フゥー!ターズ!入魂! . 会長ありがトゥー! . #ランディングネット #タモ #フーターズ #hooters #バックラッシュ #バス釣り #バスフィッシング #琵琶湖 #bass #バスハック #basshack #ユーチューブ #ユーチューバー #youtube…” (67447)

バス釣りではポイントまでの道のりが激しいので、ランガンスタイルなど携帯性も重視する必要があります。
そのため大きくて折りたためるランディングネットや、取り付けるためのカラビナやストラップがついたものがおすすめです。

またランガンスタイルでは、受け口が広く折りたたみ式でズーム付きのランディングネットをとくにおすすめします。

シーバスなどの海釣り用ランディングネット

@haru._stagram on Instagram: “フレームをひょうたん型に変えました。#タモ #釣り#ルアー #シーバス #千葉#千葉県#フィッシング #ランガン” (67448)

シーバス釣りでは高さのある堤防や、足場が悪い位置からの取り込みが必要な場面がある磯などで釣りをすることが多いです。

受け口が広く、ズーム機能がついた振り出し式のランディングネットをおすすめします。
シーバス狙いであれば最低でも3m伸びるものを選びましょう。

渓流でのトラウト釣り用おすすめランディングネット

プロックス ラバーランディングネット

 (69483)

枠サイズ(cm) (外径)37.8×31 (内径)37×29.5
全長(cm) 56
自重(g) 260
プロックスから販売されているランディングネット。

魚を傷つけず優しく守り、熱がこもりにくいクリアラバーランディングネットを搭載し、ルアーがネットにからみにくくなる設計のため手返し抜群です。

軽量なアルミ枠を採用していて、EVA素材のグリップは取外し可能となっています。さらにゴム付ナスカンで腰に装着したまま魚をすくうことが可能です。
おすすめポイント
特筆すべきはルアーがネットにからまないので、ランディングが楽でフックをはずす時もスムーズな点です。ルアーがネットに絡んだままだとフックすら取れないこともありますが、ラバーランディングネットは針を外す際もトラブルがありません。

ネットがフニャフニャじゃないので、魚に絡みつかずにそのまま水の中に入れてあげれば勝手に魚が出ていきます。

スミス ラバーネット

 (69484)

枠サイズ(cm) (外径)30 (内径)36
全長(cm) 55
自重(g) 240
  •        
  •        
  •        
  •       
    
スミスから販売されているランディングネット。

タモ網の柄が短い分、足場の高い場所には不向きですがハンドランディングで手間取ることもなくサッとすくえてしまうのでキャッチ率は確実に上がります。

また背中や腰の辺りにぶら下げても疲れない設計で、ハンドランディングのようにルアーのフックを手に刺す危険性もないので安心です。
おすすめポイント
なんといっても抜群の軽さが大きな魅力です。コルクグリップタイプもありこちらはEVAグリップタイプと比べてさらに軽くなっています。

グリップエンドはD環が付いておりベルトループやベストのDリングなどに接続可能です。D環はグリップに内蔵された伸縮式のゴム紐と繋がっており、伸びて楽に魚をキャッチできる位置までネットを持って行けるのでピンオンリールなどを買わずに済みます。

ダイワ ワンタッチ渓流ダモ

 (69485)

枠サイズ(cm) 30
自重(g) 約200
ダイワから販売されているランディングネット。

コンパクトに収納できる折りたたみ式で縦横無尽に移動する渓流釣りでは携帯するのに便利です。
ネットの素材は2mm目ナイロンマルチフィラメントを使用しています。

ランディングネット自体に転落防止コードを取り付ける場所がないため、取り付けるためのものが付属しているコードを別で用意することが必要です。
おすすめポイント
特筆すべきはベルトや腰巻きタイプのライフジャケットを通して腰に取り付けるダイワのロゴ入り専用バッグが付属していることです。

フレームには釣り糸に優しいナイロンカバーが施されているダイワのイチオシ。コンパクトに収納できて、取り出しが簡単で移動時の負担にならない点がおすすめです。

パームス SVリリースネット

 (69486)

枠サイズ(cm) (縦内径)38 (横内径)24
全長(cm) 55
パームスから販売されているランディングネット。ランディングしたトラウトの表皮のダメージを軽減できるラバーコーティング仕様のランディングネットです。

ウッドハンドルと4層のフレームにも関わらずランディングネットとしては軽量で、渓流での遡行にも負担にならず容易に利き手以外で操作できます。

適度な硬さとしなやかさも兼ね備えたラバーはトラウトを上手く落ち着かせることが可能です。
おすすめポイント
一番の特徴は操作性に優れたグリップです。価格が物語る高級感や、魚体に優しいタイプのネットでルアーのフックも絡まりにくく、何よりも持った時の軽さには驚くものがあります。

フレームやグリップの素材には耐久性に優れ、家具にも使われる高級木材を使用しているのでランディングネットを妥協したくない方におすすめです。

バレーヒル ラバーコーティングネット

 (69488)

枠サイズ(cm) 32
全長(cm) 65
バレーヒルから販売されているランディングネット。

ラバーをコーティングすることでラバー量を大幅に削減し、軽量化に成功した魚に優しいウッドフレームのラバーコーティングネットです。

ネットが柔らかいことでルアーのフックがネットに絡まる事を防止し、落下防止コードを取り付ける場所もあるので持ち運びに便利でコストパフォーマンスも優れています。

おすすめポイント

特筆したいことは軽い上に水はけが良く、乾きやすいです。

乾きやすいことで氷点下近くでも凍りにくいですし、網目が適度に細かく魚のヒレを傷つけません。
ラバー加工されているのでネットにフックが刺さりにくく、刺さっても抜きやすいです。

また価格もそれほど高いものではないのでウッドフレームで安価のランディングネットをお探しの方におすすめします。

河川でのバス釣り用おすすめランディングネット

マグバイト ディッパー

 (67396)

枠サイズ(cm) 30
全長(cm) 180
マグバイトから販売されているランディングネット。

コンパクトサイズのタモの柄や片手で開閉可能なジョイントなど機動力が必要となるランガンでの釣行のために設計されています。

移動時のストレス軽減はもちろん、足場の悪い釣り場でも快適に魚を取り込めます。
またラバーコーティングネット搭載で、フックが引っ掛かりにくいので魚にダメージを与えにくい仕様です。

おすすめポイント

ソルトからフレッシュ問わず、ランガンゲームに最適なランディングネットで使い手の快適性を追求しました。

特徴としては片手でワンタッチ開閉できるジョイントと、フックトラブルの少ないラバーコーティングネットで魚を確保する際のスムーズな動作です。

またコンパクトな設計とワンタッチ着脱できるカラビナが携帯性をアップさせ、持ち運びをより快適にしました。

プロマリン ランガンランディングセット

 (69491)

全長(cm) 300
自重(g) 376
プロマリンから販売されているランディングネット。
アルミ枠とラバーコーティングネットがセットになった玉網セットです。

全長が3mあるので、ランガンゲームにおいて長さが足りなくなることはまずない余裕のある長さになっています。

ただし、携行用ホルダーや固定道具、肩掛けベルトなどは付いていないため、別途用意する必要があるので注意しましょう。

おすすめポイント

デザインがスタイリッシュに制作されており、万人受けする玉網となっています。

全長3mと長く伸ばすことができるのにもかかわらず、しまった際のサイズは40cmとまさにランガン専用のランディングネットです。

価格も安価でルアーのフックが引っ掛かりにくく、魚を傷つけにくいラバーコーティングネットが付属しているのでコストパフォーマンスも抜群となっています。

プロトラスト リアル MX ランガンアーム

 (67406)

枠サイズ(cm) 45
全長(cm) 330
自重(g) 430
プロトラストから販売されているランディングネット。

タモ網とシャフトに連結させる部分が栓のような形になっているため、多少の衝撃でも勝手にタモ網が伸びるといったトラブルを防げます。

価格も比較的安価ですがネット部分がナイロン素材でできているため、ラバー素材と比べて魚への負担が心配されますので注意が必要です。

おすすめポイント

仕舞寸法が43cmと小継で持ち運びにとっても便利で、肩に掛けるためのベルトが付属しており持ち運びjが楽なランディングネットです。

デザインも悪くなく、使い勝手もよく、全長3mの玉網にしては大きめのネット枠になっているので不意にかかった大物に対応ができる点をおすすめします。

テイルウォーク ナマゾンネット

 (69492)

枠サイズ(cm) 65×35
全長(cm) 300
自重(g) 450
テイルウォークから販売されているランディングネット。名前の通りナマズを主な対象としたランディングネットで、もちろんバス釣りなどのランガンゲームにおいても問題なく扱えます。

ラバーネットと大型フレームによりビッグワンの取り込みも楽にできますし、シンプルなデザインとなっているのでロッドと統一感を出すことが可能です。

おすすめポイント

枠サイズが65cmのラバーコーティングネットを使用しているので、ナマズのみならず雷魚など、あらゆるビッグワンに対応するネットになっています。

自重はやや重い分、強度が高くなっているのも嬉しい特徴です。

ランガンにおいて、足場の高い場所からのアプローチとランディングには必須級のタモ網となります。

ジャクソン スーパートリックスターネット

 (69493)

枠サイズ(cm) 36×30
全長(cm) 380
自重(g) 581
ジャクソンから販売されているランディングネット。

バス釣りでは極限までラインを細くして挑むハイプレッシャーフィールドや、水面まで届かない高所からのアプローチ、ガレ場や急斜面等の足場が不安定な場所などでも釣りをすることがあります。

そんなランディングが難しい状況においても強度に優れ、持ち手が滑りにくく確実なホールドする仕様でアシストするバス釣りに特化したランディングネットです。

おすすめポイント

シャフトとネットをつなぐ部分をカーボン素材で補強すると同時にオリジナルのヘッドキャップを採用し、仕舞った際のゆるみを軽減しています。

また前のモデルでは肩掛けベルトだったものをカラビナ付きのホルダーに変更することで、やぶ漕ぎなどバス釣りでありがちのランガンゲームに完全対応しているので、ランガンを頻繁にされる方におすすめです。

シーバスなどの海釣り用おすすめランディングネット

オージーケー 磯玉の柄 厳TGセット

 (69494)

枠サイズ(cm) 50
全長(cm) 550
自重(g) 729
オージーケーから販売されているランディングネット。
カーボン素材のシャフトと網付きステンレス枠のセットとなったランディングネットです。

シャフトは硬さと強度を兼ね揃えたハードタイプのシャフトで、軽量ステンレス枠はオールマイティなラウンド形状でコンパクトに折りたたみ可能な4つ折り仕様になっています。

しかし仕舞い寸法が長いため、持ち運びはあまりよくないので注意が必要です。

おすすめポイント

比較的安いですがシャフトがハードタイプなので、他の安いランディングネットにありがちなダルさが感じられず、強度においてもまったく心配のない仕上がりなのでシーバスに対して安心して使えます。

また網は枠にセットされているため袋から出してすぐ使用可能なので、シーバス狙いの方が選ぶ初めの1本としておすすめです。

プロックス オールインワンソルト

 (69495)

枠サイズ(cm) 52×65
全長(cm) 500
自重(g) 1050
プロックスから販売されているランディングネット。
オーバル型のアルミ枠と軽量で魚に優しい深さ45cmのラバーコートネットを搭載しています。

収納時の折りたたみ状態からから素早くランディングに切替可能なジョイントと持ち運びに便利なホルダーを標準装備しました。

これ一本で収納状態からから素早くランディングへと体感できます。

おすすめポイント

特徴としてはこの価格帯で付属することのないジョイントが付属している点です。

ジョイントのおかげで折りたたみ状態であらゆるところにランガンできるので、シーバスなどを釣るチャンスを増やすことにつながります。

またコンパクトで全長も長くなっていますが、網も非常に大きいのでシーバスなど大型魚が狙えるポイントでは安心してランディングが可能です。

アルファタックル ランディングギア

 (69496)

枠サイズ(cm) 55
全長(cm) 550
自重(g) 834
アルファタックルから販売されているランディングネット。仕舞寸法が55cmと短いシャフトとシーバスなど大型魚でも簡単に入れられるティアドロップ型ネットが付いています。

折りたたみが可能になるアルミジョイントや、ベルトハンガーによってライフジャケットなどに引っ掻けることが可能です。

おすすめポイント

比較的低価格帯ながら、ジョイントとベルトハンガーが付属しているためそれぞれ別に買わなくても良い点が魅力です。

自重も高価格帯とあまり変わらない軽さとなっているので、シーバス狙いのランガンゲームにはぴったりとなっています​。

タカミヤ H.B concept ラストウィニング ランガンシャフト

 (69497)

全長(cm) 595
自重(g) 624
タカミヤから販売されているランディングネット。持ち運びや収納に便利な小継型の玉網で、持ち手には濡れた手でも滑りにくいラバーグリップがついています。

エンドキャップには振出がスムーズになるよう大口径のエア抜き穴を採用しました。
丸型フレームはシーバスも取り込めるほどの強度と対応力で釣り人をフィールドに合わせて強力にサポートします。

おすすめポイント

使い勝手の良さや見た目の良さから愛用者が多く、価格も安いため手軽に買うことができます。

シーバスを狙うメインフィールドがテトラや堤防であればまず問題ありません。長さが6mあることや、釣りに行く場所の高さをあらかじめ把握していれば安心して使用できます。

メジャークラフト ファーストキャスト ランディングセット

 (69499)

枠サイズ(cm) 55×47
全長(cm) 600
メジャークラフトから販売されているランディングネット。いつ喰らい付くのか分からない大物を取り逃がすわけにはいかない堤防でシーバスを狙うルアーゲームにおいて、ランディングネットは必需品となります。

持ち運びが便利な4つ折り式のタモ枠がセットになっているのでシーバス狙いのランガンゲームにおいてこのランディングネットはぴったりです。

おすすめポイント

シーバスなど体長がある魚をランディングするのに適した涙型フレームにナイロン手すき網を標準装備し、強度を考慮したパイプ径の本格派アルミフレームとなっています。

ショルダーベルトやジョイントは付属していない分、自重は軽くしつつもシャフトの強度を上げることで、目いっぱい伸ばしても思った通りに操作できます。

確実に魚を釣りあげるためのランディングネット

ランディングネットはダイワなどさまざまなメーカーから販売され、種類も多種多様となっていますが決してどれでもよいというわけではありません。

シャフトの長さやサイズ、ネットの深さなどの要素を必要に応じて選択する必要があります。

ネットが大きすぎて重いことや柄が短くてランディングしにくい、タモ網に入りきれないようなサイズのシーバスが掛かってしまうなど、不満を抱えながらですと快適に釣りができません。

狙う魚、それを狙う場所に合わせて、自分の釣りにあったネットを選びましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。