2020年7月7日 更新

ブロックアウトのやり方とは?バレーボールで上手に相手の手を狙うテクニック

バレーボールのブロックアウトとは、ブロッカーの手にボールを当ててアウトにするスパイカーのテクニックです。ブロックアウトのやり方は、ブロックを見て指先に当ててコート外にボールを出すのが基本となります。高いブロックを利用して得点にするブロックアウトは、スパイカーに必須の技です。

3,561 view お気に入り 0

バレーボールのブロックアウトとは?

 (152826)

バレーボールのブロックアウトとは、スパイクを相手ブロッカーの手に当てて、ボールをコート外にはじき出すことです。意識的にブロックアウトを狙ってボールをコート外に出すテクニックは、高いブロックへ対抗する有効な技です。

アタッカー側からはブロックアウトを取る、ブロッカー側からはブロックアウトを取られるといい、ソフトアタックやフェイント気味のボールをブロックに当てる場合は、タッチアウトを取るといいます。

ブロックアウトの意味

ブロックアウトの意味は、ブロックにボールを当ててアウトにすることです。スパイカーが意識的にブロックにボールを当ててアウトを取る場合と、ブロックを抜く目的で打ったボールがブロッカーの手に当たってアウトになる場合があります。

相手チームの選手に当たってアウトにすれば自分のチームの得点になるので、ブロックに当ててアウトにするテクニックはスパイカーに必須の技です。

ブロックアウトのルール

Login 窶「 Instagram (151676)

ブロックアウトだけに関する重要なルールはありませんが、ブロックアウトを狙うときにスパイカーがボールを打たずにつかんで押し出すケースがあります。ボールを体の一部に停止させたときにはキャッチボールの反則を取られます。キャッチボールは以前はホールディングの名称でした。

ブロッカーとスパイカーが長時間ボールを押しあって静止した場合は、以前はノーカウントの判定になりましたが現在ではセーフです。

ブロックアウトのやり方

Login 窶「 Instagram (151678)

ブロックアウトのやり方は、ブロックをよく見てブロッカーの手の一部にボールを当ててコート外に出すのが基本です。ブロックを見ることと、ブロッカーのどこにボールを当てるかがポイントとなります。

空中でやる技で初めは難しいですが、初心者も基礎をマスターしてコツを抑えた練習をすれば必ず習得できます。試合では必ずブロックがつくので、ブロックアウトのやり方を知らないとポイントを稼ぐことができません。

基本の打ち方

ブロックアウトを取る打ち方の基本は、普通のスパイクと同じです。ブロックアウトを取るために必要なのは、ブロックをよく見ることと正しいミートをすることです。

打つときは、ブロックの正面にボールを当てないで、ブロックの手の端や指先を狙いましょう。ブロックの正面に打つと、ブロックアウトが取れないばかりか、自分にボールが返りフォローをするのが難しくなります。

ネットに近いボールの打ち方

ブロックアウトの押し出し型の狙い方とコツ

ネットに近いボールとはブロックに近いボールです。ブロックに近いボールを強打をするとブロックアウトは取りずらくなるので、ブロックの壁を横にスライドさせて押し出す打ち方が効果的です。自コート内にボールが戻ってきた場合も、自分以外の選手がリバウンドを取るので、切り返しに余裕が出ます。

壁にボールを真横に滑らせる感覚ですが、長い時間ボールを手のひらでホールドすると反則を取られるので注意しましょう。

ネットから離れたボールの打ち方

ネットから離れたボールは、思い切ってブロックの端や指先を狙った強打でブロックアウトを取りに行きましょう。背の低い選手やジャンプ力に自信のない選手も、ブロックを利用するブロックアウトを狙って得点を稼ぐことができます。

指先をねらって打つ場合、やや上方にスパイクを打つ必要があります。当たらなかった場合はスパイクがアウトになりますが、初心者はアウトを恐れずに思い切り打って感覚をつかみましょう。

狙う位置

 (151674)

ブロックアウトを取るときに狙う位置は相手ブロッカーの指先や小指側です。ブロックアウトはおもにウイングスパイカーが使うテクニックで、アンテナ側の小指を狙えばボールがコート外にはじかれます。アンテナとブロックの間が離れ気味のときは、強打のストレートが効果的です。

ブロックの形が完璧でブロックアウトを取りにくい場合は、軽くブロックに当ててリバウンドを取ることやフェイントも選択肢の1つです。

ブロックアウトの練習方法

ブロックアウトの打ち方や上達のコツ

ブロックアウトの練習は、ブロックを見る余裕を持つことから始めます。ブロックを見て自分が狙った場所に当てるには、ブロックを見ることと思い通りの場所に打つことが必要です。

試合ではスパイカーに対して必ずブロックがつきます。ブロックアウトを狙うときだけでなく、常にブロックを見ることがスパイカーの決定率・効果率を上げる大きな要素です。

スパイクをブロックに当てる練習

40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オープントスのやり方とは?初心者にメリット・デメリットを解説!

オープントスのやり方とは?初心者にメリット・デメリットを解説!

バレーボールのオープントスは、レフトとライトのウイングスパイカーに向けて上げるトスで、高く大きな弧を描くことが特徴です。オープントスはバレーボールの試合中に一番使われるトスで、打ち手の能力を十分活かせることがメリットですが、ブロックが必ずつくデメリットもあります。
アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブは学校の体育で使われる初心者向けの技で、腕を振り子のように下から上へすくい上げる動作で打ちます。アンダーハンドサーブの成功には、正しい基本フォームの習得が必須で、ボールと打つ手を丁寧かつ確実に当てることやおへそを打ちたい方向へ向けることが大切です。
サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

バレーボールのサイドハンドサーブは、腕を伸ばして体の横でボールを打つサーブです。肩や肘の負担が少ないサイドハンドサーブは、筋力に自信がない人やバレーボール初心者も飛距離が出せるのが特徴です。トスを安定させてボールをミートする練習を重ねることがコツとなります。
バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは、アタッカーに対してネットに平行に直線的に上げるトスです。平行トスはブロック完成前に打てることがメリットで、バレーボールのコンビネーションで有効な得点手段の1つとなります。平行トスを打つコツはコンパクトなフォームでミートすることです。
バレーボールのハイセットとは?ハイセットの打ち方と練習方法を解説

バレーボールのハイセットとは?ハイセットの打ち方と練習方法を解説

バレーボールのハイセットとは、レシーブが乱れてセッターの定位置から離れた位置から上げるトスで、通常はに2段トスと呼ばれています。ハイセットはセッター以外の選手がおこなうことも多く、レフトかライト方向に大きく上げるのが基本で、バレーボールの試合の勝敗に関わる重要なプレーです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵