Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. バレーボール
  4. >
  5. ジャンプトスの上げ方とは...
ジャンプトスの上げ方とは?バレーボール初心者が知っておきたいコツ

ジャンプトスの上げ方とは?バレーボール初心者が知っておきたいコツ

ジャンプトスとはジャンプして空中で上げるトスで、タイミングと体のバランスが重要なトスです。難易度が高いトスですが、攻撃の幅を広げるためには重要なスキルとなります。ポイントを抑えた練習を重ねれば必ず体得できるので、ジャンプトスをマスターして優れたセッターを目指しましょう。

2021.12.16 バレーボール

ジャンプトスとは?

Login 窶「 Instagram (137255)

ジャンプトスとは、ジャンプをしてオーバーハンドで空中で上げるトスです。パスの距離を出すために、ボールに触れたあとにジャンプをする場合はジャンプトスといいません。ジャンプトスの第一条件は、跳躍した後にボールに触ってパスを送り出すことです。

ジャンプトスは普通のトスよりも難易度があがりますが、ブロックを迷わせることができ、クイック攻撃が合わせやすいメリットがあります。

ジャンプトスの上げ方

ジャンプトスの基本【必見バレー動画】

ジャンプトスの上げ方は、ボールの下に素早く移動して、空中でボールを処理するタイミングを体得することから始まります。低いレシーブボールをジャンプトスで処理するのは難しいので、高いボールやネットに近いボールを空中でトスを上げる意識を持ちましょう。

【ジャンプトスの上げ方の流れ】
①ボールの下に素早く入る
②タイミングよくジャンプして、空中でボールを捉える
③手首と指をうまく使ってトスを上げる

ボールの落下地点の入り方

ボールの落下地点の入り方は、レシーバーとレシーブボールをよく見てボールの下に素早く移動することから始まります。

ボールのコースの予測は全てのトスを上げるために必要です。特にジャンプトスの場合はタイミングが重要で、落下地点に素早く入って余裕を持って構えることがポイントになります。

ジャンプトスで処理するか、普通のトスかの判断を素早くするために、少しでも早く落下地点に入ってボールを待ちましょう。

ジャンプのタイミング

Login 窶「 Instagram (137261)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
ジャンプトスは、ジャンプするタイミングが一番重要です。
早く飛びすぎると、自分のジャンプの落ちぎわにボールを触ることになり、思うようにボールが飛びません。遅すぎるとボールが落ちきってしまい、ジャンプトスにならなくなります。

自分が一番ボールをントロールをしやすいタイミングをつかむために、練習を重ねてジャンプのタイミングを習得しましょう。飛ぶときには、ボールの真下から垂直に飛ぶのが大事です。

ボールを捉える位置

ジャンプトスは、できるだけ高い位置でボールを捉えることが大切です。

高い位置で捉えようとし過ぎて、ボールに触れる瞬間に手が伸び切っていてはいけません。肘を曲げてボールに触れて、ジャンプの勢いと腕と手首をバネにしてボールを送り出すのが正しい方法です。
ボールを捉える位置は個人差がありますが、ネット上の白帯のやや上あたりを目安にすると安定します。

ボールの運び方

ジャンプトスは、指で突かずにできるだけ柔らかくボールを運びましょう。ジャンプの勢いをそのままボールの勢いにするのはNGです。トスを上げるときは、柔らかくボールを指でホールドして、回転の少ないふわっとしたトスにすることを常に意識しましょう。

特にジャンプしてクイックトスを上げるときは、クイックスパイクを打つポイントにボールを置くイメージを持つことが大切です。スパイカーが打ちやすいのは、柔らかいトスです。

ジャンプトスのコツ

Login 窶「 Instagram (137257)

ジャンプトスをうまく上げるコツは3つあります。

・ボールを捉える正しいタイミングを覚える
・ジャンプの勢いをころさずに、上手に使ってボールに伝える
・ジャンプしたときのフォームを安定させる


普通のトスを思い通りに上げることができないと、ジャンプトスは難しくなります。基本のトスのやり方を習得した後に、ジャンプトスに挑戦するのが基本です。

ボールを捉えるタイミング

正しい距離と方向にジャンプトスを上げるためには、ボールを捉えるタイミングを一定にすることが大切です。タイミングがバラバラだと、ボールを捉える位置が安定しません。
初心者はジャンプトスの練習をする前に、ジャンプしてベストなタイミングでボールをキャッチする感覚を覚えましょう。

飛んだときに3つの条件を意識するのがコツです。
・腕を伸ばしきらない
・体に近づけすぎない
・真上に飛んで正面でボールを捉える

ジャンプの勢いを上手に使う方法

Login 窶「 Instagram (137264)

ジャンプの勢いを上手に使うには、落下地点に早く入って真上に飛ぶことが重要です。
正しいタイミングで空中でボールをホールドして、体のバネと手首と指を連動させてボールに力を伝えましょう。垂直にジャンプすることで、ジャンプの勢いをボールに伝えることができます。

ボールを指先で突くオーバーパスだと、ジャンプの勢いが消えてしまいます。両手でホールドしてボールを送り出す感覚が、ジャンプトスをうまく上げるコツです。

空中フォームの安定

空中フォームを安定させることが、余分な力をかけることなくジャンプトスを上げるコツです。空中フォームを安定させるには、できる限り早くボールの落下地点に入り、直上ジャンプを意識します。

体が流れた体勢だと、ボールの方向も安定せず自分の体の力を伝えることができません。正しいフォームとは、敏速にボールの真下に入り、直上ジャンプそしてトスを上げたい方向に体を向けるフォームです。

ジャンプトスの練習法

【バレーボール】セッターの練習 ジャンプトスを安定させる方法

ジャンプトスの練習法は、普通のトスを正確に上げることから始めます。セッターを目指す初心者は、バレーボールの基礎のオーバーハンドパスをマスターして、トスの練習から始めます。

ジャンプトスで一番難しいのはボールに触るタイミングで、初めは飛ぶタイミングをつかむ練習が効果的です。タイミングを掴むことができると、オープン攻撃の長いトスとクイックの短いトスの調整も容易になります。

空中でのボールキャッチ

Login 窶「 Instagram (137265)

実際にジャンプトスを上げる前に、自分がボールに触れるタイミングをつかむ練習です。

①セッターの位置に立つ。
②やや高めでネットに近いボールを投げてもらうかレシーブを返してもらう。
③自分がジャンプした最高点でボールをキャッチする。


レシーバーとレシーブボールをよく見て、キャッチするときは、トスを上げたい方向に体を向けることが大切です。

ジャンプトスで対人パス

対人パスのときに、ジャンプトスを取り入れてジャンプのタイミングを覚えていきましょう。普通におこなうオーバーハンドでの対人パスをジャンプトスですることで、ジャンプトスの基礎練習になります。

気をつけたいポイントは、地上でボールを受けてジャンプの勢いでボールを飛ばすのではなく、必ず空中でボールを捉えることです。初めはボールをうまく飛ばすことができなくても、回数をこなすことで感覚が身につきます。

ジャンプトスに必要な筋トレ

たったの2分で前腕・指・手首を鍛える自重トレーニング[2minutes Forearm Workout]

ジャンプトスはジャンプして空中で上げるトスですので、手がボールの勢いに負けないように手首と腕の筋トレをおすすめします。ジャンプトスは、タイミングを掴むことができればそれほど力は必要ありませんが、腕や手首の力そして握力が強いとトスボールが安定します。

器具を使ったトレーニングも多数ありますが、腕立て伏せの姿勢で指や手首に負荷をかけるトレーニング​で筋肉を鍛えることが自宅で一番手軽にできる方法です。

ジャンプトスは攻撃の幅を広げる

Login 窶「 Instagram (137270)

ジャンプトスはタイミングが難しいですが、マスターするとコンビネーションバレーの攻撃の幅が広がります。ジャンプトスはクイックスパイカーにとってとても打ちやすいトスで、すぐれたセッターは、ほとんどのトスがジャンプトスです。

ジャンプトスでオープン攻撃とクイックを使い分けるれば、相手ブロッカーをかく乱してブロックの枚数を減らすこともできます。ジャンプトスでワンランク上のセッターをめざしましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。