2020年1月28日 更新

サッカーフォーメーションの解説決定版!最強戦術はどれだ?

サッカーは攻撃と守備が明確に役割分担されていた昔から、ポゼッション・トータルフットボールという現代の戦術まで、フォメーションは時代の流れと共に変化し続けています。現代サッカーのフォーメーションを解説し、海外・欧州の最強戦術とは何かと考えていきましょう。

435,632 view お気に入り 0

4-3-1-2の特徴

4-3-1-2システムの特徴は、ボランチを3枚にしたことによるディフェンシブなカウンターサッカーを目的にしている点です。理論的に失点を最小限に抑え、カウンターによる攻撃を展開する手堅いサッカー戦術と言えます。
4-3-1-2のメリット・デメリットの解説
4-3-1-2はボランチを3枚置いている点でディフェンス面では機能するサッカー戦術となります。しかし相手チームに現代主流のポゼッションをされるため必然的にディフェンス時間が長くなり、豊富な運動量と精神的なタフさが求められます。

更に理論的に攻撃人数が少ない分、カウンターの精度が悪いといくら失点を防いでも勝利できません。サッカー戦術的に4-3-1-2を採用した場合、攻撃的ポジションには能力の高い選手を配置することで現代最強のフォーメーションに成り得ます。

サッカーフォーメーション 3-4-3システムの解説

3-4-3システムはディフェンダー3枚、ミッドフィルダー4枚、フォワード3枚の3列がフラットに並ぶ布陣が基本型となっているサッカーフォーメーションで、攻撃陣に能力の高い選手を揃えるチームにとっては最強のサッカー戦術になりえます。

3-4-3フラット

 (88222)

3-4-3フラットは3-4-3システムの基本型で、ディフェンス能力に優れた3人を最終ラインに、ミッドフィルダー4枚はフラットに配置、攻撃能力の高いフォワード3枚を配置するフォーメーションです。

3-4-3フラットの特徴

ミッドフィルダーの4枚はフラットに並びますが、中央2人はセンターハーフ、両サイドはサイドハーフの役割を担います。攻撃は両ウイング、両サイドハーフによるサイドアタック、センターフォワードとセンターハーフによるセンターアタックとバリエーション豊富なサッカー戦術が特徴です。

ディフェンダーが3人と枚数が少ないため、現代主流の3トップで攻撃してくる相手チームには相性はあまりよくないフォーメーションと言えます。
3-4-3のメリット・デメリットの解説
3-4-3は攻撃陣の枚数が多く、理論的に前線の両ウイングと中盤の両サイドハーフによる縦への突破など、前線に人数を増やしていることで多彩な攻撃が可能なフォーメーションになっています。また、ボールを奪われたら高い位置からハイプレスを仕掛けることができるフォーメーションで、ショートカウンターに向いています。

しかしディフェンスが3枚と少ないことから、サイドを突破されると危険な状況になってしまうことから、4-4-2のフォーメーションを採用してくる相手には相性がよくありません。
豊富な運動量で現代主流のハイプレスを仕掛けることができ、ショートカウンターを得意とするチームにとっては最強のフォーメーションです。

3-4-3ダイヤモンド

 (88224)

3-4-3ダイヤモンドシステムは、中盤の4人をオフェンシブハーフ1枚、ボランチ1枚、サイドハーフ2枚という布陣です。

1974年ワールドカップ西ドイツ大会でオランダ代表監督のリヌス・ミケルスが、ヨハン・クライフを中心にしたトータルフットボールを世界に知らしめたサッカーシステムでも有名です。
このトータルフットボールが現代でも取り入れらているトータルフットボール、ポゼッションサッカーの原点です。現代ではハイプレスなども加わり、様々な変化を遂げています。

3-4-3ダイヤモンドの特徴

両ウイングによるサイドアタック、センターフォワードとオフェンシブハーフによるセンターアタックと攻撃のバリエーションは豊富で攻撃力で言えば最強なサッカーフォーメーションです。3-4-3フラットと違いセンターハーフの2枚をオフェンシブハーフとボランチに分けているため、攻撃と守備の切り替えが非常にスムーズになる点がこのフォーメーションの特徴です。
3-4-3ダイヤモンドのメリット・デメリットの解説
3-4-3ダイヤモンドのメリットは何と言っても攻撃力です。逆にディエンス時には枚数が少ないことが懸念材料です。

最終ラインは3枚と少なく、最終ラインの前列は1枚しかいないので、カウンターサッカーを仕掛けられたり、サイドを突破されたら危険な状況に陥ります。そのため、カウンターサッカーを展開してくる相手には相性がよくないシステムの一つです。
ポゼッションサッカーを主体としているチームでは現代でも取り入れられている戦術です。

3-2-2-3

 (88226)

3-2-2-3システムは中盤4人をオフェンシブハーフ2枚、ボランチ2枚と攻撃守備に役割を分担して明確にした布陣です。

3-2-2-3の特徴

3-2-2-3の最大の特徴はフォワードが3人、オフェンシブハーフが2人の計5人と、人数では有利な状況を生み出せる点です。攻撃技術に優れた選手を配置することで確実に得点を狙うことができる最強布陣に成りえる戦術です。
攻撃的サッカーを展開する現代では特にヨーロッパで多く取り入れられています。
3-2-2-3のメリット・デメリットの解説
3-2-2-3という布陣のメリットは攻撃に枚数を増やすこと、特にセンターアタックによって得点チャンスを多く作り出すことにあります。

逆にデメリットは、守備陣の枚数の少なさによる相手カウンターサッカーに対する対応が遅れることです。更にディフェンスが3枚のため、サイドを崩されると危険な状況に陥ります。そのため、サイドをえぐるようなカウンターサッカーを展開してくる相手チームに対してはあまり相性がよくないシステムの一つです。

3-3-1-3

 (88228)

118 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

マリノスのフォーメーションと戦術を考察!強さの秘密はどこにある?

マリノスのフォーメーションと戦術を考察!強さの秘密はどこにある?

横浜Fマリノスのフォーメーションは4-3-3を基本として、ポゼッションサッカーで圧倒的な強さを示してきました。横浜Fマリノスが展開する攻撃的で魅力的なサッカーは、緻密に構成されたフォーメーションや戦術から成り立っていて、多くのサッカーファンの注目を集めています。
サッカーフォーメーションの433の戦術メリットとデメリットを解説

サッカーフォーメーションの433の戦術メリットとデメリットを解説

サッカーの433のフォーメーションの特徴とは、攻撃に人数を多めに割り当てているので、ゴールシーンが増え、見ている側としてはとてもアグレッシブに見える戦術です。現在のヨーロッパでは433フォーメーションが主流になっています。フォーメーションはそれぞれメリット・デメリットがあり、チームの勝敗を左右する重要な戦術です。
UCLAカットとは?バスケの戦術についてわかりやすく解説!

UCLAカットとは?バスケの戦術についてわかりやすく解説!

バスケットボールにはいくつかのオフェンスフォーメーションがあり、その中でも最もポピュラーで、様々な戦術の基礎となりえるフォーメーションがUCLAカットと言われています。今回はそんなNBAでも使われているUCLAカットについてわかりやすく解説していきます。
サッカーフォーメーションの戦術トレンドを考察【2019年度版】

サッカーフォーメーションの戦術トレンドを考察【2019年度版】

サッカーには、沢山のフォーメーションがあります。フォーメーションは、いつの時代もトレンドがありますし、監督の戦術やそれを理解する選手によっても変わってきます。現代における最強のシステムや戦術をフォーメーションから考えることでサッカーをより楽しめます。
サッカー戦術論!名将監督のシステムやフォーメーション理論解説

サッカー戦術論!名将監督のシステムやフォーメーション理論解説

サッカーにおける戦術とは試合に勝つための理論だと言い換えることができるでしょう。名将と呼ばれる二人の監督が用いる究極の戦術からサッカーの本質に迫ってみたいと思います。戦術理論がわかればサッカーのプレイの幅も広がりますし、観戦の楽しみも増えるでしょう。
CAS |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9