2021年5月31日 更新

アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブは学校の体育で使われる初心者向けの技で、腕を振り子のように下から上へすくい上げる動作で打ちます。アンダーハンドサーブの成功には、正しい基本フォームの習得が必須で、ボールと打つ手を丁寧かつ確実に当てることやおへそを打ちたい方向へ向けることが大切です。

171 view お気に入り 0

アンダーハンドサーブとは?

 (239250)

バレーボール用語のアンダーハンドサーブとは、振り子のように下から打ち上げるサーブです。アンダーハンドサーブはバレーボールのサービスの中で最も簡単で成功率が高いことから、学校のバレーボールの授業やアマチュアチームの練習・試合で多く使われています。

メリット

アンダーハンドサーブのメリットは、フローターサーブよりも体勢やボールを安定させやすいことにあります。安定感が高い理由は、トスが短く、静止した状態からすぐにインパクトを迎えられるためで、初心者は5つの具体的なポイントから打ちやすさを体感できます。

・ボールの打点を捉えやすい
・体の力をボールに伝えやすい
・練習が簡単
・飛距離が出やすい
・コントロールが簡単

デメリット

アンダーハンドサーブのデメリットは3つです。

・球速が出ない
・滞空時間が長い
・相手コートに高く浮いた状態で入ることが多い


アンダーハンドサーブは、山なりの軌道を描くため滞空時間が長く、相手チームに攻撃を組み立てる余裕を与えてしまいます。またフローターサーブよりも球が遅かったり高かったりする状態で相手コートに入り、相手からダイレクトアタックを受ける可能性も大きいです。

実践的なアンダーハンドサーブとは?

アンダーハンドサーブを試合で実践的なサービスとする方法は3つです。

・ネットぎわのきわどい場所に打つ
・バレーボールコートのエンドラインぎりぎりに打つ
・天井に付くくらい高く打つ


アンダーハンドサーブは、見上げて目が眩むくらい高い軌道を描いたり、コートのラインぎわに落ちたりするメリハリをつけることで攻撃的なサーブにすることができます。

アンダーハンドサーブの打ち方

 (239252)

アンダーハンドサーブの打ち方には、4つのポイントがあります。

・打ちたい方向におへそを向け、利き手と同じ足を一歩ひく
・手は軽く握り、手のひら側を上向きにする
・打つ手腕はまっすぐにし、振り子のように後ろから前に振る
・体の前で手のひらの付け根部分にボールをヒットさせる


アンダーハンドサーブは、動作する前に体勢があっているか、ボールをインパクトする位置はどこかを確認することが大切です。

サーブを打つときの体勢

アンダーハンドサーブを打つときの体勢は、4ステップで覚えるとわかりやすいです。

①エンドラインに対して平行に立つ
②利き腕と同じほうの足を一歩下げる
③おへそを打ちたい方向へ向ける
④膝を曲げながら体全体の力を使って打つ


アンダーハンドサーブの失敗は、体が斜めを向いていたり膝を曲げていなかったりすることで起こります。バレーボール初心者は打ちたい方向へおへそを向け、バネのように膝を柔軟に使うことが大切です。

サーブを打つときの手のかたち

アンダーハンドサーブを打つときの手の形は軽く握ったグーです。

親指は4本指の内側に入れず外側で人差し指に沿え、手首の内側や手のひら側を上向きにします。手を強く握りすぎると、余計な力が入りボールが思いがけない方向へ飛んだり手首を傷めたりします。サーブの練習を始めるときには、手の形や握る力を確認し、一定に保つことが大切です。

サーブを打つときの腕の振り方

アンダーハンドサーブは、腕はまっすぐ伸ばして後ろから前へ振り子のように一定のタイミングで振りあげます。

腕が曲がるとボールがまっすぐ前に飛ばなかったり飛距離が出なかったりします。腕の振りにあわせて後方の足から前方の足へ体重移動をさせると、ひじの伸びたまっすぐな軌道を描きやすくなりおすすめです。

ボールをインパクトする場所

アンダーハンドサーブは腕をまっすぐに伸ばした体の前方で、手のひらの付け根にミートさせて打ちます。トスは上に投げず、置くイメージで手から離すと、サーブ時のフォームが安定し効果的です。インパクトするときには、直立よりやや体を前傾にすると体とインパクトする場所に空間ができ、打ちやすくなります。

アンダーハンドサーブの練習方法

 (241180)

アンダーハンドサーブの練習は、3つのステップですると効果的です。

①基本的な体勢・動作を覚える
②飛距離を伸ばす
③高さをコントロールする


アンダーハンドサーブは静止した状態から打ち始めることができるサービスであるため、正しいフォームの習得が成功率アップの鍵となります。

①基本動作の習得

アンダーハンドサーブの練習で最初にすべきことは、基本的なフォームの習得です。練習では、体を正しく動作させることとボールを芯でとらえることに注力します。

※基本動作のポイント
・打ちたい方向に対して体が平行か
・ボールが当たる位置やトスの位置はあっているか
・動作時に膝の屈伸はできているか、利き手側のひじは曲がっていないか


2人以上のときはお互いに、1人のときは動画や姿見鏡でフォームを確認すると効果的です。
47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

バレーボールのサイドハンドサーブは、腕を伸ばして体の横でボールを打つサーブです。肩や肘の負担が少ないサイドハンドサーブは、筋力に自信がない人やバレーボール初心者も飛距離が出せるのが特徴です。トスを安定させてボールをミートする練習を重ねることがコツとなります。
まる蔵 | 188 view
バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは、アタッカーに対してネットに平行に直線的に上げるトスです。平行トスはブロック完成前に打てることがメリットで、バレーボールのコンビネーションで有効な得点手段の1つとなります。平行トスを打つコツはコンパクトなフォームでミートすることです。
まる蔵 | 209 view
バレーボールのハイセットとは?ハイセットの打ち方と練習方法を解説

バレーボールのハイセットとは?ハイセットの打ち方と練習方法を解説

バレーボールのハイセットとは、レシーブが乱れてセッターの定位置から離れた位置から上げるトスで、通常はに2段トスと呼ばれています。ハイセットはセッター以外の選手がおこなうことも多く、レフトかライト方向に大きく上げるのが基本で、バレーボールの試合の勝敗に関わる重要なプレーです。
まる蔵 | 245 view
キルブロックのやり方とは?バレーボールのブロックの練習方法を解説!

キルブロックのやり方とは?バレーボールのブロックの練習方法を解説!

バレーボールのキルブロックは、スパイクを完全にシャットする技です。キルブロックのやり方は、スパイクのタイミングを読み、手に力を入れてスパイクを完全に抑え込んで真下に叩き落します。キルブロックをマスターするには、バレーボールの練習に垂直ジャンプ力強化を取り入れ、正しい手の形でブロックすることです。
まる蔵 | 181 view
バレーボールのファーストテンポとは?アタッカーのタイミングを解説

バレーボールのファーストテンポとは?アタッカーのタイミングを解説

バレーボールのファーストテンポとは、アタッカーがセッターがトスを上げる前に助走を始めるクイック攻撃のタイミングです。ファーストテンポはバレーボールで最速の攻撃手段で、トスアップと同時に助走を始めるセカンドテンポ、トスアップ後に助走を開始するサードテンポの順となります。
まる蔵 | 344 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

emikobayashi215 emikobayashi215