2021年4月29日 更新

バレーボールのハイセットとは?ハイセットの打ち方と練習方法を解説

バレーボールのハイセットとは、レシーブが乱れてセッターの定位置から離れた位置から上げるトスで、通常はに2段トスと呼ばれています。ハイセットはセッター以外の選手がおこなうことも多く、レフトかライト方向に大きく上げるのが基本で、バレーボールの試合の勝敗に関わる重要なプレーです。

396 view お気に入り 0

ハイセットとは?

 (236924)

バレーボールのハイセットとは、セッターの定位置から離れた場所から上げるトのことです。セッターが構えた位置から逸れた場所にレシーブボールが上がった場合、レフトかライトの両方のサイドに大きくハイセットのトスを上げて攻撃に結びつけます。
セッターを含めたすべてのプレーヤーがハイセットのトスを上げることがあり、おもにオープンアタッカーが打ちます。

ハイセットの2つの意味

ハイセットは2つの意味があります。

①単に高い軌道を描くトス
②セッターの定位置から離れた場所に上がったレシーブボールを、オープンスパイカーに上げるトス

高く大きな軌道を描くトスをハイセットと呼ぶこともありますが、通常は乱れたレシーブボールをオープンスパイカーに上げるトスを指します。

ハイセットの別名

ハイセットの別名は2段トスです。日本にバレーボールが普及し始めた時代は、攻撃のときにボールに触る回数を、1段・2段と段の単位で数えていたことから2段トスの言葉が生まれました。

現在の9人制バレーやルール改正以前の6人制バレーは、ブロックのファーストタッチも1回触れたとカウントされました。2段トスの語源は、ブロックに触って乱れたボールを2段目でトスアップすることに由来します。

ハイセットを使う場面

ハイセットを使う場面は2種類あります。

①レセプションやディグでレシーブが乱れてセッターにボールが返らない場合
②セッターが動いてトスアップできるが、定位置から大きく離れている場合


ハイセットの定義は、セッターが本来いるべき位置にレシーブしたボールが返らない場合のトスです。セッターやリベロ、他のスパイカーの誰が上げたトスもハイセットとなります。

ハイセットのやり方

ハイセットのやり方は、基本のオーバーハンドパス・アンダーハンドパスと同じですが、体全体を使って丁寧に上げることが打ちやすいトスにするコツとなります。

2段トスはできる限り素早くボールの真下に入り、オーバーハンドで上げることが望ましいです。アンダーハンドパスで上げる場合は、腕を振って距離を出すのではなく、全身を使い優しくボールを運びましょう。

ハイセットのトスの上げ方

ハイセットのトスの上げ方は、ただボールを飛ばすのではなく打ちやすい柔らかなトスにすることが重要です。

【オーバーハンドパスの場合】
・ボールの下に入り低い姿勢でボールを捉える
・上げる方向に体を向けて、全身を使いボールを運ぶ

【アンダーハンドの場合】
・ボールの真下に入り体を沈ませる
・低い姿勢で捉え、腕を振らず下半身を伸ばす勢いでボールを運ぶ

ハイセットトスの打ち方

ハイセットトスの打ち方は、セッター定位置からのオープントスの打ち方と少し異なります。2段トスは、ボールが来る方向や高さが毎回違うことからタイミングを合わせづらいのが特徴です。

【打ち方のコツ】
・トスを上げる人とボールの両方を視界に入れてボールから目を離さない
・助走の幅を充分にとり、ボールの行方を確かめて助走を開始
・ネットと自分の中間でボールを捉える
・下に打ち込まず、エンドラインを狙って打つ

ハイセットの練習方法

 (236885)

ハイセットの練習は、セッターを含めプレーヤー全員がすることで実戦で役立ちます。並行してアタッカーは打つ練習もしていきましょう。

【トスの練習】
①コート片面を使い、レシーバーは軽く打ったボールをコート中央付近に上げる
②トスを上げる選手はボールの正面に入りトスを上げる
③レフトとライト両方おこなう

実際にスパイカーに立ってもらい、打ちやすいか判断してもらうとより効果的な練習になります。

ハイセットのコツ

 (236925)

ハイセットのコツは、トスはゆっくり大きく上げ、打ち手は充分に助走を取りボールを前で捉えることです。2段トスは、短くても長すぎてもアタッカーは打ちにくくなります。練習を重ねて適切なコースを体で覚えましょう。

打ち手はできるだけネットから離れた場所から助走して、ボールをよく見て自分の前で捉えることがコツとなります。

ハイセットのトスを上げるコツ

ハイセットのトスを上げるコツは2つあります。

・ボールの下に素早く入り、低い姿勢でボールを捉える
・体を上げたい方向に向け、ゆっくり大きくトスを上げる

トスを上げる場所が判断できないときは、アンテナを目標にパスする練習から始め、慣れてきたら調整を加えていくことで体得することができます。

ハイセットトスを打つコツ

28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オープントスのやり方とは?初心者にメリット・デメリットを解説!

オープントスのやり方とは?初心者にメリット・デメリットを解説!

バレーボールのオープントスは、レフトとライトのウイングスパイカーに向けて上げるトスで、高く大きな弧を描くことが特徴です。オープントスはバレーボールの試合中に一番使われるトスで、打ち手の能力を十分活かせることがメリットですが、ブロックが必ずつくデメリットもあります。
アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブの打ち方!サーブを決める5つのコツを解説!

アンダーハンドサーブは学校の体育で使われる初心者向けの技で、腕を振り子のように下から上へすくい上げる動作で打ちます。アンダーハンドサーブの成功には、正しい基本フォームの習得が必須で、ボールと打つ手を丁寧かつ確実に当てることやおへそを打ちたい方向へ向けることが大切です。
サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

サイドハンドサーブの打ち方とは?練習方法とコツをわかりやすく解説!

バレーボールのサイドハンドサーブは、腕を伸ばして体の横でボールを打つサーブです。肩や肘の負担が少ないサイドハンドサーブは、筋力に自信がない人やバレーボール初心者も飛距離が出せるのが特徴です。トスを安定させてボールをミートする練習を重ねることがコツとなります。
バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは?打ち方やコツを簡単に解説

バレーボールの平行トスとは、アタッカーに対してネットに平行に直線的に上げるトスです。平行トスはブロック完成前に打てることがメリットで、バレーボールのコンビネーションで有効な得点手段の1つとなります。平行トスを打つコツはコンパクトなフォームでミートすることです。
キルブロックのやり方とは?バレーボールのブロックの練習方法を解説!

キルブロックのやり方とは?バレーボールのブロックの練習方法を解説!

バレーボールのキルブロックは、スパイクを完全にシャットする技です。キルブロックのやり方は、スパイクのタイミングを読み、手に力を入れてスパイクを完全に抑え込んで真下に叩き落します。キルブロックをマスターするには、バレーボールの練習に垂直ジャンプ力強化を取り入れ、正しい手の形でブロックすることです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵