Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. サッカーのVARとは?ビ...
サッカーのVARとは?ビデオアシスタントレフィリーで判定はどう変わるか?

サッカーのVARとは?ビデオアシスタントレフィリーで判定はどう変わるか?

サッカーのVARとは、ビデオを使って審判が肉眼では確認しにくい判定をサポートするシステムのことでビデオアシスタントレフェリー制度ともいいます。VARを導入することで判定がどのように行われ、どのように判定が変わるのか解説します。

2021.12.16 サッカー

サッカーのVARとは?

Numero Diez on Instagram: “Ufficiale: dalla prossima stagione avremo il VAR in Champions League. #calcio #football #soccer #var #videoassistantreferee #ucl…” (120371)

サッカーのVARとは、主審がピッチ上で起きた主審の判断が難しい判定を映像を用いて確認するためのシステムのことです。

VARはワールドカップでは、2018年ロシアワールドカップから採用されています。

VARの略 =ビデオ アシスタント レフェリー

MisMarcadores.com on Instagram: “⁣⁣PRÓXIMAMENTE 🔜⁣⁣⁣ ⁣⁣⁣ Cuando se reanuden las principales ligas y torneos de fútbol, podrás ver en las fichas de los partidos de…” (120372)

VARの略は、Video Assistant Refereeの略称です。

VARシステムは、試合を決定づけるプレーが行われた際に、主審がビデオ判定を用いてジャッジをするものです。ビデオを使ってレフェリーを助けるシステムです。

VARの意味

Official Instagram of VIVAbola on Instagram: “VAR "ikut andil" terhadap lolosnya Jepang ke babak 16 besar. Wasit batal memberikan penalti untuk Senegal dalam duel melawan Kolombia usai…” (120383)

VARが入ればすべてのジャッジが正確に判定されると思われがちですが、実際はそういうわけではありません。

VAR判定はすべての事象に介入するわけではなく、VARの役割はフィールドの審判員のサポートです。VARは最良の判定を見つけようとするものではなく、はっきりとした明白な間違いをなくすためのシステムです。

試合中は、明らかな間違いがない限りはVAR判定は行われません。

サッカーでVARを導入した理由

Joosep Martinson on Instagram: “Video Assistant Referee Massimiliano Irrati of Italy with his team of assistant referees  Carlos Astroza, Pawel Gil and Paolo Valeri…” (120382)

サッカーは他競技に比べてあいまいなジャッジが多いことと判定にメディアやファンが議論することも含めて協議の面白さである側面があり、VARの導入には消極的でした。

映像の精度向上とともに、あいまいにしてきた誤審が散見されるようになり、ファンの批判の声に応じる形でVARの導入に至りました。

実際のところ、古くからのサッカーファンや関係者はVARの導入には反対派が多いです。

VARのルール

VARのルールは試合中にビデオ判定を行うべきだと判断した時にリプレーオペレーターが主審に伝えることになっていますが、ビデオ判定は抑制的に使用することになっていて試合の勝敗を左右する重要な判定に限られます。

また、主審が重大な判定ミスを行なった、あるいは見逃してしまったと判断した時にVAR判定を自己申告できます。

VARの方法

VAR on Instagram: “U Saudijskoj Arabiji na meču između fudbalskih klubova Al-Nassr i Al-Fateh dogodila se neobična situacija sa VAR tehnologijom.  Naime,…” (120373)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
VARでは、審判、副審、アシスタントレフェリーの他にリプレーオペレーターがスタジアム外でつねに数台のモニターで試合を監視しており、ビデオ判定を行うべきだと判断した時に主審に無線を使って伝えます。

また、主審が重大な判定ミスを行なった、あるいは見逃してしまった場合はリプレーオペレーターにビデオ判定を求めることができます。

リプレーオペレーターがビデオ判定の必要性を認めた場合に主審が当該シーンをピッチ外にあるモニターで確認し、最終的な判定を下します。

VARの原則

Calcio svizzero e ticinese on Instagram: “RSL, venerdì prenderà avvio la nuova stagione con l'assoluta novità a livello nazionale riguardante il VAR  #BSCYoungBoys #ComunicatiStampa…” (120378)

VARの原則は最小の介入で最大の効果を得ることです。

誰が見ても明らかで、疑う余地のない誤審を避けるため、そして、審判が見えない位置で起きた暴力的行為といった深刻な事象を確認するためのもので、すべての微妙な判定に答えを出すためのものではありません。

より多くの誤審を防ぐためにVARを用いると、試合の中断や遅延につながってしまいます。

VARが介入するケースとしないケース

VARが介入するときの基準はこちらです。

・得点に関すること

・ペナルティキックであるか、そうではないか

・レッドカードに相当する行為かどうか
 (2度目の警告を含めたイエローカード相当の行為は対象外)

・間違った選手に対しての退場処分、警告処分であったかどうか



VARが介入しないのは、得点に直結しないペナルティーエリア外で警告、退場に該当しないケースです。

VARの審判のジェスチャー

Golazo Ecuador (desde 🏡) on Instagram: “Oficial: La Federación Ecuatoriana de Fútbol ha comunicado que para el 2020 se implementará el Video Assistant Referee en las siguientes…” (120377)

VARの審判のジェスチャーは、主審がオペレーションルームと連絡を取っている時は耳に手をあてます。

オンフィールドレビューと呼ばれるビデオ確認が必要な時は手で四角を作るTVシグナルのポーズをします。
ビデオを確認したあとは再び四角を作ってから、判定を下します。

ちなみに選手がオンフィールドレビューを要求して四角を作るポーズと2回以上で警告対象となるので注意が必要です。

サッカーのVAR判定

⚽🇧🇬4-4-2🇧🇬⚽ on Instagram: “VAR дебютира в България🙃🤯🤪” (120374)

サッカーのVAR判定はメリットもデメリットもあります。

VARは万能ではないので、最後は主審の主観的な判断が加わることを理解する必要がありますし、その判断を尊重する必要があります。

メリット

VARのメリットは、正解が明確にあるオフサイドのような判定での誤審はVARで限りなくゼロに近づけることができます。

また、VARによってリプレイで時間をかけてジャッジしている間に細かい解説を入れるとルールが周知されるので、サッカーを良く知るきっかけになります。
ビデオで細かく見られていることを選手が意識すると、主審が見えないところで悪質なファウルが無くなり怪我の防止につながることもメリットです。

デメリット

サッカーは接触プレーなどは正解がない判定が多いので、VARで行った判定が必ずしも正しいわけではありません。

VARを行うことで、選手、サポーターが微妙な判定にストレスを増大させることもあるのがVARのデメリットです。

サッカーには、細かく見れば見るほどどっちにもとれる判定があり、どちら側の視点で見るか、競技規則を把握しているかによって判定への印象はまったく異なります。VARの判定に時間がかかることもデメリットです。
誤審も含めてサッカーの醍醐味といった考え方もあって、もしVARが導入されていたら、1986年メキシコワールドカップのマラドーナの神の手ゴールは存在しませんでした。
誤審を語ることの面白さがなくなってしまうのはデメリットです。

VAR導入リーグ

VARが導入されているリーグはすでに世界中にありますが、テクノロジーを使うのは人間ですからVARの運用の仕方や考え方はさまざまです。

ヨーロッパの主要リーグではVARが基本的に導入され、アジアでは中東やJリーグで導入されています。

JリーグのVAR導入

2020年シーズンからVARを導入したJリーグでは、審判の数が少なく、ビデオルームの人材不足が問題となっています。

VARが介入するかどうかの基準もまだ定まっておらず、試行錯誤の状態が続いています。JリーグのVARはyoutubeで試合後に開設動画を流して判定の裏側も公開して詳しく説明しています。

JリーグのVARの例

【Jリーグジャッジリプレイ番外編】ルヴァンカップ決勝VAR大特集(後編)

動画の冒頭からのシーンでは、2019年ナビスコカップ決勝でVARでイエローカード判定がレッドカードに変更になるまでの流れがすべてわかるようになっています。

3人がモニターをチェックしており、主審に無線を使って助言を行いますが、最終的にはオンフィールドレビューで主審が判断をすることになります。

オンフィールドレビューの結果、意図的に決定的機会を阻止したとして川崎フロンターレの選手にレッドカードが提示されました。

プレミアリーグのVAR

Kirsten Andersen on Instagram: “I love VAR 💙 - especially at the Etihad Stadium 😁 Jesus scored the winner, the Etihad went mad The ref went to the camera, but it was…” (120370)

プレミアリーグのVARは、主審がVARなしで下した判定を尊重する傾向が強く、明らかな誤審でない限りVARは介入しません。

しかし、オフサイドに関してはミリ単位に拡大して精密にVARで判定するのがプレミアリーグの特徴です。ディフェンスラインの背後を狙うタイプのフォワードは、プレミアリーグでは何度もゴールを取り消されています。

ワールドカップのVAR

Gazelle Sports Soccer on Instagram: “Call for replay. I cannot believe what we just saw. These past two days of @championsleague football have been what it’s all about.…” (120380)

ワールドカップのVARは世界中の審判が集まり、世界中の国が集まる大会なので、混乱が生じやすくVARが乱発される傾向にあります。

ただし、審判の人員が多いので10人中8人が異議を唱える場合にVARが介入するやり方が採用されていて、多国籍審判員による判定のブレを人数でカバーしています。

2018年ロシアワールドカップで初めてVARが導入されましたが、過去最多のPK回数となり、大会中に判定基準を変更させる混乱も生じました。

アジア杯のVAR

  • <        
  •        
  •        
  •       
    
アジアカップのVARは、アジアの審判の水準と信頼性が低く、VARがあることでかえって偏った判定が多くなる傾向があります。

VARが介入するかどうかの基準もあいまいで、恣意的に判定を下しているのでは?という疑念がさらに大きくなる傾向がアジアにはあります。VARが導入されても審判買収のリスクはなくなりません。

サッカーのVARの問題点

Vanity Domains on Instagram: “VAR.Technology No Blurred Lines, Just Perfect Decisions. Own the Brand Domain Today. Make an Offer.  #var #technology #vartechnology…” (120379)

サッカーのVARの問題は、VARが介入するかどうかの判断によって判定の有利不利が生じてしまうことにあります。そのため、試合中にVARは1チーム何回までかを決めて、監督がVARを要求するチャレンジ制の導入が議論されています。

審判の誤審問題が起こるたびにVARを導入すべきとの声が上がりますが、VARが導入されても誤審は減らすことはできますが、納得のいかない判定は増える可能性もあります。

サッカーの判定は、もともとあいまいなものが多く、主審が主観で判定せざるを得ないものが多いので、細かくビデオで見ると納得のいかない人が逆に増えて不満が増幅するリスクがあります。
アメリカンフットボールやテニス、バレーボールではビデオ判定のチャレンジ制度が導入されています。

正解がある判定

Fuck VAR on Instagram: “Lukaku was ruled OFFSIDE for this perfectly good goal. VAR IS EVEN BAD IN ITALY!! KICK IT OUT❌ • • #var #videoassistantreferee #fuckvar…” (120375)

サッカーには正解のある判定があり、オフサイドやゴールライン、タッチラインを割ったかどうかを見る判定は明確な正解が存在します。

正解のある判定はVARの効果を発揮しやすいといえます。

ただし、オフサイドは、オフサイドポジションの選手がボールに関与したかどうかの部分は審判の主観的な判断が伴いますので、VARでも絶対に正しい判定にはならないです。

正解がない判定

@lapizarradt on Instagram: “Por qué Dedé no fue expulsado antes? 🤔 . En el partido entre Atlético Tucumán y Gremio, Gervasio Núñez cometió una irresponsabilidad y se…” (120381)

接触プレーを伴うファウルの場合は、過剰な力がかかっているか、必然性のある接触かどうかを基準に判断しますが、VARで見ても明確な正解はありません。

世界的な流れとして正解のない判定では、混乱が大きくなることから明らかにおかしい判定以外はVARは介入しない傾向となっています。

正しいジャッジなど存在しない

Footvisual on Instagram: “The fans made their feelings known 🔬📺 • • • • • #var #videoassistantreferee #premierleague #epl #englishpremierleague #etihadstadium…” (120376)

サッカーから誤審を少なくするのにVARは必要ですが、絶対に正しい判定は存在しません。

VARに過剰な期待をすると、かえって不満が大きくなるので、審判やリーグはこれまで以上にVAR判定に対しての説明を丁寧にして、ファンとのコミュニケーションを取らなければ、判定の理由が分からないファンが混乱を大きくしてしまうリスクがあります。

VARを導入しても納得のいかない判定はどちらを応援しているかによって生じてしまいますが、サッカーのルールを周知して、より多くの人がサッカーを面白く見ることができるようになってほしいです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。