Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. バレーボール
  4. >
  5. Cクイックとは?バレーボ...
Cクイックとは?バレーボールのクイックの具体的なやり方を解説!

Cクイックとは?バレーボールのクイックの具体的なやり方を解説!

バレーボールのCクイックとは、セッターのすぐ後ろで打つ速攻の事です。少し難易度が高いプレーですが、現代のコンビネーションバレーにおいては重要な攻撃です。セッターとアタッカーのタイミングをしっかり合わせることにより、バレーボールのCクイックは確実に成功率があがります。

2021.12.16 バレーボール

Cクイックとは?

Login 窶「 Instagram (138655)

Cクイックとは、バレーボールでセッターがすぐ後ろに上げたトスをアタックする速攻のことです。バレーボールのクイックとは速攻のことで、速攻には大きく分けてA・B・C・Dの4パターンがあります。

セッターは状況に応じてオープン攻撃や速攻を使い分けますが、相手ブロックやレシーブが整っていないときに速攻攻撃は特に効果を発揮します。

Aクイックとの違い

Login 窶「 Instagram (144726)

AクイックとCクイックとの違いは、セッターのトスを上げる方向の違いです。

Aクイックではセッターが自身の前方に短いトスをあげ、アタッカーはボールの最高到達点や上がっている途中でスパイクを打ちます。CクイックはAクイックとは反対に、セッターが後ろ側に短く上げたトスをアタッカーがスパイクするものです。

Bクイックとの違い

Login 窶「 Instagram (144812)

BクイックとCクイックとの違いは、セッターのトスを上げる方向と距離です。Bクイックはセッターの前方2〜3mの距離に、ネットに対して平行のトスが上げられ、アタッカーはタイミングをあわせてスパイクを打ちます。

Cクイックはセッターの後方で、距離もセッターに近い位置にトスが上げられる攻撃です。速攻はコンビネーションのなかで、AクイックをおとりにしてBやCクイックと組み合わせて使われています。

Cクイックのやり方

 (139877)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
Cクイックのやり方は、セッターの後ろ側に短く上げたトスを、素早い助走でジャンプしアタックします。セッターとアタッカーのタイミングをあわせることがとても重要です。

調査結果によるとセッターの手からボールが離れてから、アタッカーがスパイクするまでの時間は平均すると0.37秒となります。セッターの手からボールが離れるときには既にジャンプをしていないと間にあいません。

Cクイックの基本的な動作

【Cクイックの基本】バレーボール【スパイク】

Cクイックの基本的な動作は、セッターに対し右の位置から素早く3歩の助走でジャンプし、空中でボールを待ち上がってくるボールを打ちます。

【Cクイックの流れ】
①相手のサーブをカット、自分のレシーブでない場合はすぐに助走を始める場所に移動。
②レシーブがセッターの位置にきちんと返ったら助走を始める。
③素早いフォームでジャンプし、空中でトスを待ち、斜め下から上がってくるボールを叩くイメージでアタックする。

Cクイックの必要性

 (139880)

Cクイックの必要性は、現代の複雑なコンビネーションバレーボールには、欠かせないものです。Cクイックは単体で使われることもありますが、AクイックやBクイックにおとりのアタッカーが飛ぶことで、相手のブロッカーを撹乱することができます。
守備の的を絞りにくくさせて、確実に得点のチャンスを増やす有効な手段になります。

Cクイックのコツ

 (139856)

Cクイックのコツは、ジャンプのタイミングとコンパクトにスイングしてレシーバーのいないところを狙うことです。クイックはスピードが重要であり、スパイカーとセッターの呼吸がしっかりと合うまで、繰り返しトレーニングすることが大切になります。

速攻は、オープン攻撃のように身体全体を使って力いっぱい打ち込むのでなく、コンパクトな助走で素早くボールにミートすることを意識する必要があります。

Cクイックの理解の仕方

Cクイックの理解の仕方は、セッターの後ろ側でスパイクするAクイックという認識がよいです。
基本のモーションはAクイックと変わりません。セッターの向いている側で打つのがAクイック、後ろ側で打つのがCクイックと覚えておけば間違いありません。動きはほぼ一緒で、クイックに入る時には動き出しの位置がとても重要です。

Cクイックのスパイクのポイント

Cクイックのスパイクのポイントは3つあります。

①ボールがセッターに収まりそうになったら助走に入る
②セッターとボールを見ながら素早いモーションでジャンプ
③空中でボールを待ち、ネットに触れないようにコンパクトにミートする

Cクイックの練習方法

 (144815)

Cクイックの練習方法は、2つに分けて考えるとわかりやすいです。ひとつは助走の練習。もう1つはCクイック特有の打ち方の練習になります。

助走はライトの方向から真っ直ぐに入っていくパターンと、センターの位置からセッターの後ろに回り込むパターンで、2種類を練習しておきましょう。

Cクイック特有の打ち方には、他の攻撃とは違った特徴があります。2つを踏まえて練習していけば、Cクイックの成功率は高いです。

Cクイックの助走

Cクイックの助走は、セッターにボールが収まるのを見計らって始めます。セッターがトスする時にすでにジャンプしていることを逆算して助走をします。

助走の開始位置はセンターやライトの位置で、どちらの位置からでもスムーズにジャンプに入れるようにトレーニングしましょう。

ボールがセッターに収まるタイミングでジャンプできるように、ボールの軌道とセッターの位置を確認しながら踏み込んでジャンプする練習をしてください。

Cクイック特有の打ち方

Cクイック特有の打ち方は、ネットタッチをしないようにコンパクトなスイングをすることです。Cクイックは右利きの人の場合、Aクイックに比べてスイングしたときにネットを触ってしまいやすくなります。

ネットタッチを防ぐためには、右手のスイングをなるべくコンパクトに、ボールにミートしたら振り下ろさずに途中で止めるか、触らない方向に流す必要があります。

Cクイックのトスの練習法

Login 窶「 Instagram (139872)

Cクイックのトスの練習法は、後ろのアタッカーを見れる位置を取り、アタッカーが跳ぶタイミングにトスをあわせることです。
Cクイックはライト側を見てトスをあげればもっと簡単ですが、相手ブロックにマークされやすくなってしまいます。

Cクイックはバックトスで打たせることによって、相手ブロックのマークを外しやすくしているので、後ろを向いたままアタッカーと呼吸を合わせることが大切になります。

Cクイックのトスのポイント

Login 窶「 Instagram (144819)

Cクイックのトスのポイントは、ネットに対して斜め45度の角度で立ち、Aクイックよりも少しトスが長めであるのを意識することです。

ネットに対して斜めに立つことにより、レフト側の選手のこともライト側の選手のことも見えるので、A、B、Cとクイックの選択肢も広がります。アタッカーが右利きの場合は、肩幅の分Aクイックに比べてトスが長めである必要があり、左利きの場合では、逆になります。

アタッカーとのタイミングの合わせ方

Login 窶「 Instagram (144817)

アタッカーとのタイミングのあわせ方は、声を出して2人のリズムをあわせることが大切になってきます。セッターもアタッカーもお互いの動きや場所を確認しながら連携していきますが、声を出してタイミングを取りあうことで、スムーズなプレーに繋がります。

どういったタイミングで声を掛けあうかを前もって決めておけば、試合のなかでも活かせるはずです。

バレーボールの攻撃の幅を広げるCクイック

 (140555)

バレーボールの試合の中で効果的に使われるCクイックは、現代的なコンビネーションバレーには重要な攻撃の1つです。

Aクイック、Bクイックやオープン攻撃と組みあわすことにより攻撃の幅が広がり、得点のチャンスを生み出してくれます。セッターやアタッカーにとって少し難易度が高い技術ではありますが、Cクイックをマスターすることによって、ますますバレーボールが楽しいものになるはずです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。