2020年6月18日 更新

Cクイックとは?バレーボールのクイックの具体的なやり方を解説!

バレーボールのCクイックとは、セッターのすぐ後ろで打つ速攻の事です。少し難易度が高いプレーですが、現代のコンビネーションバレーにおいては重要な攻撃です。セッターとアタッカーのタイミングをしっかり合わせることにより、バレーボールのCクイックは確実に成功率があがります。

700 view お気に入り 1

Cクイックとは?

Login 窶「 Instagram (138655)

Cクイックとは、バレーボールでセッターがすぐ後ろに上げたトスをアタックする速攻のことです。バレーボールのクイックとは速攻のことで、速攻には大きく分けてA・B・C・Dの4パターンがあります。

セッターは状況に応じてオープン攻撃や速攻を使い分けますが、相手ブロックやレシーブが整っていないときに速攻攻撃は特に効果を発揮します。

Aクイックとの違い

Login 窶「 Instagram (144726)

AクイックとCクイックとの違いは、セッターのトスを上げる方向の違いです。

Aクイックではセッターが自身の前方に短いトスをあげ、アタッカーはボールの最高到達点や上がっている途中でスパイクを打ちます。CクイックはAクイックとは反対に、セッターが後ろ側に短く上げたトスをアタッカーがスパイクするものです。

Bクイックとの違い

Login 窶「 Instagram (144812)

BクイックとCクイックとの違いは、セッターのトスを上げる方向と距離です。Bクイックはセッターの前方2〜3mの距離に、ネットに対して平行のトスが上げられ、アタッカーはタイミングをあわせてスパイクを打ちます。

Cクイックはセッターの後方で、距離もセッターに近い位置にトスが上げられる攻撃です。速攻はコンビネーションのなかで、AクイックをおとりにしてBやCクイックと組み合わせて使われています。

Cクイックのやり方

 (139877)

Cクイックのやり方は、セッターの後ろ側に短く上げたトスを、素早い助走でジャンプしアタックします。セッターとアタッカーのタイミングをあわせることがとても重要です。

調査結果によるとセッターの手からボールが離れてから、アタッカーがスパイクするまでの時間は平均すると0.37秒となります。セッターの手からボールが離れるときには既にジャンプをしていないと間にあいません。

Cクイックの基本的な動作

【Cクイックの基本】バレーボール【スパイク】

Cクイックの基本的な動作は、セッターに対し右の位置から素早く3歩の助走でジャンプし、空中でボールを待ち上がってくるボールを打ちます。

【Cクイックの流れ】
①相手のサーブをカット、自分のレシーブでない場合はすぐに助走を始める場所に移動。
②レシーブがセッターの位置にきちんと返ったら助走を始める。
③素早いフォームでジャンプし、空中でトスを待ち、斜め下から上がってくるボールを叩くイメージでアタックする。

Cクイックの必要性

 (139880)

Cクイックの必要性は、現代の複雑なコンビネーションバレーボールには、欠かせないものです。Cクイックは単体で使われることもありますが、AクイックやBクイックにおとりのアタッカーが飛ぶことで、相手のブロッカーを撹乱することができます。
守備の的を絞りにくくさせて、確実に得点のチャンスを増やす有効な手段になります。

Cクイックのコツ

 (139856)

Cクイックのコツは、ジャンプのタイミングとコンパクトにスイングしてレシーバーのいないところを狙うことです。クイックはスピードが重要であり、スパイカーとセッターの呼吸がしっかりと合うまで、繰り返しトレーニングすることが大切になります。

速攻は、オープン攻撃のように身体全体を使って力いっぱい打ち込むのでなく、コンパクトな助走で素早くボールにミートすることを意識する必要があります。

Cクイックの理解の仕方

Cクイックの理解の仕方は、セッターの後ろ側でスパイクするAクイックという認識がよいです。
基本のモーションはAクイックと変わりません。セッターの向いている側で打つのがAクイック、後ろ側で打つのがCクイックと覚えておけば間違いありません。動きはほぼ一緒で、クイックに入る時には動き出しの位置がとても重要です。

Cクイックのスパイクのポイント

Cクイックのスパイクのポイントは3つあります。

①ボールがセッターに収まりそうになったら助走に入る
②セッターとボールを見ながら素早いモーションでジャンプ
③空中でボールを待ち、ネットに触れないようにコンパクトにミートする
45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バレーボールのコミットブロックのやり方とコツを解説!

バレーボールのコミットブロックのやり方とコツを解説!

バレーボールのコミットブロックとは、狙ったスパイカーのタイミングに合わせて飛ぶブロックです。コミットブロックをするときは、あらかじめ打つスパイカーを予測して正面に入り、高く飛んでスパイクをシャットします。予測がはずれると無駄なジャンプになりますが、当たれば高い確率で成功します。
まる蔵 | 420 view
バレーボールのフライングレシーブとは?やり方と練習方法を解説!

バレーボールのフライングレシーブとは?やり方と練習方法を解説!

バレーボールのフライングレシーブとは、遠くに落ちそうなボールに向かってジャンプしてするレシーブです。フライングレシーブは守備範囲は広くなりますが、正しいフォームを知らないと体を強打します。フライングレシーブの入り方は、床に対して斜めに入り、胸・腹・足の順に着床する形です。
まる蔵 | 2,103 view
バレーボールのツーアタックとは?成功させるコツを解説

バレーボールのツーアタックとは?成功させるコツを解説

バレーボールのツーアタックとは、セッターの選手がトスではなくスパイクを仕掛ける攻撃方法です。相手ブロッカーに最後までトスアップを意識させて、ギリギリのタイミングで相手コートに落とすのが最大のポイントです。成功率を上げるコツをつかんで、最善のタイミングで使いましょう。
Anonymous | 1,852 view
バレーボールのブロード攻撃とは?わかりやすくやり方を解説

バレーボールのブロード攻撃とは?わかりやすくやり方を解説

バレーボールのブロード攻撃とは、スパイカーがポジションを移動しながら仕掛ける攻撃方法です。セッターからのトスが上がるタイミングや、スパイカーが助走を始めるタイミングが重要です。分割練習法を使って、ブロードの習得にチャレンジしてみましょう。
Anonymous | 718 view
ブロックアウトのやり方とは?バレーボールで上手に相手の手を狙うテクニック

ブロックアウトのやり方とは?バレーボールで上手に相手の手を狙うテクニック

バレーボールのブロックアウトとは、ブロッカーの手にボールを当ててアウトにするスパイカーのテクニックです。ブロックアウトのやり方は、ブロックを見て指先に当ててコート外にボールを出すのが基本となります。高いブロックを利用して得点にするブロックアウトは、スパイカーに必須の技です。
まる蔵 | 715 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kohizuka6 kohizuka6