Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. ボレーシュートとは?誰で...
ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは浮いたボールをシュートをすること全般を指します。ボレーシュートは、足の蹴る位置によって5種類に分類され、状況によってを使い分ける必要があります。ボレーシュートには、5種類のシュートに効果のある4つのコツと身につけるために使われる2つの練習方法があります。

2021.12.16 サッカー

ボレーシュートとは?

塚越bot on Instagram: “#ディバラ #ボレーシュート” (114343)

サッカーのボレーシュートとは浮いたボールをシュートをすることを指します。

ボレー(Volley)は英語で一斉に発射する、浴びせるという意味を持ちます。

ボレーシュートも射撃のように空中にあるボールをゴールに向かってシュートを浴びせる様子から、ボレーシュートという名前がついています。ボレーシュートを省略してボレーと呼ぶことも多く、ボレーキックと呼ぶこともあります。

ボレーシュートの種類

サッカーのボレーシュートは足に当てる場所やボールの状況によって5種類に分けることができます。

インサイドボレー

中田英寿 ブラジル代表カフーと超長距離ワンツーからスーパーボレー

足の内側でボールをとらえるボレーシュートをインサイドボレーと呼びます。

インサイドボレーは足の内側で面をつくることで、ミートがしやすいことが特徴です。確実性が高くシュートをゴールの枠内に入れることができるのがインサイドボレーです。

インサイドボレーは、狙った場所にボールを届けるという意味で優れていますので、パスにも応用が利きます。
インサイドボレーの技術を習得していてば、浮き球を扱うパスも上手くなります。

アウトサイドボレー

2014ブラジルW杯 コロンビア対ウルグアイ ゴール

アウトサイドボレーは、足の外側でボールをとらえるボレーシュートのことです。

アウトサイドボレーの特徴はボールに回転をかけやすく、ゴールの上からドライブがかかって落ちてくる軌道になりやすいことです。

ペナルティーエリア外からボレーシュートを狙うには、ゴールキーパーの手が届かない軌道を描く必要があり、アウトサイドボレーは距離がある場所からでボレーシュートを狙うときに効果的です。

インステップボレー

  •        
  •        
  •        
  •       
    

アジアカップ2011 日本VSオーストラリア

インステップボレーは足の甲でボールを捉えるボレーシュートのことです。
インステップボレーは、もっともボレーシュートの中で使用される頻度が高いシュートです。

インステップボレーは、強烈なシュートも回転をかけたシュートも蹴ることができますので、使い方の幅が広くボレーシュートの基本となる形となります。

身体の横から来るボールをインステップボレーで合わせるためには、身体を倒すことを意識すると足の振りが上方向から叩くかたちになるので、シュートが上に打ちあがらず枠に飛びやすいです。

アクロバットボレー(バイシクルボレー)

【イブラヒモビッチ】歴史に残るベストゴール

アクロバットボレー(バイシクルシュート、ジャンピングボレーシュート)とは、空中に浮いているボールを体ごと浮かせてゴールに背を向けた状態から後ろに倒れるようにして体を上下逆さまにして上に上げた足で放つボレーシュートです。

オーバーヘッドキックとボレーシュートの中間の蹴り方です。

このボレーシュートは難易度が高いですが、ゴールに対して身体より後方にマイナスでパスが来た時には効果的なボレーシュートになります。
また、身体を浮かせて上からボールを叩くことで、シュートを上に打ち上げてしまうことを防ぐことができます。

ただし、アクロバットボレーは慣れていない人にとっては怪我の原因にもなるので、初心者はしっかり手で受け身を取ることを練習する必要があります。

ハーフバウンドのボールをボレー

KING KAZU GOAL!

バウンドしているボールが空中に浮きあがってくる(ハーフバウンド)ボールをボレーシュートすることも多いです。

空中から落ちてくるボールを蹴る時には、シュートを上に打ち上げるリスクが大きいですが、地面にバウンドさせてからシュートを打つことで、シュートを上に打ち上げるリスクを減らすことができます。

ハーフバウンドのボールをボレーするときは、地面に近い位置でボールを蹴ることができるので、地面に設置して言うボールを蹴るときと感覚的に近く、ミスが少なくなります。

ボレーシュートを上手く打つためのコツ

HAMASHO on Instagram: “決まってたらカッコ良かっただけどね。#冨安健洋#tomiyasu#アビスパ福岡#アビスパ#avispafukuoka#ボレーシュート” (114349)

ボレーシュートを上手く打つためのコツは4つあります。

ワントラップしてボレーシュートを決める

ボレーシュートを打つ時に周囲の状況を見て、ワントラップする時間的余裕がある場合は、トラップしてからボレーシュートを打つほうがシュートの正確性は高まり、得点につながる可能性が高まります。

とくに膝より上のボールをボレーシュートは難易度難いので、胸やももでトラップしてボールの落ち際かワンバウンドして浮き上がってくるタイミングでボレーシュートを打つ方が技術的にはシンプルで簡単です。

ボールの高さに合わせて身体を傾ける

 (114353)

ボレーシュートを打つときインパクトを正確にするためにボールの高さにあわせて体を倒すことがコツの一つです。

直立状態で足に力が入る状態で足を振り上げられるのは、股関節の可動域に限界があるので45度程度までで、90度もしくはそれ以上足をあげるのは非常に難しいです。

正しいボレーシュートができるようにするためには、ボールの高さに合わせて身体を倒し、太ももを上げることを意識して、身体を傾けつつボディバランスを保ってシュートを打つ必要があります。

膝を上げてシュートを下に叩きつける

Ryo_S☪︎zki on Instagram: “. これかっこよかった! · #鹿島アントラーズ #大宮アルディージャ#2ndステージ #第14節  #1001 #小笠原満男 #ボレーシュート . 14:04キックオフ . 得点  61分 オウンゴール . 失点 13分 奥井諒 41分 横谷繁 59分 横谷繁 . 交代…” (114352)

ボレーシュートのインパクトのときのコツは膝を上げて膝から下をコンパクトに振って、シュートを下に叩きつけることです。

ボレーシュートのときにコンパクトに膝下を振ることによって、無駄な動作が無くなり、ボールの上をとらえて下方向にシュートを蹴ることができます。

膝を上げて、膝下をコンパクトに振ることで、ボレーシュートがゴールの枠内にコントロールできる可能性が高まります。

身体の前でボールを蹴る

 (114354)

身体の後ろでボールをインパクトすると、ボレーシュートが成功する確率は下がります。

身体の後ろでボールをとらえるときは、その分身体を倒したり、浮かせたりする必要があるので難易度が上がってしまいます。

簡単にボレーシュートを決めるためには、バックステップを踏んで身体の前でボールをミートする状態を作ることが重要です。

ボレーシュートの練習方法

ボレーシュートの基本動作を身につける練習法

【サッカー基礎練】対面ボレーの練習のしかたを徹底解説しました!ボールコントロールも倍増! 【初心者必見です】

ボレーシュートのもっともシンプルで一般的な練習方法は対面ボレーといわれるものです。

対面する2人で、片方がボールを足下に手で投げて、ボレーで相手の胸元に返すというものです。

この練習方法は、簡単でスピーディーに行うことができ、身体も温まるのでウォーミングアップに組み込まれていることも多く、一般的に普及している練習方法ですので、この練習を実践を意識して行うだけで、ボレーシュートの感覚に磨きがかかります。
より正確にボールの芯をとらえて、相手の胸にコントロールすることを意識することが重要です。

クロスボールに対するボレーシュートの練習法

#1 城彰二がボレーシュートの極意を伝授!

より実践に近いボレーシュートの練習をするためには、横からボールを投げるかもしくは蹴って練習を行う必要があります。

上で紹介した対面ボレーのように正面からボールが飛んでくることは実際のサッカーの試合では稀で、ほとんどの場合は横からボールが飛んでくることになります。

横からのボールに対して、落下地点を見極めて、シュートを枠内に飛ばすことを意識したトレーニングを積むことで実戦でクロスボールに対して自然と体が動いてボレーシュートを決めることができるようになります。

ボレーシュートを蹴るときに意識するシンプルなポイント

yummy on Instagram: “日本代表⚽️山口蛍!勝ち越しダイレクトボレーシュート⚽️✨サイコ~\( *ˊᗜˋ* )/″♡♡蛍選手!*Häppÿ Bïrthdäÿ*🎉 #日本代表  #原口元気 #山口蛍  #ボレーシュート #勝ち越しゴール #ワ-ルドカップ” (114351)

ボレーシュートを蹴る時に意識することはシンプルで以下の3つになります。

・身体の前でボールをとらえること
・膝を上げて身体を倒すことでボールを浮かせないこと
・膝から下の足の振りをコンパクトにすること


もう一つボレーシュートを打つときに注意するべきことは、トラップする余裕があるかどうかを把握しておくことです。

ダイレクトボレーシュートをクロスボールに合わせて決めることは、難易度が高いのでフリーの状態であれば、トラップしてからシュートを打ったほうが得点を決める確率は高まります。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。