Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. ホイップキックとは?サッ...
ホイップキックとは?サッカー漫画で人気になったキックを紹介

ホイップキックとは?サッカー漫画で人気になったキックを紹介

ホイップキックとは鞭の様に足全体をしならせ蹴る、サッカーの蹴り方の1つです。 シュート方向を途中で変えることができる特徴があり、サッカー漫画エリアの騎士でも紹介され話題となりました。 相手の意表をつくことのできる珍しい蹴り方で攻撃的な選手が使用しています。

2021.12.16 サッカー

ホイップキックとは?

 (134059)

ホイップキックとは鞭の様に足全体をしならせ蹴る、サッカーの蹴り方の1つです。シュート方向を途中で変えることができる特徴があり、サッカー漫画エリアの騎士でも紹介され話題となりました。

フォワードなど攻撃的なポジションの選手が使用することがありますが習得するのが難しいことから、使用している選手が少なく珍しい蹴り方とされています。

ホイップキックのメリット・デメリット

 (134063)

ホイップキックは珍しい蹴り方のため普通のプレーとの違いを出すことができ相手の意表をつくことができます。試合中に使用することで得点につながったりと決定的な場面になることもありますが、逆にチームの勢いをなくしてしまう可能性もあります。

ホイップキックを効果的に使うにはメリット、デメリットをきちんと把握して取り組むことが重要です。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

メリット

ホイップキックのメリットは以下の通りです。

・シュートコースを途中で変えることができる
・シュートを決める確率が上がる
・強いシュートを打てるようになる
・プレーの幅が広がる
・使用できると選手としての価値が上がる


ホイップキックは蹴る方向を途中で変えることができるのが一番の強みです。
また全身を使って蹴るのでシュートの威力も強くなり相手にとって脅威のシュートとなります。

デメリット

ホイップキックのデメリットは以下の通りです。

・蹴り方を習得するまでに時間がかかる
・教えれる指導者が少ない
・普段使用しない蹴り方で怪我をするリスクが高い


習得できると頼もしいホイップキックですがその道のりは長いです。
珍しい蹴り方で教えれる指導者は少なく独学で練習していくことが多くなります。

ホイップキックの蹴り方

ホイップキックの蹴り方

ホイップキックの蹴り方は通常の蹴り方とは異なります。

通常は膝を支点にして足を振りぬくようにして蹴っていきますが、ホイップキックの場合は足の付け根の股関節を支点にして足全体をしならせて蹴ります。

最初は足全体を使って蹴ることに慣れる必要があるので、大きく振り子の様に足を後ろにさげて力を入れずに足全体で振り切ることを意識していきましょう。慣れてきたらコントロールして蹴れるようにすることが大切です。

蹴る時のイメージ

ホイップキックは蹴り方と蹴るイメージをするのが大切です。

・足に力を入れず脱力した状態
・足の付け根から足の先まで関節がなく鞭の様にしなる感覚
・強く蹴るのではなく振りぬくイメージ


ホイップキックは蹴る方向を途中で変えれる利点がありますが力を入れすぎると方向を変えるのが難しくなるので試合で活用できるように練習ではイメージをして行いましょう。

ホイップキックを愛用してる選手

 (134064)

ホイップキックを愛用している選手は以下の通りです。

・ネイマール
・中村俊輔
・メッシ

・ベッカム

攻撃的な選手に多いですが習得が難しい分、愛用してる選手も少ないです。
しかし有効的なシュートのため今後愛用する選手は増えてくると予想します。

ネイマール

Login 窶「 Instagram (135155)

ホイップキックでもっとも有名な選手といえばネイマール選手です。
ネイマール選手はシュートを決める時にゴールキーパーの逆をつくシーンが多く見られます。
その理由はホイップキックを使用し、ギリギリまでシュートコースを調整できるのでキーパーの動きを見て瞬時にシュート方向を切り替えて得点をとることができています。

ホイップキックの必要性

 (134067)

ホイップキックは使用してる選手が少ない分他の選手との違いがだせるので必要性の高いものです。
習得まで時間がかかり地道な練習が必要ですが習得した時のメリットは大きいです。
世界でも有効的な蹴り方として広まっていますので得意なプレーがない人や得点力を上げたい人にとっては習得に取り組んでみることをおすすめします。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。