2020年1月25日 更新

サイドハーフの役割とは?動き方やコツ【サッカーポジション】

サッカーには様々なポジションがありますが、ハーフと言われるのは、チームの真ん中で攻撃も、守備も行う選手です。そのハーフの中でも、サイドにポジションを置いて、タッチラインに近い位置で仕事をするサイドハーフについて考えてみます。

73,756 view お気に入り 0

サイドハーフの動き方③

大胆なポジションチェンジ

サッカーでは、サイドハーフだからといって、自分の決められたサイドにずっといては、チームの攻撃が滞ることも考えられます。
サッカーで攻撃に厚みを持たせたり、変化をもたらすには、左右のサイドハーフが思い切ってポジションチェンジをしたり、流れの中で近づくことで相手の守備を崩すことに繋がってくるのです。
サッカーにおけるサイドハーフの動き方としては、時に左右の選手でポジションチェンジをすることが攻撃に厚みを持たせるためのコツになってきます。
このような動き方をすることで相手マークを混乱させて、得点チャンスを作り出せるからです。

サイドハーフの動き方④

得点チャンスの演出

Instagram (13561)

サッカーのサイドハーフの動き方としては、得点チャンスを作り出すということも挙げられます。
サッカーでは、得点チャンスはどのポジションでも生み出すことができますし、そのための全員の動き方が重要になってきますが、サッカーにおけるサイドハーフはその中でも、自分の力量でサイドを打開して、大きな得点チャンスを演出する動き方が可能になってくるポジションです。
そのためのコツとしては、チームとの連動をしながらも、時に自分の力のみで状況を変えれる力と目を持っていることが大事になってきます。

サイドハーフのポジションとは

Instagram (13562)

サッカーのサイドハーフのポジションとは、チームの攻撃のリズムを作る役割があります。
サッカーにおけるサイドハーフのポジションは、1対1をしやすいポジションですから、仕掛けることで、チームに勢いをつけることもできます。
サッカーではサイドを突破することで、攻撃のバリエーションを付けることもできますし、中を手薄にすることで、得点機を生み出します。
サッカーのサイドハーフのポジションというのは、チームにとって、攻撃の起点となることができる重症なポジションであると言えます。

サイドハーフの魅力

サッカーにおけるサイドハーフというポジションにある魅力は、自由なプレーをする機会があるということです。
もちろん、サッカーにおいては、各ポジションで自分の考えやその時々の状況に応じた動き方をすることが重要ですし、決まりきった型というのはありません。
しかし、サッカーにはある程度の決まり事があったり、確実にボールを繋がなければいけないことも多いものです。
しかし、サッカーにおけるサイドハーフの高い位置でボールを受けた時には、自分の力で突破を図って状況を打開する動き方も重要になってくるので、個人の力を前面に出すチャンスがあるのサイドハーフは魅力のあるポジションとも言えます。

サイドハーフの有名選手と言えば?

サッカーのサイドハーフには、攻撃の好きな選手が揃っているものです。ドリブルが好きな選手やテクニックがある選手が多いので、どの選手も見ているだけでコツや動き方を参考にできるような選手ばかりです。

攻撃のスイッチを入れることができるのが、サッカーのサイドハーフというポジションですので、自分の能力で状況を打開するチャンスが多い役割とも言えます。サッカーでサイドハーフをこなそうと思うのであれば、多くの選手の動きなどを見ることも上手くなるコツとも言えるのです。

サイドハーフの有名選手①

クリスティアーノ・ロナウド

Instagram (13204)

サッカー界の超一流プレーヤーであるクリスティアーノ・ロナウドは攻撃面において、どのような役割もこなすことができる選手です。
ドリブルで仕掛けることはできますし、シュートも確実に決めることができます。
また、サッカーのサイドハーフの動き方で参考になってくるのは、動き出しの瞬間になってきます。
味方と相手のポジションを判断して、一気に自分の欲しい場所に動き出すことで、マークを振り切ってゴールを奪うコツを掴んでいるのは、練習と経験によるものと思われます。

サイドハーフの有名選手②

ロッベン

Instagram (13219)

ロッベンはサッカーオランダ代表のサイドハーフで世界的にも有名な選手ですが、この選手は圧倒的なスピードと左足のシュートを武器にずっとトップでわたり合っています。
サッカーにおけるスピードは、その選手にしかないものでもありますが、それだけでは止められてしまうものです。
しかし、この選手は、それを見越した上で駆け引きをしています。
サッカーにおける駆け引きによる動き方のコツというのは、自分で何度も仕掛けてみることで相手選手との間合いや考えを知ってそのタイミングを掴んでいくことです。

サイドハーフの有名選手③

乾 貴士

Instagram (13389)

51 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーボランチの役割とは?ポジション別の動き方を理解しよう!

サッカーボランチの役割とは?ポジション別の動き方を理解しよう!

サッカーのボランチは、中盤で攻撃の起点となり攻撃を組み立てる役割と相手選手からボールを奪うディフェンス面での活躍も求められます。サッカーのボランチは、チームの中心位置にポジショニングして広い視野を保ち、的確な判断でゲームコントロールするためコーチング能力や強いメンタルも必要です。
サッカーの監督の年収はどのくらい?海外リーグやJリーグ・高校サッカーの給与事情

サッカーの監督の年収はどのくらい?海外リーグやJリーグ・高校サッカーの給与事情

サッカーの監督の年収は所属するリーグやカテゴリーによって開きがあります。海外リーグの監督は12~28億円、J1リーグの監督は2億~数千万円と国内と国外でかなりの差があります。学校関係の監督の年収は教員であることが多いため300~500万円と教員としてのお給料がほとんどであることが多いです。
サッカーのアシストの定義とは?ゴールに関わるパスを詳しく知ろう

サッカーのアシストの定義とは?ゴールに関わるパスを詳しく知ろう

サッカーのアシストは、世界で統一された公式規則がないためリーグや大会で定義が違い、Jリーグでは公式に記録も表彰もしていませんが、プレミアリーグやリーグ・アンでは公式に記録し表彰しています。サッカーのアシストは、プレミアリーグが採用しているOpta社の定義が基準になり参考にされています。
元Jリーガーの現在とは?セカンドキャリアについて考察してみた!

元Jリーガーの現在とは?セカンドキャリアについて考察してみた!

元Jリーガーのセカンドキャリアは、タレントに転身する人やサッカー指導者になる人とさまざまです。特に日本酒を世界に発信する会社を設立した中田英寿氏やバラエティ番組にひっぱりだこの武田修宏氏の活躍が目覚ましいです。会社員に転身した元Jリーガーも多く、あらゆる分野で第2の人生を歩んでいます。
サッカーの試合中に死亡や事故となってしまったケースとは?

サッカーの試合中に死亡や事故となってしまったケースとは?

サッカーの試合中に死亡や事故となってしまったケースには、心臓病・選手同士の交錯・ボールの直撃・壁や用具の激突・パフォーマンスの失敗・落雷事故があります。観客も、サポーターの暴動・運営や施設の問題で事故になってしまったケースがありました。サッカーの試合中の死亡や事故を防ぐ対策は年々強化されています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

camarade20042000 camarade20042000