Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. バレーボール
  4. >
  5. バレーボールのポジション...
バレーボールのポジションと役割や動きとは?フォーメーションの解説

バレーボールのポジションと役割や動きとは?フォーメーションの解説

6人制バレーボールでは、ポジションごとに役割と動きが違います。ウイングスパイカー・オポジット・ミドルブロッカー・セッター・リベロという5ポジションに分類して、その役割と動きを、ルールとフォーメーションを絡めて詳しく解説します。各ポジションの名称や役割を知って、よりバレーボールを楽しんでください。

2022.10.20 バレーボール

バレーボールのポジションと名称

 (88740)

バレーボールにはポジションがあり、それぞれに役割があります。まずはポジションの名称をご紹介して、その次にそれぞれの役割について詳しく説明していきます。これはあくまで位置の名称であり、その時にそのポジションにいる選手の役割とは異なります。今回は6人制バレーボールに関しての説明であり、男子・女子ともに同じルールです。

一般的にチームのエースがフォワードレフトにいる状態で試合を開始することが多くなっていることから、レフトスパイカー=エースアタッカーと呼ばれています。

ポジションの名前

 (88959)

バレーボールのポジションの一番の基礎は・・・


・ネット寄りの3人のポジションを前衛(フォワード・フロント)
・後ろ側に位置する3人のポジションを後衛(バック)


そして、ネットに向かって左側ををレフト・真ん中をセンター・右側がライトになります。前衛と後衛の間の線は、あくまで前後を区別するために引いた線なので、アタックラインとは関係ありません。

前後左右の関係から、「フォワードレフト」「バックレフト」というように組み合わせて6つの位置を特定します。後述するポジションごとの役割は、選手ごとの役割となり、その時点でその位置にいる選手とは異なりますので、その点は注意が必要です。

ローテーションのルールとは?

 (88960)

バレーボールにはローテーションというルールがあり、サーブ権が移動するごとにポジションを時計回りに一つずつ移動するという特徴があります。

サーブを打つ前には必ず決められた位置にいることが義務付けられていて、サーブがサーバーの手を離れた時点で、それぞれの役割をこなすべきポジションに移動します。

※サーブを打つ選手は①のポジション



このような理由からバレーボールのフォーメーションでは、レフトスパイカーと呼ばれる選手がいつもフォワードレフトにいられるわけではありません。その時のローテーションによって攻撃体制や守備位置も違ってきます(最高6通り)。このローテーションごとにフォーメーションが決められていることも、バレーボールの面白さの一つといえます。

5つのポジションの役割と動きとは?

【パルプンテ】 4.各ポジションについて

バレーボールのポジションは5つの役割に分類されます。
①ウイングスパイカー
②オポジット
③ミドルブロッカー
④セッター
⑤リベロ
このうち、セッターとリベロ以外は攻撃に加わるため、ひとくくりにスパイカーとされる場合もあります。この5つの名称と役割、そしてローテーションを知ることによって、「なぜあの選手はあそこにいるのだろう?」という疑問も解決するはずです。

ポジション①ウィングスパイカー

🦆 on Instagram: “13th October 2019 Hiroshima Green Arena  #GabrieleNelli #ガブリエレネッリ 選手  #fivbvolleyballworldcup  #fivbvolleyballworldcup2019 #fivbworldcup…” (88733)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
ウイングスパイカーはサイドアタッカー・オープンスパイカーとも呼ばれ、文字通り得点を入れる役割を担っています。

チームのエースはこのウイングスパイカーの場合が多く、何よりスパイクを決めることでチームに貢献する花形ポジションです。さらにウィングスパイカーはレセプション(サーブレシーブ)やディグ(スパイクレシーブ)にも参加するため、オールラウンドなプレーを要求されます。

そのためウイングスパイカーに求められる資質は多く、スパイク力はもちろんのこと、レシーブ力も養う必要があります。守備が苦手だとサーブで狙われてしまい、チームの足を引っ張るばかりでなく自分のテンションまで下がってしまいます。

ウイングスパイカーの役割と動き

※ウイングスパイカーの役割
自分を含めて誰かがレセプションを行ったら、すぐに開いてトスを待ちオープンスパイクを打って得点にする。
そのほか、セッター以外の選手がトスを上げる二段トスや乱れたトスなども来るので、それを何とか処理するという難しい役割も担っています。

高いトスだけではなく、ミドルブロッカーの頭上を越えた平行トスを打つことも戦略上必要になってきます。また、バックポジションの場合は、パイプ攻撃と呼ばれるバックアタックを要求される場合もあります。ウイングスパイカーは攻撃の中心となるスパイクのスペシャリストです。
関連記事
ウィングスパイカーとは?バレーボールのポジション解説!

ウィングスパイカーとは?バレーボールのポジション解説!

バレーボールのウィングスパイカーとは、文字通りスパイクを打つ役割を担うポジションです。そしてチームの得点源となる責...

バレーボールのポジション②オポジット

🦆 on Instagram: “11th October 2019 Hiroshima Green Arena  #AhmedAbdelhay #アハメドアブデルハイ #fivbvolleyballworldcup  #fivbvolleyballworldcup2019 #fivbworldcup…” (88734)

オポジットというポジションは、以前のバレーボールの概念にはなかったポジションです。オポジットは別名スーパーエース、つまりエース以上に攻撃力のある選手を指し、主にセッターの対角に位置してスパイクを打ちまくります。昔よりバレーボールが攻撃的になり、スパイカーの数を増やすために設けられたポジションとも言えます。

現在ではまず見られませんが、昔は二人のセッターがコートの対角に位置して、前衛のセッターがトスを上げてもう一人はレシーブをするという体制がとられていました。それではチームの攻撃パターンが狭まってしまうので、現在ではセッター以外の選手は全て攻撃に加わるという流れになっています。

オポジットの役割と動き

※オポジットの役割
スーパーエースとして攻撃に特化したポジション
バレーボールのオポジットという言葉は単に「セッター対角の位置」を表しています。

ウイングスパイカーがレフトに位置することが多いので、オポジットはライトの場合が多くなり、おのずとサウスポーの選手が有利になります。その理由としては、バレーボールでは自分の利き手方向からのトスの方が打ちやすいという特性があげられます。

また、オポジットはバックに下がった時はバックアタックという重要な役割を担います。そのため、守備力は多少劣ってもより攻撃力のある選手がオポジットポジションに入るパターンが多くなっています。
関連記事
オポジットとは?意味と使い方を解説【バレーボール用語】

オポジットとは?意味と使い方を解説【バレーボール用語】

バレーボールのオポジットとは、セッターの対角にポジショニングし、主に攻撃において活躍する選手のことを指します。前衛...

バレーボールのポジション③ミドルブロッカー

さつき on Instagram: “‥ 2019.10.05 マリンメッセ福岡vsアメリカ#高橋健太郎#清水邦広#龍神NIPPON#ワールドカップ#ワールドカップバレー#W杯 #volleyball #バレーボール#マリンメッセ福岡#アメリカ” (88736)

ミドルブロッカーは、センターポジションとも呼ばれるブロックの要です。ミドルブロッカーの主な役割はブロック、そしてクイック(速攻)で、そのため身長の高い選手が有利とされています。実際、ほとんどのチームのミドルブロッカーはチームの中でも身長の高い選手が割り当てられています。

しかし、ブロックというのは相手スパイカーの力に負けないことなどいくつもの資質が要求されます。なので、単に身長が高いだけでは充分にミドルブロッカーの役割を果たすことができません。また、相手チームのトスやスパイカーの動きを読んで素早くブロック態勢に入らなければならないことから、瞬発力や判断力なども重要になってきます。

ミドルブロッカーの役割と動き

※ミドルブロッカーの役割
ブロックとクイック攻撃
まず、相手チームからのスパイク全てに対応してブロックに飛ばなければなければなりません。ミドルブロッカーの動きを中心にしてウイングスパイカーやセッターはブロックに飛びます。

ブロックに求められるのは、スパイクをシャットすることだけではありません。ワンタッチを取ってスパイクの威力を減らしてディグしやすくすることや、壁を作ってスパイクコースを限定することも大切な仕事です。そういう意味では、ミドルブロッカーは守備の要とも言えるのです。

また、低く短いトスを打つクイック攻撃も、ミドルブロッカーの大切な役割です。
関連記事
ミドルブロッカーの役割と意味とは?役立つための動き方やコツを解説

ミドルブロッカーの役割と意味とは?役立つための動き方やコツを解説

ミドルブロッカーの役割は、まずはブロックの中心となることが求められます。ミドルブロッカーは、相手のセンターからの攻...

ポジション④セッター

ゆずき on Instagram: “・#バレーボール#龍神ニッポン#関田誠大” (88737)

セッターは、スパイカーに打ちやすいトスを上げる役割を担います。セッターは自分のチームのスパイカーの様子や、相手チームの選手の位置や動きまで視野に入れて、スパイカーにトスを上げるという重要なポジションなのです。

バレーボールでは3回のタッチで相手コートにボールを返すのが基本なので、おのずとセッターは全てのポジションの中で一番ボールに触れることが多くなります。レシーブが乱れてもスパイカーにトスを上げなければならないことから、敏捷性や柔軟性など優れた身体能力が求められ、また常に冷静にチームをまとめる役割も担っています。セッターは、難しいけれどとてもやりがいのあるポジションだといえるでしょう。

セッターの役割と動き

※セッターの役割
スパイカーにトスを上げる
  • <        
  •        
  •        
  •       
    
良いトスとは、フワッとして勢いのないトスです。低い方が好き・高い方が好きなど選手によって打ちやすいトスの種類は様々ですが、共通することは「手元で止まって見えるようなトス」だとされています。

セッターの動きとしては、まず守備の際にワンカットに加わらないこと。最初のボールをレシーブしてしまうとトスを上げることができません。そしてチームの誰かがレシーブをしたらすぐにネット前・コート中央付近に移動してトスを上げる体制に入ることが重要です。

そのためセッターには高い運動能力・司令塔としての頭脳や判断力が要求され、性格も冷静である事が求められています。
関連記事
バレーボールのセッターの役割と動き方とは?【ポジション解説】

バレーボールのセッターの役割と動き方とは?【ポジション解説】

バレーボールのセッターは、スパイカーにトスを上げる重要なポジションです。一見地味なポジションですが「コート内の監督...

ポジション⑤リベロ

No.3草刈りマヨオ on Instagram: “守護神🙏丸山亜季さん🏐 #丸山亜季 #maruyamaaki #岡山シーガルズ #okayamaseagulls…” (88738)

リベロの役割と動き

※リベロの役割
できる限り自分がレセプションやディグをする。さらにレシーブをする。
リベロはチーム内で一人だけ違うユニフォームを着ているレシーブ専門の選手です。一般的にはミドルブロッカーの選手がバックに下がった時に、その選手と交代でコートに入ります。その際には審判へのアピールは不要で、リベロは何度でもどの選手とでも交代でコートへ入ることができるのです。

リベロの主な役割としては、できる限り自分がレセプションやディグを行うこと、そして優れたレシーブ力で落ちそうになるボールや逸れたボールを拾うことです。

実はバレーボールでリベロになる選手は、スパイクやトスなども上手いにも関わらず身長が足りなかったというケースが多くみられます。リベロはその身体能力と気合でチームを救う守護神なのです。
関連記事
バレーボールのリベロとは?リベロの役割と意味を解説!今後ルールの廃止もある?

バレーボールのリベロとは?リベロの役割と意味を解説!今後ルールの廃止もある?

バレーボールのリベロというポジションをご存知ですか?コートの中で1人だけ違う色のユニフォームを着て、ひたすらレシー...

バレーボールの各ポジションの役割をしっかり意識しよう!

✩ぴょん✩ on Instagram: “. ✩20191014✩ 男子バレーワールドカップ @ 広島グリーンアリーナ #男子バレー #男子バレーボール日本代表 #ワールドカップバレー #ワールドカップバレー2019 #バレーボール #小野寺太志 #西田有志 #山内昌大  #関田誠大 #福澤達哉 #石川祐希…” (88739)

バレーボールの各ポジションの役割を簡単に紹介していきました。実際にバレーボールをプレーされている方も、バレーボール観戦を楽しまれている方も、改めてバレーボールのポジションごとの役割を確認する参考にしてみてください。

最後になりましたが、バレーボールでは全ての選手が担わなくてはならない役割があります。それはレシーブです。リベロがレシーブの中心とはいえコート内全てのボールを拾うわけにはいきません。バレーボールの試合に勝つためにはまずは守備です。スパイカーだからといって、決して基本のレシーブをおろそかにしてはいけないということを追記しておきます。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。