2020年3月25日 更新

ジョギングの効果ありすぎ?身体にもたらす魅力的な10個の効果とは?

心身ともに健康に効果のありすぎるジョギングの具体的な効果10個をご紹介!数ある有酸素運動の中で、なぜジョギングやマラソン・ランニングが注目される理由とは?キレイに痩せるメリットがある?毎日走らなきゃダメ?1ヶ月の期間でも効果はある?朝と夜どっちが効果的?効果のありすぎるジョギングを徹底解析!

1,376,018 view お気に入り 0

1ヶ月頃から現れるジョギングのメリットとは?

Free photo: Young, People, Woman, Isolated - Free Image on Pixabay - 3061652 (21907)

ジョギングの効果を得るには継続が大切です。少なくとも1ヶ月の期間は続ける必要があります。
走る頻度や時間によって個人差がありますが、体脂肪量の減少や体質改善などを実感するには、だいたい3ヶ月の期間がかかると言われてます。

しかし、開始から1ヶ月程の期間で得られるメリットもたくさんあります。

<1ヶ月で表れる効果>
・むくみの改善
・便通の改善
・肌トラブルの改善
・筋力アップ
・生活リズムの改善 など


これらは朝・夜どちらの時間帯で走っても得られる効果です。1ヶ月でどんな変化が表れるか、具体的に見ていきましょう。

1ヶ月で表れる効果【むくみの改善】

むくみの正体|むくみ改善 (21939)

「夕方や夜になると足が太くなる」
「朝起きると顔がパンパンになる」


これらはむくみのサインです。

血液は、酸素や栄養を血管を通って全身に送ります。その血液の成分の一部である「血漿」が血管から染み出し「細胞間液」となります。細胞間液は血管と細胞の橋渡しのような役割を担いますが、役目を終えると水分や老廃物となり、静脈やリンパ管へ運ばれます。この静脈やリンパ管の流れが悪くなって皮膚の下に溜まってしまう減少が「むくみ」です。

静脈やリンパ管は、筋肉への刺激によって流れが良くなります。1ヶ月もかからずに改善を実感する人もいます。余分な水分を溜めこまずダイエットにも繋がります。

1ヶ月で表れる効果【便通の改善】

便秘には様々な種類があります。主な種類は以下の4つです。
ジョギングは便通の改善効果あり (21940)

いずれも「ストレス」「運動不足」「筋力低下」が原因となるため、ジョギングの効果によってこれらが少しずつ改善すれば、早い人では1ヶ月頃から便通改善に効果が表れてきます。

痙攣性便秘の場合、激しい運動は好ましくないため、スロージョギングやウォーキングをおすすめします。

長年の間、辛い便秘にほぼ毎日悩まされてきたという方もいるかもしれません。1ヶ月で少しでも改善するなら、試してみる価値はあるでしょう。ジョギング習慣によって「毎日朝からスッキリ」が叶うかもしれません。

1ヶ月で表れる効果【肌トラブルの改善】

1ヶ月で表れる効果【肌トラブルの改善】 (99274)

ジョギングは、ニキビ・吹き出物などの肌トラブルの予防、血色の改善に効果的です。

ニキビや吹き出物は、毛穴汚れや皮脂詰まりが引き起こす毛穴の炎症です。ジョギングによる発汗は、毛穴を開き、汗と一緒に汚れを外に出してくれるため、毛穴の炎症を防ぎます。また、全身の血行が改善されるため、肌色が明るくなります。

毎日生まれ変わる人間の細胞は、肌細胞の生まれ変わりは約1ヶ月(約28日間)です。早い人では1ヶ月前後から肌質に変化が見られます。

朝ジョギングでは紫外線の影響を受けるため、しっかり日焼け対策をしましょう。日焼け止めなどによる肌への影響が気になる方は、夜ジョギングがおすすめです。

1ヶ月で現れる効果【筋力アップ】

ジョギング1ヶ月で現れる効果は筋力アップ (99276)

ジョギングのような有酸素運動は、筋力アップに効果的です。筋力は、筋肉量が増える「筋肥大効果」「神経系の機能改善効果」で向上しますが、1ヶ月の期間では、後者による筋力アップ効果が表れてきます。

身体を動かすための筋肉は、神経からの命令によって収縮と弛緩を繰り返します。運動不足では、この神経系の働きが鈍くなっており、筋肉は本来の力を発揮できません。

ジョギングのようなゆるやかな有酸素運動でも、神経系の改善は期待できます。習慣的なジョギングは、「眠っている筋肉」を「起こす」ことで筋力アップ効果が期待できるのです。

1ヶ月で表れる効果【生活リズムの改善】

ジョギング1ヶ月で表れる効果は生活リズムの改善 (99278)

朝ジョギングは自律神経を整える効果があり、夜ジョギングは抗ストレス効果による良質な睡眠を導きます。

朝・夜どちらのジョギング習慣も毎日の生活リズムを整える効果があり、毎日のように感じていたイライラや疲れが改善したという方もいます。1ヶ月を過ぎたあたりから変化を実感できる方が多いようです。


1ヶ月の期間でむくみや便通が改善すれば自然と体重は落ち、痩せる効果が実感できれば継続の動機となるでしょう。1ヶ月頑張って、肌質や毎日の生活リズムが改善されれば、自分に自信が持てたり達成感が得られたりもます。

心身への効果がありすぎるジョギングを、まずは1か月間、生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

効果のありすぎるジョギングを習慣化しよう!

ジョギングは、ダイエット・美容・脳活動など、多岐にわたって効果のありすぎる優秀な有酸素運動です。走る時間と場所さえあれば、誰でも簡単に始めることができます。

ペースや距離なども自分で調節できるため、自分だけのお気に入りのコースを作ることもできます。ダイエットで痩せることができれば、ウェア選びも楽しみの1つになるかもしれません。1人で続ける自身の無い方は、仲間を誘って励まし合っても良いでしょう。好きな曲を聴きながら走るのもモチベーションアップに繋がります。

少しでも気になった方は、今からでもジョギングを習慣に取り入れましょう。継続期間の目標は、まずは1ヶ月。「ありすぎる効果」を是非実感してください。
106 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

筋トレは効果に時間帯は関係ある?朝と夜はどっちがいいの?

筋トレは効果に時間帯は関係ある?朝と夜はどっちがいいの?

筋トレは、朝と夜のどちらが良いかは人によって異なります。朝の筋トレは集中力を高め、脂肪燃焼効果があります。一方で夜のトレーニングは筋肥大に効果的です。人によって生活リズムは異なるため、筋トレを継続しやすい時間帯を選ぶことが大切です。
Shun.T |
片手腕立て伏せとは?正しいやり方とフォームを覚えて効果的に鍛えよう

片手腕立て伏せとは?正しいやり方とフォームを覚えて効果的に鍛えよう

片手腕立て伏せとは、片手と両足の3点で支えで行う腕立て伏せです。片手腕立て伏せのやり方は、体の重心を地面についている腕に乗せながら行います。片手腕立て伏せのフォームは、地面につく腕を肩に対して垂直に伸ばすことが大切で、両手がつく腕立て伏せとは異なります。
ウエイトトレーニングのマシン・器具の効果と種類をご紹介!

ウエイトトレーニングのマシン・器具の効果と種類をご紹介!

ウエイトトレーニングのマシンはどのジムにも豊富に設置してあります。バーベル、ダンベルなどでのトレーニングと比べて、特定の筋肉に対して効果的で安全性が高いことが特徴です。全身を鍛えるためにおすすめのウエイトトマシンと効果を説明します。
ランニングマシーンの効果とは?健康的に痩せる使い方を知っていますか?

ランニングマシーンの効果とは?健康的に痩せる使い方を知っていますか?

ランニングマシーンの効果とは、脂肪燃焼・筋力アップ・心肺機能アップ・ストレス発散など5つあります。ランニングマシーンは身体を健康にしてくれる効果がたくさんあります。ただ有酸素運動を続けているだけでは効果はでずらいため、適度な筋肉トレーニングをすることで効果を高めます。健康的に痩せるための走り方や頻度、食事の摂り方についても解説!
インナーマッスルの鍛え方!トレーニングメニュー腹筋編【初心者OK】

インナーマッスルの鍛え方!トレーニングメニュー腹筋編【初心者OK】

インナーマッスルとは?最近よく耳にするインナーマッスルの解説から鍛え方、効果など。初心者でもできる基本的に道具を使わず、簡単かつ場所を問わないトレーニング方法やトレーニング時の注意点などをご紹介!
Act |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

真秀美 真秀美