2020年7月19日 更新

バレーボールのツーアタックとは?成功させるコツを解説

バレーボールのツーアタックとは、セッターの選手がトスではなくスパイクを仕掛ける攻撃方法です。相手ブロッカーに最後までトスアップを意識させて、ギリギリのタイミングで相手コートに落とすのが最大のポイントです。成功率を上げるコツをつかんで、最善のタイミングで使いましょう。

1,904 view お気に入り 0

バレーボールのツーアタックとは?

 (155825)

バレーボールのツーアタックとは、セッターの選手がトスを上げると見せかけ、フェイントやスパイクの攻撃をすることです。

オーソドックスな攻撃はレシーブ、トス、スパイクの3タッチ攻撃ですが、トスのタイミングで攻撃を仕掛けることが名前の由来と言われています。

ツーアタックは、指導者によって賛否両論がわかれる攻撃方法ですが、使いこなすことができれば攻撃の幅を広げることができます。ツーアタックを使うときの重要なポイントは、使うタイミングを見極めることにあります。

セッターのツーアタック

ツーアタックは、ほどんどの場合セッターがします。通常の攻撃ではトスを上げるのがセッターの役割であるため、アタックを仕掛ける選択肢が増えるのが理由です。

セッターは、練習でツーアタックの威力を高めることも重要です。

相手のブロッカーにツーアタックを意識させることで、セッターの選択肢を最後まで見極めることが難しくなります。結果的に相手ブロッカーの反応が遅れるので、トスを上げたときのスパイカーの決定率は格段に上昇します。

ツーアタックのメリット

ツーアタックをするメリットは、大きく3つあります。

・クイック攻撃以上に早いタイミングで打つので、成功すると即得点に繋がる
・ツーアタックがあることを相手に警戒させることで、ブロッカーに迷いを与える
・ブロッカー同様に、レシーバーの最初の1歩の反応を鈍らせる


相手にツーアタックの可能性を意識させることだけでも、十分に効果があります。バレーボールは、反応が一瞬遅れるだけで不利になるスポーツです。そういった一瞬を操る方法の1つが、ツーアタックだと言えます。

ツーアタックのやり方

 (155826)

バレーボールのツーアタックの基本は、セッターがトスを上げずに相手コートに返すことです。手順は次の3つで、レシーブがセッターに返ってくることを前提とします。

①レシーブが上がると同時に、セッターは相手チームのポジションを確認する
②トスを上げるフォームと同じ姿勢で、できるだけ高くジャンプする
③ボールが落ちてくるギリギリの瞬間で、片方の手で相手コートにスパイクやソフトタッチで仕掛ける


相手ブロッカーに読まれると、簡単にブロックされますので注意が必要です。

ツーアタックをするときの条件

ツーアタックをするときの条件は、セッターが前衛にいるローテーションのときに限られます。

バレーボールのルールで、後衛のときはセンターラインより前でジャンプして攻撃することはできないので、ツーアタックをしようとジャンプ動作をすると、反則をとられます。

ジャンプしなければ反則はとられませんが、まったく奇襲にならず、ツーアタックの意味がありません。

ツーアタックのコツ

 (155824)

ツーアタックのコツは、ツーアタックが成功しやすい状況を理解することです。やみくもにツーアタックを仕掛けても相手に読まれたり、味方のリズムを崩したり、メリットがありません。

・スパイカーがセッターの近くを横切ったとき、相手ブロッカーは一瞬スパイカーに気を取られる
・セッターが交代した直後の1本目
・ラリーが長く続いているとき
・チャンスボールで攻撃でするとき、相手はスパイカーに注目がいきやすい


状況判断を的確に実行するのが、ツーアタック成功のカギです。

相手コートのポジショニング

 (156049)

相手チームのポジショニングを瞬時に見極めることも、ツーアタックを成功させるコツの1つです。ツーアタックが最も決まりやすいコースは、コートの中央です。

前衛の選手が3人でブロックのフォーメーションを組むので、レシーブフォーメーションは基本的に上図のように配置します。

コートの中央を狙って打つと、必然的に相手チーム全てのレシーバーから距離が遠くなるので、ツーアタックが成功する確率が飛躍的に高くなります。

ツーアタックの成功率を上げる方法

ツーアタックの成功率を上げる方法は、次の4つです。

・高さがあるほどブロックに捕まりにくいので、ジャンプトスのモーションで仕掛ける
・ギリギリのタイミングまで、Aクイックのトスも選択肢にいれておく
・トスアップとの見分けをつけられないように、手首のスナップを使う
・普段からの練習でジャンプ力をつけて、高い位置でのトスアップを可能にしておく


相手ブロッカーに、ギリギリまでツーアタックを見極めさせない工夫が必要です。

試合の流れ

試合の流れによっては、ツーアタックが決まりにくいときがあります。次の2つの場面では、ツーアタックが決まる確率は低いの注意が必要です。

・通常のセットアップが難しいときや、レシーブがネットに近いとき
・スパイカーが、攻撃を決められないパターンが続いたとき

総合的にみると、苦し紛れのツーアタックは決まりにくいと言えます。あくまでもツーアタックは、セッターが攻撃の流れを握っていることが必須条件です。

相手チームのディフェンスを奇襲するツーアタック

 (155827)

26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バレーボールのコミットブロックのやり方とコツを解説!

バレーボールのコミットブロックのやり方とコツを解説!

バレーボールのコミットブロックとは、狙ったスパイカーのタイミングに合わせて飛ぶブロックです。コミットブロックをするときは、あらかじめ打つスパイカーを予測して正面に入り、高く飛んでスパイクをシャットします。予測がはずれると無駄なジャンプになりますが、当たれば高い確率で成功します。
まる蔵 | 426 view
バレーボールのブロード攻撃とは?わかりやすくやり方を解説

バレーボールのブロード攻撃とは?わかりやすくやり方を解説

バレーボールのブロード攻撃とは、スパイカーがポジションを移動しながら仕掛ける攻撃方法です。セッターからのトスが上がるタイミングや、スパイカーが助走を始めるタイミングが重要です。分割練習法を使って、ブロードの習得にチャレンジしてみましょう。
Anonymous | 765 view
ブロックアウトのやり方とは?バレーボールで上手に相手の手を狙うテクニック

ブロックアウトのやり方とは?バレーボールで上手に相手の手を狙うテクニック

バレーボールのブロックアウトとは、ブロッカーの手にボールを当ててアウトにするスパイカーのテクニックです。ブロックアウトのやり方は、ブロックを見て指先に当ててコート外にボールを出すのが基本となります。高いブロックを利用して得点にするブロックアウトは、スパイカーに必須の技です。
まる蔵 | 726 view
二段トスの上げ方とは?バレーボール初心者が知っておきたいコツとは?

二段トスの上げ方とは?バレーボール初心者が知っておきたいコツとは?

二段トスは、味方のパスが乱れたときに後方やコート外から高くゆるく上げることが基本です。全身をバネのように使うと、バレーボール初心者でも比較的上げやすくなります。オーバーハンドでは手からヒザへ力を入れる方法、アンダーハンドでは重心のかけかたに練習ポイントを置くことが上達のコツです。
emikobayashi215 | 836 view
Dクイックとは?バレーボールのクイックの具体的なやり方を解説!

Dクイックとは?バレーボールのクイックの具体的なやり方を解説!

Dクイックとは、セッターが後方1~3mに上げた平行トスをクイックする速攻攻撃です。ブロード攻撃とも呼ばれる難しい技で、アタッカーはトスが上がる瞬間に動き出し、相手を見極めて方向・緩急を打ち分ける必要があります。Dクイック成功のカギは、セッターとアタッカーとのコンビネーションです。
emikobayashi215 | 423 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous