2020年6月18日 更新

Cクイックとは?バレーボールのクイックの具体的なやり方を解説!

バレーボールのCクイックとは、セッターのすぐ後ろで打つ速攻の事です。少し難易度が高いプレーですが、現代のコンビネーションバレーにおいては重要な攻撃です。セッターとアタッカーのタイミングをしっかり合わせることにより、バレーボールのCクイックは確実に成功率があがります。

1,567 view お気に入り 1

Cクイックとは?

Login 窶「 Instagram (138655)

Cクイックとは、バレーボールでセッターがすぐ後ろに上げたトスをアタックする速攻のことです。バレーボールのクイックとは速攻のことで、速攻には大きく分けてA・B・C・Dの4パターンがあります。

セッターは状況に応じてオープン攻撃や速攻を使い分けますが、相手ブロックやレシーブが整っていないときに速攻攻撃は特に効果を発揮します。

Aクイックとの違い

Login 窶「 Instagram (144726)

AクイックとCクイックとの違いは、セッターのトスを上げる方向の違いです。

Aクイックではセッターが自身の前方に短いトスをあげ、アタッカーはボールの最高到達点や上がっている途中でスパイクを打ちます。CクイックはAクイックとは反対に、セッターが後ろ側に短く上げたトスをアタッカーがスパイクするものです。

Bクイックとの違い

Login 窶「 Instagram (144812)

BクイックとCクイックとの違いは、セッターのトスを上げる方向と距離です。Bクイックはセッターの前方2〜3mの距離に、ネットに対して平行のトスが上げられ、アタッカーはタイミングをあわせてスパイクを打ちます。

Cクイックはセッターの後方で、距離もセッターに近い位置にトスが上げられる攻撃です。速攻はコンビネーションのなかで、AクイックをおとりにしてBやCクイックと組み合わせて使われています。

Cクイックのやり方

 (139877)

Cクイックのやり方は、セッターの後ろ側に短く上げたトスを、素早い助走でジャンプしアタックします。セッターとアタッカーのタイミングをあわせることがとても重要です。

調査結果によるとセッターの手からボールが離れてから、アタッカーがスパイクするまでの時間は平均すると0.37秒となります。セッターの手からボールが離れるときには既にジャンプをしていないと間にあいません。

Cクイックの基本的な動作

【Cクイックの基本】バレーボール【スパイク】

Cクイックの基本的な動作は、セッターに対し右の位置から素早く3歩の助走でジャンプし、空中でボールを待ち上がってくるボールを打ちます。

【Cクイックの流れ】
①相手のサーブをカット、自分のレシーブでない場合はすぐに助走を始める場所に移動。
②レシーブがセッターの位置にきちんと返ったら助走を始める。
③素早いフォームでジャンプし、空中でトスを待ち、斜め下から上がってくるボールを叩くイメージでアタックする。

Cクイックの必要性

 (139880)

Cクイックの必要性は、現代の複雑なコンビネーションバレーボールには、欠かせないものです。Cクイックは単体で使われることもありますが、AクイックやBクイックにおとりのアタッカーが飛ぶことで、相手のブロッカーを撹乱することができます。
守備の的を絞りにくくさせて、確実に得点のチャンスを増やす有効な手段になります。

Cクイックのコツ

 (139856)

Cクイックのコツは、ジャンプのタイミングとコンパクトにスイングしてレシーバーのいないところを狙うことです。クイックはスピードが重要であり、スパイカーとセッターの呼吸がしっかりと合うまで、繰り返しトレーニングすることが大切になります。

速攻は、オープン攻撃のように身体全体を使って力いっぱい打ち込むのでなく、コンパクトな助走で素早くボールにミートすることを意識する必要があります。

Cクイックの理解の仕方

Cクイックの理解の仕方は、セッターの後ろ側でスパイクするAクイックという認識がよいです。
基本のモーションはAクイックと変わりません。セッターの向いている側で打つのがAクイック、後ろ側で打つのがCクイックと覚えておけば間違いありません。動きはほぼ一緒で、クイックに入る時には動き出しの位置がとても重要です。

Cクイックのスパイクのポイント

Cクイックのスパイクのポイントは3つあります。

①ボールがセッターに収まりそうになったら助走に入る
②セッターとボールを見ながら素早いモーションでジャンプ
③空中でボールを待ち、ネットに触れないようにコンパクトにミートする
45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オープントスのやり方とは?初心者にメリット・デメリットを解説!

オープントスのやり方とは?初心者にメリット・デメリットを解説!

バレーボールのオープントスは、レフトとライトのウイングスパイカーに向けて上げるトスで、高く大きな弧を描くことが特徴です。オープントスはバレーボールの試合中に一番使われるトスで、打ち手の能力を十分活かせることがメリットですが、ブロックが必ずつくデメリットもあります。
アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブは学校の体育で使われる初心者向けの技で、腕を振り子のように下から上へすくい上げる動作で打ちます。アンダーハンドサーブの成功には、正しい基本フォームの習得が必須で、ボールと打つ手を丁寧かつ確実に当てることやおへそを打ちたい方向へ向けることが大切です。
サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

バレーボールのサイドハンドサーブは、腕を伸ばして体の横でボールを打つサーブです。肩や肘の負担が少ないサイドハンドサーブは、筋力に自信がない人やバレーボール初心者も飛距離が出せるのが特徴です。トスを安定させてボールをミートする練習を重ねることがコツとなります。
バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは、アタッカーに対してネットに平行に直線的に上げるトスです。平行トスはブロック完成前に打てることがメリットで、バレーボールのコンビネーションで有効な得点手段の1つとなります。平行トスを打つコツはコンパクトなフォームでミートすることです。
バレーボールのハイセットとは?ハイセットの打ち方と練習方法を解説

バレーボールのハイセットとは?ハイセットの打ち方と練習方法を解説

バレーボールのハイセットとは、レシーブが乱れてセッターの定位置から離れた位置から上げるトスで、通常はに2段トスと呼ばれています。ハイセットはセッター以外の選手がおこなうことも多く、レフトかライト方向に大きく上げるのが基本で、バレーボールの試合の勝敗に関わる重要なプレーです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous