2021年4月20日 更新

バレーボールのファーストテンポとは?アタッカーのタイミングを解説

バレーボールのファーストテンポとは、アタッカーがセッターがトスを上げる前に助走を始めるクイック攻撃のタイミングです。ファーストテンポはバレーボールで最速の攻撃手段で、トスアップと同時に助走を始めるセカンドテンポ、トスアップ後に助走を開始するサードテンポの順となります。

1,350 view お気に入り 0

バレーボールのテンポとは?

 (235733)

バレーボールのテンポとは、トスが上がった瞬間からアタッカーがスパイクヒットする瞬間までの時間です。テンポは具体的に秒数の定義はなく、セッターのセットアップからスパイカーが助走を開始するまでの時間を基準とします。

バレーボールのテンポには4つの種類があります。
ファーストテンポが最速で、セカンドテンポ・サードテンポの順で遅くなります。マイナステンポはアタッカーのジャンプ後にトスを上げるプレーで、ファーストテンポの進化系です。

バレーボールの4つのテンポ

テンポの種類 助走位置
ファーストテンポ セッターのセットアップよりも前に助走を開始
セカンドテンポ セッターのトスアップとほぼ同時に助走を開始
サードテンポ セッターのトスアップの後に助走を開始
マイナステンポ セットアップ時点で助走と踏み切りが完了

ファーストテンポ

助走のタイミング セッターのセットアップより前
トスの種類 Aクイック,Bクイック
ファーストテンポとは、スパイカーがセッターのトスアップより前に助走を始めるプレーです。ファーストテンポはトスアップとスパイクヒットの間隔が全てのスパイクで一番短く、ブロックにつかまりにくいメリットがあります。

ファーストテンポのトスは、スパイカーが助走した後にセットアップします。セッターはスパイカーがボールを打つ位置にトスを置く感覚で、セッターのスキルとセンスが必要です。

セカンドテンポ

助走のタイミング セッターのセットアップとほぼ同時
トスの種類 Bクイック,Dクイック,短めの平行トス
セカンドテンポとは、セッターのトスアップとほぼ同時に助走を開始するプレーです。ファーストテンポは打つ選手の動きに合わせてトスを上げますが、セカンドテンポはトスのコースに合わせてアタッカーがタイミングを合わせます。

セカンドテンポはBクイックやコンビ攻撃の中で使われる平行トスに相当し、スパイカーがトスを見てジャンプタイミングを微調整する必要があります。

サードテンポ

助走のタイミング セッターのセットアップより後
トスの種類 オープントス,長めの平行トス,二段トス
サードテンポとは、セッターや他のプレーヤーがトスを上げた後に助走を始めてスパイクを打つプレーです。通常サードテンポは普通のオープンアタックのタイミングのことを指しますが、トスが短く低いときもトスアップ後に助走を始めればサードテンポのスパイクとなります。

レシーブが乱れてセッター以外の選手が上げるトスを二段トスといいますが、二段トスはサードテンポのタイミングです。

マイナステンポ

助走のタイミング セッターのセットアップより前に助走とジャンプが完了
トスの種類 Aクイック,Cクイック
マイナステンポとは、トスを上げた時点でスパイカーの助走・ジャンプが完了されている状況のプレーです。スパイカーの打点にピンポイントでトスを上げる必要があるため、セッターとスパイカーの連携と高いスキルが要求されます。

ファーストテンポやマイナステンポのスパイクは、ブロックが反応・完成する前にスパイクを打つことを目的とした攻撃方法で、成功時はバレーボールで最も速い攻撃となりますが難易度も高くなります。

ファーストテンポのやり方

ファーストテンポのやり方は、基本的にクイックを打つときと同じです。

①レシーブがセッターに返ることを予測して助走開始
②セッターのトスアップと同時にジャンプ
③空中でトスの位置を確認
④コンパクトなスイングでスパイク

ファーストテンポのスパイクは体重をかけたヒットは必要ありません。コンパクトなスイングで手首を使った速い攻撃でブロックをかわして、相手レシーバーがいない場所にボールを落とすことが目的となります。

ジャンプするタイミング

ジャンプするタイミングは、セッターの手にボールが触れる直前か触れる瞬間です。相手チームのブロッカーは通常トスを見てブロックに飛ぶことから、空中でトスを待つファーストテンポはブロック完成前に打ちぬくことができます。正しいタイミングでジャンプするために、セッターとボールの動きから目を離さないことを意識しましょう。

ジャンプ位置の注意点は、ボールを自分の前で捉えるためにネットに近づきすぎないことです。

ファーストテンポでスパイクを打つためのトス

ファーストテンポでスパイクを打たせるトスはクイックトスで、セッターは打つ選手がボールを捉える位置を予測してボールを空中に置きます。セッターはジャンプトスで高い位置でボールを捉えることが速い攻撃に結びつけるコツです。

打ち手の望む位置にトスを上げるには、スパイカー以上にセッターの技量が必要で、打ち手がセッターの技量を信頼することで思い切りのよい助走やジャンプができます。

ファーストテンポのスパイクを打つコツ

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

インナースパイクの打ち方とは?バレーボールのテクニック解説

インナースパイクの打ち方とは?バレーボールのテクニック解説

バレーボールのインナースパイクとは、アタックラインより前を狙ったクロススパイクです。インナースパイクには、相手の守備を乱したりブロックさせづらくしたりするメリットがあり、ネット近くに上がった低いトスをたすきがけのように斜めに振りぬく軌道で高い打点から打つと成功しやすくなります。
オープントスのやり方とは?初心者にメリット・デメリットを解説!

オープントスのやり方とは?初心者にメリット・デメリットを解説!

バレーボールのオープントスは、レフトとライトのウイングスパイカーに向けて上げるトスで、高く大きな弧を描くことが特徴です。オープントスはバレーボールの試合中に一番使われるトスで、打ち手の能力を十分活かせることがメリットですが、ブロックが必ずつくデメリットもあります。
アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブは学校の体育で使われる初心者向けの技で、腕を振り子のように下から上へすくい上げる動作で打ちます。アンダーハンドサーブの成功には、正しい基本フォームの習得が必須で、ボールと打つ手を丁寧かつ確実に当てることやおへそを打ちたい方向へ向けることが大切です。
サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

バレーボールのサイドハンドサーブは、腕を伸ばして体の横でボールを打つサーブです。肩や肘の負担が少ないサイドハンドサーブは、筋力に自信がない人やバレーボール初心者も飛距離が出せるのが特徴です。トスを安定させてボールをミートする練習を重ねることがコツとなります。
バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは、アタッカーに対してネットに平行に直線的に上げるトスです。平行トスはブロック完成前に打てることがメリットで、バレーボールのコンビネーションで有効な得点手段の1つとなります。平行トスを打つコツはコンパクトなフォームでミートすることです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵