2021年4月20日 更新

バレーボールのファーストテンポとは?アタッカーのタイミングを解説

バレーボールのファーストテンポとは、アタッカーがセッターがトスを上げる前に助走を始めるクイック攻撃のタイミングです。ファーストテンポはバレーボールで最速の攻撃手段で、トスアップと同時に助走を始めるセカンドテンポ、トスアップ後に助走を開始するサードテンポの順となります。

398 view お気に入り 0
ファーストテンポのスパイクを打つコツは3つあります。

①コンパクトなフォームで高くジャンプする
②手首を使い正面を避けて左右に打ち分ける
③ボールやセッターの動きをよく見る

ファーストテンポの速攻を成功させるコツは、速くコンパクトに相手コートにボールを落とすことです。大きなバックスイングやボールに体重をかけることでなく、ボールをよく見て手首を使いブロックをかわすことが大切です。

ファーストテンポは一番速いスパイク攻撃

 (235734)

ファーストテンポのスパイクはバレーボールで最速の攻め方で、パワー重視のオープン攻撃と違い、コンパクトなフォームで速く相手コートにボールを打ち込むことが必須です。ファーストテンポの速攻は強打の必要はなく、ブロックやレシーブ体制が完成する前にフェイント気味で相手コートにボールを落とすも有効な得点手段です。

アタッカーとセッターの両方の技術向上と信頼が、ファーストテンポの速攻を武器にするポイントとなります。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

インナースパイクの打ち方とは?バレーボールのテクニック解説

インナースパイクの打ち方とは?バレーボールのテクニック解説

バレーボールのインナースパイクとは、アタックラインより前を狙ったクロススパイクです。インナースパイクには、相手の守備を乱したりブロックさせづらくしたりするメリットがあり、ネット近くに上がった低いトスをたすきがけのように斜めに振りぬく軌道で高い打点から打つと成功しやすくなります。
emikobayashi215 | 202 view
アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブは学校の体育で使われる初心者向けの技で、腕を振り子のように下から上へすくい上げる動作で打ちます。アンダーハンドサーブの成功には、正しい基本フォームの習得が必須で、ボールと打つ手を丁寧かつ確実に当てることやおへそを打ちたい方向へ向けることが大切です。
emikobayashi215 | 264 view
サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

バレーボールのサイドハンドサーブは、腕を伸ばして体の横でボールを打つサーブです。肩や肘の負担が少ないサイドハンドサーブは、筋力に自信がない人やバレーボール初心者も飛距離が出せるのが特徴です。トスを安定させてボールをミートする練習を重ねることがコツとなります。
まる蔵 | 231 view
バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは、アタッカーに対してネットに平行に直線的に上げるトスです。平行トスはブロック完成前に打てることがメリットで、バレーボールのコンビネーションで有効な得点手段の1つとなります。平行トスを打つコツはコンパクトなフォームでミートすることです。
まる蔵 | 226 view
バレーボールのハイセットとは?ハイセットの打ち方と練習方法を解説

バレーボールのハイセットとは?ハイセットの打ち方と練習方法を解説

バレーボールのハイセットとは、レシーブが乱れてセッターの定位置から離れた位置から上げるトスで、通常はに2段トスと呼ばれています。ハイセットはセッター以外の選手がおこなうことも多く、レフトかライト方向に大きく上げるのが基本で、バレーボールの試合の勝敗に関わる重要なプレーです。
まる蔵 | 272 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵