2021年5月31日 更新

アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブは学校の体育で使われる初心者向けの技で、腕を振り子のように下から上へすくい上げる動作で打ちます。アンダーハンドサーブの成功には、正しい基本フォームの習得が必須で、ボールと打つ手を丁寧かつ確実に当てることやおへそを打ちたい方向へ向けることが大切です。

6,383 view お気に入り 0

②飛距離の習得

アンダーハンドサーブのフォームが身についたら、遠くに飛ばす練習をします。遠くに飛ばすには、腕の振りと後足から前足へ体重移動するタイミングをあわせることが重要で、初心者は短い距離からの練習がおすすめです。最初はエンドラインより5歩程度前からはじめ、サーブが届いたら1~2歩ずつサーブ位置まで練習距離を伸ばします。

※飛距離を伸ばすポイント
・腕の振りに勢いをつける
・体重移動でボールに全身の力を乗せる

③高さの習得

アンダーハンドサーブの正しいフォームと飛距離を習得できたならば、高さを自在にする練習がおすすめです。アンダーハンドサーブの高さはボールの打点に影響し、ボールの真下を打ったならば高め、側面を打ったならば低めの軌道を描きます。フォームを崩さないことに留意し、トスの高さとミートさせる位置をさまざまに変化させながら高さを体得すると、実践的なサーブにすることが可能です。

アンダーハンドサーブの5つのコツ

 (239251)

アンダーハンドサーブを上手に打てない、もっと思い通りの場所へ打ちたいと感じたときには、悩み別に打ち方のコツをつかむと比較的容易に習得することが可能です。打ちわけのコツをつかむことで、アンダーハンドサーブもバレーボールの試合で実践的かつ攻撃的なサービスとなり得ます。

サーブを確実に相手コートへ入れるコツ

アンダーハンドサーブを確実に相手コートへ入れるコツは、ボールと打つ手を丁寧かつ確実にミートさせることです。

アンダーハンドサーブは、ボールの芯へ十分な力を乗せることができたならば、確実に相手コートまで届きます。サーブを確実に入れたいときには、腕の振りを速く大きくせずに、トスは打つ位置に置くイメージ、打つ手はボールを前へ送り出すイメージで、後から前に体重を移動させながら丁寧に当てると効果的です。

サーブを左右に打ちわけるコツ

サーブを左右に打ち分けるコツは、おへそを打ちたい方向へ向けることです。

アンダーハンドサーブは打つときに利き手腕を体に沿わせる動作をするため、必然的におへその向いている方向へ飛びます。初心者には足も含めて体ごと左右打ちたい方向へ向く方法が容易でおすすめです。サービスを打つことに慣れている選手は、足をコート正面に残したまま腰の回転で左右打ちたい方向へおへそを向けると、打つ方向が相手にばれず実践的です。

サーブをエンドラインに打つコツ

 (241510)

サーブをバレーボールコートのエンドラインぎわへ打つコツは2つあります。

・ボールの真下から斜め30~45度付近をインパクト点とする
・おへそより下の位置でミートさせる


ボールのインパクト点を通常より側面に近い位置とすることで、前方向にかかる力が強くなり、飛距離が出ます。通常フォームより低いおへそ下部でボールをとらえることは、ボールの打点変更によるフォームの乱れを最小限にとどめることに効果的です。

サーブの高さ・速さを変えるコツ

 (241512)

サーブの高さを変えるコツはトスの位置とボールのインパクト点にあります。アンダーハンドサーブは、おへその高さでボールの真下から15~30度斜め側を打つことが一般的で、打点をおへそより上にすると高くボールの真下から、おへそより下にすると低くボールの側面から打つことができます。

サーブの速さを変えるコツは、腕を振る速さを変えることで、腕を速く振れば振るほど球速があがります。

アンダーハンドサーブで変化球を打つコツ

アンダーハンドサーブで変化球を打つコツは、ボールをこすり上げて打つことです。

アンダーハンドサーブは、インパクト時に手をボールに擦り当てるとトライブ回転がかかり落下速度が速い変化球になります。ボールに変化をもたせるには、手のひらの打点を手首に近い場所へ変える方法も効果的です。ただし変化球は正しいフォームの乱れにつながる場合もありますので、正しいフォームを100%習得した後がおすすめです。

アンダーハンドサーブのアドバイス

 (239249)

アンダーハンドサーブはバレーボールの初心者向けのサーブで、学生時代に誰もがバレーボールの授業でチャレンジした経験をもつ身近な技です。上級者は実戦で使わないと低レベルにみられることも多い技ですが、取得することで多くの基礎動作が身につきます。全身の使い方、伸ばすところとバネのように使う箇所の違い、ボールを芯でとらえることの3点に注力し、アンダーハンドサーブからバレーボールの基本動作を身につけましょう。
47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オープントスのやり方とは?初心者にメリット・デメリットを解説!

オープントスのやり方とは?初心者にメリット・デメリットを解説!

バレーボールのオープントスは、レフトとライトのウイングスパイカーに向けて上げるトスで、高く大きな弧を描くことが特徴です。オープントスはバレーボールの試合中に一番使われるトスで、打ち手の能力を十分活かせることがメリットですが、ブロックが必ずつくデメリットもあります。
サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

バレーボールのサイドハンドサーブは、腕を伸ばして体の横でボールを打つサーブです。肩や肘の負担が少ないサイドハンドサーブは、筋力に自信がない人やバレーボール初心者も飛距離が出せるのが特徴です。トスを安定させてボールをミートする練習を重ねることがコツとなります。
バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは、アタッカーに対してネットに平行に直線的に上げるトスです。平行トスはブロック完成前に打てることがメリットで、バレーボールのコンビネーションで有効な得点手段の1つとなります。平行トスを打つコツはコンパクトなフォームでミートすることです。
バレーボールのハイセットとは?ハイセットの打ち方と練習方法を解説

バレーボールのハイセットとは?ハイセットの打ち方と練習方法を解説

バレーボールのハイセットとは、レシーブが乱れてセッターの定位置から離れた位置から上げるトスで、通常はに2段トスと呼ばれています。ハイセットはセッター以外の選手がおこなうことも多く、レフトかライト方向に大きく上げるのが基本で、バレーボールの試合の勝敗に関わる重要なプレーです。
キルブロックのやり方とは?バレーボールのブロックの練習方法を解説!

キルブロックのやり方とは?バレーボールのブロックの練習方法を解説!

バレーボールのキルブロックは、スパイクを完全にシャットする技です。キルブロックのやり方は、スパイクのタイミングを読み、手に力を入れてスパイクを完全に抑え込んで真下に叩き落します。キルブロックをマスターするには、バレーボールの練習に垂直ジャンプ力強化を取り入れ、正しい手の形でブロックすることです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

emikobayashi215 emikobayashi215