2018年8月26日 更新

ジョギングの効果ありすぎ?身体にもたらす魅力的な効果10選!

心身に効果のありすぎるジョギング。魅力的な効果10選をご紹介!数ある有酸素運動の中で、なぜジョギングが注目されるの?キレイに痩せるメリットがある?毎日走らなきゃダメ?1ヶ月の期間でも効果はある?朝と夜どっちが効果的?効果のありすぎるジョギングを徹底解析!

  
289,782 view お気に入り 0

ジョギングは健康効果のありすぎる有酸素運動

Free photo: People, Woman, Exercise, Fitness - Free Image on Pixabay - 2592247 (21773)

運動には様々な種目がありますが、「有酸素運動」と「無酸素運動」の2つに分類されます。

有酸素運動は、ダイエットでの脂肪燃焼効果や生活習慣病予防・筋力アップなど、健康維持増進に効果的な運動と言われています。有酸素運動は運動強度が低く、長期間継続しやすいのも特徴です。健康志向の高まる昨今では、趣味としてランニング・ジョギング・ウィーキング・ヨガなどの有酸素運動に励む方も多く存在します。

その中でも「ジョギング」は、誰でも気軽に始めることができ、身体面・精神面にとって良い効果がありすぎる有酸素運動を言えます。

今回は、そんな効果のありすぎる「ジョギング」について、詳しくご紹介していきます。

有酸素運動と無酸素運動

有酸素運動は、長時間に渡って継続的に負荷(軽~中強度)をかけて行う運動です。
酸素を取り込み、糖質や脂肪を燃焼させ、エネルギーを生み出します。

無酸素運動は、短時間で行う高負荷の運動です。
筋肉を動かすためのエネルギーを、酸素を使わずに供給します。
有酸素運動をしよう | 食事・運動 | ファイザー (21766)

これらの大きな違いは「エネルギー源」と「強度」と「運動時間」です。
瞬発的に大きな力を必要とする無酸素運動では、素早くエネルギー変換される「糖質」が使われます。
対する有酸素運動では、継続的に運動するための力が必要になります。糖質のエネルギー量は1g=4kcal、脂質では1g=9kcalですので、エネルギー効率の高い「脂肪」がメインで使われます。

ジョギングとランニングの違い

両者ともに走る行為ですが、大きな違いは速度と強度です。

<速度>
ランニング:1㎞を5分以内
ジョギング:1㎞を5分以上

<運動強度>
ランニング:「きつい」感覚 心拍数80~90%
ジョギング:「軽い」感覚 心拍数60~70%

運動強度は、最大酸素摂取量(VO2Max:1分間に体重/1㎏あたり体内に取り込むことのできる酸素の最大量)に対する割合で表されます。酸素摂取量は心拍数と比例し、最大心拍数に対する割合で強度を判断できます。強度が上がるほどエネルギーを必要とするため、%の数値は高くなります。

60~70%程度の心拍数で「軽い」と感じる強度で走る有酸素運動をジョギングと呼びます。
ペダリング技術と心拍数からみる運動強度 | Polar Japan (21768)

ジョギングの目標心拍数

心拍数の計算は以下の手順で行います。 例:年齢31歳、60~70%の有酸素運動

①最大心拍数の計算
【公式】最大心拍数=207-年齢×0.7
207-31×0.7=185.3
四捨五入し、最大心拍数は185

②安静時心拍数の測定
何もしていない時の、1分間の心拍数を測定します。
20秒計って3倍でもOK。
理想のタイミングは起床時寝たままの状態です。
21回(20秒)×3=63回

③目標心拍数の計算
【公式】目標心拍数=(最大心拍数‐安静時心拍数)×運動強度+安静心拍数
(185‐63)×60%+63=136.2
(185‐63)×70%+63=148.4
目標心拍数は136~148回

ジョギングのありすぎる効果とは?

走る場所と走る時間さえあれば、簡単に始められるジョギング。
健康志向が強まる昨今では、長い期間ジョギングを趣味として続けている人もいます。

ジョギングは身体にとって良い効果のありすぎる有酸素運動ですが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

代表的なものには、「ダイエット」や「筋力アップ」が挙げられますが、他にもメリットはたくさんあります。ジョギングの【ありすぎる効果10選】について、その詳細とメカニズムを1つずつ紹介したいと思います。

また、それぞれの効果は、ジョギングを行うための「目的」にもなりますので、自分の目的に合った効果があるかどうかチェックしてみましょう。

ありすぎる効果①体脂肪燃焼

Free photo: Fire, Flames, Effect, Hot, Orange - Free Image on Pixabay - 2975805 (21810)

ジョギングは脂肪燃焼効果が高く、健康的に痩せる有酸素運動です。

短距離走や筋トレのように、短時間かつ瞬発的な運動ではなく、長時間にわたって継続的な運動を行います。
走るためのエネルギーを持続的に供給する必要があり、エネルギー源として効率的な体脂肪を燃焼させます。その結果として身体は痩せるのです。

体脂肪燃焼によるダイエット効果を得るには、負荷がありすぎないことが重要です。最大心拍数の60~70%程度で、感覚としては「会話が可能」「少しずつ全身に汗がにじむ」くらいが目安です。体脂肪がエネルギー源として使われるには、20分程度かかるため、20~30分持続可能な負荷がダイエットには理想です。

ありすぎる効果②生活習慣病予防

生活習慣病 - お金・生活の不安 - 専門家プロファイル (21811)

生活習慣病とは、その名の通り毎日の生活習慣が原因で発症する疾患です。

<疾患例>
・高血圧
・脂質異常症
・糖尿病 など

<原因>
・偏った食事
・運動不足
・喫煙
・過度の飲酒
・過度のストレス など

生活習慣病は自覚症状がない期間が続き、ある日突然疾患を引き起こすことから「サイレントキラー」とも呼ばれています。思い当たる原因がありすぎる…という方は、運動不足から改善しましょう。

ジョギングは、自分のペース・タイミングで始められるので、長期間でもストレスなく続けられるメリットがあります。また、高血圧や脂質異常症は痩せることで改善しやすい生活習慣病なので、最適な有酸素運動と言えます。

ありすぎる効果③筋力向上

 (22059)

ジョギング習慣は筋力向上にも効果的です。

筋力アップは、筋肉が収縮するときに生まれる力を向上することを意味し、筋肉量の増加(筋肥大)によっても向上します。
筋肉は使わないと痩せるので、長期間の習慣的な運動は、筋力や筋肉量の維持に効果があります。

ジョギングは走るための筋肉を持続的に動かす運動なので、神経から筋肉への命令が活発になり、筋力が向上します。

また、筋肉に適度な負荷がかかるため筋繊維が部分的に損傷します。適切な休息・栄養補給によって回復し、損傷前の筋肉よりも少し太くなります。この現象を「超回復」といい、これを繰り返すことで筋肉量が増加し全身の筋力がアップします。

ありすぎる効果④免疫力アップ

適度な運動は免疫力を高めます。
しかし、負荷がありすぎる運動が長期間続くと、免疫低下を招きます。

免疫とは、身体に入ったウイルス・細菌を排除するシステムです。
免疫力が低下すると、病気にかかりやすくなります。
免疫力の低下を招く要因の1つに「激しい運動」があります。
98 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

腹筋ローラーで効果ない?効かない?そう思った時に知っておくべきこと

腹筋ローラーで効果ない?効かない?そう思った時に知っておくべきこと

最近いまいち腹筋ローラーの効果がない、頑張っているけれどやり方もよくわからないしやめようかな。そんな方は少し待ってください。この記事では腹筋ローラーの効果が出ない原因を解説し、より効果的に腹筋ローラーを使って鍛えた腹筋を手に入れる方法をご紹介します。
maoami3030 | 1,199 view
ウォーキングのダイエット効果とは?健康的に痩せるための秘訣!

ウォーキングのダイエット効果とは?健康的に痩せるための秘訣!

ウォーキングは体への負担が少なく、効果的にダイエットができる人気の運動です。しっかりと知識をもって歩くことで痩せることができますので、ウォーキングのダイエット効果を最大限に発揮させる方法をご紹介します。これから始める人や、上手く痩せられず悩んでいる人は必見です。
cucco1017 | 141 view
筋肉痛の時にランニング!気になる有酸素運動の効果とは?

筋肉痛の時にランニング!気になる有酸素運動の効果とは?

「筋肉痛になったら休んだほうがいい」よく聞くと思います。しかし、有酸素運動であるランニングをすることによって、筋肉痛からの回復がはやまったりするなど、幾つかのメリットが実はあるのです。今回は筋肉痛の時のランニングがもたらす効果について紹介します。
TOMIZU | 17,748 view
筋肉痛にならないと筋トレ効果はないの?そもそも筋肉痛の仕組みとは?

筋肉痛にならないと筋トレ効果はないの?そもそも筋肉痛の仕組みとは?

筋トレをしたあとに筋肉痛にならなかった場合、鍛えた効果がないのでは?と思ってしまいがちですが、「筋肉痛にならない=筋トレ効果がない」という事には繋がりません。その理由を筋肉痛のメカニズムと共に、詳しく紹介します。
TOMIZU | 2,040 view
パワーボールの効果と使い方と回し方のコツを解説!握力UPしよう

パワーボールの効果と使い方と回し方のコツを解説!握力UPしよう

パワーボールの効果と使い方・回し方のコツについての解説です。 パワーボールは握力や手首を効果的・効率的に鍛えるトレーニングツールです。軽量・コンパクトで気軽に腕を鍛えることができるパワーボールですが、使い方や回し方にはコツがいります。使い方がいまいちわからないという方は必見です!
真秀美 | 16,328 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

真秀美 真秀美