2020年1月10日 更新

バレーボールのルールとは?ゼロから理解できる6人制バレーボール

6人制バレーボールは、1チーム6人でネットを挟んでボールを打ち合います。試合は、サーブから始まって、ボールが落ちたり反則があった場合などに得点が入り、先に25点を取ったチームがセットを獲得します。基本的なバレーボールのルールをわかりやすく説明します。

4,567 view お気に入り 0
選手の登録人数は以下の通りです。

・スターティングメンバー6人
・交代メンバー6人以内(※リベロプレーヤー1人を含みます。)

これはあくまで6人制バレーボールの基本的な規定ですので、その大会によって交代メンバーやリベロの人数など違ってきますので注意してください。

ゲームキャプテンのルール

チームにはチームキャプテンとゲームキャプテンが必要となります。

主将であるチームキャプテンは、チームの代表で、コート内にいる時にはゲームキャプテンを務めますが、チームキャプテンがコート内にいない場合はコート内にいる選手の誰かがゲームキャプテンとなります。

ゲームキャプテンは、選手交代タイムアウトの要求、そして主審の判定に対して質問等ができる唯一の存在です。

選手交代のルール

ファイル:Replace in volleyball.jpg - Wikipedia (100149)

選手交代のルールは、1セットにつき6回まで可能です。

1対1の交代を1回と数えるため、2人ずつなら2回選手交代を行ったことになります。また、ピンチサーバーやワンポイントブロッカーなどはすぐにベンチに戻りますが、これもそれぞれ交代数にカウントされます。

スターティングメンバーはベンチに下がった後、同一のセットで一度だけコートに戻ることができますが、自分と交代した選手としか交代できません。

なお、リベロプレーヤーの交代はこの6回には数えず、何度でも交代することが許可されています。

タイムアウトのルール

タイムアウトのルールは、1セットにつき2回まで取ることができます。

タイムアウトは監督またはゲームキャプテンが、審判に要求して取ります。必ずしも2回取らなければいけないというわけではありません。タイムアウトの時間は30秒と規定されています。

テクニカルタイムアウトのルール

公式の国際試合では、テクニカルタイムアウトがあります。

テクニカルタイムアウトは、どちらかのチームが8点16点に達した時に自動的に取られるもので、通常のタイムアウトとは違い時間は1分間となります。

リベロプレーヤーとは?

shota on Instagram: “#荒尾玲音選手 #鎮西高校 #リベロ” (100150)

リベロのルールとは、試合中何度も選手交代が許されている守備専門の選手を配置できることです。

実際には、ミドルブロッカーであるセンタープレーヤーがバックに下がった時に、その選手と交代することが多くなっています。リベロを必ず使わなくてはならない、というルールはありません。

守備専門のリベロの選手がルール上禁止されている行為は以下の通りです。
(1)リベロはサーブを打てない。
(2)アタックラインより前でのトスアップは禁止。
(3)アタックラインより前でのネットの高さ以上での返球・ブロックとみなされる行為の禁止。

バレーボールのルール上の反則とは?

バレーボールでは、相手コートにボールを落とす以外にも、相手に反則行為があった場合にも得点が入ります。さまざまな反則がありますので項目ごとに分けて解説します。

また、反則ごとに主審のジェスチャーがあります。一緒に覚えておくと、どのような反則があったのか一目瞭然となりますので、興味のある方は覚えておきましょう。

ダブルコンタクト・ホールディング

に on Instagram: “トスが美しい...お顔も美しい...。#バレーボール#セッター#宮下遥” (100287)

ダブルコンタクトとは、1人の選手が2回以上連続でボールに触れた時に取られる反則です。​​

オーバーハンドパスで、左手と右手が違うタイミングでボールに触れた時に多く見られます。現在では、相手から来たボールに初めて触れる選手のアンダーハンドパス、ブロックには適用されません。

審判のジェスチャーは、Vサインのように指2本を立てます。

ホールディング

ホールディングとは、体の一部でボールを静止させてしまった時に取られる反則です。

ボールを掴んで運んだように見えるスパイクや、オーバーパスのときに一旦持ったように見える場合に取られます。審判は手の平を上にして下から上へ上げる動作をします。

タッチネット・オーバーネット

erika on Instagram: “…昨日は仕事初め🙃11日の墨田を励みに、あと4日がんばろ#東レアローズ#藤井直伸 選手#李博 選手#清水邦広 選手#パナソニックパンサーズ#駒沢#tb2019.12.8” (100288)

タッチネットは、体の一部がネットに触ってしまった時に取られる反則です。アンテナに触ってしまった時もタッチネットとなり、ユニフォームや髪の毛が触ってしまった時も反則とみなされます。

審判は、軽くネットの上をタッチします。

オーバーネット

63 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

三重罰とは?ファールが重なるとどうなる?【サッカーのルール解説】

三重罰とは?ファールが重なるとどうなる?【サッカーのルール解説】

三重罰とは自陣ペナルティーエリア内での守備者のファウルに対して、退場、ペナルティーキック、次節出場停止の三つの罰が同時に適用されることをいいます。近年、ルール改正によって三重罰は適用されにくくなりましたが、ビデオ判定が導入されたことで判定の難解さが増しています。
ファウルチップとは?ルールは捕球されるとアウトになるの?

ファウルチップとは?ルールは捕球されるとアウトになるの?

ファウルチップとは、打者が打ったボールが鋭く後ろに逸れ、直接キャッチャーが捕球したことを意味します。ファウルチップになった場合は、空振りと同じ扱いとなります。打者がツーストライクと追い込まれた状況であれば、空振り三振となり、アウトになります。
プロ野球のリクエスト制度とは?細かいルールと今後の課題を解説

プロ野球のリクエスト制度とは?細かいルールと今後の課題を解説

プロ野球のリクエスト制度とは、審判の判定に対してビデオ判定を要求できる制度です。プロ野球のリクエスト制度のルールは、ビデオ判定を要求できるプレーはアウト・セーフに関連するものとされています。リクエストの回数は2回とされています。リクエスト制度のルールや条件を理解してプロ野球を楽しみましょう!
kimura |
ダブルドリブルとは?バスケのルールの意味や基準を解説!

ダブルドリブルとは?バスケのルールの意味や基準を解説!

ダブルドリブルとは、バスケットのドリブル時のヴァイオレーションの1つです。ダブルドリブルは、オフェンス側の反則で、安易なミスではなく、絶対してはいけないミスです。連続的なドリブルをするなかで、ドリブル終了後に再度ドリブルをする反則のダブルドリブルのルールの基準を理解しましょう。
PKのルールとは?改正もあったルールを含めてわかりやすく解説

PKのルールとは?改正もあったルールを含めてわかりやすく解説

PKはボールの置く位置やボールから離れる選手の距離、ゴールキーパーが動くタイミング、キックフェイントの禁止など細かいルールがあります。また、PKにはゴールキーパーにもキッカーにもコツやセオリーがあり、技術的、論理的に成功確率を高めることができます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵