2020年5月30日 更新

ジャンプトスの上げ方とは?バレーボール初心者が知っておきたいコツ

ジャンプトスとはジャンプして空中で上げるトスで、タイミングと体のバランスが重要なトスです。難易度が高いトスですが、攻撃の幅を広げるためには重要なスキルとなります。ポイントを抑えた練習を重ねれば必ず体得できるので、ジャンプトスをマスターして優れたセッターを目指しましょう。

1,354 view お気に入り 0

ジャンプトスとは?

Login 窶「 Instagram (137255)

ジャンプトスとは、ジャンプをしてオーバーハンドで空中で上げるトスです。パスの距離を出すために、ボールに触れたあとにジャンプをする場合はジャンプトスといいません。ジャンプトスの第一条件は、跳躍した後にボールに触ってパスを送り出すことです。

ジャンプトスは普通のトスよりも難易度があがりますが、ブロックを迷わせることができ、クイック攻撃が合わせやすいメリットがあります。

ジャンプトスの上げ方

ジャンプトスの基本【必見バレー動画】

ジャンプトスの上げ方は、ボールの下に素早く移動して、空中でボールを処理するタイミングを体得することから始まります。低いレシーブボールをジャンプトスで処理するのは難しいので、高いボールやネットに近いボールを空中でトスを上げる意識を持ちましょう。

【ジャンプトスの上げ方の流れ】
①ボールの下に素早く入る
②タイミングよくジャンプして、空中でボールを捉える
③手首と指をうまく使ってトスを上げる

ボールの落下地点の入り方

ボールの落下地点の入り方は、レシーバーとレシーブボールをよく見てボールの下に素早く移動することから始まります。

ボールのコースの予測は全てのトスを上げるために必要です。特にジャンプトスの場合はタイミングが重要で、落下地点に素早く入って余裕を持って構えることがポイントになります。

ジャンプトスで処理するか、普通のトスかの判断を素早くするために、少しでも早く落下地点に入ってボールを待ちましょう。

ジャンプのタイミング

Login 窶「 Instagram (137261)

ジャンプトスは、ジャンプするタイミングが一番重要です。
早く飛びすぎると、自分のジャンプの落ちぎわにボールを触ることになり、思うようにボールが飛びません。遅すぎるとボールが落ちきってしまい、ジャンプトスにならなくなります。

自分が一番ボールをントロールをしやすいタイミングをつかむために、練習を重ねてジャンプのタイミングを習得しましょう。飛ぶときには、ボールの真下から垂直に飛ぶのが大事です。

ボールを捉える位置

ジャンプトスは、できるだけ高い位置でボールを捉えることが大切です。

高い位置で捉えようとし過ぎて、ボールに触れる瞬間に手が伸び切っていてはいけません。肘を曲げてボールに触れて、ジャンプの勢いと腕と手首をバネにしてボールを送り出すのが正しい方法です。
ボールを捉える位置は個人差がありますが、ネット上の白帯のやや上あたりを目安にすると安定します。

ボールの運び方

ジャンプトスは、指で突かずにできるだけ柔らかくボールを運びましょう。ジャンプの勢いをそのままボールの勢いにするのはNGです。トスを上げるときは、柔らかくボールを指でホールドして、回転の少ないふわっとしたトスにすることを常に意識しましょう。

特にジャンプしてクイックトスを上げるときは、クイックスパイクを打つポイントにボールを置くイメージを持つことが大切です。スパイカーが打ちやすいのは、柔らかいトスです。

ジャンプトスのコツ

Login 窶「 Instagram (137257)

ジャンプトスをうまく上げるコツは3つあります。

・ボールを捉える正しいタイミングを覚える
・ジャンプの勢いをころさずに、上手に使ってボールに伝える
・ジャンプしたときのフォームを安定させる


普通のトスを思い通りに上げることができないと、ジャンプトスは難しくなります。基本のトスのやり方を習得した後に、ジャンプトスに挑戦するのが基本です。

ボールを捉えるタイミング

正しい距離と方向にジャンプトスを上げるためには、ボールを捉えるタイミングを一定にすることが大切です。タイミングがバラバラだと、ボールを捉える位置が安定しません。
初心者はジャンプトスの練習をする前に、ジャンプしてベストなタイミングでボールをキャッチする感覚を覚えましょう。

飛んだときに3つの条件を意識するのがコツです。
・腕を伸ばしきらない
・体に近づけすぎない
・真上に飛んで正面でボールを捉える

ジャンプの勢いを上手に使う方法

Login 窶「 Instagram (137264)

ジャンプの勢いを上手に使うには、落下地点に早く入って真上に飛ぶことが重要です。
正しいタイミングで空中でボールをホールドして、体のバネと手首と指を連動させてボールに力を伝えましょう。垂直にジャンプすることで、ジャンプの勢いをボールに伝えることができます。

ボールを指先で突くオーバーパスだと、ジャンプの勢いが消えてしまいます。両手でホールドしてボールを送り出す感覚が、ジャンプトスをうまく上げるコツです。

空中フォームの安定

40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブは学校の体育で使われる初心者向けの技で、腕を振り子のように下から上へすくい上げる動作で打ちます。アンダーハンドサーブの成功には、正しい基本フォームの習得が必須で、ボールと打つ手を丁寧かつ確実に当てることやおへそを打ちたい方向へ向けることが大切です。
emikobayashi215 | 238 view
サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

バレーボールのサイドハンドサーブは、腕を伸ばして体の横でボールを打つサーブです。肩や肘の負担が少ないサイドハンドサーブは、筋力に自信がない人やバレーボール初心者も飛距離が出せるのが特徴です。トスを安定させてボールをミートする練習を重ねることがコツとなります。
まる蔵 | 219 view
バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは、アタッカーに対してネットに平行に直線的に上げるトスです。平行トスはブロック完成前に打てることがメリットで、バレーボールのコンビネーションで有効な得点手段の1つとなります。平行トスを打つコツはコンパクトなフォームでミートすることです。
まる蔵 | 218 view
バレーボールのハイセットとは?ハイセットの打ち方と練習方法を解説

バレーボールのハイセットとは?ハイセットの打ち方と練習方法を解説

バレーボールのハイセットとは、レシーブが乱れてセッターの定位置から離れた位置から上げるトスで、通常はに2段トスと呼ばれています。ハイセットはセッター以外の選手がおこなうことも多く、レフトかライト方向に大きく上げるのが基本で、バレーボールの試合の勝敗に関わる重要なプレーです。
まる蔵 | 252 view
キルブロックのやり方とは?バレーボールのブロックの練習方法を解説!

キルブロックのやり方とは?バレーボールのブロックの練習方法を解説!

バレーボールのキルブロックは、スパイクを完全にシャットする技です。キルブロックのやり方は、スパイクのタイミングを読み、手に力を入れてスパイクを完全に抑え込んで真下に叩き落します。キルブロックをマスターするには、バレーボールの練習に垂直ジャンプ力強化を取り入れ、正しい手の形でブロックすることです。
まる蔵 | 191 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵