2020年1月25日 更新

サイドハーフの役割とは?動き方やコツ【サッカーポジション】

サッカーには様々なポジションがありますが、ハーフと言われるのは、チームの真ん中で攻撃も、守備も行う選手です。そのハーフの中でも、サイドにポジションを置いて、タッチラインに近い位置で仕事をするサイドハーフについて考えてみます。

73,587 view お気に入り 0

サッカーのサイドハーフとは?

Instagram (12951)

サッカーのサイドハーフとは、ハーフの中でも、タッチラインに近い位置を自分のポジションとして、ライン際で勝負することが多い選手の事です。
サッカーでサイドハーフの役割とは、攻撃の時のポジションはサイドに張り、ボールを受ければ自分でドリブル突破を図って攻撃の局面を打開したり、逆サイドの時には、中に絞って得点を狙います。
また、サッカーのサイドハーフ役割とは守備も前線からパスコースを切るための動き方をして、ディフェンスラインの選手が楽に守備をすることができるようにすることが求められます。

サイドハーフの役割とは?

Instagram (12784)

サッカーのサイドハーフの役割となってくるのは、ピッチの真ん中の密集地帯ではなく、サイドの比較的マークの少ない位置でボールを持つことで、攻撃の起点を作ったり、自分の力でサイドから割っていくことで相手の守備陣を崩していくことが大きな役割となっています。
サッカーにおけるサイド攻撃の起点となるとともに、自らシュートを打ったり、逆サイドからのセンタリングに合わせる必要も出てきます。
また、サッカーにおけるディフェンスの役割で必要なことは、相手の攻撃を遅らせることです。
サッカーのサイドハーフにおける守備では、パスコースを切ったり、ドリブルを止めることで、後ろの選手が守りやすくすることが必要になります。

サイドハーフの役割①

攻撃におけるコツ

Instagram (12952)

サッカーで攻撃におけるサイドハーフの役割は、サイドを打開して一人でチャンスを作ったり、サイドでボールを受けることによって溜めを作り、攻撃のリズムを生み出していくのが、サッカーのサイドハーフの攻撃のコツであり、役割の一つになってきます。
サッカーにおけるサイドハーフには、パスももちろん、ドリブルで相手を抜く力があれば、尚更効果的となってきます。
サッカーでは、サイドを突破することができれば、チャンスが広がるためです。
サッカーにおけるサイドハーフの攻撃の役割、コツとしては、味方を使って上手に攻めることと、味方をおとりにして自分で仕掛けていくことを上手く使い分けることであります。

サイドハーフの役割②

守備におけるコツ

Instagram (13055)

サッカーのサイドハーフの守備における役割、コツとは、ボールを奪い取ることができなくても、パスコースを消して、相手の攻撃を送らせたり、パスコースを限定することで後ろの味方選手がボールをとりやすくするのがサッカーにおけるサイドハーフの守備のコツとなります。
サイドハーフの守備における役割、コツはいかにして運動量を増やすことができるかになってきます。
サッカーでサイドハーフが守備をするということは、チームにとって大きな安定感をもたらすことになってきます。
サッカーのサイドハーフでは、チームに貢献できる守備をするコツは後ろの選手の指示を良く聞くことになります。

サイドハーフに求められる動き方

Instagram (12690)

サッカーのサイドハーフに求められる動き方は、運動量が必要になってくるものです。
サッカーにおけるサイドハーフはポジション的に運動量が必要になりますが、流れを掴むことで、走るスピードの変化やタイミングの取り方を覚えて行くことができます。
サッカーのサイドハーフは特に上下への運動量が多くなり、スピードも必要になるポジションになります。
サッカーでサイドハーフとは言っても、当然、ピッチの中央にも入っていくポジションですから、様々な技術が必要になってくるのです。

サイドハーフの動き方①

上下の動き方

Instagram (13388)

サッカーのサイドハーフは、ピッチのまん中よりも、両サイドを基本とするポジショニングになってきます。
ですから、上下の動きが多くなってくるのです。
サイドハーフの攻撃の時には、広大なスペースを利用できる場合もありますし、片側をピッチに仕切られた狭い場所で勝負することもでてきますので、様々な状況で駆け引きをする力が必要になってきます。
サイドハーフの動き方を考えると体力が必要になりますが、ポジションニングのコツを知れば、上手く休みながら勝負することができます。

サイドハーフの動き方②

中に入っていく動き方

Instagram (13056)

サッカーのサイドハーフは基本的にピッチの両サイドで仕事をすることが多いですが、自分の逆サイドにボールがある時には、中に絞るようなポジションを取ることで、中の攻撃の厚みを増すことにつながりますので、中に入り込んでいく動きも必要になってきます。
サッカーのサイドハーフでは、中に入っていくことで、サイド攻撃の時のセンターの厚みを増すことができますし、サイドバックが上がるためのスペースを作り出すことにもつながってきます。
ですから、サッカーではサイドハーフとは言っても、ピッチ中央に近い位置でプレーすることも多くなり、周りとの関係性が重要になってくるのです。
51 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーボランチの役割とは?ポジション別の動き方を理解しよう!

サッカーボランチの役割とは?ポジション別の動き方を理解しよう!

サッカーのボランチは、中盤で攻撃の起点となり攻撃を組み立てる役割と相手選手からボールを奪うディフェンス面での活躍も求められます。サッカーのボランチは、チームの中心位置にポジショニングして広い視野を保ち、的確な判断でゲームコントロールするためコーチング能力や強いメンタルも必要です。
サッカーのアシストの定義とは?ゴールに関わるパスを詳しく知ろう

サッカーのアシストの定義とは?ゴールに関わるパスを詳しく知ろう

サッカーのアシストは、世界で統一された公式規則がないためリーグや大会で定義が違い、Jリーグでは公式に記録も表彰もしていませんが、プレミアリーグやリーグ・アンでは公式に記録し表彰しています。サッカーのアシストは、プレミアリーグが採用しているOpta社の定義が基準になり参考にされています。
元Jリーガーの現在とは?セカンドキャリアについて考察してみた!

元Jリーガーの現在とは?セカンドキャリアについて考察してみた!

元Jリーガーのセカンドキャリアは、タレントに転身する人やサッカー指導者になる人とさまざまです。特に日本酒を世界に発信する会社を設立した中田英寿氏やバラエティ番組にひっぱりだこの武田修宏氏の活躍が目覚ましいです。会社員に転身した元Jリーガーも多く、あらゆる分野で第2の人生を歩んでいます。
サッカーの試合中に死亡や事故となってしまったケースとは?

サッカーの試合中に死亡や事故となってしまったケースとは?

サッカーの試合中に死亡や事故となってしまったケースには、心臓病・選手同士の交錯・ボールの直撃・壁や用具の激突・パフォーマンスの失敗・落雷事故があります。観客も、サポーターの暴動・運営や施設の問題で事故になってしまったケースがありました。サッカーの試合中の死亡や事故を防ぐ対策は年々強化されています。
アッレグリ戦術とは?マッシミリアーノ・アッレグリ監督の戦術を解説!

アッレグリ戦術とは?マッシミリアーノ・アッレグリ監督の戦術を解説!

アッレグリ戦術とは、世界的に有名なマッシミリアーノ・アッレグリ監督が考案した、選手の個性を充分に活かすためのサッカー戦術です。アッレグリの名を轟かせるきっかけとなった変則フォーメーションや、クロスボール戦術をはじめとした具体的な方法を、実践例と併せて解説します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

camarade20042000 camarade20042000