Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 卓球
  4. >
  5. 卓球のカットマンとは?メ...
卓球のカットマンとは?メリット・デメリットと具体的なやり方を解説

卓球のカットマンとは?メリット・デメリットと具体的なやり方を解説

卓球のカットマンとは、カット打法を駆使する守備型のプレースタイルです。卓球のカットマンのメリットは、粘り強くプレーできることです。デメリットは、覚える技術がドライブマンよりも多く、練習量を増やさなければなりません。カットの打ち方や、カットの練習方法について詳しく解説していきます。

2021.12.16 卓球

卓球のカットマンとは?

VICTAS on Instagram: “【VICTAS chopper 】  カットマンとは思えない攻撃力の持ち主  村松 雄斗 Yuto Muramatsu  #卓球  #VICTAS  #村松雄斗  #tabletennisplayer  #カットマン  #chopper  #japaneseplayer…” (100318)

卓球のカットマンとは、数ある卓球のプレースタイルのひとつです。

バックスピンをかけて返球するカットを駆使し、主に中・後陣でボールを返球していく戦型になります。基本的には守備的なプレーが多いですが、チャンスがあれば一気に攻撃に転じます。

現代卓球でカットマンは、攻撃型の選手と比較して人口が少なく、卓球の数ある戦型の中でも希少なプレースタイルです。

カットマンの特徴

卓球のカットマンは、相手に強打されてもカットで拾い続けるという守備型で、粘り強くプレーしてラリーが続きやすいのが特徴です。カットマンの試合はラリーが続いてファインプレーが出やすいので、観客を魅了しやすいプレースタイルになります。

また、攻撃型の選手とは全く異なったプレースタイルなので、カットマンに慣れていない選手には非常に勝ちやすいという特徴もあります。

カットマンに向いている人

 (101995)

長身でコツコツ努力ができる人は、卓球のカットマンに向いています。身長が高くて手足が長いカットマンは、手足が長い分距離の遠いボールも触れることが可能で、コースが厳しい強打を拾いやすくなります。

また、カットマンは覚える技術や動きがドライブマンと比較して多いので、コツコツ努力できる人でなければ結果が出ません。カットマンに入門するのであれば、人の2倍や3倍練習する覚悟を持つことが大切になります。

日本や世界で活躍するカットマン

VICTAS on Instagram: “【VICTAS chopper 】全中No.1カットマン小塩 遥菜Haruna Ohio#卓球 #VICTAS #小塩遥菜 #tabletennisplayer #カットマン #chopper #japaneseplayer #일본인선수” (100365)

所属 JOCエリートアカデミー
生年月日 2005年8月3日
戦型 カット主戦型(フォア裏・バック粒高)
日本や世界で活躍する今注目のカットマンは、女子卓球界のカットマンとして将来を期待されている小塩遥菜(JOC エリートアカデミー)選手です。

2019年に開催された世界ジュニア卓球選手権では、中学生ながら女子シングルスにおいて準優勝という結果を残しました。プレーの特徴は、とにかく粘り強くミスの少ないカットです。どれだけ強打されても平然とカットする姿は、とても中学生カットマンとは思えません。

カットマンの強さとは?

カットマンの強さとは、カットで粘って相手にプレッシャーを与えられること、下回転打ちが苦手な選手に強いということが考えられます。

カットマンは粘り強くボールを返球することで、対戦相手にプレッシャーを与えてミスを誘うことが可能です。対戦相手が下回転打ちを苦手としている選手であれば、カットが強打される心配も少ないので、カットマンはより粘ってプレーすることができます。

粘って相手にプレッシャーを与える

VICTAS on Instagram: “【VICTAS  chopper 】  カットマンの中では珍しい、 フォア表 バック裏 という組み合わせの高校2年生🌸  相馬 夢乃 Yumeno Soma  #卓球  #VICTAS  #相馬夢乃  #tabletennisplayer  #カットマン  #chopper…” (101150)

卓球のカットマンはカットで粘ることによって、ラリーが長くなり長期戦に持ち込めることも強みになります。攻撃型の選手同士の試合ではラリーが長く続くことは珍しく、カットマンと比べて攻撃型の選手は長いラリー戦に慣れていません。

攻撃型の選手はカットマンとの試合でラリーが続くほど、あせりが出て凡ミスが多くなります。カットマンはボールを拾い続けることによって、相手選手に精神的なダメージを与えることが可能です。

下回転打ちが苦手な選手に強い

カットマンと下回転打ちを苦手とする選手が対戦すれば、カットマンは有利に試合を進めることができます。

下回転打ちが苦手な選手は、強烈な下回転のかかったカットに対して安定したドライブを打つことができません。カットマンに対して安定したドライブを打つことができなければ、カットマンのミス待ちで粘るしか選択肢がなくなってしまいます。

特に卓球を始めたばかりの選手は、強烈な下回転がかかったカットを打ち返すことは難しく、中学生の地区大会レベルであればカットマンの存在は脅威となります。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

カットマンの難しさとは?

カットマンという戦型は、レベルアップするのが非常に難しい戦型です。なぜならば、覚えなければならない技術や動きがドライブマンよりも多く、普通の戦型よりも努力や工夫が必要になるからです。

初心者からカットマンを目指す場合には、一般的なドライブマンと比較して難しい戦型だということを理解したうえで、練習に取り組んでいきましょう。

他の戦型に比べて練習量が必要

kuu nomu asobu on Instagram: “今日のミッション その2卓球マシンで練習。他の予約が入っていなくて快適でした。#卓球 #卓球マシン #卓球練習 #卓球初心者 #いい汗かいた” (100352)

カットマンは、一般的なドライブマンと比較して覚えるべき技術が多いため、練習量を増やしていかなければなりません。

カットマン特有の覚えるべき技術は3つあります。

・カット
・ナックルカット
・カーブロング


これら3つの守備的な技術を身につけながら、ドライブマンと同じようにドライブやスマッシュといった攻撃的な技術も習得する必要があります。

カットマンが他の戦型とダブルスを組むのは難しい

Erik Thomas on Instagram: “Benedikt Duda and Dang Qiu win the Mens Double Competition at the National German Championships 2018 against Ruwen Filus an Ricardo Walter.…” (101152)

カットマンがダブルスを組む場合、以下のようなペアリングが考えられます。

・カットマン×カットマン
・カットマン×ドライブマン
・カットマン×前陣速攻型
・カットマン×前陣異質型(粒高などの守備型)


カットマン同士でペアを組む場合には、プレー領域(中・後陣)が同じでシングルス同様のポジションでプレーできます。
しかしカットマン以外の戦型は、できる限り前陣でプレーして相手に時間を与えないことが重要です。そのためカットマンと他の戦型の選手がペアを組む時は、お互いのポジショニングの取り方が難しくなります。
カットマン以外の戦型もそれぞれプレースタイルが異なりますが、プレー領域が似ているためダブルスのポジショニングで苦労することはありません。

カットマンと他の戦型がダブルスを組む場合には、カットマンも前・中陣での攻撃を多めにして、卓球台と距離をとり過ぎずにプレーすることを意識しましょう。

もしくは、カットマンとダブルスを組む選手が、少し卓球台と距離をとって相手の強打を返せるように準備することが大切です。

2種類のカット打法とカーブロング

カット打法を大きく分けると、通常のカットとナックルカットの2種類に分けることが可能です。また、カットマンはカット打法とは別に、カーブロングという技術を習得することによってプレーの幅が広がります。

2種類のカット打法とカーブロングについて、それぞれの特徴を紹介していきます。

通常のカットとは

日本女子卓球の中国応援団 on Instagram: “#橋本帆乃香 練習中” (100378)

通常のカットのやり方は、ラケットを上から下に振り下ろすようにスイングするのが特徴です。カットは相手のボールに対して下回転(バックスピン)で返球することが基本なので、上から下にスイングしてボールを捉えます。

カットマンという戦型では、一番基本になる打法です。

相手を惑わすナックルカット

相手にバレないナックルカットのやり方、教えますby庄司有貴 【卓球】

卓球のナックルカットとは、無回転に近い球質のカットを指します。通常のカット(下回転)とナックルカットに対するドライブの打ち方では、スイングの方向やボールタッチが大きく異なってくるので、カットマンの対戦相手からするとナックルカットの存在は非常に厄介です。

通常のカットとナックルカットで回転の変化をつけることが、カットマンの大きな得点源となります。

カットマンにとって重要な武器「カーブロング」

・カーブロングドライブ。試合で効果バツグン! by 塩野真人【卓球】動画でレッスン - シェークハンズ

卓球のカーブロングとは、カットマンのつなぎ技術のひとつで、弧線を描きながら大きく曲がるのが特徴です。

カーブロングはカットと軌道が大きく異なるので、タイミングを外して対戦相手のミスショットを誘うことができます。カットが難しい浅めのドライブに対しても、安定してボールを拾うために有効な技術になります。

カットマンになるためのカットの基本的な打ち方を学ぼう

Panagiotis Gionis on Instagram: “Christmas challenge!!Japan T- league soon!!🏓🇯🇵” (101153)

卓球でカットマンを目指すのであれば、基本的なカット、ナックルカット、カーブロングという3つの打ち方を学んでいきましょう。

正しい打ち方を把握することで、上達のスピードを早めることができます。

基本的なカットの打ち方

【卓球】フォアカット・バックカットの基本打法!《解説》

基本のカットの考え方は、ラケットを上から下に振り下ろしてボールに下回転を加えます。

カットの打ち方は、相手が打ってきた前進回転のボールに対してラケットを上から下に振り下ろすようにスイングし、下回転を加えてボールの勢いを殺しながら前方に飛ばします。

ラケットを構える位置は、自分の肩か肩を超えるくらいの高さまでラケットを振り上げるようにしましょう。
カットの打つときの動作
①飛んでくるボールに合わせてポジションを移動
②スタンスは肩幅程度広げ、重心を落として打球の準備をする
③ラケットを肩よりも高い位置まで上げ、ラケットヘッドを立てる
④ラケットを上から振り下ろすように打球して下回転(バックスピン)をかける

ナックルカットの打ち方

【卓レポ】ナックル性カットを身に付ける(戦型別ステップアップレッスン カット主戦型LESSON7)

ナックルカットの打ち方は、上から下に振り下ろすようにスイングしながらも、できる限り下回転をかけずにボールを飛ばすことが重要です。

ナックルカットは、基本のカットのスイングと見分けがつかないことで、対戦相手にとって脅威になる技術です。スイングはできる限り基本のカットに近づけるように、上から下方向へのスイングを意識します。

ナックルに近い球質でカットするためには、ボールを上から下に抑える感覚で打球するようにしましょう。
ナックルカットの動作
①飛んでくるボールに合わせてポジションを移動
②スタンスは肩幅程度広げ、重心を落として打球の準備をする
③ラケットを肩よりも高い位置まで上げて打球準備
④ラケットを上から振り下ろして、打球時には手首を使わずボールを抑える感覚で打つ

カーブロングの打ち方

卓レポ2017/10戦型別カット主戦型 カーブロング

カーブロングの打ち方は、ボールの外側を捉えてコンパクトにスイングするのがポイントです。ボールの外側を捉えることで、相手コートにバウンドしてからもボールが曲がってくれます。

打球するタイミングは、ボールをしっかりと引きつけて打球点を落とすように意識しましょう。打球点を落として引きつけることで、ボールが失速してカーブロングのコントロールがしやすくなります。
カーブロングの打ち方
①飛んでくるボールに合わせてポジションを移動
②ボールが失速するまでしっかりと引きつけて、体の回転を使いながら下から上にスイング
③打球時はボールの外側を捉えて、軌道が曲がるように打つ
④打球時は強いインパクトではなく、ソフトタッチでコントロールする

カットマンになるためのカットの具体的な練習方法

カットマンになるためのカットの具体的な練習方法 (101996)

カットマンの具体的な練習方法は、素振りと多球練習がおすすめです。素振りは、カットのフォームを覚えることに適していて、多球練習はカット打法の感覚を養うことができます。

素振りと多球練習はどちらも基本的な練習ですが、カットマンとして形をつくるためには基礎練習を繰り返すことが重要です。

素振りでカットのフォームを覚える

カットのフォームを覚えるためには、数多くスイングすることが大切です。

カットのスイングを何度も素振りすることで、カット特有のダウンスイングを体に覚えさせることができます。カットの素振りは1日30回程度でもかまわないので、毎日継続して取り組むことが重要になります。

淡々と素振りするだけではなく、自分の素振りを動画で撮ってフォームを確認することで、素振りがより効果的な練習になるのでおすすめです。

多球練習を取り入れる

女子カットマンの多球練習。全てのボールをカットするby庄司有貴【卓球】

カット打法を覚えるために、多球練習で数多く球を打つことを意識しましょう。例えば、フォアカットだけで30球1セットの多球練習を行うようにすると、フォアカットの感覚やスイングを徹底的に覚えさせることができます。

最初はフォアカットやバックカットそれぞれ別で多球練習すると、カットの感覚を定着させやすくなります。フォア・バックどちらのカットもある程度できるようになれば、フォアカットとバックカットを組み合わせた多球練習のメニューを行っていきましょう。
カットマンにおすすめの多球練習
・ドライブとストップ対応の練習・4球1セット×10回
フォアカット1本→フォアツッツキ1本→バックカット1本→バックツッツキ1本→繰り返し

・どんな球にも反応してカットで拾う練習・30球1セット
球出し側は全面にドライブを打つ→カットマンはコースを瞬時に判断してカットでボールを拾う
(球出し側は10球に1球程度ツッツキも混ぜることで、より試合形式に近い多球練習になる)

カットマンは魅力的なプレースタイル

T.T彩たま on Instagram: “‪T.T彩たまではパナギオティス・ギオニス選手と契約合意致しましたので、お知らせ致します。‬ ‪戦型はカットマン🏓‬ ‪ベテランの経験をいかし、活躍を期待しています!‬ ‪ニックネームはジオニスです♫‬ ‪応援よろしくお願いします🤲 📸写真は本人インスタグラムより引用‬…” (99991)

カットマンは技術的に難しい戦型ですが、プレーで魅せることのできる希少な戦型です。現代卓球では、世界や国内トップの選手のほとんどがドライブ主戦型ですが、だからこそ戦い方が全く違うカットマンが魅力的に見えます。

カットマンを目指すのであれば、一般的なドライブマンと比較して数倍の努力が必要です。相手の強打を拾い続ける華麗さは、カットマンにしかない魅力であり、カットマンは努力する価値を見出せるプレースタイルです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。