2021年4月29日 更新

バレーボールのアウトオブポジションとは?初心者に反則ルールをわかりやすく解説

バレーボールのアウトオブポジションとは、ローテーションや選手間の位置が違うことに対する反則ルールです。バレーボールの競技規則ではポジショナルフォールトといい、反則をした場合には相手チームに1点とサーブ権が与えられます。アウトオブポジションは前後左右に接する選手同士のみ該当します。

2,156 view お気に入り 0

アウトオブポジションとは?

 (236438)

バレーボールのアウトオブポジションとは、選手間のポジショニングやローテーションが違うことに対する反則です。アウトオブポジションの正式名称はポジショナルフォールトで、審判はサーバーが動作を始めてから打った瞬間までの選手の足の位置に対して反則のジャッジをします。

アウトオブポジションの反則がサーブの反則と同時に起きたときには、サーブに対する反則を優先とし、アウトオブポジションの反則は取らないルールです。

アウトオブポジションの規則

アウトオブポジションの反則は、6人制バレーボールの競技規則7.4~7.7に沿って判断されます。

バレーボールの競技規則では、サーバーからボールが打たれた瞬間、コート内のサーバー以外の全選手が自陣地でローテーション順に位置していなければなりません。正しく位置していない場合には、アウトオブポジションの反則が取られ、反則していないチームに1点とサーブ権が与えられます。

反則となる位置

 (236873)

反則の判断対象となる位置関係は、前後左右に隣りあう選手同士のみです。隣接していない選手や対角にいる選手との位置関係は、アウトオブポジションの反則対象になりません。

アウトオブポジションの反則は各選手の足の位置で判断するルールで、選手間の位置関係だけでなく、サーブ時にコート内の選手がエンドラインやサイドラインを踏み越す反則もアウトオブポジションとして取られます。

反則となるタイミング

アウトオブポジションは、サーブが打たれたタイミングで判断されます。サーバー以外の選手は、サーバーがセットポジションに入りボールを打つ瞬間までは、ローテーションの位置に動かずにとどまることが大切です。

アウトオブポジションの3つの例

 (236436)

アウトオブポジションの反則には、バレーボールのポジションごとに取られやすい3つのパターンがあります。

①前衛がブロックへサーブより早く動き出す
②セッターがセットアップを急ぎすぎる
③レシーバー以外の選手が避ける位置を間違える

いずれも原因はサーブ後の役割に気を取られサーバーの動きを見ていなかったり、チーム内の作戦ミスであったりすることに多く、仲間の選手同士が声を掛けあうことで一定の防止効果がみられます。

①前衛が反則するケース

前衛のポジションにいるときは、味方がサーブを打つ前にブロックへ動き出し、アウトオブポジションを取られるケースが多いです。

原因は、相手チームの動静に気を取られてしまうことや味方選手のサーブを目視したり感じたりしづらいことにあります。前衛で反則を取られた場合には、後方を目視しサーブのタイミングを確認したり、まわりの動きや声掛けを確認したうえで動きだしたりすることがおすすめです。

②セッターが反則するケース

セッターの反則の多くはセットアップに注力しすぎることに起因し、動き出しが早すぎたり、隣接する選手と位置が違ってしまったりするパターンが多くみられます。隣接する選手との位置違いは事前に確認しあうことで、動き出しのタイミングは慌てずにサーバーをみることで反則を防ぐことが可能です。

③後衛が反則するケース

後衛の反則の多くは、レシーブに入らない選手が避ける位置やポジショニングを誤ることで起こります。

後衛はスパイクが打ちやすい位置やフォローに入りやすい位置のみを意識してポジショニングをすることで、エンドラインやサイドラインを踏み越えてしまったり、選手間の足の位置がローテーション通りでなかったりするミスをしがちです。反則を防ぐためには、練習の段階で攻撃パターンごとに互いの位置を確認しあうことが大切です。

アウトオブポジションにならない特殊な場合とは?

 (236439)

テレビでバレーボールの公式戦を視聴すると、アウトオブポジションに思える動作で審判が反則を取らない場合が多く見受けられます。反則にならない理由は、2つのポイントにあります。

・審判は試合がスムーズに進行することを重視する
・アウトオブポジションは隣接する選手間のみに適用される

選手の動き出しが早い場合

球速や試合展開のはやい男子バレーボールの試合では、サーブよりもコート内の選手が早く動き出し、アウトオブポジションの反則に該当する場合も少なからずみられます。

ただし審判が反則を取ることはまれで、理由は試合を止めないことを優先し、試合の流れに直接関係のない反則は取らない審判の暗黙の原則です。選手がアウトオブポジションとなる動きをしたことで攻撃が著しく有利になった場合は、正規ルール通りに反則を取ります。

後衛が前衛より前にいる場合

28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ディレイインサービスとは?バレーボールのルールをわかりやすく解説!

ディレイインサービスとは?バレーボールのルールをわかりやすく解説!

バレーボールのディレイインサービスとは、主審がサービス許可の笛を吹いた後、8秒以内にサーブを打たなかったときに取られる反則です。ディレイインサービスはバレーボールの試合の遅延行為とみなされ、試合進行に影響がでるために設けられました。主審は両手の指で8を表してサービス失敗とします。
バレーボールの副審とは?どんな役割で知っておくべきルールを解説

バレーボールの副審とは?どんな役割で知っておくべきルールを解説

バレーボールの副審の役割は主審のアシストが基本ですが、時間の管理やゲームを正しくスムースに進行させる重要な責務を負っています。小学生・ママさんバレーから国際試合まで、主審とともに副審の仕事が遂行されないと試合は成立しません。審判は常に公正で冷静に試合を運ぶことが求められます。
フォアヒットとは?バレーボールの反則ルールをわかりやすく解説

フォアヒットとは?バレーボールの反則ルールをわかりやすく解説

バレーボールのフォアヒットは、3打以内に相手コートへ返球できないときに取られる反則で、オーバータイムスと呼ばれることもあります。場外やベンチへボールが飛ぶことで返球が不可能となった場合もフォアヒットに該当し、審判は4本の指を立てるハンドシグナルで反則の合図をするルールです。
バレーボールのオープン攻撃とは?初心者にわかりやすく解説します!

バレーボールのオープン攻撃とは?初心者にわかりやすく解説します!

バレーボールのオープン攻撃とは、ネットの両サイドにコートの幅いっぱいの高いトスをあげて打たせるアタックのことです。タイミングをとりやすいオープン攻撃はバレーボールのスパイクの基礎で、初心者は初めに高く大きなオープントスを打つ練習から始めます。
カバディとは?競技人口・ルールから漫画・アニメなどの情報まとめ!

カバディとは?競技人口・ルールから漫画・アニメなどの情報まとめ!

カバディとは、1チーム7人ずつが鬼ごっこのように相手にタッチしたり、タッチした相手を捕まえたりするインドの伝統スポーツです。カバディの世界の競技人口は1000万人以上で、体育館や屋外のコートで道具を使わずに楽しめると人気を集めています。高校カバディ部を描いた灼熱カバディをはじめとする漫画やアニメは、海外で大人気です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

emikobayashi215 emikobayashi215