2021年6月25日 更新

テニスボールでリフティングするとサッカーが上達する!効果的なやり方を解説!

テニスボールリフティングとは、サッカーボールではなくテニスボールを使ってリフティングすることを指します。通常よりも小さい球体でリフティングをするためコントロールが難しく、難易度の高い練習です。ボールタッチの精度や身体の動かし方を習得でき、サッカーに必要な技術が向上します。

875 view お気に入り 0

テニスボールリフティングとは?

 (241859)

テニスボールリフティングとは、サッカーボールではなくテニスボールを使ってリフティングすることを指します。

サッカーボールに比べて圧倒的に小さい球体をリフティングするため、難易度がかなり高まります。神の子と呼ばれた元アルゼンチン代表マラドーナ選手をはじめ、サッカー界の多くの一流選手が実践していたトレーニング方法です。テニスボールリフティングを極めてボールコントロール技術を高めましょう。

テニスボールリフティングの効果

 (243392)

テニスボールリフティングで得られる効果は3つです。

【得られる効果】
・ボールミート力の向上
・ボディーコントロール力の向上
・集中力の向上


テニスボールリフティングはボールコントロールの技術だけでなく、身体の動かし方も鍛えられる練習方法であり、サッカー選手に必要な要素が多く含まています。テニスボールを自由自在に扱えるようになると、必ずサッカーのパフォーマンスも向上します。

ボールミート力の向上

テニスボールを使ったリフティングは、サッカーボールに比べて直径が15cmほど小さいためボールの中心に足を当てることが難しく、ボールミート力が向上します。

テニスボールを蹴る位置が中心から少しでもずれていると、真上にボールが上がらないためサッカーボール以上に中心を捉える力が必要です。テニスボールでボールの中心を蹴る感覚がつかめると、ミート力が向上し、より強いシュートや正確なパスが出せます。

ボディコントロール力の向上

テニスボールリフティングがボディコントロール力の向上につながる理由は、蹴り上げるたびにテニスボールの軌道が毎回変わり、ボールの落下地点に合わせて身体を移動させる必要があるからです。

テニスボールリフティングでボディーコントロール力を向上させると、常にボールを身体の正面で扱う意識づけがされ、正確に身体が動かせるようになりコントロールを乱さずにトラップしたり、ドリブルしたりすることができます。

集中力の向上

テニスボールリフティングは小さいボールを見て蹴り上げる動作を続ける必要があるため、サッカーボールよりも高い集中力が身につきます。

サッカーの試合終盤でよく起きることは、疲労を原因とした集中力の散漫でボールの芯を捉えられずにミスをしてしまうことです。テニスボールリフティングで集中力を向上させると、疲れていてもボールの芯を捉える力が身につき、ボールコントロールをいつでも正確にできる選手になります。

テニスボールリフティングのやり方

 (241860)

テニスボールリフティングの基本は、ボールを利き手で構えて利き足の方にボールを落としてリフティングを開始することです。蹴るときは足の甲にボールを当てて、ボールを上げてリフティングを続けます。

サッカーボールのリフティングとやり方は基本的に同じですが、ボールが小さいのでテニスボールの軌道をよく見ながらリフティングをおこないます。

テニスボールリフティングの基本姿勢

テニスボールリフティングの基本姿勢は、背筋を伸ばし、首の角度を45°くらい前傾させた状態が正しいです。顔は前に倒してボールをよく見て蹴り上げていきます。

背中から頭までの上半身全体が前かがみになってしまうと足が窮屈になり動かしづらくなりますが、首から頭にかけての顔全体は前傾を意識することでボールと身体の距離感を一定に保つことができ、ボールコントロールが安定します。

テニスボールの捉え方

テニスボールの捉え方で重要なことは2つあります。

・テニスボールを足の甲で捉える
・テニスボールの真下かつ中心を捉える

次のコントロールがしやすいように真上にボールをあげるためには、面積が一番広い足の甲でボールを捉えて軌道を安定させることが必要です。テニスボールは、ボールの真下かつ中心を足の甲でとらえることで、まっすぐに上がっていく性質があるため、足がボールの右や左にずれないようにしてボールを捉えます。

身体の動かし方

リフティング中の身体の動かし方は、テニスボールの軌道に合わせて正面でボールを受けられる位置に小きざみに移動することが正しいやり方です。

身体移動は身体とボールが離れてボールが浮いているタイミングでおこない、ボールの落下地点に対して正面に身体がくるように毎回移動します。リフティング中の身体とボールの距離間が常に一定の間隔を保てる位置に身体を動かすことが重要です。

テニスボールリフティングのコツ

テニスボールリフティングのコツは、ボールを触るときに足の向きに注意することと足首とひざを上手に使うことです。

ボールを蹴り上げるときに足がボールに対して一定の方向を向いていないと、ボールが予期していないところに飛んでいってしまいます。また、足首やひざの関節に力が入っていると、いくら正確な方向や角度でボールが捉えられていても、正確にコントロールすることができなくなります。

テニスボールに当てる足の向き

 (241858)

41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーボランチの役割とは?ポジション別の動き方を理解しよう!

サッカーボランチの役割とは?ポジション別の動き方を理解しよう!

サッカーのボランチは、中盤で攻撃の起点となり攻撃を組み立てる役割と相手選手からボールを奪うディフェンス面での活躍も求められます。サッカーのボランチは、チームの中心位置にポジショニングして広い視野を保ち、的確な判断でゲームコントロールするためコーチング能力や強いメンタルも必要です。
プレスバックのやり方とは?上手にプレッシャーをかけてボールを奪おう

プレスバックのやり方とは?上手にプレッシャーをかけてボールを奪おう

サッカーのプレスバックとは、ボールを持った相手選手に自陣へ戻りながらプレッシャーをかけることです。プレスバックは相手の背後からプレッシャーをかけ、味方と相手を挟み込むことでボールを奪います。攻撃的選手の守備戦術で、サッカーの勝敗を大きく左右する重要なプレーです。
裏街道のやり方とは?サッカーのテクニックの裏街道の練習方法を解説

裏街道のやり方とは?サッカーのテクニックの裏街道の練習方法を解説

裏街道はボールと体が別ルートでディフェンダーを抜くサッカーのフェイント技で、ドリブルでゴール前まで上がることの多いポジションが取得したいテクニックです。裏街道の練習方法には、サッカーボールのコントロール技術を高める練習とボールを出すスペースやタイミングを冷静に見極める練習の2種類があります。
サッカーの楽しい練習メニュー10選!ジュニアが面白く意欲的に取り組める

サッカーの楽しい練習メニュー10選!ジュニアが面白く意欲的に取り組める

サッカーの楽しい練習メニューには、ボールを蹴る・ボールを止める・ボールを使って走るの3種類の練習があります。ジュニアが練習に面白く意欲的に取り組めるようにするためには、遊び心を入れて飽きさせない工夫をすることが大切です。遊び心があってサッカーの楽しい練習メニューでは、常にボールを使う3角形ダイレクトパスや 3角形の鬼ごっこがおすすめです。
サッカーのトレーニングメニュー24選!上手くなる練習方法とは?

サッカーのトレーニングメニュー24選!上手くなる練習方法とは?

サッカーのトレーニングメニューには筋力、体力や技術的なこと、そして戦術理解、思考的トレーニングがあります。全てをバランス良く行うことがサッカー上達の鍵となります。目的に合ったトレーニング方法を知ることがサッカー上達の第一歩です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous