2021年6月30日 更新

オープントスのやり方とは?初心者にメリット・デメリットを解説!

バレーボールのオープントスは、レフトとライトのウイングスパイカーに向けて上げるトスで、高く大きな弧を描くことが特徴です。オープントスはバレーボールの試合中に一番使われるトスで、打ち手の能力を十分活かせることがメリットですが、ブロックが必ずつくデメリットもあります。

1,577 view お気に入り 0

オープントスとは?

 (242688)

バレーボールのオープントスとは、コートの左右の端をめがけて高く上げる山なりのトスのことです。オープントスは、レフトアタッカーとライトアタッカーが打つために上げるトスで、バレーで一番多く使われるトスとなります。

バレーボールのトスは多くの種類がありますが、オープントスは基本的なトスで、セッターが一番初めにマスターすべき技術です。

オープントスのメリット

オープントスのメリットは2つあります。

・打ち手が慌てずスパイクを打つことができる
・体重が乗ったパワフルなスパイクを打つことができる

オープンスパイクは、トスが上がってから助走を開始して打つスパイクで、打ち手は慌てることなく打ちたいコースに体重を乗せたアタックを打つことができます。

オープントスのデメリット

オープントスのデメリットは2つあります。

・ブロッカーに追いつかれやすい
・完成したブロックを抜くことが難しい

オープントスはトスの滞空時間長く、実戦で必ずブロックがつくことが前提となります。オープンのトスを得点につなげるにはブロックを破るスキルや躱すスキルが必要です。

オープントスのやり方

オープントスの基本のやり方は、セッターがボールが来る方向に体を向けて球を受け、ネットの両端のアンテナに向けて大きく弧を描くトスを上げます。

やり方をマスターするためには、バレーボールの基本のオーバーハンドパスのスキルを向上させることが最低限必要となります。

アタッカーが打ちやすいオープントスとは?

アタッカーが打ちやすいオープントスは、2つの条件があります。

①距離と高さが一定であること
②速く直線的でなく、フワッとした優しいボールであること

打ちやすいオープントスを上げるためには、基本のオーバーハンドパスをマスターすることが必須です。打ちやすいオープントスは、精度の高いオーバーパスの延長上​にあります。セッターは対人パスのときからトスを上げることを視野に入れてオーバーパスのスキルを磨きましょう。

オープントスを上げる手順

オープントスを上げる手順は、レシーブをした選手の方向に体を向けて待つことから始めます。

①レシーブが上がった方向に向いてボールを待つ
②レシーブが上がったらボールの真下に素早く移動する
③低い姿勢で正面でボールを受ける
④パスを上げたい方向に体とつま先を向けて、全身のバネを使ってトスを上げる

セッターはネットに背中を向けた体勢から、打ち手に向けて直角に体を回転させてトスを上げることが基本です。

オープントスの練習方法

 (242692)

オープントスの練習方法は、1人でできる練習とチーム練習の中でできる練習があります。自宅で1人でオーバーハンドパスの基礎を身につけることができます。

対人パスのときやサーブレシーブ練習に組み込んでする練習もあり、セッター志望の人は常に大きく弧をえがくトスの上達を視野に入れて練習をしていきましょう。

1人で真上にトスを上げる練習

1人で真上にトスを上げる練習は、体育館や自宅でできる簡単な練習で、方法は真上にオーバーハンドパスを上げる動作を繰り返す練習です。

低いトスを同じ場所で繰り返すことは、腕の曲げ伸ばしと手の形をマスターする基礎練習に最適で、ボールを真上に上げる意識を持つことが大切です。オープントスはオーバーパスを高く遠くに飛ばす必要があるため、徐々にトスを高くしてボールコントロールを身につけましょう。

バウンドさせたボールをパスする練習

バウンドさせたボールをパスする練習は、1人でできる練習ですが、対人パスのときもできます。ボールをキャッチするだけで素早く正しい位置に入る練習になりますが、トスを上げるとさらに効果的です。

【1人でするやり方】
自分の手前に両手でボールを強く叩きつけて、球の真下に入りおでこの斜め上でボールを捉える

【2人でするやり方】
相手がボールを床に叩きつけて、上がったボールの下に素早く移動して額の上方でキャッチする

サーブカットと組み合わせた練習

サーブカットと組み合わせた練習は、サーブカットの練習のときにセッターがトスを上げる動作まで組み込む練習方法です。

サーブカットの練習は通常サーブを打ってレセプションをするだけの場合が多いですが、セッターが定位置にポジショニングしてレシーブされたボールをトスアップするまでを一連の流れとします。セッターはレシーブされた球すべてをオープントスにする意識をもってボールの下に素早く移動することを心がけましょう。

オープントスのコツ

35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブは学校の体育で使われる初心者向けの技で、腕を振り子のように下から上へすくい上げる動作で打ちます。アンダーハンドサーブの成功には、正しい基本フォームの習得が必須で、ボールと打つ手を丁寧かつ確実に当てることやおへそを打ちたい方向へ向けることが大切です。
サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

バレーボールのサイドハンドサーブは、腕を伸ばして体の横でボールを打つサーブです。肩や肘の負担が少ないサイドハンドサーブは、筋力に自信がない人やバレーボール初心者も飛距離が出せるのが特徴です。トスを安定させてボールをミートする練習を重ねることがコツとなります。
バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは、アタッカーに対してネットに平行に直線的に上げるトスです。平行トスはブロック完成前に打てることがメリットで、バレーボールのコンビネーションで有効な得点手段の1つとなります。平行トスを打つコツはコンパクトなフォームでミートすることです。
バレーボールのハイセットとは?ハイセットの打ち方と練習方法を解説

バレーボールのハイセットとは?ハイセットの打ち方と練習方法を解説

バレーボールのハイセットとは、レシーブが乱れてセッターの定位置から離れた位置から上げるトスで、通常はに2段トスと呼ばれています。ハイセットはセッター以外の選手がおこなうことも多く、レフトかライト方向に大きく上げるのが基本で、バレーボールの試合の勝敗に関わる重要なプレーです。
キルブロックのやり方とは?バレーボールのブロックの練習方法を解説!

キルブロックのやり方とは?バレーボールのブロックの練習方法を解説!

バレーボールのキルブロックは、スパイクを完全にシャットする技です。キルブロックのやり方は、スパイクのタイミングを読み、手に力を入れてスパイクを完全に抑え込んで真下に叩き落します。キルブロックをマスターするには、バレーボールの練習に垂直ジャンプ力強化を取り入れ、正しい手の形でブロックすることです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵