Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. サッカー戦術7選!基本か...
サッカー戦術7選!基本から上級戦術までを徹底特集【決定版】

サッカー戦術7選!基本から上級戦術までを徹底特集【決定版】

サッカーには多くの戦術が溢れています。戦術とはフォーメーションでもあります。選手によってフォーメーションというものは変わってきますし、トレンドができるとそれを打ち消そうとするものが必ず生まれてきます。そういった中で常に進化を遂げています。

2021.12.16 サッカー

サッカーにおける戦術とは?

サッカー監督は影響力大!戦術も選手待遇も変わる!アギーレにファンハールも然り | ネットビジネスで起業して稼ぐ!30代妻子持ちが脱サラ田舎暮らし (3416)

サッカーにおける戦術の種類とは、ポゼッションサッカーを目指したり、カウンターサッカーを目指すといったチームとしての役割を語る戦術の場合もありますし、フォーメーションによる戦術理論を語ることもあります。

その種類は数え切れないほどありますし、種類としては増えていくはずです。
フォーメーションによる戦術理論については、正解と言えるものはありませんし、チームにいる選手の起用方法にもよりますので、そういった戦術理論を考えるのも、サッカーをしたり、サッカーを見たりするときの楽しみの基本でもあり、永遠の課題ともいえるのです。

サッカーの戦術の重要性とは?

これだけは押さえておきたい!サッカーのディフェンス戦術 | Levelop Magazine - レベロップマガジン (3749)

基本的に、大きく分けると自分たちがポゼッションを握るサッカーをするのか、リアクションサッカーをするのかといったところになってきます。

これらは基本的にフォーメーションによっても変えることができます。

戦術理論という観点から言えば、細かく相手によってディフェンスに重点を置いたり、サイド攻撃を行うなど使い分ける場合もありますが、基本は自分達のチームで培ってきたものを継続するのが通常です。

これら、戦術理論にも流行りがあってサッカー先進国のヨーロッパの強いクラブチームであったり、サッカーワールドカップの優勝チームの用いた戦術が主流となり、各サッカーチームで取り入れられる傾向があります。

オフェンス時の戦術

サッカーにはオフェンス、攻撃時には様々な攻撃的で基本的な戦術理論があります。サイド攻撃やカウンターなど色々な戦術理論が考えられていますが、サッカーの攻撃で最も核を成してくるのがボールポゼッションになってきます。

サッカーにおけるボールポゼッションとは、自分のチームがボールを持っている時間の事を示していて、理論的にボールポゼッションが長ければ、攻撃している時間も長くなり相手にプレッシャーをかけつつも自分達の体力を温存しながら戦えるメリットがあるので様々な戦術を組み立てることができます。

ですから、サッカーの攻撃では理論的に考えていかにポゼッションを長くして攻撃していくかが考えられています。

サイド攻撃

現代サッカーの過渡期にあるユーロハンドボール化しつつあるサッカーの未来とは - スポーツナビ (3825)

サッカーにおいて、昔から理論的に考えて基本とされている戦術にサイド攻撃があります。このような時にはフォーメーションでサイドに張った選手を配置します。

サッカーのサイド攻撃の基本的な戦術理論としてのメリットは相手ディフェンスの体の向きを大きく変えることができるところです。

サッカーではサイドに開いてからセンタリングを入れることで、相手ディフェンスを分散させることもできますし、センタリングを入れればボールとマークが逆方向になることが多いので、守りにくくなるので、攻撃側としては点を取りやすくなる戦術と言えます。

サイドからの正確なセンタリングと中で合わせるヘディングの上手さが必要になります。

中央突破

前半、ブラジルのネイマール(中央)のドリブル突破を止めるメキシコのドスサントス(右)=上田潤撮影 - 2014ワールドカップ ブラジル対メキシコ(グループA)(2/18) の写真|朝日新聞デジタル - スポーツ写真特集 (3931)

足元の技術が高い選手がいて、細かなパスワーク、ポゼッションが得意なチームであればフォーメーションを組み時に選手を真ん中に集めて中央突破というサッカーの戦術を用いることもできます。

サッカーでは中央は理論的な戦術で考えるとディフェンスが中央ほど集まっている場所です。
ですから基本的には避ける傾向があります。

そこを避けるためにサッカーではサイドからの攻撃を行ってディフェンスを分散させるのが理論的にセオリー戦術ですが、あえて真ん中から突破するとディフェンスの距離が近すぎてマークが外れることもあります。

但し、ディフェンスにかかりやすいのはいうまでもないので、危険も伴う戦術です。

カウンター

英紙、逆転負けレスターを評価…岡崎は「カウンター攻撃をリンクさせた」 | サッカーキング : 岡崎慎司ニュース - NAVER まとめ (3934)

サッカーでカウンターという戦術は、ポゼッションが少なくても相手を自分の陣地に誘い出したり、攻撃をさせることでディフェンスを手薄にしてそこを一気に突く戦術です。この時のフォーメーションは守備を固めるように配置されます。

このサッカーにおける基本戦術は確実に相手チームの方が強いと考えられる時に良く用いられる戦術になってきます。サッカーでは守備に人数をかけたりして、しっかりと守りを固めることで理論的にはなかなか点を取られることはありません。

そのような状態で相手の攻撃に耐えて、味方陣地に相手を呼び込んで、一本の縦パスで人数をかけずに点を取りに行くという理論的な基本戦術の一つになっています。

ショートカウンター

2014 W杯 コスタリカの分析 - raba777のサッカー分析blog (3937)

サッカーにおけるショートカウンターという戦術理論は、カウンターが自陣まで相手を呼び込むのに対してできた言葉で、より相手のゴールに近い位置でボールを取ることですぐに相手ゴールへと迫ることのできる戦術を言います。

基本的なフォーメーションとしては中盤、前線に人が集まっていることが理想的です。

サッカーでは、カウンター戦術よりもより相手ゴールに近いところでボール奪取を狙う戦術理論ですが、このためにはチーム全員の攻守の切り替えと素早いディフェンスが必要になってきますので、より高度な戦術となりますし、基本としてはポゼッションよりもチームとしての連携が重要なサッカー戦術の一つとなってきます。

ディフェンス時の戦術

サッカーにおいては基本的にディフェンス時にも戦術と言われる決め事は沢山あります。
その時は相手のポゼッションを崩すことが重要になります。

サッカーでは、理論的に攻撃の時の戦術よりもディフェンス時の戦術の方がより高度で、考えて行う必要があります。

採用しているフォーメーションを理解してチャレンジとカバーリングを行う必要があります。
サッカーの攻撃に関しては、相手ディフェンダーをかわすということで全て上手くいくことはありませんが、ディフェンス時には細かな決め事を全員が守っていないと簡単にほころびができて失点してしまう可能性があるので戦術を共通理解して理論的にわかっていないといけないのです。

マンツーマン

これだけは押さえておきたい!サッカーのディフェンス戦術 | Levelop Magazine - レベロップマガジン (3938)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
サッカーにおけるマンツーマンディフェンスと言われる基本戦術は、相手選手1人に足して味方が1人マークにつくという戦術です。相手にポゼッションさせない事です。

サッカーは同じ人数で行うのでフォーメーション上、一人が一人にきちんとマークをついていれば理論上、穴ができることはありません。

但し、サッカーはコートが広いのでずっとマンツーマンディフェンスを行うのであればポジションもおかしくなってしまいますし、疲れるばかりです。

さらにボールを奪っても攻撃に転じるときには自分のポジションではないところからスタートすることもあるので闇雲に行うのではなく、理論的に考えてバランスを見ることが大切な戦術です。

ゾーンディフェンス

高校サッカーの“今”を凝縮した決勝。鵬翔と京都橘の明暗を分けたもの。 (2/3) - その他スポーツ - Number Web - ナンバー (3939)

サッカーでゾーンディフェンスと言われる戦術理論は、個人で自分のスペースを守りますが、この戦術だけで守備をするチームはあまりありません。相手と形の違うフォーメーションであればかなり難しくなるからです。

この戦術は決められた基本的には自分のスペースに入ってきた相手を見る守備形態ですが、理論的に多くの選手が入り乱れる状況が多いサッカーではなかなか機能しにくいという面がありますので、ゾーンディフェンスだけでなくマンツーマンディフェンスと組み合わせた守り方をすることがサッカーの基本的な守備戦術として採用されているのです。

併用型

サッカーの基本的な守備の戦術理論としては前線ではゾーンディフェンスを行って、自分のゴールに近くなればマンツーマンというディフェンスがサッカーにおける基本的な守備戦術となってきます。
サッカーでは味方のゴールから遠いのであれば、ボールにチェックにいくことは大事ですが、無理矢理奪いにいく必要もそれほどありません。

そこで、前線ではパスコースを限定するようなゾーンディフェンス戦術を使って自陣のゴールに近づけばマンツーマン戦術で一対一の状況を作って守るやり方かサッカーにおける基本的な戦術理論になっています。

ゾーンプレス

ペップ戦術!グアルディオラがフットボールにもたらした革新的アイデア5選! | Golaco [ゴラッソ] 大人のサッカーまとめ (3940)

サッカーの守備の戦術理論として、攻撃的な守り方と言われるのがゾーンプレスという戦術です。基本的にサッカーでは多くの場合にはディフェンスをするのは相手が攻めてくるのを守るために受け身になることが多いのですが、このゾーンプレスという戦術はディフェンス側からアグレッシブにボールを持っている選手に二人、三人でプレッシャーをかけることになります。

プレッシャーをかけることで、ミスを誘う戦術です。この戦術はチームがサッカーを理論的に理解して、まとまりと基本的な守備意識を高くあわせ持っている必要があります。

オフサイドトラップ

サッカーには守備ラインを高く保って、相手フォワードをオフサイドにかけるオフサイドトラップという戦術理論もあります。このサッカーの戦術理論は、相手をオフサイドにかけるという意味でオフサイドトラップと言われています。

これはサッカーにおけるディフェンスラインがきちんと統率されていることが重要であり、バラバラに動いていてはトラップはかけられません。

基本的に最後尾にいるディフェンスがこの戦術の重要なキーマンとなって相手フォワードをオフサイドにします。ディフェンスラインを高く保ちながら常にバランスをとることが重要です。

無限とも言える戦術

サッカーにおける基本戦術の種類は無限と言ってもいいかもしれません。それだけ種類が多いものですし、選手、フォーメーションによっても最良のものは変わってきます。

それらを見極めて多くの種類の中からベストなものを組んでいく作業が必要になりますし、その種類は限りなく存在します。

また、新しい種類の戦術はいつの時代も生まれています。定着させることのできる種類が少ないだけで常に新しい種類の戦術が生み出されて開発されているのがサッカーでもあるのです。

戦術で重要な事

多くの種類の中からどんな戦術を採用するにしても基本として重要なのがポゼッションになってきます。

自分のチームがポゼッションを高く持つことができれば、基本的にそこから多くの種類の攻撃を出すことができるからです。

ポゼッションが重要なのは言うまでもないことですが、そのためには個人の基本的な能力だけではなく、チームとしてもポゼッションを高めることができるだけのパスワークを必要とします。

個人でボールを収めるポゼッションやドリブルでうまく運ぶポゼッション、さらにチームとしてパスワークでのポゼッションなど多くの種類のポゼッションが必要になるのです。

ポゼッションを高める利点

ポゼッションを高くすることでより攻撃の厚みを増していくことができます。

また、ポゼッションが高いチームというのは相手にボールを取られることが少ないので計算が立つ戦術を立てることができます。

ポゼッションが高いということは、攻撃だけでなく、その時間を休憩にすることもできますし、相手を走らせることで消耗させることができるメリットもあります。

ポゼッションを高くすることは常に自分たちが主導権を握ることになるので、有利に試合を進めることにもなるのです。

ポゼッションサッカー

ポゼッションサッカーと言われる戦術を完成させたのがバルセロナというチームです。圧倒的なボールポゼッションを誇って、相手チームにボールを渡すことがないようなサッカーを繰り返していたのです。

サッカーは長短のパスを組み合して攻撃するのが通常ですが、ポゼッションサッカーでは、短いショートパスを繰り返していくのが特徴的です。

このポゼッションサッカーという戦術は、チーム全員が高い能力を持っていなければいけませんし、ポゼッションしていくだけの判断力が重要になってきます。

時代で変わるフォーメーション

フォーメーションサッカー - Super Soccer - JapaneseClass.jp (3514)

サッカーのフォーメーションや戦術は時代によって流行やトレンドが出てきます。昔はウイングと言われる前線のサイドで突破を図る足の速い選手を配置するようなシステムが主流な時代もありました。

そこからツートップとトップ下と言われるポジションができ、現在の主流はワントップのツーシャドーと言われるようなシステムが展開されることが増えています。

こういったサッカーによるフォーメーションや戦術理論の流行りというのは、その時にチームにいる選手の起用方法によって変わってきますが、強いサッカーチームが出てくるとそれに追従したように戦術、システムを模索するチームがたくさん出てくるのです。

サッカーのフォーメーションの基本

モルテンの立体作戦盤サッカー用 SF0080【激安ショップスポーツ用品のiwanosports.com】 (3756)

サッカーの戦術としてのフォーメーションの基本は選手に合わせることです。サッカー選手個々によって能力や得意なプレーというものは違ってきます。

ですから、その時にチームに在籍している選手の特徴を見抜いて、ポゼッション戦術や配置できるフォーメーションを組むことがサッカーでは大事になります。

基本的には、監督が用いるべき戦術やシステムや理論をきちんと理解することが大事になりますが、プレーの中でポジションやフォーメーションが変わっていったり、崩してでも動きを作らなければならないときもありますので、そのためにもサッカーにおける基本事項の理解は必要不可欠です。

戦術としてのフォーメーション

サッカーのルール【ポジションとシステム】 (3744)

サッカーのフォーメーションを戦術として捉えると様々なシステムを構築することができます。戦術的な意味合いでは、基本のフォーメーションを崩してしまうこともあり得るのです。

その最たる例としてはゼロトップというシステムが採用されることもありました。
実際にはワントップとして選手がいるのですが、その選手がストライカータイプではなく、ミッドフィルダータイプの選手を配置することでサッカーでは戦術的にゼロトップと呼ばれました。

どのような選手を配置するかがすでにサッカー戦術の一つとなってくるのです。

4-3-3

 (86337)

サッカーにおけるこの戦術、システムは昔も今もありますが、その詳細は少し変わってきています。昔はウイングと呼ばれる選手を両サイドの前線に配置する戦術でした。サイド攻撃をするという理論から、両サイドに選手を配置しましたが、昔は守備と攻撃の役割分担があったためです。

現在のサッカーでは前線からディフェンスまでをコンパクトに保ち選手間の距離を短くすることが戦術の主流となっているので、前線もウイングではなくワントップの下にツーシャドー型の選手を配置するスリートップを利用するサッカーチームが増えていますしポゼッションは重要になってきます。

4-4-2

 (86338)

効率的に攻撃を行うサッカー戦術を用いるためのフォーメーションです。フォワードが二人配置されているので、サッカーの戦術として理論的にはバランス良く攻めることも守ることもできるシステムと言えます。

サッカーのブラジル代表は伝統的にこの戦術、システムを採用していることが多いです。フォワードの選手が素晴らしければ、ツートップだけでも点をとる可能性のあるサッカーでのシステムですので、強力なフォワードを擁している場合には非常に有効となるシステムとなっています。

3-5-2

 (86340)

中盤を厚くしてポゼッションしやすいように考えられたサッカーにおける戦術、システムです。サッカーではボールを保持する時間を長くするポゼッションサッカーを目指す場合やサイド攻撃を起点に考える戦術を採用するときには有利なフォーメーションになると考えられています。

また、サッカーの戦術理論的に考えて、サイドに足が速かったり、ドリブルが得意な選手がいれば1対1の局面を作りやすく、そこからの突破を図りやすいサッカー戦術になります。サイドに選手を配置しているので、中の選手がずれることなくゴール前にポジションをとることができるのもこのシステムの大きなメリットです。

4-2-3-1

 (86342)

昨今、サッカー界で主流となっている戦術、システムでより流動的に選手が動くことが求められるサッカー戦術となります。前線にボールキープできるフォワードがいれば、二列目から色んな選手が飛び出すことができるので攻撃に厚みを出すことができます。

中盤も厚くなっているシステムですから、サッカーの戦術的には中盤を厚くしてポゼッションを高くすることができます。

サッカーの理論的には、人数が密集している分、攻守の切り替えを早くして、素早い攻撃、ショートカウンターを行いやすいシステムです。

選手によって変わるフォーメーション

Bellemere on Instagram: “メストエジル#アーセナル” (114504)

サッカーにおいて、フォーメーションを形作ることでそのチームの戦術が決まっていくとも言えますが、実際にはそのサッカーチームに所属する選手の特徴、長所を生かせる戦術、システムを採用することが大事になってきます。

選手には個々に特徴がありますから、それを活かせるような戦術を採用することが大事になります。
監督の理論に選手を当てはめる場合もありますが、理論通りにいかないのがサッカーの面白いところでもありますので、フォーメーションを考える基本とは、選手の能力を知ることになってきます。

戦術としてフォーメーションを変える

現代サッカーはこう見る! ポゼッション戦術とカウンター戦術のポイントと違いを解説! | スポスタ (3747)

カウンターやサイド攻撃など、サッカーには色々な戦術がありますが、フォーメーションそのものを試合中に変更するという戦術もあります。
サッカーでは、選手を変えることで流れを変えたり、戦術の変更を図ることもありますが、フォーメーションを変えることでリズムを変えるようなシステムもあります。
これには選手個々が様々な理論を理解していることと、ポジション変更があってもそれに対応できるだけのサッカーの技術と能力を持っていることが大切になってきます。

サッカーにおけるシステム

英紙、逆転負けレスターを評価…岡崎は「カウンター攻撃をリンクさせた」 | サッカーキング : 岡崎慎司ニュース - NAVER まとめ (3935)

サッカーにおける戦術、システムは試合を行う上での基本事項と言えます。
戦術、システムが決まっていなければ小さな子供が行うようにボールに群がるばかりのサッカーになってしまいます。

サッカーにおける戦術的なシステムとは、チームのバランスを考えているもので、そのバランスがあるからこそ、攻める時にも効率的に攻めることができますし、ポゼッションを保つこともできます。

また、守備の時にもほころびを作りにくいように昔から考えられ、改良されてきたものなのです。
そして、こういったフォーメーションやシステム、戦術というものは、理論的に考えられていることでもあるのです。

フォーメーションとシステム

フォーメーションとシステムの違いは何を指すのかと考えると、理論的にはそれほど大きな違いというものはありません。
呼び名の違いであって、選手の配置場所という意味では同じものとされます。
しかし、フォーメーションと言われる時には一般的な配置の仕方が言われるのに対して、システムとは、その中で選手個々に与えられる役割を全うすることで出来てくるチームとしての形ということもできますので、フォーメーションを練り上げることでシステムが完成するとも言うことができます。

サッカーの基本的な戦い方

サッカーにおいて、細かな戦術を立てることはあっても、その基本となる攻撃理論は同じものになってきます。基本的に相手があるスポーツですから、相手との兼ね合いになってきます。

その中で、自分達のチームの個性、能力、バランスを考えたシステムをとることが通常になってきます。

サッカーは様々な戦術を使うチームが存在しますが、両チームが同じピッチ内で動き回る以上、全てが思い描いた戦術通りにいくとは限りません。
しかし、自分達の描く戦術を行うためにシステムが様々な存在しているのです。

戦術の数

サッカーでは戦術はいくつでも考えることができます。過去から現代において、多くの戦術が取り上げられてきました。

昔は攻撃、守備と別れているのが通常でしたが、フォワードからディフェンスまでをコンパクトに保って全員攻撃、全員守備を売りにするトータルフットボールと言われる戦術が浸透して、その中でいかにボールを奪い攻撃に繋げるかが考えられ、ゾーンプレスができたり、それを掻い潜る技術やパス回しといった技術が出てくるなど、システムのみならず戦術が変わることで個人のスキルも大きく変わってきたと言えます。

特定選手のための戦術

戦術の種類は無数と言って良いほどあるとも言いましたが、特定の選手を活かすための種類の戦術もあります。
多くの種類のものは、チームとして機能するために考えられたものですが、一人のスーパースターや超一流選手がいる場合には時として、その選手を中心に据えた戦術の種類を用いることもあります。
戦術には、このように特定の選手を活かす種類のものと、平均的な選手を活かす種類の戦術など、沢山の種類のものが考えられるようになっているのです。

進化していく戦術

戦術の種類は無数にあります。多くの種類の戦術が作られては消え、進化を遂げています。
サッカーが始まってからその種類はどんどん増えましたが、それを打ち消す戦術を考えだされました。

そうやってサッカーの戦術、システム的な種類は増えているのです。戦術の種類が増えていけば、その時に採用することができるものが増えてくるので、監督の選択肢も増えます。戦術の種類が豊富にあるので、選手の配置の仕方、能力の見極め方が重要になってきます。

理論的なシステム

理論的にサッカーにおけるシステムを考えると、バランスをとったフォーメーションが一番大事になってきます。

理論的には様々なシステムが考えられていますが、 実際にはミスのスポーツと言われるサッカーですので、うまくいくことはなかなかありません。

それを選手の質や練習によって、ポゼッションを増やすことでより理想的なものに近づけていくことが理論的な戦術をいかすことになってきます。
システムはいつも理論的に考えられ、実践されて、さらに改良を加えてより確実な戦術となっていくのです。

監督の基本的な考え

ペップ戦術!グアルディオラがフットボールにもたらした革新的アイデア5選! | Golaco [ゴラッソ] 大人のサッカーまとめ (3941)

戦術やフォーメーションは監督の考え方で決まります。
自分の理論を選手にはめ込んでいく監督もいれば、選手の個性や能力を活かすためにフォーメーションを変える監督もいます。
これは、監督の戦術に対する考え方の問題ですから、正解はありませんが、選手と監督の考えが合致すれば強いチームとなりうるのです。
監督も人間である以上、自分の理論を強く持っているわけで、その戦術理論に対応することは選手に必要とされる能力の1つとも言えるのです。

戦術は監督との相性

サッカーにおける戦術は監督の考えが全てとも言えます。
どんなに優れたサッカー選手でも、自分のしたいことばかり行っていては、チームという中では不必要なものとされてしまいます。
監督は戦術、システムを決めるもので、その監督との相性によって、チームで求められる重要度や必要度も変わってくると言えます。
選手が活きるかどうかも監督の考え方ですし、そこにはシステムや戦術とのマッチがあるかどうかという点も重要になってきます

戦術の種類

サッカーにおける戦術の種類は無限にあると考えることもできます。
ゾーンプレスやカウンターなど、様々な戦術が作られていますが、1つだけではなかなか勝ちを得ることができないのがサッカーです。

複数の戦術を組み合わせることで攻守における細かな決め事ができていくわけです。
このような観点から見ていけば、監督の数だけ戦術はあるでしょうし、これからもどんどん考え出されていくと思われます。

ルールの中でどんどん進化を果たしているのがサッカーの戦術であり、システムであるのです。

戦術理論

Kyohey on Instagram: “クリンスマンじゃなくて、ベンゲル空いてねーか⁇#ベンゲル #日本代表 #ベンゲルジャパン #西野ジャパン #ロシアw杯” (114503)

戦術理論とは、机上の空論で終わることもありますし、それを実現できるだけのプレイヤーの能力も大事になってきます。戦術、戦い方というのは、理論上、いくつでも考えることができます。

相手選手をどのように抑えるのか、どのような攻撃をするのかといったポイントがありますが、実際には90分という時間の中でどのように点を与えずに点を取るのかが大事になってきますし、ずっと同じことを繰り返し続けるだけでは難しいこともあります。

語られる戦術

鶴牧  魂: 12月 2011 (3930)

時代を変えるような戦術が出てきたときには、サッカーの転換期として、ずっと語られるようになります。有名な戦術の種類ではオランダが用いたトータルフットボールと言われる全員攻撃、全員守備を行う方法です。

それが現在は主流となって定着しています。

また、ゾーンプレスであったり、リベロと言われる守備の選手の攻撃参加であったり様々な種類の戦術が生まれては使われ、それを防ぐための種類の戦術が生まれていくという循環を繰り返し日々進化しています。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。